霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 災会(さいくわい)〔一八二四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第72巻 山河草木 亥の巻 篇:第2篇 杢迂拙婦 よみ:もくうせっぷ
章:第15章 第72巻 よみ:さいかい 通し章番号:1824
口述日:1926(大正15)年06月30日(旧05月21日) 口述場所:天之橋立なかや別館 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年4月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫はウラナイ教の館に集まった善男善女を前に、講演を始めている。
自分が救世主であること、三五教がいかに堕落した教えであるか、など気炎を上げている。
そこへ、キューバーがやってきて三五教を攻撃する演説を始め、ウラナイ教を援護する。
演説が終わって、高姫とキューバーは久しぶりの対面となる(トルマン国では、幽冥界旅行をした折に夫婦の契りをし、一緒に国取りの謀議をした仲であった)。
キューバーは、ヨリコ姫が、「自分を説き伏せた者にはスガの宮を明渡す」などといって、宗教問答の挑戦者を募っていることを知らせる。
高姫は早速乗り込もうとする。
キューバーは、高姫が今は杢助と夫婦になっていることを知り、「自分こそ誠の夫」と乗り込もうとするが、高姫に当て身を食わされ、床下に放り込まれてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7215
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 666頁 修補版: 校定版:183頁 普及版:69頁 初版: ページ備考:
001トルマン(ごく)王妃(わうひ)なる
002千草(ちぐさ)(ひめ)(たい)をかり
003(ふたた)娑婆(しやば)(よみがへ)
004千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)()()へて
005(まが)精霊(せいれい)()()んだ
006ウラナイ(けう)をどこ(まで)
007たてにやおかぬと雄猛(をたけ)びし
008前世(ぜんせ)(ちぎり)(むす)びたる
009大雲山(たいうんざん)洞穴(ほらあな)
010(すま)へる大蛇(をろち)乾児(こぶん)なる
011妖幻坊(えうげんばう)再会(さいくわい)
012(また)もや夫婦(ふうふ)(えん)(むす)
013彼方(あなた)此方(こなた)彷徨(さまよ)ひつ
014スガの(みなと)北町(きたまち)
015(やうや)(わが)()(かひ)(もと)
016スガの聖地(せいち)()てられし
017三五教(あななひけう)神殿(しんでん)
018(むか)ふに(まは)して勢力(せいりよく)
019(くら)べむものと雄猛(をたけ)びし
020立派(りつぱ)神殿(しんでん)(つく)()
021(にはか)役員(やくゐん)二三人(にさんにん)
022(やと)(きた)りて(おごそ)かな
023口調(くてう)(もつ)()(きた)
024善男(ぜんなん)善女(ぜんによ)相向(あひむか)
025四脚(しきやく)(つくゑ)(まへ)()
026椅子(いす)(こし)かけ悠然(いうぜん)
027コツプの(みづ)(すす)りつつ
028エヘンと一声(ひとこゑ)咳払(せきばら)
029(あふぎ)片手(かたて)()(なが)
030信者(しんじや)(うへ)()(そそ)
031(はな)(あざむ)美貌(びばう)もて
032(すず)しき(こゑ)にて(かた)るらく
033(みな)さまようこそお(まゐ)りよ
034(わたし)人間(にんげん)()ゆれども
035(けつ)して俗人(ぞくじん)ぢやありませぬ
036第一霊国(だいいちれいごく)天人(てんにん)
037(みたま)()けて(うま)れたる
038日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)
039底津岩根(そこついはね)大弥勒(おほみろく)
040三千世界(さんぜんせかい)救世主(きうせいしゆ)
041千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)(まを)します
042(わたし)(をし)ふる御教(みをしへ)
043ウラナイ(けう)()ひまして
044天下(てんか)比類(たぐひ)のない(をしへ)
045(めくら)()()(つんぼ)(きこ)
046(いざり)()つて(ある)きます
047肺病(はいびやう)腎臓(じんざう)心臓病(しんざうびやう)
