霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 東西奔走(とうざいほんそう)〔一八二五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第72巻 山河草木 亥の巻 篇:第2篇 杢迂拙婦 よみ:もくうせっぷ
章:第16章 第72巻 よみ:とうざいほんそう 通し章番号:1825
口述日:1926(大正15)年06月30日(旧05月21日) 口述場所:天之橋立なかや別館 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年4月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
妖幻坊の杢助は離れの間からやってきて、人間の臭いに気づいて高姫に問いただす。
高姫はキューバーを締め上げたことを話す。
杢助は、キューバーが大黒主の片腕と知り、なんとか丸め込んで大黒主に取り入って国の実権を握ってしまおうと謀る。
杢助はキューバーの始末を高姫に任せ、また離れの間に下がった。
高姫はキューバーに活を入れて生き返らせる。二人は早速、スガの宮のヨリコ姫に挑戦しに出発する。夜道を宣伝しながらスガの宮に向かっていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7216
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 670頁 修補版: 校定版:195頁 普及版:73頁 初版: ページ備考:
001 妖幻坊(えうげんばう)別館(べつくわん)()()け、002ズシンズシンと(ゆか)(ひび)かせ(なが)(あら)はれ(きた)り、
003『ヤア(たか)チヤン、004御苦労(ごくらう)だつたな、005ヤ、006信者(しんじや)最早(もう)(みな)()んだと()えるな』
007(たか)『ハイ、008(みな)(かへ)しましたよ、009これから貴方(あなた)(わたし)二人(ふたり)舞台(ぶたい)ですワ、010(さけ)でも(かん)して(あげ)ませうか』
011(えう)『ウン一杯(いつぱい)つけて(もら)つても()いが、012(しか)(なん)だか(めう)(にほひ)がするぢやないか、013何処(どこ)ともなしに(をとこ)(くさ)くて仕方(しかた)がないがのう』
014 高姫(たかひめ)素知(そし)らぬ(かほ)で、
015『ハイ、016それやさうでせうよ、017此処(ここ)(しし)一匹(いつぴき)()めて御座(ござ)いますもの、018一寸(ちよつと)御覧(ごらん)なさい019(ゆか)(した)(はう)()んでおきましたよ』
020(えう)(なん)だ、021これや人間(にんげん)ぢやないか、022(ひど)(こと)したものぢやないか』
023(たか)人間(にんげん)(しし)死体(しし))ですよ、024此奴(こいつ)はね、025(わたし)がトルマン(じやう)()つた(とき)からスコブッツエン(しう)教主(けうしゆ)だと威張(ゐば)()らし、026大黒主(おほくろぬし)(かさ)()たり、027一方(いつぱう)では大足別(おほだるわけ)をかつぎ、028()うにも()うにも仕方(しかた)()いので、029(わたし)美貌(びばう)(さいは)此奴(こいつ)をちよろまかせ、030トルマン(じやう)危急(ききふ)(すく)うたのですよ』
031(えう)成程(なるほど)032(しか)(なが)ら、033スコブッツエン(しう)教祖(けうそ)()へば大黒主(おほくろぬし)(さま)御片腕(おかたうで)だ。034大蛇様(をろちさま)兄弟分(きやうだいぶん)035……ウン、0351とどつこい036大蛇(をろち)のやうな(いきほひ)()つて()立派(りつぱ)宣伝使(せんでんし)だ。037どうだ高姫(たかひめ)038この坊主(ばうず)(くわつ)()れて()きかへらし、039(まへ)(はう)から色仕掛(いろじかけ)親切(しんせつ)待遇(もてな)し、040此奴(こいつ)手蔓(てづる)として大黒主(おほくろぬし)()()り、041トルマン(ごく)政権(せいけん)(にぎ)つて仕舞(しま)はうぢやないか。042さうすりや043スガの(みや)なんか(たた)(つぶ)さうと、044どうせうと此方(こつち)勝手(かつて)だからなア』
045(たか)(さすが)杢助様(もくすけさま)046よい(ところ)()がつきました。047どれだけ智慧(ちゑ)があるか()れませぬねえ、048そんなら()のキユーバーを(たす)けても()いのですか』
049(えう)『アー、050いゝとも()いとも、051(しか)(なが)(いろ)をもつて、052ちよろまかしてもよいが、053要領(えうりやう)()さしては不可(いけ)ないよ、054(ちつ)(おれ)(やけ)るからのう』
055(たか)『そんな(こと)御心配(ごしんぱい)(くだ)さいますな、056ヘン057それ(ほど)(やす)つぽい高姫(たかひめ)(おも)つて(もら)つちや片腹痛(かたはらいた)御座(ござ)いますワ』
