霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 新宅入(しんたくいり)〔一八二三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第72巻 山河草木 亥の巻 篇:第2篇 杢迂拙婦 よみ:もくうせっぷ
章:第14章 第72巻 よみ:しんたくいり 通し章番号:1823
口述日:1926(大正15)年06月30日(旧05月21日) 口述場所:天之橋立なかや別館 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年4月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫と妖幻坊の杢助は、海を渡ってようやくスガの港にやってきた。
噂に、三五教の大宮が建てられたと聞くと、なんとかしてその聖場を奪おうと思案を始めた。
手始めに、宿泊している旅館の別館を買い取ろうと、妖幻坊は曲輪の術を使い、庭の木の葉をお金に変えてしまう。
高姫そのお金で買い取った別館に、ウラナイ教の大看板を掲げて、宣伝の準備を始めた。
一方妖幻坊は、人から見えないように離れ座敷を作らせ、元の怪物の姿になって居座っている。
高姫は、今は元王妃の肉体に宿っているため、その気品と美貌で宣伝は功を奏し、ウラナイ教は大繁盛しだした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7214
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 662頁 修補版: 校定版:172頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001ハルの湖水(こすい)(わた)(をり)
002(にはか)()()暴風(ばうふう)
003高砂丸(たかさごまる)沈没(ちんぼつ)
004妖幻坊(えうげんばう)杢助(もくすけ)
005高姫(たかひめ)(せな)()(なが)
006(なみ)()()(ただよ)ひつ
007(やうや)湖中(こちう)(うか)びたる
008(たけ)()(しげ)太魔(たま)(しま)
009銀杏(いてふ)浜辺(はまべ)()きにけり
010(ここ)二人(ふたり)種々(いろいろ)
011()からぬ(こと)をなし()へて
012浜辺(はまべ)(ふね)(うば)ひとり
013杢助(もくすけ)()をば(あや)つりつ
014もとより()れぬ(うみ)(うへ)
015(なみ)のまにまにくるくると
016彼方(あなた)此方(こなた)(なが)されつ
017終日(しうじつ)終夜(しうや)(みづ)(うへ)
018(はら)()かして彷徨(さまよ)ひつ
019やうやうスガの(みなと)(まで)
020(いのち)辛々(からがら)()きにける
021高姫(たかひめ)杢助(もくすけ)両人(りやうにん)
022湖辺(こへん)沿()ひし饂飩屋(うどんや)
023一寸(ちよつと)()()減腹(すきばら)
024(いや)せる(をり)しも(みち)()
025(ひと)(うはさ)にスガの(やま)
026三五教(あななひけう)大宮(おほみや)
027千木(ちぎ)(たか)()りて(あたら)しく
028()てられたりと()くよりも
029食指(しよくし)(おほ)いに(うご)()
030(なん)とか工夫(くふう)(めぐ)らして
031(その)聖場(せいぢやう)(うば)はむと
032(かんが)()るこそ(むし)()
033()黄昏(たそがれ)になりければ
034目抜(めぬ)きの場所(ばしよ)なる(なか)(まち)
035タルヤ旅館(りよくわん)()()んで
036一夜(いちや)宿(やど)(もと)めつつ
037二人(ふたり)此処(ここ)にやすやすと
038(あま)(ねむ)りにつきにけり。
