霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 夢現神(むげんしん)〔一八〇六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第71巻 山河草木 戌の巻 篇:第3篇 惨嫁僧目 よみ:さんかそうもく
章:第17章 第71巻 よみ:むげんしん 通し章番号:1806
口述日:1926(大正15)年02月01日(旧12月19日) 口述場所:月光閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年2月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
コブライ・コオロの両人は、命からがら穴から抜け出すことができた。二人は怒りの歌を歌いながら、黄金を取り戻そうと玄真坊を追いかけて行く。
そのうちに二人は原野の中で眠りこけてしまった。すると、夢うつつに白衣の神人が現れ、豊玉別命であると名乗る。
豊玉別命は、二人が怒りに捕らわれ、また黄金を目当てに玄真坊を追いかけていることを咎め、諭す。
二人は悪人として生まれついているのだから、悪に徹するつもりだと答えるが、豊玉別命は、どんな悪人であっても悔い改めることで悪を消し去り、善に向かうことができるものだ、と諭す。
そしてミロク大神の世の到来、三五の大神の信仰、惟神の名号を二人に授け、善事を行うように、と教えて消え去った。
コブライとコオロは、泥棒をきっぱりやめて修験者となり、七千余国の霊場を巡礼しようと決めた。二人は宣伝歌を歌いながら、スガの港を指して歩いていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7117
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 585頁 修補版: 校定版:241頁 普及版:113頁 初版: ページ備考:
001 千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)002玄真坊(げんしんばう)二人(ふたり)計略(けいりやく)にウマウマとかけられ003(あな)(なか)生埋(いきうめ)にされたコブライ、004コオロの両人(りやうにん)(いのち)カラガラ(あな)から()()し、005(どろ)まぶれになつて(いき)をつき(なが)ら、
006コ『オイ、007コオロ、008どてらい()()はせやがつたぢやないか、009狸坊主(たぬきばうず)狐女郎(きつねめらう)()が。010本当(ほんたう)にいい馬鹿(ばか)()たぢやないか』
011コオ『本当(ほんたう)(おれ)やもう、012(にく)らしうて(たま)らぬワイ。013(しか)しあの(をんな)何処(どこ)ともなしに可愛(かはい)(やつ)だ。014仮令(たとへ)生埋(いきうめ)にされて015()んで(しま)つても元々(もともと)ぢやないか。016(にく)らしいのは()玄真坊(げんしんばう)だ。017(これ)から何処(どこ)々々(どこ)(まで)(あと)()つて生首(なまくび)(ひつ)(とら)018腹癒(はらい)せをしようぢやないか』
019コブ『ウンウン、020そりやさうだ、021(おれ)(たち)(たす)けて()れた千草姫(ちぐさひめ)(おれ)(たち)(ころ)(はず)はない、022玄真坊(げんしんばう)千草姫(ちぐさひめ)(まへ)旧悪(きうあく)()はれちや男前(をとこまへ)()がると(おも)つて、023(おれ)(たち)()きものにさへすれば如何(どん)(こと)出来(でき)ると(おも)つて、024あんな悪虐(あくぎやく)無道(ぶだう)(こと)をしたのだらう。025さア(これ)から(あと)追駆(おつか)生首(なまくび)引抜(ひきぬ)き、026千草姫(ちぐさひめ)(まへ)赤恥(あかはぢ)をかかせにや(はら)()えないワ。027千草姫(ちぐさひめ)だつて、028()んなヒヨツトコ(をとこ)(こころ)からラブしてゐさうな(はず)()い。029屹度(きつと)(ふところ)のお(かね)()()げられたら(あたま)から青洟(あをばな)()れかけられるか、030睾丸(きんたま)をギユーツと()めつけられてフンのびる(くらゐ)(せき)(やま)だらうよ、031ウツフヽヽヽヽ』
032コオ『()(かく)033こんな(とこ)小田原評定(をだはらひやうぢやう)やつた(ところ)で、034はじまらぬぢやないか、035さア(これ)から彼奴(あいつ)(あと)()つて仇討(かたきう)ちと()かけやう』
036コ『(あと)(おひ)かけようと()つたつて、037何方(どちら)()げたか(わか)らぬぢやないか』
