霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 懺悔(ざんげ)生活(せいくわつ)〔一八二一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第72巻 山河草木 亥の巻 篇:第2篇 杢迂拙婦 よみ:もくうせっぷ
章:第12章 第72巻 よみ:ざんげのせいかつ 通し章番号:1821
口述日:1926(大正15)年06月30日(旧05月21日) 口述場所:天之橋立なかや別館 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年4月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一夜明けて、ヨリコ姫はキューバーに、僕となってスガの宮に仕えるように説き諭す。
キューバーは案に相違して、あっさり申し出を受け入れて、人の嫌がる雑用を進んでこなすことに同意する。
キューバーは掃除をしながらダリヤ姫に見とれているが、なにやら企んでいる様子で、「今は女に心を奪われている時ではない」と一人問答しながらたたずんでいる。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7212
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 655頁 修補版: 校定版:147頁 普及版:56頁 初版: ページ備考:
001大黒主(おほくろぬし)(かさ)()
002七千余国(しちせんよこく)(つき)(くに)
003(わが)(もの)(がほ)振舞(ふるま)ひつ
004大足別(おほだるわけ)軍勢(ぐんぜい)
005片手(かたて)(にぎ)片手(かたて)には
006スコブッツエンの経典(きやうてん)
007(ちから)となしてトルマンの
008(かみ)(くに)をば()()しに
009タラハン(じやう)やデカタンの
010大高原(だいかうげん)散布(さんぷ)せる
011数多(あまた)国々(くにぐに)(ことごと)
012(われ)掌裡(しやうり)(にぎ)らむと
013(こころ)(おご)りしキユーバーも
014天運(てんうん)(ここ)()きたるか
015三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
016梅公別(うめこうわけ)神力(しんりき)
017千辛万苦(せんしんばんく)計画(けいくわく)
018根本的(こんぽんてき)破壊(はくわい)され
019寄辺(よるべ)なくなく大野原(おほのはら)
020(あめ)(ころも)はそぼち()
021()()(かぜ)(かみ)()
022(くしけづ)りつつ(やうや)くに
023スガの(みなと)()()れば
024前代未聞(ぜんだいみもん)大慶事(だいけいじ)
025山王(さんわう)(かみ)旧跡(きうせき)
026三五教(あななひけう)大神(おほかみ)
027(うづ)御舎(みあらか)千木(ちぎ)(たか)
028鰹木(かつをぎ)さへもきらきらと
029ハルの湖辺(うみべ)(かげ)(うつ)
030(まばゆ)(ばか)りの光景(くわうけい)
031(した)()きつつすたすたと
032(この)()(しの)蓑笠(みのかさ)
033(かる)扮装(いでたち)草鞋(わらぢ)ばき
034手被(ておひ)脚絆(きやはん)()(まと)
035金剛杖(こんごうづゑ)をつきながら
036爪先上(つまさきあ)がりの山道(やまみち)
037あえぎあえぎて(のぼ)()れば
038(やしろ)(そば)()てられし
039さも宏壮(くわうさう)大道場(だいだうぢやう)
040宗教問答所(しうけうもんだふどころ)筆太(ふでぶと)
041()(しる)したるに()をつけて
042(おも)はずにやりとほくそ()
043宗教問答(しうけうもんだふ)(たい)しては
044(これ)だけ(ひろ)(つき)(くに)
045キユーバーの(みぎ)()づるもの
046(ただ)一人(ひとり)もなかるべし
047いよいよ天運循環(てんうんじゆんくわん)
048一陽来復(いちやうらいふく)(とき)(いた)
