霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 妖魅帰(よみがへり)〔一八三一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第72巻 山河草木 亥の巻 篇:第3篇 転化退閉 よみ:てんかたいへい
章:第22章 第72巻 よみ:よみがえり 通し章番号:1831
口述日:1926(大正15)年07月01日(旧05月22日) 口述場所:天之橋立なかや別館 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年4月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7222
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 699頁 修補版: 校定版:283頁 普及版:108頁 初版: ページ備考:
001 スガの(みや)神司(かむつかさ)玉清別(たまきよわけ)(はじ)め、002天人(てんによ)のやうな三人(さんにん)美人(びじん)千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)問答(もんだふ)結果(けつくわ)003放逐(はうちく)されたと()評判(ひやうばん)が、004スガの(まち)(はじ)近在(きんざい)近郷(きんがう)(まで)(いなづま)(ごと)(にはか)(ひろ)がつて(しま)つた。005それ(ゆゑ)スガの神館(かむやかた)(おす)(おす)なの大繁昌(だいはんじやう)006立錐(りつすゐ)余地(よち)なき(まで)参詣者(さんけいしや)(あつ)まつて()た。007宗教問答所(しうけうもんだふどころ)看板(かんばん)矢張(やは)以前(いぜん)のまま(かか)げられ、008(ただ)(ちが)つた(ところ)はヨリコ(ひめ)()千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)()()へられた(ばかり)である。009智仁勇(ちじんゆう)三徳(さんとく)(そな)へたと(ばか)町人(まちびと)評判(ひやうばん)になつて()たヨリコ(ひめ)を、010()()せるやうな千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)は、011どんな(えら)(やつ)かも()れないと()ふので、012看板(かんばん)はあつても問答(もんだふ)せうと()ふものは一人(ひとり)もなかつた。013妖幻坊(えうげんばう)(れい)(ごと)離棟(はなれ)()(かた)(ぢやう)(おろ)して(ひる)(うち)(ねむ)つて()る。
014 コオロ、015コブライの二人(ふたり)偵察隊(ていさつたい)として(あさ)未明(まだき)より()(きた)玄関(げんくわん)()(ふさが)り、016(たの)まう(たの)まう」と(よば)はれば、017悠然(いうぜん)として(あら)はれ(きた)千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)は、
018玄関(げんくわん)(たの)むと(こゑ)をかけゐるは
019(たれ)(みこと)()かまほしさよ』
020コオ『(われ)こそはスガのお(みや)(まう)()
021看板(かんばん)()問答(もんだふ)せむと(おも)ふ』
022コブ『(われ)とても宗教問答所(しうけうもんだふしよ)看板(かんばん)
023()(はら)()(きみ)()ひけり』
024(たか)面白(おもしろ)(ねむ)けさましに(なれ)二人(ふたり)
025(わが)言霊(ことたま)()ぎふせて()む』
026コオ『(えら)さうに仰有(おつしや)りますな照月(てるつき)
027黒雲(くろくも)かかるためしこそあれ』
028コ『如何(いか)ほどに智慧(ちゑ)さかしとも(をんな)()
029(いか)(をとこ)()()べきかは』
030(たか)(をとこ)てふ(ころも)(かぶ)りしこけ(をんな)
031なにかはあらむ一時(いちとき)()よ』
032コオ『(いま)(しば)()つて御座(ござ)れよ(めま)ひする