038コオ『ナニ、039この()端切(はしぎ)れを(みち)真中(まんなか)()()てて040()けた(はう)()つて()よう。041屹度(きつと)そつちに()ると()(こと)だ』
042コ『そら、043さうかも()れぬのう』
044()(なが)木片(きぎれ)(ひろ)真直(まつすぐ)()てて(はな)して()た。045木片(きぎれ)(みなみ)へバタリと(たふ)れた。046(これ)より両人(りやうにん)月夜(つきよ)(みち)(みなみ)(みなみ)へと()けて()く。
047両人(りやうにん)(かみ)(おもて)(あら)はれて
048(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
049(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
050(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
051(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
052直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
053()(あやま)ちは()(なほ)
054などと(をし)ふる三五(あななひ)
055(かみ)(をしへ)()きつれど
056どうしても見直(みなほ)()(なほ)
057聞直(ききなほ)しさへ出来(でき)(やつ)
058世界(せかい)(ひと)()つかつた
059泥棒(どろばう)(あが)りの玄真坊(げんしんばう)
060オーラの(やま)立籠(たてこ)もり
061山子(やまこ)(たく)んで失敗(しつぱい)
062(また)其辺(そこら)をうろついて
063(ひと)(くる)しめ(をんな)をば
064(なや)ませ(きた)悪僧(あくそう)()
065(あやふ)(いのち)(たす)けられ
066(おと)した(かね)(まで)吾々(われわれ)
067()つて(もら)つて(その)(おん)
068(あだ)(むく)うた曲津神(まがつかみ)
069何処(どこ)()せたか()らね(ども)
070(くさ)()けても(たづ)()
071(うらみ)()らさにや()くものか
072(かみ)(この)()にゐますなら
073屹度(きつと)善悪(ぜんあく)立別(たてわ)けて
074玄真坊(げんしんばう)曲神(まがかみ)
075(こら)(いまし)(たま)ふべし
076とは()ふものの吾々(われわれ)
077御気(おんき)(なが)(かみ)さまの
078御罰(おばち)のあたる(とき)()
079余裕(よゆう)(ちつと)()()たぬ
080一時(いちじ)(はや)玄真(げんしん)
081生首(なまくび)引抜(ひきぬ)(かたき)をば
082()たねば(をとこ)意地(いぢ)()たぬ
083アヽ(にく)らしや(にく)らしや
084不倶戴天(ふぐたいてん)仇敵(きうてき)
085(さだ)めて(これ)から両人(りやうにん)
086四方(しはう)八方(はつぱう)()(まは)
087(かれ)在所(ありか)(たづ)()
088(いのち)()らいで()くものか
089アヽ(にく)らしや(にく)らしや
090泥棒(どろばう)(あが)りの玄真坊(げんしんばう)
091(いのち)()らいで()くものか
092アヽ(にく)らしや(にく)らしや
093一寸刻(いつすんきざみ)五分試(ごぶだめ)
094(ほね)(あたま)(こな)にして
095()はねば(むし)承知(しようち)せぬ
096アヽ(はら)()(はら)()
097今度(こんど)(うらみ)()らさねば
098()んでも()ねぬ(わが)(こころ)
099(あはれ)(たま)自在天(じざいてん)
100大国彦(おほくにひこ)御前(おんまへ)
101真心(まごころ)()めて()(まつ)
102(あさひ)()るとも(くも)(とも)
103(つき)()つとも()くるとも
104仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
105(かたき)()たねば()くものか
106悪逆無道(あくぎやくぶだう)玄真坊(げんしんばう)
107何処(いづこ)(はて)(ひそ)むとも
108(かみ)(ちから)吾々(われわれ)
109熱心力(ねつしんりき)(たづ)()
110(かれ)所持(しよぢ)する黄金(わうごん)
111スツカリ此方(こちら)引奪(ひつたく)
112最初(さいしよ)目的(もくてき)達成(たつせい)
113(をとこ)()てねば()くものか
114あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
