霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 詰腹(つめばら)〔一八〇二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第71巻 山河草木 戌の巻 篇:第2篇 迷想痴色 よみ:めいそうちしき
章:第13章 詰腹 よみ:つめばら 通し章番号:1802
口述日:1926(大正15)年01月31日(旧12月18日) 口述場所:月光閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年2月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
アリナは、玄真坊が左守シャカンナを兄弟分と呼び、自分の罪を認めようとしないのに困って、シャカンナ本人に相談にやってきた。
シャカンナは、3人の泥棒を内々に自分ひとりで取り調べることとなった。
シャカンナは、かつて自分が山賊をしていたことが、今回のことで明らかになってしまうのではないかとひそかに思い悩む
昔、政変で城を追われたシャカンナは、国政再興を夢見て、山賊となって力を蓄えようとした。しかし彼の悲願であった国政再興は、武力ではなく、娘のスバールが開明的な太子に見初められ、また自分を追放した政敵の息子=アリナの協力を得たことによって実現したのであった(第六十七巻第三篇から第六十八巻参照)。
シャカンナの前に引き出された3人は昔のことを並べ立て、無理難題をふっかけてシャカンナをゆする。
シャカンナは、昔の部下の有様に責任を感じ、金を与えて放免する。しかしその後すぐに、自分は遺書を残し、神前で切腹して果てた。
昔の義理によってしたこととはいえ、罪人を自分の一存で放免することは国法違反であり、その責任を取っての詰め腹であった。アリナは王・王妃に、シャカンナの遺書とともに事の顛末を報告したのであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 562頁 修補版: 校定版:178頁 普及版:83頁 初版: ページ備考:
001 左守(さもり)(かみ)(やかた)(はな)座敷(ざしき)には、002戸障子(としやうじ)密閉(みつぺい)して右守(うもり)003左守(さもり)何事(なにごと)秘々(ひそびそ)密談(みつだん)(ふけ)つて()る。
004()左守様(さもりさま)005(この)(あひだ)広小路(ひろこうぢ)大火(たいくわ)によりまして大変(たいへん)にお()()ましましたが006(その)()(なん)のお(かは)りもありませぬか。007あの混雑(こんざつ)にまぎれ()み、008(ぞく)がお(やかた)(しの)()みなど(いた)しまして大変(たいへん)御心配(ごしんぱい)御座(ござ)いませう』
009()『イヤ御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)御座(ござ)る。010ヤ、011もう(とし)()(たく)ないものだ。012かうして(とこ)()置物(おきもの)のやうに左守(さもり)(かみ)となつて()るが、013(こころ)(ばか)(あせ)るのみでやくたい()(こと)御座(ござ)る。014谷蟆山(たにぐくやま)谷間(たにま)()つた(とき)015(なん)とかして(ふたた)(もと)左守(さもり)となり、016国政(こくせい)改革(かいかく)をかうもやつて()よう、017あゝもやつて()よう018十年(じふねん)(あひだ)心胆(しんたん)(くだ)いてゐたが、019実地(じつち)(あた)るとどうも(うま)()かぬものだ。020自分(じぶん)(こころ)では(しつか)りして()るやうに(おも)ふが、021(なん)とはなしに耄碌(もうろく)したと()えるわい』