033やうな珍事(ちんじ)突発(とつぱつ)するぞや』
034コ『(なん)なりと(ほざ)いてござれ(いま)(しば)
035()断末魔(だんまつま)(ちか)くありせば』
036(たか)()(かげ)もなき()わつ()玄関(げんくわん)
037()ちてたはごと(ほざ)くをかしさ』
038コオ『高姫(たかひめ)(しばら)()てよ(なれ)こそは
039()(かげ)もなきやうにしてやる』
040コ『(えら)さうに()つても一寸先(いつすんさき)()えぬ
041曲津(まがつ)(めくら)(あは)れなるかな』
042(たか)(あさ)(はや)(かみ)(やかた)(のり)()んで
043縁起(えんぎ)(わる)(くち)()くなよ』
044コオ『(おの)(しり)つめつて(ひと)(いた)さをば
045()らぬ(おろか)(もの)あはれなりけり』
046コ『()(たま)(しび)()てたる曲津身(まがつみ)
047(やいば)にさすも(こた)へざるらむ』
048(たか)(わけ)もなき(こと)をベラベラ(ほざ)くより
049便所(べんじよ)掃除(さうぢ)なりとせよかし』
050コオ『スガ(やま)(ちり)()(はら)大掃除(おほさうぢ)
051()のある(うち)(はじ)めて()れむ』
052コ『神々(かみがみ)がいよいよ(おもて)(あら)はれて
053(たぬき)尻尾(しつぽ)(あら)はして()む』
054(たか)(なに)()(きつね)(たぬき)身魂(みたま)()
055(まこと)(かみ)(まへ)(おそ)れぬか』
056コオ『間男(まをとこ)(まこと)(かみ)()らねども
057どこやら(くさ)(くそ)()ぞする』
058コ『(くさ)(はず)千草(ちくさ)(ひめ)()ふぢやないか
059鼻高姫(はなたかひめ)(はな)()られな』
060(たか)(われ)こそは高天原(たかあまはら)より(くだ)りしゆ
061()高姫(たかひめ)()ふぞ(たふと)き』
062コオ『(なに)(ぬか)(わけ)()らずに(えら)さうに
063頬桁(ほほげた)たたく(こと)のをかしさ』
064コ『この女郎(めらう)妖幻坊(えうげんばう)妖怪(えうくわい)
065(うつつ)をぬかす馬鹿女(ばかをんな)かも』
066(たか)『やかましい玄関先(げんくわんさき)でつべこべと
067(はぢ)()らぬか()わつ葉武者(ぱむしや)(ども)
068神館(かむやかた)(わけ)(わか)らぬ(やつ)()
069(わが)(たましひ)()がさむとぞする』
070()(なが)らスタスタと(きびす)(かへ)(おく)()る。
071コオ『これや(をんな)(おれ)(こは)くて()げるのか
072どこどこ(まで)()つて()くぞや』
073コ『面白(おもしろ)い とうと尻尾(しつぽ)をまきやがつた
074(おく)一室(ひとま)にふるて()るだろ』
075 二人(ふたり)執念深(しふねんぶか)くも玄関(げんくわん)をつかつかと(あが)り、076問答席(もんだふせき)()つて()ると高姫(たかひめ)怪訝(けげん)(かほ)して問答席(もんだふせき)(ひか)()しが、077二人(ふたり)姿(すがた)()るより、
078『どこ(まで)礼儀(れいぎ)()らぬ馬鹿男(ばかをとこ)
079(ゆる)しも()ずに(おく)()るとは』
080コオ『天地(あめつち)(かみ)(みち)をば()らずして
081図々(づうづう)しくも聖地(せいち)()るとは。
082魂消(たまげ)たよおつ魂消(たまげ)たよ千草姫(ちぐさひめ)
083()ると()くとは大違(おほちが)ひなる』
084(たか)(なん)なりと勝手(かつて)(ねつ)()くがよい
085(わか)らぬ(やつ)相手(あひて)にはせぬ』
086コオ『(うま)(こと)()うて()げるか千草姫(ちぐさひめ)
087どこどこ(まで)調(しら)べにやおかぬ』
088コ『今日(けふ)(うち)金毛九尾(きんまうきうび)正体(しやうたい)
089(あら)はし()れむあら(たの)もしや』
090(たか)(やつこ)(ども)(はや)(かへ)れよ神館(かむやかた)
091(けが)せば(かみ)冥罰(めいばつ)うけむ』
092コオ『(うま)(こと)()うておどすか千草姫(ちぐさひめ)
093(けつ)があきれる雪隠(せんち)がおどる』
