霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 (かつを)網引(あみひき)〔一八一六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第72巻 山河草木 亥の巻 篇:第1篇 水波洋妖 よみ:すいはようよう
章:第7章 第72巻 よみ:かつおのあみひき 通し章番号:1816
口述日:1926(大正15)年06月29日(旧05月20日) 口述場所:天之橋立なかや別館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年4月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
常磐丸の船中では、玄真坊、コブライ、コオロのけんかも済み、船中では皆がそれぞれ歌を歌っている。
幻真坊は船頭の歌う、恵比須祭の欸乃(ふなうた)を聞いて、自分も改心のふなうたを面白く歌う。
ようやく常磐丸はスガの港に到着する。宣伝使一行は、浜で漁師たちが引き網漁をしているのを見物する。
照公別は、漁師たちが魚を一網打尽にするように信者を集めるには、人の集まる公会堂、劇場、学校などで宣伝をしたらどうか、と提案するが、照国別は、「神の道の宣伝は一人対一人が相応の理に適っている」と諭す。
照公別は師に、これまで何人の信者を導いたのですか、と質問するが、照国別は、まだ一人もいない、と答える。つまり、照公別もまだ、「信者」の数には入っていないと、逆に諭されてしまう。
また、玄真坊の方が、照公別よりも信仰が進んでいると説く。
大なる悪事をしたものは、悔い改める心もまた深く、真剣身がある。そこに身魂相応の理が働き、たちまち地獄は天国となる。
一方、悪いことはしないが良いこともしない、という人間は逆に、自分は善人だからと慢心が働き、知らず知らずに魂が堕落して地獄に向かってしまう。
それというのも、人間は天地経綸の主宰者として神様の代理を現界で務めるために生まれてきたのである。
だから、たとえ悪事をしなくとも、自分が生まれてきたそもそもの理由であるその職責を果たせなければ、身魂の故郷である天国には帰りようがないのである。
照公別は師の戒めに心を立て直す歌を歌う。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7207
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 635頁 修補版: 校定版:83頁 普及版:33頁 初版: ページ備考:
001 常磐丸(ときはまる)船中(せんちう)()ける玄真坊(げんしんばう)002コブライ、003コオロの直接行動的(ちよくせつかうどうてき)(あらそ)ひも無事(ぶじ)()んで004船端(ふなばた)(つづみ)(なみ)()たせ(なが)水上(すいじやう)(しづ)かに(すべ)()く。
005 船中(せんちう)無聊(むれう)(なぐさ)むるため006彼方(あなた)此方(こなた)面白(おもしろ)(くに)俗謡(ぞくえう)(きこ)えて()た。007(なか)にも(もつと)(いちじる)しきは恵比須祭(えびすまつり)欵乃(ふなうた)である。008船頭(せんどう)舷頭(げんとう)()(なが)(うみ)()れたる(さはや)かな(こゑ)009(ふし)面白(おもしろ)(うた)()した。
010正月(しやうぐわつ)のー朔日(ついたち)二日(ふつか)初夢(はつゆめ)
011如月山(きさらぎやま)(くす)()
012(ふね)(つく)(いま)おろす
013白銀柱(しろがねばしら)()()てて
014黄金(こがね)(とみ)()ませつつ
015(あや)(にしき)()にかけて
016(たから)(しま)へと()()んで
017数多(あまた)(たから)()()んで
018追手(おつて)(かぜ)(まか)せつつ
019(おも)(みなと)()()んで
020これのお(くら)(をさ)めおく
021ヨーン、デー、ヤール
022(かみ)(むかし)二柱(ふたはしら)
023金輪際(こんりんざい)より(ゆる)()でたる(この)(しま)
024自転倒島(おのころじま)()ふとかや
025(やま)には常磐(ときは)のいーろいろ
026黄金(こがね)白銀(しろがね)(はな)()いて
027(やま)おろしが()くとても
028()らぬ(さか)りに国々(くにぐに)
029浦々(うらうら)(まで)(ゆた)かにて
030五穀草木(ごこくさうもく)不足(ふそく)なく