058(えう)(おれ)此処(ここ)()ると(はなし)仕難(しにく)いかも()れぬ、059別室(べつしつ)(はい)つて(やす)むから、060そこはお(まへ)(ちから)(うま)(とり)()んでおけ』
061(たか)(なに)(ほど)(あま)つたるい(こと)()つても(けつ)して(おこ)りませぬね』
062(えう)口先(くちさき)(ばか)りなら、063どんな(こと)()つてもよい。064つまりお(まへ)(うま)(あやつ)つて下僕代(しもべがは)りに使(つか)ひさへすればよいのだ』
065()(なが)別館(べつくわん)姿(すがた)(かく)して仕舞(しま)つた。066高姫(たかひめ)はキユーバーを床下(ゆかした)より()()(くわつ)()れ、067(あま)数歌(かずうた)奏上(そうじやう)した。068ウンと一声(ひとこゑ)(いき)()(かへ)四辺(あたり)きよろきよろ見廻(みまは)(なが)ら、
069キユ『ヤアお(まへ)千草(ちぐさ)ぢやないか、070(ひと)(のど)()めたりして気絶(きぜつ)さすとは(ひど)いぢやないか』
071(たか)『そんな(こと)当然(あたりまへ)ですよ、072よう(かんが)へて御覧(ごらん)なさい。073焼餅焼(やきもちやき)(いや)(いや)(おやぢ)(うら)()()るのに074(まへ)さまが談判(だんぱん)するなんて()()きなさるものだから、075喧嘩(けんくわ)しては近所(きんじよ)なり(わる)いと(おも)うて一寸(ちよつと)(のど)()をあてた(だけ)ですよ。076(いき)()めたの(ころ)さうのと、077そんな大袈娑(おほげさ)(こと)をした(おぼえ)御座(ござ)いませぬよ』
078キユ『本当(ほんたう)にお(まへ)(いま)(をつと)(いや)なのか』
079(たか)『それやさうですとも、080(すき)だつたらどうして貴方(あなた)()(くらま)して気絶(きぜつ)して()るのを()きかへらしませうか。081(わたし)(いま)(をつと)(おこ)るのも(ひど)いけれど(また)機嫌(きげん)(なほ)るのも(はや)い、082アツサリした(ひと)ですからなア。083それで(いま)(いま)とて(をつと)相談(さうだん)しましたら、084(おれ)心配(しんぱい)()らない、085キユーバーさまを可愛(かあい)がつて()げるが()いと()ふのです、086(なん)(いま)(をとこ)(ひら)けて()ませうがな』
087キユ『どちらが(ひら)けて()るのか、088(もてあそ)ばれて()るのか、089テンと(わけ)(わか)らぬワイ。090(しか)一旦(いつたん)気絶(きぜつ)して()(ところ)()びいけた(ところ)()れば(すこ)しは信用(しんよう)してもよいワイ。091そんなら(いま)(をつと)には()まないが、092時々(ときどき)御無心(ごむしん)()うても()いか、093(その)(とき)(たの)むよ』
094(たか)『それやさうですとも、095貴方(あなた)(くち)貴方(あなた)仰有(おつしや)るのですもの、096貴方(あなた)御自由(ごじいう)ですワ。097それはさうと、098明日(あす)はスガの(みや)()()み、099ヨリコ(ひめ)一生一代(いつしやういちだい)問答(もんだふ)をやらうと(おも)ふのですが、100(わたし)()つと(ばか)(こころ)(もと)ないやうな()がしてなりませぬ、101(ひと)今晩(こんばん)(うち)練習(れんしふ)して()きたいと(おも)ひますがなア』
102キユ『サア、103(まへ)仲々(なかなか)雄弁家(ゆうべんか)だが、104ヨリコと()(やつ)(また)稀代(きたい)雄弁家(ゆうべんか)だ。105懸河(けんが)(べん)を、1051(ふる)つて滔々(たうたう)とやり()(とき)106如何(いか)なる雄弁家(ゆうべんか)(はた)()(ほこ)(をさ)めて()()すのだからのう。107(ひと)夜分(やぶん)宣伝(せんでん)(かたがた)練習(れんしふ)するのも()からう、108本町(ほんまち)()てやつて()たら如何(どう)だい。109(おれ)()(がく)れに()いて()つてやるからのう』
110()くより高姫(たかひめ)雀躍(こをどり)
111(あたま)(かみ)()()げて
112(かほ)()つたる薄化粧(うすげしやう)
113派出(はで)単衣(ひとへ)()(まと)
114老海茶袴(えびちやばかま)穿(うが)ちつつ
115(きり)下駄(げた)をば(あし)にかけ
116神官扇(しんくわんあふぎ)()()つて
117ソロリソロリと(かど)(くち)
118太夫(たいふ)道中(だうちう)(よろ)しくの
119(かた)(しり)とを()(なが)
120()()になつて本町(ほんまち)
121人通(ひとどほ)(おほ)十字街(じふじがい)
122(つき)(ひかり)()(なが)
123キユーバーを(あと)(したが)へて
124悠々然(いういうぜん)()(きた)
125(みち)(かたへ)(たたず)んで
126(すず)()るよな(こゑ)(しぼ)
127『これこれ(まを)(みな)(ひと)
128ウラナイ(けう)大教主(だいけうしゆ)
129千草(ちぐさ)(ひめ)演説(えんぜつ)
130一通(ひととほ)りお()きなされませ
131(わらは)(もと)はトルマン(ごく)
132王妃(わうひ)(つか)へし()(うへ)