039 高姫(たかひめ)040杢助(もくすけ)(あさ)(はや)くから()()でて宿屋(やどや)様子(やうす)(かんが)へて()ると、041()割合(わり)とは(ひろ)屋敷(やしき)(あたら)しい別館(べつくわん)()つて()る。042さうして(その)別館(べつくわん)北町(きたまち)街道(かいだう)(めん)し、043布教(ふけう)宣伝(せんでん)には(きは)めて()家構(いへがまへ)であつた。044妖幻坊(えうげんばう)曲輪(まがわ)(じゆつ)使(つか)ひ、045庭先(にはさき)()()七八枚(しちはちまい)(ひろ)つて()(なに)かムサムサ文言(もんごん)(とな)へると、046それが(たちま)百円札(ひやくゑんさつ)(かは)つて仕舞(しま)つた。047そつと懐中(ふところ)()()素知(そし)らぬ(かほ)して高姫(たかひめ)(まへ)にどつかと()し、
048『オイ、049千草(ちぐさ)(たか)チヤン、050(なん)此処(ここ)()家構(いへがまへ)ぢやないか。051(まへ)得意(とくい)布教(ふけう)宣伝(せんでん)とやらを此処(ここ)()つたら面白(おもしろ)からうよ』
052(たか)成程(なるほど)053(さすが)杢助(もくすけ)さまだ。054よう()がつきますこと、055(わたし)(ひと)三五教(あななひけう)(やつ)がスガの(やま)立派(りつぱ)なお(みや)()て、056大変(たいへん)(えら)(いきほひ)宣伝(せんでん)して()ると()(こと)だから、057(なん)だか()らぬ気色(きしよく)(わる)くて(たま)らぬので、058直様(すぐさま)スガの(やま)()()んで、059神司(かむつかさ)(つら)(かは)をひん()き、060道場破(だうぢやうやぶ)りをやつてやらうかとも(かんが)へましたが、061それでは(あま)りあどけない、062無理(むり)占領(せんりやう)したと町人(ちやうにん)にでも(おも)はれちや(のち)信用(しんよう)(くわん)するので063如何(どう)せうかなアと(いま)(かんが)へて()(ところ)ですよ。064(しか)(なに)(ほど)結構(けつこう)都合(つがふ)のよい(いへ)だと()つても065一旦(いつたん)(うみ)にはまつて真裸(まつぱだか)となり、066旅費(りよひ)(なに)もなくなつて仕舞(しま)つたのだから、067(いへ)(かり)やうもなく、0671仕方(しかた)がないぢやありませぬか。068()うして(えら)さうに宿屋(やどや)(とま)つて()るものの、069サア御勘定(ごかんぢやう)()(とき)如何(どう)せうかと(おも)つて、070さう(おも)()すと宿屋(やどや)(めし)(うま)(のど)(とほ)らないのですもの、071今晩(こんばん)(うま)夜抜(よぬ)けをしないと072グヅグヅして()ると無銭飲食(むせんいんしよく)とか(なん)とか()つて073バラモンの役所(やくしよ)引張(ひつぱ)られますからなア』
074『ハヽヽヽ御心配(ごしんぱい)御無用(ごむよう)だ。075そんな(こと)抜目(ぬけめ)のある杢助(もくすけ)だないよ。076一層(いつそう)(こと)077あの別館(べつくわん)主人(しゆじん)相談(さうだん)して買取(かひと)つたらどうだらう』
078(たか)買取(かひと)ると()つたつてお(かね)がなけれや仕様(しやう)がないぢやありませぬか。079せめて手附金(てつけきん)でもあれば(はなし)出来(でき)ますが、080昨夜(ゆうべ)宿料(やどれう)もないやうな(こと)で、081如何(どう)してそんなことが出来(でき)ませうか。082アヽ()うなれやお(かね)()しいワイ』
083(えう)(おれ)もお(かね)()しいのだけれど、084(さつ)はあつてもお(かね)(すこ)しもないのだから、
085(さつ)手形(てがた)沢山(たくさん)あれど
086 どうか(銅貨(どうくわ))こうか(硬貨(かうくわ))に苦労(くらう)する
087とか(なん)とか()つてな、088硬貨(かうくわ)()けれや矢張(やつぱり)(はな)しても効果(かうくわ)がないと()ふものだ。089(しか)どうか銅貨(どうくわ))してあの(いへ)()()れたいものだな』
090(たか)硬貨(かうくわ)がなくても紙幣(しへい)されあれば結構(けつこう)ですが、091(かみ)らしいものは鼻紙(はなかみ)(ひと)()いのだもの、092仕方(しかた)がないワ』
093 杢助(もくすけ)はニツコと(わら)(ふところ)()()(たた)(なが)ら、