031七珍万宝(しつちんまんぱう)(くら)()
032とざさぬ御代(みよ)(めぐ)みより
033長命無病(ちやうめいむびやう)()くからは
034四方(よも)(くに)より船寄(ふなよ)する
035(あや)(にしき)下着(したぎ)より
036(しま)木綿(もめん)(べに)までも
037(から)大和(やまと)()りまぜて
038(あきな)(みせ)(にぎ)やかさ
039(れふ)(すなど)りの里々(さとざと)
040(やま)(きじ)(かも)(つる)もある
041(うら)(みなと)(いそ)つづき
042あけて恵比須(えびす)浪塩(なみしほ)
043ヤンサ、目出度(めでた)やお鉢水(はちみづ)
044ヨーン、デー、ヤール』
045 玄真坊(げんしんばう)(この)(うた)()いて()(あが)り、046自分(じぶん)(ひと)()けぬ()になり、047貧弱(ひんじやく)(あたま)から、048こぼれ()した欵乃(ふなうた)一寸(ちよつと)(へん)ちきちんなものである。
049玄真坊(げんしんばう)(はる)海面(かいめん)よく(ひか)
050大島(おほしま)小島(こじま)数々(かずかず)
051碁石(ごいし)のやうに(なら)(なか)
052海賊船(かいぞくせん)右左(みぎひだり)
053彼方(あちら)此方(こちら)横行(わうかう)
054(たから)()んだ(ふね)()れば
055一目散(いちもくさん)にやつて()
056否応(いやおう)()はさずぼつたくり
057ゴテゴテ()へば(いのち)まで
058(もら)つて(かへ)(すご)(ふね)
059こんな手合(てあひ)出会(であ)つたら
060ヨーン、デー、ヤール
061金鎚(かなづち)さまの川流(かはなが)
062一生(いつしやう)(あたま)(あが)るまい
063(おれ)(むかし)山賊(さんぞく)
064大頭目(だいとうもく)()()んで
065オーラの(やま)天降(あまくだ)
066(すぎ)(こずゑ)をからくりに
067数多(あまた)火影(ほかげ)(かがや)かし
068(てん)から(ほし)(くだ)りまし
069天帝(てんてい)御化身(ごけしん)救世主(きうせいしゆ)
070玄真如来(げんしんによらい)説法(せつぱふ)
071聴聞(ちやうもん)なさると()()ませ
072彼方(あなた)此方(こなた)村々(むらむら)
073善男(ぜんなん)善女(ぜんによ)(たぶら)かし
074もう一息(ひといき)()(とこ)
075三五教(あななひけう)梅公別(うめこうわけ)
076女房(にようばう)をつれて()(きた)
077二人(ふたり)(をんな)諸共(もろとも)
078(たこ)()(つぼ)()はされた
079()にも甲斐(かひ)なき蛸坊主(たこばうず)
080(いま)から(おも)へば(おそ)ろしや
081ヨウマア天地(てんち)神々(かみがみ)
082この悪僧(あくそう)をいつ(まで)
083()かしておいて(くだ)さつたと
084(おも)へば冥加(めうが)がつきるやうだ
085ヨーン、デー、ヤール
086彼方(あちら)此方(こちら)とさまよひつ
087よからぬ(こと)のみ(たくら)みて
088三百人(さんびやくにん)不良分子(ふりやうぶんし)
089彼方(あちら)此方(こちら)()()いて
090自分(じぶん)一人(ひとり)タニグクの
091(やま)岩窟(いはや)にダリヤ(ひめ)
092せしめんものと()()めば
093藻脱(もぬ)けの(から)馬鹿(ばか)らしさ
094それから(いよいよ)やけとなり
095神谷村(かみたにむら)里庄(りしやう)なる
096玉清別(たまきよわけ)(やかた)にと
097(しの)()みたるダリヤをば
098(うば)(かへ)して(わが)(つま)
099無理往生(むりわうじやう)にせむものと
100(おも)ふた(こと)(みづ)(あわ)
101まだまだ(わる)(こと)(ばか)
102やつて()(こと)(おも)()しや
103全身(ぜんしん)(くま)なく冷汗(ひやあせ)
104夕立(ゆふだち)(ごと)くに()いて()
105ヨーン、デー、ヤール
106(いま)()(ふね)常磐丸(ときはまる)
107斎苑(いそ)(やかた)神様(かみさま)
108御用(ごよう)(あそ)ばす宣伝使(せんでんし)
109照国別(てるくにわけ)()(きみ)
110(あやふ)(ところ)(たす)けられ
111(こころ)(そこ)から立直(たてなほ)
112(とも)(つか)(はべ)()
113ヨーン、デー、ヤール
114サア(これ)からは(これ)からは