049(かみ)(ひかり)もいや(なが)
050八千代(やちよ)椿(つばき)優曇華(うどんげ)
051(はな)()(はる)()心地(ここち)
052あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
053坊主(ばうず)鉢巻(はちまき)()(なほ)
054如何(いか)なる(やつ)かは()らねども
055(たか)()れたる(をんな)ども
056奮戦激闘(ふんせんげきとう)秘術(ひじゆつ)をば
057(つく)して(いど)(たたか)へば
058(なん)手間暇(てまひま)()るものか
059(かぜ)()()()(ごと)
060(あさひ)(つゆ)()ゆるごと
061(はる)(こほり)()くるごと
062スカ()()つたるその(ごと)
063(かげ)(かたち)もなき(くづ)
064(しり)はし()つて一散(いつさん)
065(くも)(かすみ)()()すは
066(いま)()(あた)()るやうだ
067如何(いか)なる(をんな)()らねども
068天下(てんか)唯一(ゆゐいつ)救世主(きうせいしゆ)
069神徳無双(しんとくむさう)のキユーバーが
070舌鋒(ぜつぽう)にかかつちや(たま)るまい
071相格(さうがう)(くづ)して(しやく)()
072大地(だいち)にバツたと鰭伏(ひれふ)して
073(あやま)()つて(わが)弟子(でし)
074何卒(どうぞ)(くは)へて(くだ)さいと
075歎願(たんぐわん)(いた)すに(ちが)ひない
076あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
077五月(さつき)(そら)(くも)れども
078キユーバーの(こころ)(そら)()れて
079日月(じつげつ)(てん)()(ごと)
080スガの山下(やまもと)(みや)(むね)
081(かがや)(わた)らむ(かみ)(くに)
082占領(せんりやう)なさむは(あん)(うち)
083なぞと(たか)をばくくりつつ
084問答所(もんだふどころ)玄関(げんくわん)
085()ちて様子(やうす)(うかが)へば
086(はな)(うそ)つく美婦人(びふじん)
087花香(はなか)(ひめ)(むか)へられ
088ハツと(おどろ)(まゆ)()
089ハートに(なみ)()(なが)
090素知(そし)らぬ(かほ)(よそほ)ひつ
091庭下駄(にはげた)()いて境内(けいだい)
092参拝(さんぱい)すると()(なが)
093作戦計画(さくせんけいくわく)(そな)へつつ
094いよいよこれから正念場(しやうねんば)
095舌端(ぜつたん)()()きヨリコ(ひめ)
096(けむり)()いて()れむずと
097いきまき()たる可笑(をかし)さよ
098案内(あない)につれて(おく)()
099問答椅子(もんだふいす)によりかかり
100ヨリコの姿(すがた)(なが)むれば
101(あん)相違(さうゐ)気高(けだか)さに
102魂消(たまげ)(ばか)(おどろ)けど
103(もと)より曲者(くせもの)(どう)()
104二口(ふたくち)三口(みくち)(たたか)へど
105(もと)より蟷螂(たうらう)(をの)をもて
106竜車(りうしや)(むか)(ごと)くなる
107(はなし)にならぬ勝敗(しようはい)
108(こし)()かして()(たふ)
109二人(ふたり)(ひめ)介抱(かいはう)され
110夜具(やぐ)()せられ一夜(ひとよさ)
111(これ)(やかた)(あか)しける
112()くれば女帝(によてい)のヨリコ(ひめ)
113キユーバーの(そば)()()りて
114『スコブッツエン(しう)教祖(けうそ)さま
115昨夜(さくや)(まこと)御失礼(ごしつれい)
116直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
117()(なほ)されて(ゆつく)りと
118これの(やかた)投宿(とうしゆく)
119(わらは)下僕(しもべ)となりなさい
120(をんな)(ばか)りの(この)(やかた)
121(をとこ)がなくては仕様(しやう)がない
122風呂(ふろ)()かして()げませう