094『オイ、095(たか)チヤン、096此処(ここ)一寸(ちよつと)()()れて御覧(ごらん)097(まへ)大好物(だいかうぶつ)()()いて()るよ』
098 高姫(たかひめ)(いぶ)かりながら矢庭(やには)妖幻坊(えうげんばう)(ふところ)右手(みぎて)()()むと、099()れるやうな百円札(ひやくゑんさつ)七八枚(しちはちまい)()(さは)つた。100アツと(おどろ)尻餅(しりもち)をつき、
101『ヤアヤアヤアこれこれ(もく)チヤン、102(あぶ)ない(こと)をしなさるなや。103(まへ)さまは昨夜(ゆうべ)(わたし)()()()(かんが)へて何処(どこ)かで何々(なになに)して()たのだらう、104ほんたうに(おそ)ろしい(ひと)だワ』
105(えう)『ハヽヽ、106さう(おどろ)くものぢやない、107この杢助(もくすけ)(けつ)して泥棒(どろばう)なんかしないよ、108曲輪(まがわ)(じゆつ)(もつ)庭先(にはさき)()()(ひろ)一寸(ちよつと)紙幣(しへい)()かしたのだ』
109 高姫(たかひめ)曲輪(まがわ)(じゆつ)()へば(いち)()もなく(しん)ずる(くせ)がある。
110『マアマア、111(えら)いお(かた)だこと、112(それ)でこそ日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)(をつと)ですワ。113この(かね)さへあれば(ひと)主人(しゆじん)交渉(かけあ)つて、114あの(いへ)()()れるやうにせうぢやありませぬか。115(うら)には(また)離棟(はなれ)()つて()ますなり、116(まへ)さまがお(やす)みになるには大変(たいへん)都合(つがふ)がよろしいからなア』
117(えう)『ウンさうだ。118()うも別棟(べつむね)がないと(おれ)はとつくり(やす)めないからのう、119どうだい120(まへ)主人(しゆじん)交渉(かけあ)つてくれないか』
121(たか)『ハイ、122承知(しようち)(いた)しました』
123()(なが)らポンポンと()()()らす、124(しばら)くあつて一人(ひとり)下女(げぢよ)125(ふすま)をソツと(ひら)(しとやか)両手(りやうて)をつき、
126下女(げぢよ)『お()しになりましたのは此方(こなた)御座(ござ)いますか』
127(たか)『アヽさうだよ、128(まへ)此家(ここ)下女(げぢよ)()えるが、129下女(げぢよ)には(よう)がない、130一寸(ちよつと)御亭主(ごていしゆ)()んで()(くだ)さい、131さうして(ついで)昨夜(ゆうべ)勘定書(かんぢやうがき)をね』
132 下女(げぢよ)は「ハイ(かしこまり)ました」と()(なが)ら、133足早(あしばや)()でて()く。134高姫(たかひめ)杢助(もくすけ)(ふところ)から()紙幣(しへい)引繰(ひつくり)かへし引繰(ひつくり)かへし(なが)めたが、135どうしても贋物(にせもの)とは()えぬ。136勇気(ゆうき)百倍(ひやくばい)して主人(しゆじん)(きた)るのを(いま)(おそ)しと()つて()ると、137顔中(かほぢう)みつちや出来(でき)五十恰好(ごじふかつかう)(おやぢ)138テカテカ(ひか)つた(あたま)をヌツと()し、
139亭主(ていしゆ)『ハイ(わたし)当家(たうけ)主人(しゆじん)御座(ござ)います、140(めし)によりまして(まか)つん()ました』
141(たか)勘定書(かんぢやうがき)幾何(いくら)だな』
142(てい)『ハイ、143二人様(ふたりさま)一円(いちゑん)五十銭(ごじつせん)頂戴(ちやうだい)(いた)します』
144(たか)『そんなら、145これは茶代(ちやだい)一緒(いつしよ)だよ』
146()(なが)百円(ひやくゑん)紙幣(しへい)()()せば、147亭主(ていしゆ)(おどろ)いて二人(ふたり)(かほ)見詰(みつ)(なが)ら、
148『こんな(おほ)きなお(かね)頂戴(ちやうだい)(いた)しましても剰銭(おつり)御座(ござ)いませぬ、149何卒(どうぞ)(こま)かいのでお(ねが)(いた)します』