094コ『糞婆(くそばば)(くせ)にお白粉(しろい)べつたりと
095()けて()やがる金毛九尾(きんまうきうび)()
096(たか)貴様(きさま)()(やかた)(けが)しに()たのだろ
097(なん)とも()へぬ(くさ)()がする』
098コ『()れた(こと)道場破(だうぢやうやぶ)りをおつ(ぱじ)
099尻尾(しつぽ)()すまで(たたか)()めぬ』
100(たか)(これ)はまた(こま)つた(やつ)()たものだ
101青大将(あをだいしやう)()線香(せんかう)()てよか』
102コオ『(くちなは)(かはづ)(ねら)つた(とき)(ごと)
103()んで仕舞(しま)はにや(かへ)りやせないぞ』
104コ『山鳩(やまばと)豆鉄砲(まめでつぱう)()つたよな
105(つら)してふるふ高姫(たかひめ)をかし』
106(たか)(なん)なりと悪口雑言(あくこうざふごん)つくがよい
107言霊(ことたま)(さち)はふ(くに)()らずに』
108コオ『言霊(ことたま)(さちは)(くに)()ればこそ
109(あく)言霊(ことたま)()ちやぶるなり』
110コ『言霊(ことたま)()(いだ)しつつ高姫(たかひめ)
111(しこ)肝玉(きもだま)うち()きて()む』
112(たか)(わら)はせる線香(せんかう)のやうな(うで)をして
113()つも()たぬもあつたものかい』
114コオ『なかなかに(おれ)容赦(ようしや)線香(せんかう)
115(けぶり)となつて(くす)べてやらう』
116コ『(けむ)たげな(かほ)して(ふる)千草姫(ちぐさひめ)
117(やいと)すゑられ(あせ)をぶるぶる』
118(たか)胡麻(ごま)(はへ)()たよな(やつ)がやつて()
119酒手(さかて)(もら)をうと(いき)まいて()る』
120コオ『(なれ)こそは逆手(さかて)使(つか)うて聖場(せいぢやう)
121(うば)()つたる曲者(くせもの)ぞかし』
122コ『(さか)さまになつて(ことわ)(ところ)まで
123(うご)きはせぬぞ二人(ふたり)(をとこ)は』
124(たか)(この)やうな(わけ)(わか)らぬ代物(しろもの)
125問答(もんだふ)するのは(いや)になつたり』
126コオ『否応(いやおう)()はさず(やかた)につめかけて
127荒肝(あらぎも)()らねば(かへ)るものかい』
128コブ『それやさうぢやコオロお(まへ)()(とほ)
129(あぶら)()つて(いまし)めてやらう』
130(たか)油虫(あぶらむし)(あさ)(はよ)から()うて()
131(かみ)燈明(とうみやう)()さむとぞする』
132コオ『お(まへ)こそ(かみ)燈明(とうみやう)()(やつ)
133(くら)(こころ)醜神司(しこかむつかさ)
134コ『(この)やうな(わけ)(わか)らぬ妖婆(えうば)をば
135相手(あひて)にせずにもう()のうかい』
136(たか)『これや(やつこ)たうとう往生(わうじやう)しよつたな
137高姫(たかひめ)さまの威勢(ゐせい)()ぢて』
138コオ『もう()のと(おも)へば(また)貴様(きさま)から
139小言(こごと)()(ゆゑ)(また)一戦(ひといくさ)せむ』
140コ『瓢箪(へうたん)(なまづ)おさへるやうな(やつ)
141いつ(まで)()ても(はて)しあるまい』
142(たか)『そろそろと(やつこ)弱音(よわね)()きかけた
143智慧(ちゑ)(ふくろ)(そこ)()えたり』
144コオ『(なに)()かす智慧(ちゑ)幾何(いくら)もあるけれど
145受取(うけと)(ちから)(なれ)にない(ゆゑ)
146コ『相応(さうおう)道理(だうり)によつて馬鹿者(ばかもの)には
147馬鹿(ばか)()ふより(みち)もなければ』
148(たか)()(をし)(つよ)いと()つても(ほど)がある
149餓鬼(がき)畜生(ちくしやう)さへ(あき)れて()げむ』