022()左守様(さもりさま)023(なに)仰有(おつしや)いますか、024貴方(あなた)御名声(ごめいせい)大変(たいへん)人気(にんき)御座(ござ)いますよ。025この右守(うもり)貴方(あなた)御威光(ごゐくわう)によつて(ゆが)みながらも御用(ごよう)(つと)めさして(いただ)いて()りますが、026()(とど)かぬ(こと)(ばか)りで027さぞお()だるい(こと)御座(ござ)いませう。028国王殿下(こくわうでんか)(いま)御若年(ごじやくねん)でもあり、029左守様(さもりさま)気張(きば)つて(もら)はねば到底(たうてい)タラハン(ごく)(ささ)へられますまい』
030()賢明(けんめい)なる国王殿下(こくわうでんか)()ひ、031聰明(そうめい)なる其方(そなた)()ひ、032タラハン(ごく)柱石(ちうせき)はもはやビクとも(いた)すまい。033(われ)老年(らうねん)034()(ばか)()つて(おも)ふやうに(からだ)(うご)かない、035(こま)つたものだ。036政務(せいむ)一切(いつさい)其方(そなた)()ちまかして(まこと)()まないと(おも)ふが、037(わか)(とき)辛労(しんらう)()ふてもせいと()ふから038どうか(ひと)気張(きば)つて(くだ)さい。039自分(じぶん)(とこ)()置物(おきもの)()るのだ』
040()(なに)仰有(おつしや)います。041青二才(あをにさい)吾々(われわれ)042(なに)出来(でき)ますものか、043(みな)左守様(さもりさま)のお指揮(しき)によつて、044どうなりかうなり御用(ごよう)(つと)まつて()るので御座(ござ)いますから。045(とき)左守様(さもりさま)046広小路(ひろこうぢ)大火災(だいくわさい)(よる)(やかた)(しの)()んだ泥棒(どろばう)について昨日(さくじつ)取調(とりしら)べました(ところ)047大変(たいへん)(こと)(まをし)ますので048取調(とりしらべ)中止(ちうし)牢獄(らうごく)につないでおきましたが、049(また)しても左守様(さもりさま)のお()()()ひに()しますので050陪臣(ばいしん)手前(てまへ)(まこと)(こま)つて()ります。051如何(いかが)(いた)せば宜敷(よろし)御座(ござ)いますか』
052()(この)左守(さもり)()(あひ)()泥棒(どろばう)とは一体(いつたい)何者(なにもの)御座(ござ)るかな』
053()(なん)でも天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)054天帝(てんてい)化身(けしん)055第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)056天真坊(てんしんばう)だとか(まを)して()ります。057そして左守様(さもりさま)とは兄弟分(きやうだいぶん)だと主張(しゆちやう)しますので、058一応(いちおう)(うかが)ひました(うへ)取調(とりしらべ)をせうと(おも)ひまして、059態々(わざわざ)(うかが)(いた)した次第(しだい)御座(ござ)います』
060 左守(さもり)当惑(たうわく)さうな(かほ)をし(なが)ら、
061右守(うもり)殿(どの)062大方(おほかた)それは発狂者(はつきやうしや)御座(ござ)らう。063()(かく)拙者(せつしや)明日(みやうにち)取調(とりしら)べて()ませう。064どうか(たれ)()ないやうにして(くだ)さい』
065()『ハイ(かしこま)りまして御座(ござ)います。066(それ)から067もう二人(ふたり)泥棒(どろばう)天真坊(てんしんばう)同様(どうやう)左守(さもり)殿(どの)御名(おな)()(あひ)()し、068左守(さもり)親分(おやぶん)(あは)せと主張(しゆちやう)(いた)して()ります』
069()(その)二人(ふたり)泥棒(どろばう)()(なん)()ひましたかな』
070()『ハイ、071一人(ひとり)はコブライと()ひ、072一人(ひとり)はコオロと(まをし)()ります』