150(たか)『イヤ剰銭(つり)()けりや宜敷(よろし)い、151一円(いちゑん)五十銭(ごじつせん)昨夜(さくや)宿泊料(しゆくはくれう)152九十八円(きうじふはちゑん)五十銭(ごじつせん)はお茶代(ちやだい)だよ』
153(てい)宿屋業(やどやげふ)組合(くみあひ)規則(きそく)茶代(ちやだい)廃止(はいし)して()今日(こんにち)154こんな(もの)頂戴(ちやうだい)しましては仲間(なかま)はねられますから、155どうぞお(をさ)(くだ)さいませ』
156(たか)『アヽ茶代(ちやだい)(わる)けれや、157土産(みやげ)として()げて()かう、158それなら()いだらう』
159(てい)『ハイ、160土産(みやげ)なら幾何(いくら)でも頂戴(ちやうだい)(いた)します。161有難(ありがた)御座(ござ)います。162どうぞゆるゆるお宿(とま)(くだ)さいませ、163どうも不都合(ふつがふ)御座(ござ)いますが(しばら)御辛抱(ごしんばう)(ねが)ひます』
164(たか)(とき)亭主殿(ていしゆどの)165旦那様(だんなさま)思召(おぼしめし)だが、166あの庭先(にはさき)(むか)ふに()つて()別館(べつくわん)当家(たうけ)所有物(しよいうぶつ)かえ』
167(てい)『ハイ、168左様(さやう)御座(ござ)います。169(やうや)()(あが)(たたみ)(ふすま)()れた(ところ)ですが()(たれ)()つて()りませぬ、170ほんたうに(あたら)しい(ところ)です』
171(たか)『お(かね)幾何(いくら)でも()すから172あの(いへ)使(つか)はして(もら)へますまいかな』
173(てい)『ハイ、174毎度(まいど)御贔屓(ごひいき)(あづか)りまする(ほか)ならぬお客様(きやくさま)(こと)ですから、175言葉通(ことばどほ)り、176(ゆづ)りでもお()しでも(いた)します』
177(たか)(おな)(こと)なら(ゆづ)つて(もら)()いのだがな、178借家(しやくや)雑作(ざふさく)するのにも一々(いちいち)(こたへ)をせにやならないからな』
179(てい)一々(いちいち)御尤(ごもつとも)御座(ござ)います、180(なん)ならお(ゆづ)(いた)しませう』
181(たか)幾何(いくら)でわけて()れますか、182(かね)幾何(いくら)いつてもかまはぬのですから』
183(てい)(ちつ)とお(たか)いか()れませぬが、184五百円(ごひやくゑん)(ねが)ひたいものです』
185(たか)『サアそんなら五百円(ごひやくゑん)()()つて(くだ)さい。186さうしてこの百円(ひやくゑん)187何彼(なにか)とお世話(せわ)にならねばならぬから、188(こころ)づけとして()げて()きませう』
189 亭主(ていしゆ)(じつ)(ところ)別館(べつくわん)190借家人(しやくやにん)(くび)()つて()んだ()め、191()()幽霊(いうれい)()るとか192化物(ばけもの)()るとか(うはさ)(たか)くなり193(いへ)()()もなく、194家内(かない)(もの)さへも気味(きみ)(わる)がつて(はい)らないので(もて)(あま)して()つた(ところ)195大枚(たいまい)五百円(ごひやくゑん)196しかも即金(そくきん)()うてやらうと()ふのだから、197(たな)から牡丹餅(ぼたもち)でも()ちて()たやうに「ハイハイ」と(ふた)返事(へんじ)(その)()売渡証(うりわたししよう)()いて仕舞(しま)つた。198これより杢助(もくすけ)199高姫(たかひめ)(その)()(うち)別館(べつくわん)()(うつ)200ウラナイ(けう)大看板(だいかんばん)(かか)げて、201宣伝(せんでん)準備(じゆんび)()りかかつた。
202(たか)『サア(もく)チヤン、203気楽(きらく)自分(じぶん)()出来(でき)たから、204ゆつくり(やす)んで(くだ)さい。205そして明日(あす)からは(おほい)活動(くわつどう)をして大勢(おほぜい)信者(しんじや)(あつ)め、206スガの(やま)三五教(あななひけう)一泡(ひとあわ)()かせにやなりませぬぞや』