133衆生済度(しゆじやうさいど)のその()めに
134(くも)()()けて天降(あまくだ)
135市井(しせい)(ちまた)()()して
136天地(てんち)(つく)(たま)ひたる
137(まこと)(おや)御神徳(ごしんとく)
138無限(むげん)絶対(ぜつたい)無始(むし)無終(むしう)
139(あつ)(めぐみ)御由来(ごゆらい)
140()人々(ひとびと)()(つた)
141八衢地獄(やちまたぢごく)(くる)しみを
142(たす)けて(かみ)永久(とこしへ)
143(しづ)まり()ます天国(てんごく)
144高天原(たかあまはら)楽園(らくゑん)
145(すく)(みちび)永久(とことは)
146(かは)らず(うご)かぬ(たの)しみを
147(あた)へむ()めの(この)旅出(たびで)
148(わる)(おも)つたり(うた)がつて
149(かみ)をなみしちやいけませぬ
150(わたし)王妃(わうひ)()であれば
151(この)()(なん)不自由(ふじゆう)
152不足(ふそく)もないので御座(ござ)います
153大慈(だいじ)大悲(だいひ)(わが)(こころ)
154世界(せかい)(ひと)(くる)しみを
155()るに(しの)びず(この)(とほ)
156(をんな)繊弱(かよわ)()をもつて
157(さむ)(あつ)さの(きら)ひなく
158()()(かみ)(みち)()
159難行(なんぎやう)苦行(くぎやう)をして()ます
160(みな)さまお()きでありませうが
161(この)(ごろ)()つたスガ(やま)
162(かみ)(やかた)三五(あななひ)
163(をしへ)射場(いば)出来(でき)ました
164其処(そこ)(まも)れる神司(かむづかさ)
165玉清別(たまきよわけ)()(ひと)
166何処(どこ)馬骨(ばこつ)()らねども
167千草(ちぐさ)(ひめ)(くら)ぶれば
168まだまだ苦労(くらう)()りませぬ
169苦労(くらう)もなしに真実(しんじつ)
170(かん)ばし(はな)()きませぬ
171それのみならずスガ(やかた)
172(かたへ)()ちし大道場(だいだうぢやう)
173(あづか)(をんな)はヨリコ(ひめ)
174花香(はなか)にダリヤと()(をんな)
175問答所(もんだふどころ)看板(かんばん)
176臆面(おくめん)もなく(かか)()
177世人(よびと)(けぶり)にまいて()
178抑々(そもそも)人間(にんげん)()ふものは
179一寸先(いつすんさき)()えぬもの
180どうして宗教(しうけう)真諦(しんたい)
181(わか)道理(だうり)がありませうか
182(てん)から(くだ)つた生身魂(いくみたま)
183日出神(ひのでのかみ)永久(とことは)
184宿(やど)らせ(たま)(にく)(みや)
185高姫(たかひめ)でなくては(わか)るまい
186これから(みな)さま()御座(ござ)
187明日(あす)(やかた)()()んで
188ヨリコの(ひめ)相手取(あひてど)
189宗教問答(しうけうもんだふ)おつ(ぱじ)
190(まこと)(みち)帰順(きじゆん)させ
191天晴(あつぱ)()つて()せませう
192(なに)(ほど)(えら)そに()つたとて
193オーラの(やま)()(こも)
194泥棒(どろばう)手下(てした)奴輩(やつぱら)
195姉貴々々(あねきあねき)()てられて
196威張(ゐば)つて()つたよな代物(しろもの)
197どうして(まこと)(かみ)(みち)
198完全(うまら)委曲(つばら)()けませう
199(みな)さま(いま)から()うておく
200(なに)(ほど)仕事(しごと)がせわしくも
201明日(あす)一日(いちにち)(はり)()んで
202(この)(はう)とヨリコの問答(もんだふ)
203何方(どちら)がよいか(きよ)(じつ)
204(とつ)くり()いたその(うへ)
205よい判断(はんだん)をなさいませ
206(いま)から予告(よこく)(いた)します
207あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
208(かみ)(おもて)(あら)はれて
209(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
210ヨリコの(ひめ)もさぞやさぞ
211明日(あす)一日(いちにち)断末魔(だんまつま)
212(おも)へば(おも)へば()(どく)
213個人(こじん)としては(たま)らねど
214(みち)(ため)(ひと)()
215(かみ)(おん)()(くに)()
216()かねばならぬ(わが)(おも)
217(みな)さま(さつ)して(くだ)さんせ
218(なに)(この)んで争論(さうろん)
219やり()(こと)はなけれども
220(よわ)きを(たす)(つよ)きをば
221(くじ)かにやおかぬ義侠心(ぎけふしん)
222これが(だま)つて()られうか
223此方(こちら)(せつ)()つたなら
224ヨリコの(ひめ)(たた)()
225その跡釜(あとがま)千草姫(ちぐさひめ)
226(かみ)(つかさ)となりすまし
227(まこと)(をしへ)宣伝(せんでん)