048胃病(ゐびやう)(おろ)十二指腸(じふにしちやう)
049盲腸炎(まうちやうえん)神経痛(しんけいつう)
050気管支(きくわんし)加答児(かたる)(はい)加答児(かたる)
051流行性(りうかうせい)感冒(かんぱう)コレラ(びやう)
052猩紅熱(しやうこうねつ)にパラチブス
053横根(よこね)疳瘡(かんさう)(ほね)うづき
054陰睾田虫(いんきんたむし)疥癬虫(ひぜんむし)
055如何(いか)なる(やまひ)高姫(たかひめ)
056(こころ)(かな)うた(ひと)ならば
057即座(そくざ)(なほ)して()げますよ
058それぢやと()つてウラナイの
059(まこと)(をしへ)(わか)らない
060(かた)にや神徳(しんとく)やりませぬ
061三五教(あななひけう)神様(かみさま)
062どちらが(えら)いと()ふやうな
063比較研究(ひかくけんきう)信者(しんじや)には
064(ばち)こそあたれ神徳(おかげ)ない
065ここの道理(だうり)()きわけて
066絶対服従(ぜつたいふくじう)信仰(しんかう)
067(みな)さま(はげ)んでなさいませ
068斎苑(いそ)(やかた)総務(そうむ)をば
069(つと)めて御座(ござ)つた杢助(もくすけ)さま
070神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
071三羽烏(さんばがらす)()はれたる
072天下(てんか)唯一(ゆゐいつ)宣伝使(せんでんし)
073三五教(あななひけう)愛想(あいそ)をば
074おつかしなさつて高姫(たかひめ)
075(をしへ)(みち)賛同(さんどう)
076(つひ)(すす)んで()(きみ)
077おなり(あそ)ばし御教(みをしへ)
078天下(てんか)(ひら)いて御座(ござ)ると()
079珍現象(ちんげんしやう)になつたのも
080(けつ)して不思議(ふしぎ)(こと)でない
081メツキは()ぐに()げるぞや
082正真正銘(しやうしんしやうめい)のウラナイ(けう)
083(こす)れば(こす)(ほど)(ひか)()
084鋭敏(えいびん)頭脳(づなう)持主(もちぬし)
085杢助(もくすけ)さまは逸早(いちはや)
086ウラナイ(けう)(まこと)をば
087感得(かんとく)されて三五(あななひ)
088曲津(まがつ)(をしへ)()てられた
089これ()()ても(わか)るだらう
090スガの宮居(みやゐ)神司(かむづかさ)
091玉清別(たまきよわけ)()(ひと)
092何処(いづこ)馬骨(ばこつ)牛骨(ぎうこつ)
093(あるひ)(きつね)容器(いれもの)
094(たぬき)のお(ばけ)()らねども
095どうしてあのやうなスタイルで
096(かみ)聖場(せいぢやう)(たも)てませう
097()てゐて(くだ)され一月(ひとつき)
098()たない(うち)にメチヤメチヤに
099(こは)れて(しま)ふは()のあたり
100(かがみ)にかけし(ごと)くです
101(まこと)(すく)ひの神様(かみさま)
102ウラナイ(けう)より(ほか)にない
103ヨリコの(ひめ)花香姫(はなかひめ)
104ダリヤの(ひめ)とか()(をんな)
105(なに)をしとるか()らねども
106清浄(せいじやう)無垢(むく)神館(かむやかた)
107(つき)七日(なぬか)不浄(ふじやう)ある
108(をんな)三人(みたり)(とま)らせて
109どうして(かみ)(よろこ)ばう
110()しも(よろこ)(かみ)なれば
111(かなら)曲津(まがつ)(ちが)ひない
112(わたし)最早(もはや)四十三(しじふさん)
113(わか)姿(すがた)はして()れど
114(つき)七日(なぬか)のお(きやく)さま
115宿泊(しゆくはく)なさるやうな()ではない
116(これ)(おも)うてもウラナイの
117(かみ)(をしへ)(まこと)ぞや
118()をつけなされよ(みな)(ひと)
119(かなら)曲津(まがつ)御教(みをしへ)
120(まよ)うて地獄(ぢごく)先駆(さきが)けを
121なさらぬやうにと()をつける
122あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
123ウラナイ(けう)大御神(おほみかみ)
124ヘグレのヘグレのヘグレ武者(むしや)
125ヘグレ神社(じんじや)大御神(おほみかみ)
126リントウビテンの大御神(おほみかみ)
127地上大臣(ちじやうだいじん)地上姫(ちじやうひめ)
128地上丸(ちじやうまる)さま行成(ゆきなり)さま
129定子(さだこ)(ひめ)さま杵築姫(きつきひめ)
130弥勒成就(みろくじやうじゆ)大御神(おほみかみ)
131貞彦姫(さだひこひめ)大御神(おほみかみ)