115御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
116()(なが)(かはづ)行列(ぎやうれつ)(むか)()ずに117(かたち)(ばか)りの細道(ほそみち)(みなみ)(みなみ)へと(はし)つて()く。118(はるか)前方(ぜんぱう)にコンモリとした山蔭(やまかげ)()える。119二人(ふたり)芝生(しばふ)(うへ)にドツカと(しり)()ゑ、
120コオ『オイ、121兄貴(あにき)122行途(あてど)()しに(はし)つて()つた(ところ)(はら)()る、123(あし)(つか)れる、124如何(どう)する(こと)出来(でき)ぬぢやないか、125(ひと)此処(ここ)(かんが)へて()ようぢやないか』
126コ『やア、127もウ、128(おれ)もコンパスが(うご)かなくなつて()たのだ。129(かたき)所在(ありか)(わか)らないのに130(この)(ひろ)田圃(たんぼ)(はし)つた(ところ)(くも)(つか)(やう)(はなし)だ。131(おも)へば(おも)へば馬鹿(ばか)らしいぢやないか。132(おれ)(たち)()(みなみ)(みなみ)へと(はし)つてゐるのに、133彼奴(あいつ)()反対(はんたい)(きた)(きた)へと(はし)つたとすれば、134きばれば、135きばる(ほど)遠退(とほの)道理(だうり)だ、136此奴(こいつ)(ひと)(かんが)へねばなるまいぞ』
137コオ『それでも杖占(つゑうら)をやつたら(みなみ)()けたぢやないか。138吾々(われわれ)(みなみ)(はし)るより仕方(しかた)はないのだ。139アヽ()うなると(いぬ)(うら)めしい(わい)140(おれ)()(いぬ)だつたら、141彼奴(あいつ)()つた(あと)嗅付(かぎつ)けるのだけど、142(この)人間様(にんげんさま)(はな)ぢやカラツキシ駄目(だめ)ぢやからのう』
143 二人(ふたり)()(はな)(なが)らグツタリと(よわ)り、144眠気(ねむけ)さへ(もよほ)145(つひ)には原野(げんや)(なか)前後(あとさき)白河夜船(しらかはよぶね)(きやく)となつて(しま)つた。
146 此処(ここ)忽然(こつぜん)として(あら)はれた白衣(びやくい)神人(しんじん)がある。147神人(しんじん)言葉(ことば)(しづ)かに、
148(なんぢ)はコブライ、149コオロの両人(りやうにん)ではないか』
150 両人(りやうにん)一度(いちど)に、
151『ハイ、152左様(さやう)御座(ござ)います。153貴方様(あなたさま)一寸(ちよつと)()かけ(まを)せば、154何処(どこ)かの貴婦人(きふじん)(はい)しまするが、155何方(どちら)へお(こし)御座(ござ)いますか』
156神人(しんじん)(われ)こそは霊鷲山(りやうしうざん)(あと)をたるる豊玉別命(とよたまわけのみこと)であるぞよ。157()(はう)今日(こんにち)(まで)現世(げんせ)(をか)せし罪悪(ざいあく)()つて、158種々雑多(しゆじゆざつた)神罰(しんばつ)()159玄真坊(げんしんばう)160千草姫(ちぐさひめ)悪人(あくにん)のため土中(どちう)(まで)()められ、161九死(きうし)一生(いつしやう)()(なが)神徳(しんとく)(たふと)(こと)(わす)れ、162(ただ)一途(いちづ)(かれ)(うらみ)163(あま)つさへ懐中(くわいちう)金子(きんす)(うば)()らむと(たくら)んで()らうがな』
164コ『ハイ、165(おほ)せの(とほ)りで御座(ござ)います、166(おそ)()りました』
167(なんぢ)()両人(りやうにん)168(いま)(うち)(わが)(をしへ)()169()(あらた)めざれば無間地獄(むげんぢごく)()ちるであらう。170どうだ、171(いま)(うち)玄真坊(げんしんばう)(たい)する(うらみ)(うち)()172本然(ほんぜん)(まこと)(かへ)()はないか』
173コ『イヤ、174もう(わたくし)だとて、175(もと)より悪人(あくにん)では御座(ござ)いませぬが、176(へそ)()()(どころ)(わる)かつた(ため)人並(ひとなみ)生活(せいくわつ)出来(でき)ず、177何時(いつ)()にやら自暴自棄(じぼうじき)となり、178泥棒仲間(どろばうなかま)(くび)()()み、179悪事(あくじ)()らむ(かぎ)りを(いた)して()ました。180(おな)人間(にんげん)(うま)(なが)ら、181豺狼(さいらう)のやうな(こと)をすることは182(わたくし)良心(りやうしん)(おほい)(はぢ)()りますなれど、183(この)肉体(にくたい)保全(ほぜん)する(ため)()むを()184種々(いろいろ)よからぬ(こと)(たく)みもし、185()つても()ました。186どうせ(わたし)187(いま)(まで)罪業(ざいごふ)()つて地獄(ぢごく)(そこ)(おと)されるものと覚悟(かくご)してゐます。188どうせ(いま)から(こころ)(あらた)めても、189地獄(ぢごく)()ちるのですから、190(あく)()るなら徹底的(てつていてき)悪業(あくごふ)をやり()決心(けつしん)(いだ)いて()りまする』
