霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 捨台演(すてたいえん)〔一八二二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第72巻 山河草木 亥の巻 篇:第2篇 杢迂拙婦 よみ:もくうせっぷ
章:第13章 第72巻 よみ:すてたいえん 通し章番号:1822
口述日:1926(大正15)年06月30日(旧05月21日) 口述場所:天之橋立なかや別館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年4月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
しかし結局キューバーは、ダリヤへの思いに負けて、ダリヤに自分の恋人になれと、強談判してしまう。ダリヤは騒ぎ出し、花香とヨリコ姫がやってきて、キューバーを責める。
キューバーはやぶれかぶれに、ヨリコの昔の悪行をお上に訴えると脅すが、逆にヨリコに証拠はどこにある、と詰め寄られてしまう。
キューバーは捨台詞をはいて、その場を立ち去った。
キューバーはダリヤの兄、イルクの屋敷に向かい、イルクや門番に当り散らして、どこかへ消えてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7213
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 658頁 修補版: 校定版:159頁 普及版:59頁 初版: ページ備考:
001雪隠掃除(せつちんさうぢ)引受(ひきう)けた
002偽改心(にせかいしん)のキユーバーは
003玉清別(たまきよわけ)神司(かむつかさ)
004ダリヤの(ひめ)相並(あひなら)
005祝詞(のりと)をあげる姿(すがた)()
006心猿意馬(しんゑんいば)(くる)()
007(むつま)じさうな様子(やうす)()
008やけて(たま)らず地団太(ぢだんだ)
009()んでは()たが(いま)少時(しばし)
010(やかた)様子(やうす)(かんが)へて
011その(うへ)(なん)とかせむものと
012いろいろ雑多(ざつた)とすみずみに
013(こころ)(くば)()たるこそ
014スガの宮居(みやゐ)(やかた)には
015剣呑至極(けんのんしごく)代物(しろもの)
016五日(いつか)六日(むゆか)()(うち)
017キユーバーは(こひ)(ほのほ)をば
018(むね)()やしてダリヤ(ひめ)
019(なん)とか(もの)にせむものと
020(かんが)へすます(をり)もあれ
021便所掃除(はばかりさうぢ)(その)(さい)
022(かはや)()りしダリヤ(ひめ)
023これ(さいは)屈強(くつきやう)場合(ばあひ)ぞと
024手洗鉢(てあらひばち)(まへ)()
025柄杓(ひしやく)(みづ)()(なが)
026ダリヤの両手(りやうて)(そそ)ぎつつ
027(すき)(うかが)白魚(しらうを)
028繊手(せんしゆ)をグツト(にぎ)りしめ
029『これこれもうしダリヤさま
030(わし)貴女(あなた)真剣(しんけん)
031(わし)(ねがひ)(いま)一度(いちど)
032()いて(もら)はにや()にまする
033睾丸(きんたま)さげた大丈夫(だいぢやうぶ)
034繊弱(かよわ)(をんな)()(あは)
035(たの)むは畢竟(ひつきやう)(こひ)(ゆゑ)
036(こひ)上下(じやうげ)(へだ)てない
037主人(しゆじん)(しもべ)といろいろに
038()(かは)れども人間(にんげん)
039(いづ)れも天帝(てんてい)分霊(わけみたま)
040(たふと)(いや)しい(など)()
041そんな区別(くべつ)があるものか
042雪隠掃除(せつちんさうぢ)(あなど)つて
043(わし)()(こと)()かぬなら
044此方(こちら)(ひと)思案(しあん)する
045後日(ごじつ)(ほぞ)をかまぬやう
046性念(しやうね)をすゑて御返答(ごへんたふ)
047天晴(あつぱれ)なされよキユーバーが
048()るか()るかの境目(さかひめ)
049一人(ひとり)(をとこ)()かさうと
050(ころ)さうとお(まへ)(むね)次第(しだい)
051(みにく)(をとこ)()つたとて
052(とら)(くま)ではあるまいし
053()(はな)(くち)(みみ)眉毛(まゆげ)まで
054立派(りつぱ)について()(をとこ)
055手足(てあし)(ゆび)五本(ごほん)ある
056(まへ)美人(びじん)()つたとて
057道具(だうぐ)(かは)りはあらうまい