132言上姫(ことじやうひめ)さま春子(はるこ)さま
133その(ほか)(もも)神様(かみさま)
134御前(みまへ)(つつし)高姫(たかひめ)
135日出神(ひのでのかみ)(あら)はれて
136この()(つど)人々(ひとびと)
137守護(しゆご)(めい)じおきまする
138あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
139御霊(みたま)(さきは)ひましませよ』
140かかる(ところ)修験者(しうげんじや)
141錫杖(しやくぢやう)左手(ゆんで)につき(なが)
142深網笠(ふかあみがさ)(かほ)(かく)
143いと荘重(さうちよう)言霊(ことたま)
144()()(なが)()(きた)
145『ウラナイ(けう)大本部(だいほんぶ)
146教祖(けうそ)(きみ)御面会(ごめんくわい)
147(ねがひ)(まを)す』と()(なが)
148群集(ぐんしふ)(なか)をかき()けて
149演壇(えんだん)()()けて(すす)みより
150高姫司(たかひめつかさ)(まへ)()
151拙僧(せつそう)こそは(つき)(くに)
152ハルナの(みやこ)()れませる
153大黒主(おほくろぬし)御寵臣(ごちようしん)
154スコブッツエン(しう)大教祖(だいけうそ)
155キユーバーと(まを)(そう)御座(ござ)
156どうか一場(いちぢやう)演説(えんぜつ)
157(ゆる)させ(たま)へ』と(よば)はれば
158高姫(たかひめ)不審(ふしん)(まゆ)ひそめ
159何処(どこ)かで()いた(こゑ)(いろ)
160(おもて)(かさ)()えねども
161もしや自分(じぶん)()(した)
162キユーバーの(きみ)ではあるまいか
163(なに)()もあれ御登壇(ごとうだん)
164結構(けつこう)なお(はなし)(たの)みます
165これこれ(みな)御信者(ごしんじや)
166(わたし)はこれから降壇(かうだん)
167(おく)一室(ひとま)(やす)みます
168この御方(おんかた)修験者(しうげんじや)
169(かなら)(たふと)いお(はなし)
170して(くだ)さるに(ちが)ひない
171神妙(しんめう)にお()きなされや』と
172()ひつつ(ひと)をかき()けて
173(とな)りの部屋(へや)()(ひそ)
174様子(やうす)如何(いか)にと(うかが)ひぬ
175キユーバーも千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)
176(かほ)()るより仰天(ぎやうてん)
177ハートに(なみ)(さわ)げども
178そしらぬ(かほ)(よそほ)ひつ
179賛成演説(さんせいえんぜつ)(はじ)めける
180キユーバーはコップに(みづ)をつぎ
181オホンと一声(ひとこゑ)咳払(せきばら)
182神官扇(しんくわんあふぎ)(しや)(かま)
183(かさ)()()てて群集(ぐんしふ)
184ジロジロ見廻(みまは)(こゑ)(たか)
185拙僧(せつそう)こそはウラナイの
186(みち)永年(ながねん)苦労(くらう)した
187諸国巡礼(しよこくじゆんれい)行者(ぎやうじや)です
188(いま)(あら)はれた高姫(たかひめ)
189教主(けうしゆ)(きみ)(ひと)でない
190天津空(あまつそら)より(くも)()
191小北(こぎた)(やま)聖場(せいぢやう)
192天降(あも)(たま)ひし生神(いきがみ)
193(みな)さま(よろこ)びなさいませ
194(この)神様(かみさま)(しん)じなば
195寿命長久(じゆみやうちやうきう)福徳円満(ふくとくゑんまん)
196五穀豊穣(ごこくほうじやう)息災延命(そくさいえんめい)まがひなし
197そもそも(かみ)には正神(せいしん)
198邪神(じやしん)(ふた)つの区別(くべつ)あり
199(かみ)信仰(しんかう)するならば
200(まこと)(かみ)(うやま)うて
201邪神(よこしまがみ)()てなされ
202(まこと)(かみ)生命(いのち)(あた)
203(やまひ)()やし福徳(ふくとく)
204(さづ)(たま)仁慈無限(じんじむげん)()やり(かた)
205曲津(まがつ)(かみ)病気(びやうき)(おこ)
206貧乏(びんばふ)(もたら)(いのち)(ちぢ)
207大雨(おほあめ)大風(おほかぜ)地震(ぢしん)まで
208(ひと)(いや)がる(こと)(ばか)
209一生懸命(いつしやうけんめい)にするものだ
210スガの御山(みやま)()てられし
211三五教(あななひけう)(その)(とほ)
212(ぜん)仮面(かめん)(かぶ)りつつ
213悪魔(あくま)(かみ)()(つど)
214(この)()(なか)(みだ)さむと
215(あさ)(ゆふ)なに(ねん)じてる
216何卒(なにとぞ)(みな)さま()をつけて
