霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第71巻 山河草木 戌の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第71巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年2月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm718801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
和妙(にぎたへ)(あや)高天(たかま)天降(あも)りたる
(いづ)(みづ)との(ひかり)伊都能売(いづのめ)〈序文(初)〉
奇魂(くしみたま)曽富騰(そほと)(かみ)とあらはれて
()()かしゆく伊都能売(いづのめ)(たま)〈序文(初)〉
くら(やみ)世界(せかい)()らす(ひと)()
伊都能売(いづのめ)(かみ)(ひかり)なりけり〈序文(初)〉
(かささぎ)声勇(こゑいさ)ましく(きこ)ゆなり
高天原(たかあまはら)岩戸開(いはとひら)けて〈目次(初)〉
すたれたる(かみ)(をしへ)()(いだ)
暗夜(やみよ)()らす大本(おほもと)(のり)〈目次(初)〉
()(はな)(にほ)ふが(ごと)三五(あななひ)
みのりは四方(よも)(ひろ)まりゆくも〈目次(初)〉
(とき)じくに(あめ)ふり()たる鶴山(つるやま)
五月(さつき)の空の風の寒きも
          (昭和十年六月二十四日)〈第3章(再)〉
をさまらぬ()にも大本(おほもと)(かみ)()
(みづか)(つく)天国(てんごく)(その)〈第4章(初)〉
五十鈴川(いすずがは)(なが)れに霊魂(みたま)(あら)ひてし
(ひと)神代(かみよ)(ひか)りなりけり〈第6章(初)〉
かけまくも(あや)(かしこ)皇神(すめかみ)
御宣(みのり)()くる(ひと)(かみ)なる〈第6章(初)〉
鶴山(つるやま)三六高殿(みろくたかどの)筆採(ふでと)れば
(しの)(みだ)して梅雨(ばいう)(いた)れり〈第8章(再)〉
ゑらゑらにゑらぎ(にぎ)はひ(をさ)まらむ
みろくの御代(みよ)をまつのをしへに〈第9章(初)〉
(うみ)よりも(ふか)(めぐ)みに(むく)はむと
(あさ)(ゆふ)なに大道(おほみち)(のる)〈第9章(初)〉
袈裟衣(けさごろも)美々(びび)しくつけて曲神(まがかみ)
(かみ)御国(みくに)をくもらせ()くも〈第10章(初)〉
()をふいて(きづ)(もと)むる人々(ひとびと)
霊救(たますく)はむと(こころ)もむわれ〈第13章(初)〉
そむきたる(ひと)(みたま)もすてずして
高天(たかま)(すく)伊都能売(いづのめ)(のり)〈第13章(初)〉
何事(なにこと)(かみ)のみむねにまかすべし
(ひと)()をもてままならぬ()〈第15章(初)〉
白妙(しろたへ)(ころも)(そで)()れにけり
(かみ)(めぐ)みの(ふか)きをおもひて〈第17章(初)〉
(せま)()るこの()のなやみを(すく)はむと
(なみだ)(そで)をしぼる永年(ながとし)〈第17章(初)〉
(きし)()(なみ)(おと)にも(たましひ)
こめてし()けば(かみ)(こゑ)あり〈第18章(初)〉
()(うた)(かみ)(をしへ)をまつぶさに
さとせどくみとる(ひと)(すく)なし〈第18章(初)〉
きくらげの耳持(みみも)(やみ)()(ひと)
御宣伝(みのりつた)へむことのかたさよ〈第18章(初)〉
(つき)さかき(いづ)御魂(みたま)御光(みひかり)
常世(とこよ)(やみ)()(わた)るなり〈第19章(初)〉
さしのぼる朝日(あさひ)(つゆ)()ゆるごと
(とし)(かさ)ねてほろぶ曲教(まがのり)〈第19章(初)〉
(さか)えゆく(かみ)御園(みその)(うま)()
(ほろ)びの(みち)辿(たど)るまがかな〈第19章(初)〉
執筆(しつぴつ)(つか)れたるにや清書子(せいしよし)
(けむり)(ごと)()(かへ)りけり
          (昭和十年六月二十四日)〈第20章(再)〉
五十鈴川(いすずがは)(きよ)(なが)れを()みとりて
()(きよ)めゆく三五(あななひ)(みち)〈巻末(初)〉
高皇産霊(たかみむすび)神皇産霊(かむみむすび)大神(おほかみ)
よさしのままに道開(みちひら)くなり〈巻末(初)〉
敷島(しきしま)大和心(やまとごころ)をふり(おこ)
外国人(とつくにびと)神国(みくに)(すく)はむ〈巻末(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)