058(はや)思案(しあん)()めて()
059(わし)(をとこ)意地(いぢ)だもの
060()()した(こと)(あと)()かぬ
061サアサア返答(へんたふ)』と、詰寄(つめよ)れば
062ダリヤの(ひめ)(うち)(わら)
063『これこれキユーバーのお(ぢい)さま
064(まへ)本気(ほんき)()ふのかい
065(さけ)()うて()ふのだろ
066道理(だうり)(かほ)がチト(あか)
067そんな(くだ)らぬ囈言(たはごと)
068()()があつたら逸早(いちはや)
069屋敷(やしき)掃除(さうぢ)をするがよい
070ヨリコの(ひめ)さまが()いたなら
071(えら)いお目玉(めだま)()ふだらう
072(けつ)して(わる)(こと)()ひませぬ
073その()(はな)して(くだ)さんせ』
074()へばキユーバーは()()いて
075『どうしてどうして(はな)さうか
076この()(はな)した(こと)ならば
077(まへ)直様(すぐさま)ヨリコ(ひめ)
078女帝(によてい)(まへ)()()して
079(おれ)のした(こと)()げるだらう
080さうなりや(おれ)もこの(たち)
081(しり)()ゑて()られない
082一旦(いつたん)(ゆみ)(はな)れたる
083征矢(そや)(もと)へは(かへ)らない
084()返答(へんたふ)』と詰寄(つめよ)れば
085ダリヤ金切声(かなきりこゑ)()
086『あれあれ(こは)(たす)けて』と
087(いき)(かぎ)りに(よば)はれば
088花香(はなか)(おどろ)()(きた)
089(この)有様(ありさま)打眺(うちなが)
090(たれ)かと(おも)へばキユーバーどん
091ふざけた(こと)をするでない
092此処(ここ)(たふと)神館(かむやかた)
093心得(こころえ)なさるが(よろ)しからう
094渋紙(しぶがみ)()たやうな(つら)をして
095天下(てんか)美人(びじん)()(にぎ)
096(こひ)(ふな)のと(なん)のこと
097(まへ)(つら)御相談(ごさうだん)
098した(うへ)その()(はな)さんせ
099本当(ほんたう)(あき)れた売僧(まいす)だな
100改心(かいしん)すると(いつは)つて
101少時(しばらく)(やかた)(しの)()
102まめまめしくも()せかけて
103(こひ)欲望(よくばう)(たつ)せむと
104(たく)らみ()たる(ねこ)かぶり
105(まへ)のやうな悪党(あくたう)
106一時(いちじ)(はや)去犬(いぬ)がよい
107しつこうその()(はな)さねば
108ヨリコの女帝(によてい)()げるぞや』
109()へばキユーバーは(どう)()
110大口(おほぐち)()けて高笑(たかわら)
111『アツハヽヽヽハツヽヽヽ
112こらこら小女(こめつちよ)章魚(たこ)バイタ
113(おれ)何方(どなた)心得(こころえ)
114大黒主(おほくろぬし)御信任(ごしんにん)
115(もつと)(あつ)救世主(きうせいしゆ)
116スコブッツエン(しう)大教祖(だいけうそ)
117キユーバーの(きみ)御座(ござ)るぞや
118(たか)()れたる薬屋(くすりや)
119一人娘(ひとりむすめ)杢兵衛(もくべゑ)
120はした(むすめ)()(もつ)
121(ほほ)げたたたくおとましや
122ヨリコの(ひめ)(なに)(こは)
123オーラの(やま)立籠(たてこも)
124山賊(さんぞく)(かせ)いだ兇状(きようじやう)()
125バラモン(しよ)出頭(しゆつとう)して
126(おそ)(なが)らと()かけたら
127一網打尽(いちまうだじん)貴様等(きさまら)
128同類(どうるゐ)仲間(なかま)見做(みな)されて
129(くら)牢獄(らうや)(うち)()まれ
130()()()ずに呻吟(しんぎん)
131(かこ)(なげ)けど是非(ぜひ)もなく
132(たちま)()(いん)罪人(とがにん)
133なつて()くのは()のあたり
134それでもキユーバーの要求(えうきう)
135拒絶(きよぜつ)するのか花香姫(はなかひめ)
136ダリヤの(ひめ)のあまつちよよ
137(おれ)()うなりや自暴自棄(やけくそ)
138スガの御殿(ごてん)根底(ねそこ)から
139でんぐり(がへ)宮司(みやづかさ)
140玉清別(たまきよわけ)のデレ親爺(おやぢ)
141吠面(ほえづら)かわかし()せてやらう』
142(など)傍若無人(ばうじやくぶじん)なる
143キユーバーの言葉(ことば)(あき)()
144花香(はなか)(ただ)ちに(おく)()
145()()みヨリコの(まへ)()
146キユーバーの暴状(ばうじやう)逐一(ちくいち)