217スガの(やま)へは()かぬやう
218近所合壁(きんじよがつぺき)いましめて
219ウラナイ(けう)神様(かみさま)
220おかげを(いただ)きなされませ
221あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
222(わたし)教主(けうしゆ)(よう)がある
223一先(ひとま)御免(ごめん)』と()(なが)
224悠々(いういう)演壇(えんだん)(くだ)りつつ
225高姫司(たかひめつかさ)(ひそ)みたる
226(となり)部屋(へや)をさして()
227数多(あまた)信者(しんじや)怪訝顔(けげんがほ)
228(なに)(なに)やら(わか)らぬと
229(たがひ)小言(こごと)をつき(なが)
230ボツボツ家路(いへぢ)(かへ)()
231あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
232目玉(めだま)(とび)()面白(おもしろ)さ。
233 高姫(たかひめ)一室(ひとま)(かく)れてキユーバーの演説(えんぜつ)()いてゐたが、
234背恰好(せかつかう)()ひ、235(かほ)(かたち)()ひ、236声色(こはいろ)()ひ、237トルマン(じやう)()うたキユーバーに(すこ)しも(ちが)はない。238ハテ(めう)(こと)になつて()たワイ、239悋気(りんき)(ふか)杢助(もくすけ)さまは別館(べつくわん)()てゐらつしやるから、240いいやうなものの何時(なんどき)()()めるか(わか)らない。241もしキユーバーさまであつたなら、242如何(どう)しようかな』
243(むね)(いだ)いて(かんが)へて()る。244其処(そこ)へキユーバーが足音(あしおと)(しの)ばせ()(きた)小声(こごゑ)になつて、
245『これ、246千草姫(ちぐさひめ)どの、247この(つら)(おぼ)えてゐますか』
248(たか)『ハイ、249そのお(かほ)(わす)れてなりませうか、250天下(てんか)類例(るゐれい)のない御容貌(ごようばう)ですもの。251そして貴方(あなた)252ひどいぢやありませぬか、253何処(どこ)をうろついてゐらつしやつたのです』
254キユ『(とき)千草殿(ちぐさどの)255スガ(やま)神館(かむやかた)にはヨリコ(ひめ)()山賊(さんぞく)(あが)りの(をんな)傲然(がうぜん)(かま)()み、256宗教問答所(しうけうもんだふどころ)大看板(おほかんばん)(かか)げ、257(わらは)()()せた(ひと)には(この)(やかた)役目(やくめ)をお(わた)(まを)す」と図々(づうづう)しくも(かか)げて()るのだ、258どうだ259(まへ)(ひと)問答(もんだふ)()()はないか』
260(たか)『ナニ、261ヨリコ(ひめ)がそんな(こと)()いて()りますか、262(なん)()馬鹿(ばか)でせう、263(おの)(かたな)(おの)(くび)264()んで()()(なつ)(むし)とは(この)(こと)でせう。265ヤア面白(おもしろ)い、266それぢや今日(けふ)から準備(じゆんび)しておいて、267明日(あす)()かけてやりませう』
268キユ『ヤ、269早速(さつそく)御承知(ごしようち)有難(ありがた)い、270(およ)ばず(なが)拙者(せつしや)もお(とも)(いた)しませう。271(しか)千草姫(ちぐさひめ)さま、272(まへ)さまにこれはあるのかい』
273親指(おやゆび)をつき()す。
274 高姫(たかひめ)はやや(くち)ごもり(なが)(おも)ひきつて、
275『ハイ、276時置師(ときおかし)(かみ)杢助(もくすけ)さまと()立派(りつぱ)(をつと)御座(ござ)います。277(おほ)きな(こゑ)仰有(おつしや)ると()()めますから、278どうか小声(こごゑ)()つて(くだ)さい』
279キユ『(まこと)(をつと)()()るのに、280(まこと)(をつと)(おれ)(なに)遠慮(ゑんりよ)する必要(ひつえう)があるか、281その杢助(もくすけ)とか()(やつ)282(おれ)女房(にようばう)横取(よこど)りしよつた曲者(くせもの)だ。283ヨーシ、284(おく)()()んで談判(だんぱん)をやつてやらう』
285(たち)(あが)らうとする、286高姫(たかひめ)矢庭(やには)胸倉(むなぐら)をグツと()り、287(のど)()め、288あて()をくわし、289(ゆか)(した)にソツと()()んで(しま)つた。290あゝキユーバーの運命(うんめい)如何(どう)なるであらうか。
291大正一五・六・三〇 旧五・二一 於天之橋立なかや旅館 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。