073()『ハテナ、074谷蟆山(たにぐくやま)岩窟(がんくつ)に……』
075()ひかけて(にはか)言葉(ことば)()り、
076()(なが)らくの(あひだ)拙者(せつしや)谷蟆山(たにぐくやま)(おく)(ふか)()(しの)んで()つたものだから様子(やうす)(わか)らず、077(また)如何(いか)なるものが自分(じぶん)(かほ)見知(みし)つて(わが)()(かた)つて()るかも()れますまい。078(なに)()もあれ三人(さんにん)泥棒(どろばう)右守(うもり)殿(どの)079そつと(わが)(やかた)()んで()(くだ)さいますまいか、080内々(ないない)取調(とりしら)べたい(こと)御座(ござ)るによつて……』
081()左守様(さもりさま)(おほ)せとあらば、082仮令(たとへ)(おきて)(そむ)いても()んで(まゐ)りませう』
083()『いや白洲(しらす)調(しら)べるのが規則(きそく)であれど、084この左守(さもり)()らるる(とほ)りの老体(らうたい)085到底(たうてい)(あし)(つづ)かないから、086(わが)(やかた)取調(とりしら)べて()たいと(おも)ふのだ。087左守(さもり)一国(いつこく)宰相(さいしやう)088(わが)()調(しら)べやうと、089白洲(しらす)調(しら)べやうと()つとも差支(さしつか)へはない(はず)だ。090かかる(ためし)先王(せんわう)時代(じだい)から幾度(いくど)もあつた(こと)だから』
091()『これはえらい失言(しつげん)(いた)しました。092(しか)らば明日(みやうにち)はこれに()()てて(まゐ)りますから、093(とつく)りお調(しら)べを(ねが)ひます。094左様(さやう)なら』
095慇懃(いんぎん)挨拶(あいさつ)()(おの)(やかた)(かへ)()く。096(あと)左守(さもり)脇息(けふそく)にもたれ、097吐息(といき)をつきながら独語(ひとりごと)
098『アヽ人間(にんげん)行末(ゆくすゑ)(ぐらゐ)果敢(はか)ないものはないなあ。099臥薪甞胆(ぐわしんしやうたん)十年(じふねん)艱苦(かんく)(しの)いでヤツと目的(もくてき)達成(たつせい)し、100(もと)左守(さもり)となつて国政(こくせい)改革(かいかく)し、101新王殿下(しんわうでんか)政治(せいぢ)枢機(すうき)参与(さんよ)する身分(みぶん)となつたと(おも)へば寸善尺魔(すんぜんしやくま)()(なか)102奸侫邪智(かんねいじやち)()けたる玄真坊(げんしんばう)泥棒(どろばう)となつて()()み、103右守(うもり)(まで)(わが)古創(ふるきず)羅列(られつ)して()かしたであらう。104アー(なさけ)ない。105どうして今日(こんにち)地位(ちゐ)(たも)たれやうか、106(こま)つた(こと)になつたものだ。107自分(じぶん)(こころ)より泥棒(どろばう)親分(おやぶん)となつては()なかつたが、108タラハン(ごく)(おも)(あま)手段(しゆだん)(えら)まなかつたのが(わが)()不覚(ふかく)だ。109そして今度(こんど)国政(こくせい)改革(かいかく)について二百(にひやく)部下(ぶか)(さまた)げにこそなれ、110(ちから)になつた(やつ)一人(ひとり)もない。111あゝ()(なか)正義(せいぎ)公道(こうだう)()まねば(すゑ)()げられないものだなア』
112 左守(さもり)()(かた)行末(ゆくすゑ)(こと)など(おも)(うか)べて、113(その)()一目(ひとめ)得眠(えねむ)らず()(あか)して(しま)つた。
114 (からす)(ねぐら)(はな)れて(うれ)しげに太平(たいへい)(うた)ひ、115(すずめ)はチユンチユンと愉快気(ゆくわいげ)(のき)(さへづ)つて()る。116左守(さもり)(これ)(なが)めて(また)もや独語(ひとりごと)