115(こころ)基礎(どだい)をつき(なほ)
116(かみ)刃向(はむ)かふ(あだ)あれば
117(おに)でも(じや)でも(かま)はない
118(いのち)(まと)()()んで
119(いま)まで(あく)(つく)したる
120その(おぎな)ひをせにやならぬ
121あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
122面白狸(おもしろだぬき)腹皷(はらつづみ)
123()(なみ)()をスクスクと
124狸坊主(たぬきばうず)蛸坊主(たこばうず)
125(ひと)(わら)はうが(そし)らうが
126そんな(こと)には(かま)はない
127これから世間(せけん)(はぢ)さらし
128自分(じぶん)(つみ)(つぐな)ひを
129天地(てんち)(かみ)にせにやならぬ
130玄真坊(げんしんばう)(これ)からは
131三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
132(かみ)(つかさ)(しもべ)とし
133一生(いつしやう)(この)()(おく)りませう
134ダリヤの(ひめ)(その)(ほか)
135美人(びじん)(こと)(おも)ひきり
136一生懸命(いつしやうけんめい)神様(かみさま)
137(まこと)(みち)(つた)へませう
138ヨーン、デー、ヤール
139あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
140(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
141(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
142(かみ)(まか)せし(この)(からだ)
143(とら)(おほかみ)(なに)かあらむ
144上下(かみしも)(そろ)うて()(まる)
145(をさむ)(とき)をまつの()
146弥勒菩薩(みろくぼさつ)再来(さいらい)
147(つか)へまつらむ斎苑館(いそやかた)
148神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
149御前(みまへ)(ちか)()(まつ)
150御前(みまへ)(ちか)()(まつ)
151ヨーン、デー、ヤール』
152 常磐丸(ときはまる)(やうや)くにして翌日(あくるひ)真昼(まひる)(ごろ)スガの(みなと)安着(あんちやく)した。153この(みなと)には(かつを)(れふ)(さかん)にある。154丁度(ちやうど)常磐丸(ときはまる)()いた(ころ)155網引(あみひ)きが(はじ)まつて()た。156一行(いつかう)(たび)()さを(なぐさ)むるため漁師(れふし)(たの)んで引網(ひきあみ)(なか)(くは)はり、157ともに面白可笑(おもしろをかし)(うた)(うた)ふこととなつた。
158 幾艘(いくさう)(ふね)(あみ)周囲(まはり)(たか)つて音頭(おんどう)をとり(なが)陸上(りくじやう)(むか)つて(あみ)()()げる。159親船(おやぶね)()(うた)節々(ふしぶし)(はじ)めを(うた)うと160()(ふね)漁師(れふし)(たち)(これ)()して(あと)をつぎ、161(もつ)(ちから)緩急(くわんきふ)(ひと)しくする、162その調子(てうし)丁度(ちやうど)木遣節(きやりぶし)のやうである。
163『せめて(この)()(をとこ)()なら
164 (かい)()たせて
165ホラ、ホーオ、サツサア ヤツチンエエ
166イヤンホ、サツサー ヤツチンエエ。
167スガは()()太魔(たま)(しま)(くも)
168 あいの高山(たかやま)(あめ)()る。
169大高(おほたか)(いは)(ふた)つに()れて
170 ()れて()がよいヨヤハアサツサ。
171()けよ若衆(わかしう)、きれいな加勢(かがせ)
172 十二船魂(じふにふなだま)(いさ)ませて。
173旦那(だんな)大黒(だいこく)内儀(かみ)さま恵比須(えびす)
174 (なか)小供(こども)がお船魂(ふねだま)
175(ふね)艫艪(ともろ)(うぐひす)とめて
176 明日(あす)大漁(たいれふ)()かせ()い。
177(ふね)新造(しんざう)でも()新木(あらき)でも
178 船頭(せんどう)さまが()けれや(はし)りやせぬ。
179ホラ、ホーオ、サツサ ヤツチンエエサツサ
180ヤツチンエエ ヨイヤハアサツサ』