123(まんま)()かして()げませう
124下駄(げた)歯入(はいれ)()ふも(さら)
125雑巾(ざふきん)もつて(とこ)()
126掃除(さうぢ)(おろか)竹箒(たけばうき)
127()(たづさ)へてお屋敷(やしき)
128隅々(すみずみ)(まで)(きよ)らかに
129()()(ちり)()きなされ
130それが(いや)なら便所(はばかり)
131掃除(さうぢ)さして()げませう
132(をんな)(ばか)りの()雪隠(せんち)
133(かんば)しい(にほ)ひがしますぞや』
134()へばキユーバーは(うなづ)いて
135如何(いか)にも女帝様(によていさま)御尤(ごもつと)
136(わたし)(えら)(をとこ)だと
137(いま)(まで)(おも)うて()たけれど
138(をんな)のお(まへ)にへこまされ
139(くち)さへ()かぬ不甲斐(ふがひ)なさ
140(ちつ)修業(しうげふ)()らないと
141ボツボツ(さと)らして(もら)ひました
142いよいよ(これ)から(わたくし)
143懺悔(ざんげ)生活(せいくわつ)(いとな)んで
144(ひと)(いや)がる便所(はばかり)
145掃除(さうぢ)大事(だいじ)(つと)めませう
146太閤(たいかふ)さまでも(はじ)まりは
147信長公(のぶながこう)草履持(ぞうりも)
148(した)から(のぼ)つた出世(しゆつせ)なら
149基礎(どだい)はなかなか(かた)けれど
150(くも)(わた)るよな計画(けいくわく)
151危険(きけん)(ともな)ふものと()
152すつかり改心(かいしん)(いた)しました
153何卒(なにとぞ)(わたし)()をかけて
154()(なが)使(つか)つて(くだ)さんせ
155天晴(あつぱれ)修業(しうげふ)出来(でき)たなら
156三五教(あななひけう)神様(かみさま)
157御用(ごよう)(はし)でも(つと)めます』
158()へばヨリコは(うなづ)いて
159(そなた)言葉(ことば)(いつは)りが
160()ければそれで(よろ)しかろ
161これから(しつか)()をつけて
162便所(ちようず)掃除(さうぢ)をなさいませ
163これこれ花香(はなか)よダリヤさま
164今日(けふ)からキユーバーのお(ぢい)さま
165此処(ここ)下僕(しもべ)()まりました
166遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)()らないで
167(ひど)使(つか)つてやりなさい』
168などと得意(とくい)面持(おももち)
169二人(ふたり)(まへ)(かがや)かし
170(わが)居室(ゐま)さして()りにける
171あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
172(かみ)(ひかり)(おそ)れたか
173(ただ)しは(おも)(こと)ありて
174キユーバーが一時(いちじ)(とぼ)けたか
175(くも)(うへ)から()(そこ)
176(さが)つたやうな境遇(きやうぐう)
177(あまん)(くら)(はず)はない
178(あめ)暴風雨(あらし)(はた)(かぜ)
179地震(ぢしん)(かみなり)洪水(こうずい)
180(かみ)ならぬ()()るよしもなく
181花香(はなか)(ひめ)やダリヤ(ひめ)
182不安(ふあん)(いろ)(うか)べつつ
183ヨリコの言葉(ことば)(したが)ひて
184キユーバーを下僕(しもべ)使(つか)ひける
185あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
186(かみ)経綸(しぐみ)面白(おもしろ)さ。
187玉清別(たまきよわけ)神司(かむづかさ)
188ダリヤの(ひめ)諸共(もろとも)
189(みや)階段(かいだん)(きざ)みつつ
190(かみ)御前(みまへ)(ぬか)づきて
191祝詞(のりと)(とな)ふる(をり)もあれ
192(ほうき)()ちしキユーバーは
193ダリヤの(ひめ)後姿(あとすがた)
194(あな)()くほど()(なが)
195「アーアほんに(なん)とまあ
196姿(すがた)綺麗(きれい)(しとや)かな