117『あゝ(わし)何故(なぜ)あの(からす)(うま)れて()なかつたらう。118自由自在(じいうじざい)大空(たいくう)(なん)(はばか)(こと)もなく前後左右(ぜんごさいう)翺翔(かうしやう)する(さま)はまるで天人(てんにん)のやうだ。119(すずめ)無心(むしん)(こゑ)(はな)つて千代々々(ちよちよ)とないてゐる。120それにも(かかは)らず、121(かみ)生宮(いきみや)(うま)れた人間(にんげん)(わが)()122何故(なぜ)まアこれだけ(くる)しみの(ふか)(こと)だらう』
123吐息(といき)()らして()(ところ)へ、124玄真坊(げんしんばう)125コブライ、126コオロの三人(さんにん)獄吏(ごくり)(まも)られ大手(おほで)()(なが)127裏門(うらもん)(くぐ)つて左守(さもり)居間(ゐま)庭先(にはさき)へやつて()た。128左守(さもり)玄真坊(げんしんばう)姿(すがた)()るよりアツと(ばか)りに()(おどろ)卒倒(そつたう)せむとしたが、129(われ)(わが)()()()(なほ)し、
130『やア獄卒(ごくそつ)(ども)御苦労(ごくらう)であつた。131三人(さんにん)(もの)はこの左守(さもり)(あづ)かつておく。132(はや)(かへ)つて()れ』
133獄卒(ごくそつ)『ハーイ』
134()(なが)獄卒(ごくそつ)逸早(いちはや)(この)()()()つた。135(かたはら)(ひと)なきを()(すま)した玄真坊(げんしんばう)136遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)もなくツカツカと座敷(ざしき)()(あが)り、137左守(さもり)(まへ)胡座(あぐら)をかき黙然(もくぜん)として左守(さもり)(かほ)()めつけて()る。138コブライ、139コオロの両人(りやうにん)玄真坊(げんしんばう)左右(さいう)胡座(あぐら)をかき、140無雑作(むざふさ)(ひか)へて()る。
141左守(さもり)『ヤアお(まへ)玄真坊(げんしんばう)ぢやないか、142何処(どこ)迂路(うろ)ついて()たのだ。143さうしてダリヤ(ひめ)()()つたのか、144(その)()経過(けいくわ)(はな)して()れ』
145玄真坊(げんしんばう)『ハヽヽヽヽ、146ダリヤはどうでもよいが147オイ兄貴(あにき)148随分(ずいぶん)(やま)カンが(あた)つたものだのう。149綺麗(きれい)(むすめ)()つたおかげで、150一国(いつこく)宰相(さいしやう)(まで)なり(あが)つたのだから、151()つとはおごつて(もら)つても()かりさうなものだ。152(この)(あひだ)もタラハン()火事(くわじ)()くより兄貴(あにき)(いへ)険呑(けんのん)(おも)ひ、153この両人(りやうにん)(とも)救援(きうゑん)(むか)つたところ、154(わけ)のわからぬ雑兵(ざふひやう)どもが泥棒(どろばう)間違(まちが)牢獄(らうごく)にぶち()みよつたのだ。155(まへ)(おれ)危難(きなん)()かんでも()からうに、156素知(そし)らぬ(かほ)とはあまり(むし)がよすぎるぢやないか。157そしてあの右守(うもり)青二才(あをにさい)()158(おれ)(たい)して無礼(ぶれい)(こと)をほざきよつた。159どうだ兄貴(あにき)160兄弟(きやうだい)(よしみ)(おれ)()(こと)()いて()れないか』
161()一体(いつたい)どうせいと()ふのだ』
162(げん)(ほか)でもない、163あの右守(うもり)免職(めんしよく)さしてその後釜(あとがま)にこの玄真坊(げんしんばう)(なほ)すか、164それも(かな)はずば、165兄貴(あにき)右守(うもり)となり、166(おれ)左守(さもり)推薦(すいせん)するか、167(ふた)つに(ひと)つの(たの)みを()いて(もら)ひてえのだ』