181照国別(てるくにわけ)『これ照公(てるこう)さま、182(なん)面白(おもしろ)網引(あみひき)ぢやないか、183沢山(たくさん)船頭衆(せんどうしう)(くろ)いお(しり)()し、184真裸(まつぱだか)真跣(まつぱだし)(くろ)鉢巻(はちまき)(よこ)ンチヨに()めて185(おほ)きな(あみ)海上(かいじやう)一面(いちめん)()(まは)し、186言霊(ことたま)一斉(いつせい)(そろ)へて(かつを)()げる(ところ)(なん)とも()へぬ壮観(さうくわん)(かん)()たれるぢやないか』
187照公別(てるこうわけ)如何(いか)にも()(きみ)(おほ)せの(とほ)り、188壮絶(さうぜつ)快絶(くわいぜつ)(きはみ)ですな。189吾々(われわれ)宣伝使(せんでんし)も、190あの引網(ひきあみ)(なら)つて一遍(いつぺん)(すくな)くとも数万人(すうまんにん)信者(しんじや)()()せ、191うまく宣伝(せんでん)をやつたら面白(おもしろ)いでせうな。192どうです先生(せんせい)193これからスガの(まち)()つたら、194大公会堂(だいこうくわいだう)でも()()んで195数万(すうまん)町民(ちやうみん)一度(いちど)()かせてやつたら、196大神(おほかみ)神徳(しんとく)(よく)する信者(しんじや)沢山(たくさん)出来(でき)るかも()れませぬ。197(らう)(すくな)くして(かう)(おほ)き、198(もつと)文明式(ぶんめいしき)方法(やりかた)ぢやありますまいか』
199照国(てるくに)『イヤイヤさうではないよ、200公会堂(こうくわいだう)なんかは(かみ)(みち)宣伝(せんでん)には絶対(ぜつたい)(てき)しない。201公会堂(こうくわいだう)政治家(せいぢか)主義者(しゆぎしや)私淑(ししゆく)する(ところ)だ、202そんな(ところ)神聖(しんせい)神様(かみさま)(をしへ)をした(ところ)で、203身魂(みたま)相応(さうおう)しないから、204(らう)(おほ)くして(かう)()しだ』
205照公(てるこう)『そんなら先生(せんせい)206劇場(げきぢやう)如何(どう)でせうか』
207照国(てるくに)尚々(なほなほ)不可(いか)ない、208劇場(げきぢやう)遊覧客(いうらんきやく)(あつ)まる(ところ)だ。209歌舞伎(かぶき)浄瑠璃(じやうるり)浪花節(なにはぶし)210手品師(てじなし)211活動写真(くわつどうしやしん)(とう)やる(ところ)で、212仮令(たとへ)聴衆(ちやうしう)幾何(いくら)やつて()ても、213遊山気分(いうさんきぶん)()()るからチツとも(みみ)這入(はい)らない。214(かへ)つて(かみ)御名(みな)(きず)つけるやうなものだ』
215照公(てるこう)成程(なるほど)216さう()けば仕方(しかた)がありませぬな、217そんなら学校(がくかう)講堂(かうだう)如何(どう)でせうか』
218照国(てるくに)学校(がくかう)講堂(かうだう)学問(がくもん)研究(けんきう)をする(ところ)だ、219深遠微妙(しんゑんびめう)形而上(けいじじやう)真理(しんり)信仰(しんかう)は、220到底(たうてい)学校(がくかう)講堂(かうだう)(はな)した(ところ)駄目(だめ)だ。221何人(いづれ)研究心(けんきうしん)基礎(きそ)として()くから、222何人(いづれ)(しん)信仰(しんかう)には()れないよ。223青年会館(せいねんくわいくわん)だの倶楽部(くらぶ)だの公会堂(こうくわいだう)だの、224民衆(みんしう)(あつ)まる(ところ)(すべ)駄目(だめ)だ。225夜足(よあし)()つた(うを)(あみ)()つた(うを)は、226(おな)(うを)でも(あぢ)(わる)い。227一匹(いつぴき)々々(いつぴき)(はり)(さき)(えさ)つけて()()げた(うを)(あぢ)()(ごと)く、228(かみ)(みち)宣伝(せんでん)一人(ひとり)(たい)一人(ひとり)相応(さうおう)()(かな)うとるのだ。229()むを()ないなら五六人(ごろくにん)仕方(しかた)がないとしても、230それが(かへ)つて駄目(だめ)になる』
231照公(てるこう)成程(なるほど)232さうすると仲々(なかなか)宣伝(せんでん)()ふものは、233容易(ようい)(ひろ)まらないものですな』
234照国(てるくに)一人(ひとり)(まこと)信者(しんじや)(かみ)(みち)()()れた(もの)235神界(しんかい)(おい)てはヒマラヤ(さん)千里(せんり)遠方(ゑんぱう)一人(ひとり)して(はこ)んで()つたよりも、236功名(こうみやう)として()めらるるのだからなア』