191神人(しんじん)如何(いか)なる悪人(あくにん)(いへど)も、192()(あらた)めに()つて(あく)(たちま)消滅(せうめつ)し、193(ぜん)方面(はうめん)(むか)(こと)出来(でき)るものだ。194人間(にんげん)肉体(にくたい)()つて(この)地上(ちじやう)()(かぎ)りは195絶対(ぜつたい)(ぜん)(おこな)(こと)出来(でき)ない。196それで何事(なにごと)(かみ)(まか)せ、197(かみ)(しん)じ、198(かみ)(あい)し、199日夜(にちや)信仰(しんかう)(はげ)んだならば、200屹度(きつと)生前(せいぜん)死後(しご)(とも)安逸(あんいつ)生活(せいくわつ)(おく)(こと)出来(でき)るであらう』
201コ『ハイ、202有難(ありがた)御座(ござ)います、203如何(いか)なる神様(かみさま)信仰(しんかう)すれば()いのでせうか。204(わたくし)はこれ(まで)バラモン(がみ)(しん)じてゐましたが、205一度(いちど)安心(あんしん)幸福(かうふく)(あた)へられた(こと)御座(ござ)いませぬ』
206神人(しんじん)(いづ)れの(かみ)(みな)207(もと)天帝(てんてい)御分霊(ごぶんれい)208神徳(しんとく)高下勝劣(かうげしようれつ)()けれども、209今日(こんにち)()(なか)盤古神王(ばんこしんのう)()()み、210バラモン自在天(じざいてん)()()()り、211(いま)はミロク大神(おほかみ)御世(みよ)(かは)つてゐるのだ。212それ(ゆゑ)(なんぢ)()両人(りやうにん)今日(こんにち)より三五(あななひ)大神(おほかみ)(しん)213惟神(かむながら)名号(みやうがう)(とな)へ、214(あた)ふる(かぎ)りの善事(ぜんじ)(おこな)はば215屹度(きつと)安逸(あんいつ)()(おく)(こと)出来(でき)るであらう。216夢々(ゆめゆめ)(うたが)(こと)(なか)れ』
217()(たま)ふや(いな)218忽然(こつぜん)として(けむり)(ごと)()えさせ(たま)ふた。219両人(りやうにん)はフツと()(さま)し、
220コ『オイ、221コオロ、222(まへ)()きたか、223(おれ)やもう大変(たいへん)(ゆめ)()たよ』
224コオ『ウーン、225(おれ)(めう)(ゆめ)()たのだ。226もう玄真坊(げんしんばう)征伐(せいばつ)()めようかい』
227コ『さうだな、228玄真坊(げんしんばう)(わる)いが(おれ)(わる)いから、229(これ)(まで)因縁(いんねん)(あきら)めて泥棒(どろばう)()め、230玄真坊(げんしんばう)征伐(せいばつ)()めようぢやないか』
231コオ『(おれ)(たち)ア、232泥棒(どろばう)()めたら()(こと)出来(でき)ぬが、233(これ)から()()(かた)如何(どう)したら()いのかなア。234(じつ)(ゆめ)(なか)神様(かみさま)(あら)はれたが、235(あんま)(おそ)ろしうて、236勿体(もつたい)なうて、237(たづ)ねする(こと)(わす)れたが、238(これ)から何商売(なにしやうばい)をしたら()いのかな』
239コ『(おれ)(たち)(やう)泥棒(どろばう)(ほか)(なに)(げい)()らぬ(もの)商売(しやうばい)出来(でき)ず、240学問(がくもん)()し、241仕方(しかた)がないから修験者(しゆげんじや)となつて一杖一笠(いちぢやういつさん)比丘(びく)となり、242(ひと)(かど)()つて物乞(ものご)ひでもやらうぢやないか。243そして三五(あななひ)神様(かみさま)のお(みち)一人(ひとり)にでも()()かせ、244死後(しご)世界(せかい)安養浄土(あんやうじやうど)(ひら)準備(じゆんび)をしようぢやないか』
245コオ『兄貴(あにき)(まへ)もさう(おも)ふか、246(じつ)(おれ)もさう(かんが)へた(ところ)だ。247さア248さうと相談(さうだん)()まれば、249両人(りやうにん)(にはか)比丘(びく)となつて印度(いんど)七千余国(しちせんよこく)霊山(れいざん)霊場(れいぢやう)巡拝(じゆんぱい)しよう。250玄真坊(げんしんばう)(やう)悪人(あくにん)でさへも251修験者(しゆげんじや)()役徳(やくとく)()つて()()らずの他人(たにん)から、252あの(とほ)(つち)(なか)(はうむ)られるのだ。253(おれ)(たち)修験者(しゆげんじや)でない(ため)254死骸(しかばね)路傍(ろばう)委棄(ゐき)されてゐたのだからな。255(これ)(かんが)へて()ても256神様(かみさま)(つか)へる(くらゐ)結構(けつこう)(こと)はないからのう』