147(はな)せばヨリコは(うち)(わら)
148衣紋(えもん)(つくろ)悠々(いういう)
149便所(べんじよ)(ちか)くに()(きた)
150『ホツホヽヽキユーバーさま
151(まこと)親切(しんせつ)有難(ありがた)
152(いど)掃除(さうぢ)をした(うへ)
153()(まで)(にぎ)つて(あら)うとは
154ようマア(ねん)()つた(こと)
155御親切(ごしんせつ)(かん)()りました
156これこれそこなダリヤさま
157キユーバーさまの()(こと)
158(こころ)よく()いて()げなされ』
159()へばダリヤは涙声(なみだごゑ)
160(なに)(ほど)(わたし)がスベタでも
161(いや)しい身分(みぶん)であらうとも
162便所掃除(はばかりさうぢ)をするやうな
163(ぢい)さまに言葉(ことば)をかけるさへ
164(けが)れるやうな()がします
165()して(わたし)女房(にようばう)
166なつて()れとはあんまりだ
167腹立(はらだ)(なみだ)(かわ)()
168(あき)れて(もの)()へませぬ
169何卒(なにとぞ)(ゆる)して(くだ)さんせ』
170ワツと(ばか)りに()()れば
171流石(さすが)のキユーバーも()(はな)
172ヨリコの(かた)(うち)(むか)
173『これこれヨリコの女帝(によてい)さま
174(ねこ)(かぶ)つて()(わたし)
175かく(あら)はれし(うへ)からは
176(やぶ)れかぶれだお(まへ)さまの
177首玉(くびたま)(ひと)つを(もら)はうか
178それが(いや)なら直様(すぐさま)
179バラモン(しよ)へと()()んで
180(まへ)素性(すじやう)素破抜(すつぱぬ)
181縄目(なはめ)(はぢ)をかかさうか
182如何(いかが)御座(ござ)る』と(はな)すすり
183肩肱(かたひぢ)(いか)らし詰寄(つめよ)れば
184ヨリコの(ひめ)(うち)(わら)
185(わたし)(いま)(まで)悪行(あくぎやう)
186(かせ)いだ証拠(しようこ)何処(どこ)にある
187(わか)らぬ(こと)仰有(おつしや)ると
188正反対(せいはんたい)此方(こちら)から
189(まへ)をバラモンのお役所(やくしよ)
190(うつた)へませうかキユーバーさま
191如何(いか)如何(いか)に』と、反対(あべこべ)
192逆捻(さかねぢ)()はせばキユーバーは
193少時(しばし)躊躇(ためら)(いき)こらし
194黙然(もくねん)として(うち)(しづ)
195あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
196この顛末(てんまつ)如何(いか)にして
197落着(らくちやく)するか(この)(さき)
198成行(なりゆき)こそは面白(おもしろ)き。
199 キユーバーは(こひ)情火(じやうくわ)(つつ)まれ(こら)へきれずなり、200ダリヤ(ひめ)()(にぎ)つて、201(おど)しつ(すか)しつ口説(くど)いて()たが、202挺子(てこ)でも(ぼう)でも(うご)かないダリヤの強情(がうじやう)にヤケを(おこ)し、203バラモン(しよ)(うつた)へる(など)脅喝(けふかつ)(こころ)みた。204()れどもキユーバーの(ごと)売僧(まいす)205(しか)念入(ねんい)りに出来(でき)醜男(ぶをとこ)には横丁(よこちやう)牝犬(めいぬ)にケシかけても()びつかない面構(つらがま)へ、206()して絶世(ぜつせい)美人(びじん)秋波(しうは)(おく)道理(だうり)なく、207三人(さんにん)美人(びじん)()つて(たか)つて(はづか)しめられ、208無念(むねん)骨髄(こつずゐ)(てつ)し、209……もう(この)(うへ)(やぶ)れかぶれだ、210ヨリコの素性(すじやう)素破抜(すつぱぬ)き、211バラモン(しよ)(うつた)へ、212(この)(うらみ)()らさにやおかぬ……と()(なが)問答所(もんだふどころ)看板(かんばん)()めつけ、213それに啖唾(たんつば)をはきかけ、214後足(あとあし)(すな)をひつかけ夜叉(やしや)(ごと)相好(さうがう)(あら)はし、215ダリヤ(ひめ)(あに)イルクに()つて目的(もくてき)(たつ)せむものと、216一言(いちごん)挨拶(あいさつ)もなく、217(いや)らしい捨台詞(すてぜりふ)(のこ)して(この)()(たち)()つた。
218 キユーバーは(ただち)薬屋(くすりや)表門(おもてもん)(くぐ)玄関(げんくわん)(たち)(ふさが)銅羅声(どらごゑ)()して、