168()(ほか)(こと)なら(なん)でも()いてやるが、169オーラ(さん)泥棒(どろばう)をやつて()つたお(まへ)を、170左守(さもり)(かみ)推薦(すいせん)する(こと)到底(たうてい)(かな)ふまい。171殿下(でんか)のお(ゆる)しが()いに(きま)つて()るからのう』
172 玄真坊(げんしんばう)大口(おほぐち)あけて高笑(たかわら)ひ、
173(げん)『ハヽヽヽヽ、174オイ兄貴(あにき)175そりや(なに)をいふのだ。176(おれ)はオーラ(さん)(おい)三千人(さんぜんにん)泥棒(どろばう)大親分(おほおやぶん)だぞ、177兄貴(あにき)(わづ)かに二百人(にひやくにん)小泥棒(こどろばう)親分(おやぶん)ぢやないか、178二百人(にひやくにん)親分(おやぶん)左守(さもり)となつて、179三千人(さんぜんにん)大親分(おほおやぶん)左守(さもり)になれないと()ふわけがあるか。180それはチと勝手(かつて)理窟(りくつ)ぢやないか』
181 左守(さもり)は「ウン」と()つたきり、182黙念(もくねん)として頸垂(うなだれ)る。183コブライは(ひざ)をにじりよせ、
184『もし親分(おやぶん)185貴方(あなた)目的(もくてき)(たつ)したらお(まへ)重臣(ぢうしん)使(つか)つてやらうと仰有(おつしや)つたな。186なア コオロお(まへ)だつてさうだらう。187毎日々々(まいにちまいにち)日課(につくわ)のやうに()かされて()つたのだからのう。188(おれ)だつて泥棒(どろばう)をして()たい(こと)はないが、189何分(なにぶん)親分(おやぶん)命令(めいれい)忠実(ちうじつ)(まも)つてやつて()たのだから、190親分(おやぶん)出世(しゆつせ)すりや(おれ)(たち)出世(しゆつせ)するが当然(あたりまへ)ぢやないか』
191コオ『ウン、192そりやその(とほ)りだ。193もし親分(おやぶん)194いや左守(さもり)さま、195この(やせ)(ぷし)()つて(くだ)さるでせうなア』
196左守(さもり)『そりや(たしか)にお(まへ)(たち)にも()約束(やくそく)はしておいた(はず)だ。197(しか)今日(こんにち)ではその約束(やくそく)実行(じつかう)出来(でき)ないのを遺憾(ゐかん)とする。198仮令(たとへ)(わが)(やかた)応援(おうゑん)()てくれたにもせよ、199護衛兵(ごゑいへい)()(しの)裏門(うらもん)から(しの)()み、200宝庫(ほうこ)錠前(ぢやうまへ)捻切(ねぢき)らうとして()たのだから201(たれ)()から()ても泥棒(どろばう)としか(みと)められない。202今日(こんにち)最早(もはや)前方(まへがた)罪人(ざいにん)(みと)める。203心易(こころやす)いは(つね)(こと)204タラハン(ごく)(おきて)()げる(こと)出来(でき)ない。205三人(さんにん)(とも)死罪(しざい)(しよ)すべきが(をきて)なれ(ども)206兄弟分(きやうだいぶん)主従(しゆじゆう)(よしみ)(おれ)見逃(みのが)してやらう。207サア一時(いつとき)(はや)裏門(うらもん)から姿(すがた)(かく)したらよからう。208(この)(うへ)タラハン(じやう)迂路(うろ)つけば(ふたた)捕縛(ほばく)せらるるであらう、209さうすりやもう(おれ)()には(およ)ばない』
210(げん)『エヽ仕方(しかた)がない、211今日(けふ)はおとなしく(かへ)つてやらう、212(しか)左守(さもり)213随分(ずいぶん)(かね)(たま)つたらう、214ちと土産(みやげ)にくれないか、215(かね)なしには何所(どこ)()くわけにも()かないからな』
216()『そんなら仕方(しかた)がない、217(まへ)(しの)()もうとしたあの(くら)(なか)有金(ありがね)をすつかりやるから、218それを()つて(はや)姿(すがた)(かく)してくれ。219(あと)(わし)(なん)とか始末(しまつ)()けて()くから』