207(えう)『アヽ(また)しても明日(あす)から(みみ)(たこ)になる(ほど)第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)208日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)209底津岩根(そこついはね)(おほ)ミロク、210三千世界(さんぜんせかい)救世主(きうせいしゆ)211ヘグレのヘグレのヘグレ武者(むしや)ヘグレ神社(じんじや)大神(おほかみ)212リントウビテンの大神(おほかみ)213木曽義姫(きそよしひめ)(みこと)214ジヨウドウ行成(ゆきなり)215地上丸(ちじやうまる)216地上姫(ちじやうひめ)217耕大臣(たがやしだいじん)218定子姫(さだこひめ)(みこと)219杵築姫(きつきひめ)220言上姫(ことじやうひめ)とか(なん)とか()やくざ(がみ)さまの()()くのかと(おも)へば221(いま)から(あたま)(いた)むやうだワイ』
222(たか)『これ(もく)チヤン、223これ(ほど)(わたし)一生懸命(いつしやうけんめい)になつて神様(かみさま)のお(みち)(ひら)かうとして()るのに、224何時(いつ)何時(いつ)(わたし)嘲弄(てうろう)するのですか。225神様(かみさま)()()いて(あたま)(いた)いの、226()()うのと()(ひと)罰当(ばちあた)りですよ』
227(えう)『さうだから、228ウラナイ(けう)はお前様(まへさま)にお(まか)(まを)して229この杢兵衛(もくべゑ)さまは離棟(はなれ)一室(ひとま)立籠(たてこも)()(また)うつて(やす)まして(もら)ふのだ。230宣伝(せんでん)邪魔(じやま)をしても()まないからなア』
231(たか)『お(まへ)さまは(あま)人物(じんぶつ)(おほ)()ぎて人民(じんみん)直接(ちよくせつ)布教(ふけう)不適当(ふてきたう)だから232(ひる)(あひだ)離棟(はなれ)でお(やす)みなさい、233そのかはり夜分(やぶん)になつたら御用(ごよう)(おほ)せつけて()げますからねえ、234ほんとに(うれ)しいでせう、235可愛(かあい)いでせう』
236(えう)『まるで(おれ)種馬(たねうま)間違(まちが)へて()るやうだなア。237どれどれ(やま)神様(かみさま)御機嫌(ごきげん)のよい(うち)離棟(はなれ)(まゐ)りませう。238サアこれから日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)239(おほ)ミロクさまを()()しなさい』
240()(なが)らドシンドシンと床板(とこいた)をしわらせ(なが)離棟座敷(はなれざしき)(おほ)きな図体(づうたい)(はこ)び、241(なか)から(ぢやう)まい(おろ)(もと)怪物(くわいぶつ)還元(くわんげん)大鼾声(おほいびき)をかき()仕舞(しま)つた。242妖幻坊(えうげんばう)人間(にんげん)()けて()るのが非常(ひじやう)(くる)しいので、243(そと)から()えない一室(いつしつ)何時(いつ)必要(ひつえう)として()るのである。244高姫(たかひめ)はいよいよ一陽来復(いちやうらいふく)春陽(しゆんやう)(いた)れりと(ふと)いお(しり)()(なが)245大道(だいだう)(こゑ)(はり)()げて宣伝(せんでん)(はじ)めた。246(しり)(おほ)きいが(なん)()つても千草姫(ちぐさひめ)肉体(にくたい)247何処(どこ)とはなしに気品(きひん)(たか)器量(きりやう)もよし、248(もの)さへ()はねば何処(いづこ)貴夫人(きふじん)か、249弁天様(べんてんさま)再来(さいらい)かと(うたが)はるる(ばか)りの美貌(びばう)であつた。250高姫(たかひめ)必死(ひつし)宣伝(せんでん)(たちま)(こう)(そう)したと()え、251(その)翌日(よくじつ)からはワイワイと老若男女(らうにやくなんによ)()めかけて鮓詰(すしづめ)大繁昌(だいはんじやう)252スガ(やま)神殿(しんでん)よりも参詣者(さんけいしや)幾層倍(いくそうばい)()へるやうになつて()た。
253大正一五・六・三〇 旧五・二一 於天之橋立なかや旅館 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。