228スガのお(みや)(まつ)りかへ
229ヘグレ神社(じんじや)(いた)すぞや
230ヘグレのヘグレのヘグレ武者(むしや)
231ヘグレ神社(じんじや)大神(おほかみ)
232三十三相(さんじふさんさう)()(おろ)
233五十六億(ごじふろくおく)七千万(しちせんまん)
234ミロクの活動(くわつどう)(あそ)ばして
235(この)()(なか)天国(てんごく)
236常磐堅磐(ときはかきは)楽園(らくゑん)
237立替(たてかへ)(あそ)ばす経綸(しぐみ)ぞや
238(よろこ)(あそ)ばせ人々(ひとびと)
239(かみ)言葉(ことば)(うそ)はない
240きつと成就(じやうじゆ)さして()せう
241(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
242(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
243(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
244直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
245()(あやまち)()(なほ)
246(かみ)(をしへ)をかしこみて
247(この)()(みだ)()(ひと)
248(あやま)らしむるヨリコ(ひめ)
249それに(したが)奴輩(やつぱら)
250(かた)つぱしから言向(ことむ)けて
251改心(かいしん)さして()せませう
252あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
253明日(あす)()()()たれける』
254 キユーバーは(うしろ)(はう)から255(がま)(かぜ)()いたやうな(ひびき)のある(こゑ)()して、
256(かみ)(おもて)(あら)はれて
257(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
258(この)()創造(つく)りし神直日(かむなほひ)
259(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
260ただ何事(なにごと)(ひと)()
261直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
262ウラナイ(けう)御教(おんをしへ)
263(みな)さま(みみ)掃除(さうぢ)して
264一言半句(いちごんはんく)()らさずに
265生宮(いきみや)さまの御託宣(ごたくせん)
266しつかりお()(あそ)ばせよ
267(した)岩根(いはね)(おほ)ミロク
268日出神(ひのでのかみ)生宮(いきみや)
269(あら)はれたまひし千草姫(ちぐさひめ)
270ヘグレのヘグレのヘグレ武者(むしや)
271ヘグレ神社(じんじや)大神(おほかみ)
272(あら)はれ此処(ここ)(くだ)りまし
273(おに)大蛇(をろち)(たましひ)
274(とりつか)れたる(あはれ)なる
275(ひと)難儀(なんぎ)(すく)はむと
276大慈(だいじ)大悲(だいひ)(こころ)もて
277(あら)はれたまひし有難(ありがた)
278スガの宮居(みやゐ)神館(しんくわん)
279頑張(ぐわんば)(くら)すヨリコとは
280天地雲泥(てんちうんでい)(ちが)ひぞや
281めつたにこんな生神(いきがみ)
282(ふたた)(くだ)(こと)はない
283(とき)(きた)れり(とき)(いま)
284()さまも()さまも(まご)つれて
285近所合壁(きんじよがつぺき)(さそ)(あは)
286明日(あす)大事(だいじ)談判(だんぱん)
287()きにお()でなさいませ
288よい後学(こうがく)になりまする
289それのみならず神様(かみさま)
290(たふと)御縁(ごえん)(むす)ばれて
291万劫末代(まんごふまつだい)永久(とことは)
292おかげの(いづみ)(ひた)りつつ
293(この)()この(まま)天国(てんごく)
294生存権(せいぞんけん)()られます
295(かなら)(うたが)(あそ)ばすな
296スコブッツエン(しう)大教主(だいけうしゆ)
297キユーバーでさへも()をまいて
298生宮様(いきみやさま)(あと)につき
299(とも)(つか)へて()りまする
300これだけ()ても(みな)さまよ
301生宮(いきみや)さまの御神徳(ごしんとく)
302ただでないのが(わか)るだろ
303あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
304御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
305(うた)(なが)ら、306スガの町々(まちまち)(のこ)(くま)なく東西屋(とうざいや)もどきに(ある)いて仕舞(しま)つた。
307大正一五・六・三〇 旧五・二一 於天之橋立なかや別館 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。