220(げん)『ヤ、221(じつ)(ところ)はお(さつ)しの(とほ)(その)(かね)()しかつたのだ。222(さすが)兄貴(あにき)だ』
223コ『ヤア(さすが)親方(おやかた)……(かね)さへあれば()(くらゐ)(なに)(いら)ぬぢやないか』
224コオ『親分(おやぶん)有難(ありがた)う、225そんなら遠慮(ゑんりよ)なしに三人(さんにん)分配(ぶんぱい)して(かへ)ります』
226 これより三人(さんにん)山吹色(やまぶきいろ)小判(こばん)しこたま()につけ227裏門(うらもん)より()()(しげ)れる密林(みつりん)()ふて、2271何処(いづこ)ともなく姿(すがた)(かく)した。228(あと)左守(さもり)料紙(れうし)()りよせ、229(ふで)(あと)麗々(れいれい)しく230国王(こくわう)231王妃(わうひ)両殿下(りやうでんか)(はじ)右守(うもり)()てたる書置(かきおき)(のこ)し、232自分(じぶん)白装束(しらしやうぞく)となつて、233三五(あななひ)大神(おほかみ)(まつ)りある神前(しんぜん)にて(はら)()()立派(りつぱ)最後(さいご)()げた。
234 かかる(こと)とは夢露(ゆめつゆ)()らぬ右守(うもり)(かみ)は、235様子(やうす)如何(いか)にと(ふたた)左守(さもり)(やかた)()ひ、236案内(あんない)もなく離棟(はなれ)座敷(ざしき)()つて()れば237左守(さもり)(あけ)(そま)つて(ことき)れて()た。238そして其処(そこ)三通(さんつう)遺書(ゐしよ)(したた)めてあつた。239アリナは()るものも()りあへず240自分(じぶん)(あて)のを(ふう)()()つて()(くだ)せば()(とほ)りであつた。
 
241一、242拙者(せつしや)(こと)243国王殿下(こくわうでんか)のお見出(みだ)しに(あづか)日頃(ひごろ)願望(ぐわんまう)(たつ)し、244国政(こくせい)参与(さんよ)(えい)(にな)()(さふらふ)(ところ)245今日(こんにち)玄真坊(げんしんばう)246コブライ、247コオロの無頼漢(ぶらいかん)248左守(さもり)たる拙者(せつしや)(むか)無礼(ぶれい)(げん)()(さふらふ)も、249これを(とが)むるの権威(けんゐ)なく、250()むを()金銭(きんせん)(あた)へて()(かへ)らし(まをし)(さふらふ)251(かく)(ごと)左守(さもり)処置(しよち)国王殿下(こくわうでんか)発布(はつぷ)されたる法律(はふりつ)無視(むし)し、252(かつ)蹂躙(じうりん)せる大罪(だいざい)にして、253到底(たうてい)(この)(まま)(しよく)(とど)まるべき資格(しかく)なく、254国家(こくか)大罪人(だいざいにん)なれば、255両殿下(りやうでんか)(はじ)め、256右守(うもり)殿(どの)(その)()国民(こくみん)一般(いつぱん)(たい)謝罪(しやざい)のため、257皺腹(しわばら)()つて相果(あひは)(まをし)(さふらふ)258今後(こんご)何卒(なにとぞ)々々(なにとぞ)殿下(でんか)(たす)(まつ)り、259タラハン(ごく)基礎(きそ)益々(ますます)鞏固(きようこ)ならしむべく、260奮励努力(ふんれいどりよく)あらむ(こと)(ねが)(まをし)(さふらふ)
261国家(こくか)大罪人(だいざいにん) シヤカンナより
262   右守(うもり)殿(どの) (まゐ)
 
263(したた)めてあつた。264アリナは(これ)()るより(おどろ)(なが)らもわざと素知(そし)らぬ(かほ)(よそほ)ひ、265城中(じやうちう)参内(さんだい)して両殿下(りやうでんか)(こと)顛末(てんまつ)詳細(つぶさ)言上(ごんじやう)し、266二通(につう)遺書(ゐしよ)捧呈(ほうてい)した。267あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
268大正一五・一・三一 旧一四・一二・一八 於月光閣 加藤明子録)