150 ()く、151くだらぬ掛合(かけあひ)をやつて()(ところ)へ、152大勢(おほぜい)老若男女(らうにやくなんによ)捻鉢巻(ねぢはちまき)して(うた)(うた)(なが)ら、153神前(しんぜん)(たてまつ)ると(しよう)山車(だし)()いて(のぼ)つて()る。154高姫(たかひめ)(この)光景(くわうけい)()(はな)(うご)めかし、155得意(とくい)満面(まんめん)(てい)(おもて)(なが)めて()ると、156一昨日(おととひ)(たた)()したヨリコ(ひめ)157玉清別(たまきよわけ)158花香(はなか)159ダリヤ、160アル、161エス(および)イルク、162(その)()三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)が、163美々(びび)しく衣服(いふく)()かざり、164鬱金(うこん)捻鉢巻(ねぢはちまき)をしながら、165問答所(もんだふどころ)広庭(ひろには)山車(だし)(とど)め、166どやどやと玄関口(げんくわんぐち)(あが)り、
167ヨリコ『これはこれは千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)(さま)168一昨日(おととひ)(わらは)()つて終生(しうせい)(わす)るべからざる結構(けつこう)御教訓(ごけうくん)(たま)はり、169翻然(ほんぜん)として(はちす)(はな)(ひら)くが(ごと)く、170天地(てんち)道理(だうり)(さと)らして(もら)ひました。171(けが)()てたる()御座(ござ)いますがお(れい)(ため)172この(とほ)山車(だし)供物(くもつ)まで満載(まんさい)して(まゐ)りました。173花香(はなか)もダリヤもどうか(わらは)から(よろ)しく(まをし)()げて()れとの(こと)御座(ござ)います』
174 高姫(たかひめ)傲然(がうぜん)として、
175善哉(ぜんざい)々々(ぜんざい)176改心(かいしん)(なに)より結構(けつこう)ですよ。177(まへ)さまも折角(せつかく)此処(ここ)(まで)聖場(せいぢやう)(つく)()178おつ()()されて、179(さぞ)残念(ざんねん)御座(ござ)いませうが、180一旦(いつたん)(きず)のついた(からだ)至粋(しすゐ)至純(しじゆん)大神様(おほかみさま)御用(ごよう)出来(でき)ませぬから、181()(どく)とは(おも)(ども)182これも前世(ぜんせ)因縁(いんねん)でせう』
183ヨ『(かさ)(がさ)ねの御教訓(ごけうくん)有難(ありがた)御座(ござ)います。184一寸(ちよつと)(めう)(こと)をお(たづ)(まを)しますが185貴女(あなた)はこの聖地(せいち)神司(かむつかさ)とおなり(あそば)した以上(いじやう)186一点(いつてん)()(くも)りは御座(ござ)いますまいね』
187(たか)『お(たづ)ねにも(およ)びますまいよ。188この高姫(たかひめ)()()()()いた(ほど)でも悪事(あくじ)欠点(けつてん)があつたら、189(この)聖地(せいち)安閑(あんかん)御用(ごよう)をして()(こと)出来(でき)ませぬ。190それは天地(てんち)規則(きそく)ですからねえ』
191ヨ『失礼(しつれい)(こと)(まをし)(あげ)ますが、192人間(にんげん)()ふものは()らず()らずに(つみ)(をか)して()るものです、193もし貴女(あなた)欠点(けつてん)発見(はつけん)した(とき)は、194この聖場(せいぢやう)をお()退()(あそば)すでせうね』
195(たか)(かみ)言葉(ことば)二言(にごん)はありませぬ。196どうか(わたし)素性(すじやう)欠点(けつてん)があるならお調(しら)(くだ)さい。197何時(いつ)でもこの聖場(せいぢやう)()退()きますから』
198ヨ『そのお言葉(ことば)(うけたま)はつて、199百万(ひやくまん)味方(みかた)()たやうな心地(ここち)がします。200ホヽヽヽ、201花香(はなか)202ダリヤさま、203玉清別(たまきよわけ)さま、204アルさま、205エスさまイルクさま、206(また)(ふたた)(この)(やかた)(つと)めてもらはねばなりますまい、207オホヽヽヽヽヽ』
208(あく)(まで)大胆不敵(だいたんふてき)態度(たいど)をして()せる。
209 照国別(てるくにわけ)はつかつかと高姫(たかひめ)(そば)()り、