197何処(どこ)欠点(けつてん)ない(むすめ)
198(おれ)(をとこ)(はし)だもの
199(をんな)()てない(こと)あろか
200トルマン(じやう)()()んで
201天下(てんか)美人(びじん)(きこ)えたる
202千草(ちぐさ)(ひめ)さへ(とろか)した
203(うで)(おぼえ)のある(をとこ)
204(たか)()れたる薬屋(くすりや)
205(むすめ)ぢやないか赤心(まごころ)
206(つく)してかかれば(わけ)もなく
207(おれ)(なび)くに(ちが)ひない
208女護(によご)(しま)竜宮(りうぐう)
209乙姫館(おとひめやかた)()(なが)
210(をんな)(しり)大掃除(おほさうぢ)
211(あさ)から(ばん)(まで)柔順(おとな)しう
212やつて()るのも()()かぬ
213エーエ(おも)へばじれつたい
214心猿意馬(しんゑんいば)()(くる)()
215()うしても()うしても(たま)らない
216とは()ふものの(いま)(しば)
217辛抱(しんばう)しなくてはならうまい
218こんな(ところ)襤褸(ぼろ)()して
219追放(つゐはう)されやうものならば
220肝腎要(かんじんかなめ)(わが)(たく)
221(また)もや画餅(ぐわへい)になるだらう
222(はぢ)(しの)んで朝夕(あさゆふ)
223苦労(くらう)するのも(のち)()
224(いま)()()れヨリコ(ひめ)
225花香(はなか)(ひめ)やダリヤ(ひめ)
226(おれ)秋波(しうは)(おく)らねば
227ならないやうにしてやらう
228それが(をとこ)腕前(うでまへ)
229(さき)(ひやく)より(いま)五十(ごじふ)
230などと短気(たんき)(こと)はせぬ
231大望(たいまう)(かか)へしキユーバーの()
232大器晩成(たいきばんせい)()(こと)
233(われ)には(たふと)金言(きんげん)
234恋雲(こひぐも)しばし()()れ」と
235(われ)(わが)()伊吹(いぶ)きしつ
236(はうき)(はら)可笑(をかし)さよ
237玉清別(たまきよわけ)はダリヤ(ひめ)
238(あと)(したが)階段(かいだん)
239(くだ)りて()ればキユーバーは
240(はうき)()ちて(には)()
241(そら)()(くも)()(なが)
242感慨無量(かんがいむりやう)為体(ていたらく)
243()るよりダリヤは(そば)()
244『キユーバーさまえ』と(せな)(たた)
245(わら)へばキユーバーは吃驚(びつくり)
246揉手(もみで)をし(なが)(こし)(かが)
247『ハイハイ(まこと)御失礼(ごしつれい)
248二人(ふたり)さまの言霊(ことたま)
249(きよ)(ひびき)(あこが)れて
250(おも)はず()らず恍惚(くわうこつ)
251(たま)()かれて()りました
252サアサア(わたし)がお(やかた)
253(とも)をさして(もら)ひませう』
254()へば玉清別司(たまきよわけつかさ)
255右手(めて)()りつつ『キユーバーさま
256(けつ)して心配(しんぱい)()りませぬ
257ダリヤの(ひめ)二人(ふたり)()
258滅多(めつた)(こと)()りませぬ
259左様(さやう)ならば』と()()てて
260神館(しんくわん)さして(かへ)()
261(あと)見送(みおく)りてキユーバーは
262(した)をチヨンチヨン()()らし
263『チエー畜生(ちくしやう)馬鹿(ばか)にすな
264(むつま)じさうに二人(ふたり)(づれ)
265(あま)(ささや)きつづけつつ
266これ()よがしに()きよつた
267怪体(けたい)(わる)いと(おも)へども
268此処(ここ)をも(ひと)(こら)へねば
269肝腎要(かんじんかなめ)大望(たいまう)
270成就(じやうじゆ)せないと(おも)へばこそ
271()ぎりを()んで辛抱(しんばう)する
272嗚呼(ああ)(かな)はぬ(かな)はぬ(たま)らない
273目玉(めだま)()()すやうだワイ』
274大正一五・六・三〇 旧五・二一 於天之橋立なかや旅館 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)