219七千余国(しちせんよこく)(つき)(くに)御支配(ごしはい)(あそ)ばす大黒主(おほくろぬし)神司(かむつかさ)のお見出(みいだ)しに(あづか)つたるスコブッツエン(しう)教祖(けうそ)キユーバーの(きみ)御座(ござ)る、220是非(ぜひ)主人(しゆじん)面会(めんくわい)(いた)()い』
221()ばはる(こゑ)番頭(ばんとう)のアルは慇懃(いんぎん)()(むか)へ、
222『ヤア何方(どなた)かと(おも)へばお(まへ)さまは、223(やかた)掃除番(さうぢばん)ぢやないか、224ナーンぢや吃驚(びつくり)した。225大黒主(おほくろぬし)だの、226スコブッツエン(しう)教祖(けうそ)(など)大変(たいへん)大法螺(おほぼら)()くものだから、227如何(いか)なる貴顕紳士(きけんしんし)がお()でかと(おも)つたのに、228(なん)(こと)だ、229よい加減(かげん)御冗談(ごじやうだん)をしておかつしやい、230サア(はや)くお(やかた)(かへ)つたり(かへ)つたり』
231キユ『(だま)番頭(ばんとう)232(この)(はう)大黒主(おほくろぬし)片腕(かたうで)233天然坊(てんねんばう)のキユーバーと()大救世主(だいきうせいしゆ)だぞ、234スガの(やかた)様子(やうす)(うかが)ふべく掃除番(さうぢばん)となつて入込(いりこ)んで()つたのだ。235(いま)()ておれ、236貴様(きさま)主人(しゆじん)老耄(おいぼれ)貴様(きさま)(とも)にフン(じば)つて、237(くら)(くら)牢獄(らうごく)へブチ()んでやるぞ。238(はや)(この)(はう)立派(りつぱ)座敷(ざしき)(みちび)け、239老耄(おいぼれ)主人(しゆじん)()()かす(こと)がある』
240アル『(うそ)本真(ほんま)()りませぬが、241一寸(ちよつと)(この)(よし)主人(しゆじん)(つた)へて()ますから、242()つて()(くだ)さい』
243キユ『グヅグヅして()ると承知(しようち)ならぬぞ、244(はや)(おく)()け』
245(しか)りつける。246アルは舌打(したう)ちし(なが)ら、
247『チエツ、248売僧坊主(まいすばうず)()が』
249小言(こごと)(つぶや)きつつ主人(しゆじん)居間(ゐま)()()んだ。250少時(しばらく)するとイルクはスタスタ()(きた)り、
251『ヤア(たれ)かと(おも)へば掃除番(さうぢばん)のキユーバーだな、252(なん)(よう)だ。253(おれ)(いそが)しいから(なが)つたらしい(はなし)面倒(めんだう)だ、254手取(てつとり)(ばや)()つて()れ』
255キユ『こりやイルク、256勿体(もつたい)なくも大黒主(おほくろぬし)(さま)寵臣(ちようしん)キユーバーの(きみ)(むか)つて、257()ちはだかつて(もの)(まを)すと()失礼(しつれい)(こと)があるか、258(ひか)()らうぞ』
259イル『(なん)(こと)ぢや260テント(わけ)(わか)らぬ。261オイ アル、262横町(よこちやう)精神病院(せいしんびやうゐん)()つて院長(ゐんちやう)さまを(たの)んで()い』
263キユ『馬鹿(ばか)(まを)せ、264グヅグヅ(いた)すと当家(たうけ)断絶(だんぜつ)憂目(うきめ)()ふぞ、265(いま)(まで)大黒主(おほくろぬし)(めい)によつて三五教(あななひけう)内幕(うちまく)(さぐ)るべく(しの)()んで()たのだ。266(さぐ)れば(さぐ)(ほど)(いよいよ)()しからぬ(こと)(いた)して()る。267大黒主(おほくろぬし)(さま)(たい)して(すこ)しも敬意(けいい)(はら)つて()ない、268(この)(はう)(この)次第(しだい)(つぶ)さに言上(ごんじやう)しようものなら、269大変(たいへん)なことになるぞよ』
270イ『ハイ、271如何(いか)なる(わる)(こと)があるかも()れませぬが、272信仰(しんかう)はもとより自由(じいう)御座(ござ)います。273キユーバーさまでも大黒主(おほくろぬし)さまでも、274(わる)(こと)さへなけりやチツトも(おそ)れませぬ、275何卒(どうぞ)(かま)(くだ)さいますな』
276キユ『よし、277(かま)うて()れなと(まを)したな、278(あと)吠面(ほえづら)かわくな』
279()(なが)(あし)(はこ)びも荒々(あらあら)しく、280其処(そこら)(あた)金剛杖(こんがうづゑ)にて打壊(うちこは)(なが)ら、281大手(おほて)()つて表門(おもてもん)をくぐり何処(いづく)ともなく姿(すがた)(かく)した。
282大正一五・六・三〇 旧五・二一 於天之橋立なかや旅館 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)