257 (ここ)両人(りやうにん)()(けつ)し、258(べつ)墨染(すみぞめ)(ころも)も、259(つゑ)(かさ)()けれども宣伝歌(せんでんか)口吟(くちずさ)(なが)ら、260人里(ひとざと)(たづ)ねて(すす)()(こと)となつた。
261両人(りやうにん)(かみ)(おもて)(あら)はれて
262(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
263(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
264(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
265(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
266直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
267()(あやま)ちは()(なほ)
268などと(をし)ふる三五(あななひ)
269(かみ)(をしへ)()(あた)
270吾等(われら)(ゆめ)(あら)はれて
271(をし)(たま)ひし神人(しんじん)
272御言葉(みことば)こそは(たふと)けれ
273悪逆無道(あくぎやくぶだう)(かぎり)をば
274(つく)(きた)りし吾々(われわれ)
275大慈(だいじ)大悲(だいひ)大神(おほかみ)
276(なさけ)言葉(ことば)()()まし
277転迷開悟(てんめいかいご)(はな)()いて
278(いま)真人(まびと)()()めぬ
279(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
280(うづ)身魂(みたま)()(なが)
281曲津(まがつ)棲処(すみか)使(つか)はれて
282どうして(かみ)御前(おんまへ)
283復命(ふくめい)なさむ(すべ)あらむ
284アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
285(かみ)(めぐ)みの(さち)はひて
286吾等(われら)二人(ふたり)行末(ゆくすゑ)
287天国(てんごく)浄土(じやうど)花園(はなぞの)
288(やす)(みちび)(たま)へかし
289朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
290(つき)()つとも()くるとも
291仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
292曲津(まがつ)(かみ)(たけ)るとも
293(まこと)(ちから)()(すく)
294(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
295(かみ)(したが)吾々(われわれ)
296如何(いか)なる悪魔(あくま)(おそ)れむや
297(とら)(おほかみ)大蛇(をろち)など
298一時(いちじ)(おそ)(きた)るとも
299(かみ)守護(まもり)()(かぎ)
300(やす)(すす)ませ(たま)ふべし
301アヽ有難(ありがた)有難(ありがた)
302闇路(やみぢ)(まよ)盲目(まうもく)
303(にはか)両眼(りやうがん)(うち)(ひら)
304日出(ひので)(くに)花園(はなぞの)
305(すす)()でたる心地(ここち)なり
306アヽ有難(ありがた)有難(ありがた)
307(かみ)(をしへ)()きしより
308(わが)(たましひ)(なん)となく
309春駒(はるこま)(ごと)(いさ)()
310雲井(くもゐ)(のぼ)(ごと)くなり
311アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
312御霊(みたま)(さち)(はへ)ましませよ』
313元気(げんき)よく(うた)(なが)314(たび)(つか)れも空腹(くうふく)(なや)みも(うち)(わす)れスガの(みなと)方面(はうめん)(さし)(すす)()く。
315大正一五・二・一 旧一四・一二・一九 於月光閣 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。