237照公(てるこう)『さうすると先生(せんせい)入信(にふしん)以来(いらい)238どれ(くらゐ)(まこと)信者(しんじや)をお(みちび)きになりましたか』
239照国(てるくに)残念(ざんねん)(なが)ら、240()一人(ひとり)(まこと)信者(しんじや)を、241ようこしらへてゐないのだ』
242照公(てるこう)『ヘーエ、243さうすると、244梅公別(うめこうわけ)吾々(われわれ)宣伝使(せんでんし)試補(しほ)となつて(まは)つてゐますが、245まだ信者(しんじや)(かず)には()つては()ないのですか』
246照国(てるくに)『マアそんなものだな』
247照公(てるこう)(なん)心細(こころぼそ)いものぢやありませぬか』
248照国(てるくに)『さうだから心細(こころぼそ)いと何時(いつ)()ふのだ』
249照公(てるこう)(この)玄真坊(げんしんばう)さまはさうすると、250()信者(しんじや)門口(かどぐち)にも()かないのでせうね』
251照国(てるくに)『ヤア(この)玄真坊(げんしんばう)殿(どの)随分(ずいぶん)(わる)(こと)()つて()たが、252(まへ)(くら)べては余程(よほど)信仰(しんかう)(すす)んで()るよ、253(すで)天国(てんごく)一歩(いつぽ)踏入(ふみい)れて()る』
254照公(てるこう)『それや(また)どうした(わけ)ですか。255吾々(われわれ)()一度(いちど)(たい)した(うそ)もつかず、256泥棒(どろばう)もせず、2561(かか)舎弟(しやてい)もやらず、257正直一途(しやうぢきいちづ)(かみ)のお(みち)(あゆ)んで()たぢやありませぬか。258それに(なん)ぞや大山子(おほやまこ)張本(ちやうほん)259勿体(もつたい)なくも天帝(てんてい)御名(みな)(かた)曲神(まがかみ)権化(ごんげ)とも()ふべき行為(かうゐ)(あへ)てした玄真坊(げんしんばう)殿(どの)天国(てんごく)(あし)踏込(ふみこ)むとは260一向(いつかう)合点(がてん)()きませぬ』
261照国(てるくに)(だい)なる悪事(あくじ)()したる(もの)()(あらた)むる(こころ)(また)(ふか)い。262真剣味(しんけんみ)がある。263それ(ゆゑ)身魂相応(みたまさうおう)()によつて264(ただち)(てのひら)をかへす(ごと)地獄(ぢごく)(くわ)して天国(てんごく)となるのだ。265沈香(ちんかう)()かず()()らずと()人間(にんげん)(かぎ)つて、266自分(じぶん)善人(ぜんにん)だ、267(けつ)して(わる)(こと)はせないから天国(てんごく)(のぼ)れるだらう(など)慢心(まんしん)して()ると、268()らず()らずに(みたま)堕落(だらく)して地獄(ぢごく)(むか)ふものだ。269(わる)(こと)をせないのは人間(にんげん)として当然(たうぜん)所業(しよげふ)だ。270人間(にんげん)(すべ)天地経綸(てんちけいりん)主宰者(しゆさいしや)だから271(この)()(うま)れて()以上(いじやう)は、272(なん)なりと天地(てんち)(ため)(かみ)(かは)()けの御用(ごよう)(つと)()げねばならない責任(せきにん)をもつてゐるのだ。273その責任(せきにん)(はた)(こと)出来(でき)ない人間(にんげん)は、274仮令(たとへ)悪事(あくじ)をせなくとも、275(かみ)生宮(いきみや)として地上(ちじやう)()みおとされた職責(しよくせき)(はた)されて()ない。276それだから、2761身魂(みたま)故郷(ふるさと)たる天国(てんごく)(かへ)ることが出来(でき)ないのだ』
277照公(てるこう)天国(てんごく)(わが)(たま)()りと(おも)ひしに
278地獄(ぢごく)(むか)へる(こと)(うた)てさ。
279(いま)よりは(こころ)(こま)立直(たてなほ)
280(かみ)()さしの神業(みわざ)(はげ)まむ』
281玄真(げんしん)()仮令(たとへ)根底(ねそこ)(くに)(しづ)むとも
282(かみ)(めぐ)みは(わす)れざるらむ』
283照国(てるくに)千早(ちはや)()(かみ)(めぐ)みは()(ひと)
284(ゆめ)にも()らぬ(ところ)にひそむ。
285(やみ)()()(あか)さむと宣伝使(せんでんし)
286よさし(たま)ひぬ(みづ)大神(おほかみ)
287大正一五・六・二九 旧五・二〇 於天之橋立なかや別館 北村隆光録)