210『ヤ、211高姫(たかひめ)さま、212(しばら)くお()(かか)りませぬ、213(わたくし)照国別(てるくにわけ)宣伝使(せんでんし)御座(ござ)います』
214(たか)『ナニ照国別(てるくにわけ)宣伝使(せんでんし)215ヤアお(まへ)はウラル(けう)から脱走(だつそう)して()た、216ヘボ宣伝使(せんでんし)梅彦(うめひこ)さまぢやないか。217マアマアマア、218出世(しゆつせ)したものだなア。219(くさり)(なは)でも三年(さんねん)すりや(やく)()つ、220乞食(こじき)()でも三年(さんねん)すりや(みつ)つになる。221(まへ)(わか)れてから最早(もう)十三四年(じふさんよねん)にもなるだらう。222まあ結構々々(けつこうけつこう)223これから改心(かいしん)して神妙(しんめう)御勤(おつと)めなさい。224(この)高姫(たかひめ)弟子(でし)使(つか)つて()げまいものでもない』
225梅公(うめこう)『ヤ、226千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)さま、227トルマン(じやう)でお()にかかりました(もの)ですよ』
228(たか)『ハイ、229如何(いか)にもお(まへ)さまは梅公別(うめこうわけ)とか()(かた)だつたな、230いつ()ても綺麗(きれい)だこと、231どうかお(まへ)さまは何処(どこ)へも()かずこの神館(かむやかた)役員(やくゐん)となつて(つと)めて(くだ)さいな』
232梅公(うめこう)『ハイ、233思召(おぼしめし)有難(ありがた)御座(ござ)います、234何分(なにぶん)(よろ)しうお(ねが)(まを)します。235湖上(こじやう)でお()にかかりました貴方(あなた)(をつと)236杢助(もくすけ)さまはどちらに()られますか、237一寸(ちよつと)()にかかり()いもので御座(ござ)います』
238(たか)『ハイ杢助(もくすけ)さまは一寸(ちよつと)(くたぶ)れて239離棟(はなれ)別館(べつくわん)でお(やす)みになつて()られます』
240梅公(うめこう)(じつ)貴女(あなた)御成功(ごせいこう)(しゆく)御祝(おいはひ)()つて(まゐ)りました。241この沢山(たくさん)箱包(はこづつみ)杢助様(もくすけさま)へのお土産(みやげ)242この葛籠(つづら)高姫(たかひめ)さまへの土産(みやげ)ですから243何卒(どうぞ)受取(うけと)つて(くだ)さい』
244(たか)『ヤアどうも有難(ありがた)う、245マア(なん)沢山(たくさん)のお土産(みやげ)だこと。246随分(ずいぶん)沢山(たくさん)のお(かね)がかかつたでせうなア』
247梅公(うめこう)『いやどう(いた)しまして、248サア、249イルクさま、250玉清別(たまきよわけ)さま、251この箱包(はこつつみ)全部(ぜんぶ)(みな)(かた)手伝(てつだ)つて(もら)ひ、252杢助(もくすけ)さまの別館(べつくわん)(まへ)(まで)(はこ)んで()いて(くだ)さい。253そして合図(あひづ)をしたら一斉(いつせい)(ふた)()けるのですよ』
254『ハイ(かしこま)りました』
255256(むら)若者(わかもの)十数人(じふすうにん)はイルクが監督(かんとく)(もと)別館(べつくわん)にエチエチ(はこ)んで仕舞(しま)つた。257梅公別(うめこうわけ)は、258高姫(たかひめ)(まへ)葛籠(つづら)()き、
259『サア、260高姫(たかひめ)さま、261この葛籠(つづら)()けてお()にかけませう、262貴女(あなた)()つて大変(たいへん)意味(いみ)あるものかも()れませぬ』
263と、264意味(いみ)ありげに(わら)ひながらパツと(ふた)()れば265太魔(たま)(しま)にて真裸(まつぱだか)となし、266追剥(おひはぎ)をなし、267(あり)()()()んだフクエ、268岸子(きしこ)両人(りやうにん)白装束(しろしやうぞく)()(すつ)くと立上(たちあが)つた。269高姫(たかひめ)()(たふ)れむばかり(おどろ)いたが、270(さすが)曲者(くせもの)271()()(なほ)し、272度胸(どきよう)()ゑ、
273『オー、274(なに)かと(おも)へば白鷺(しらさぎ)一番(ひとつがひ)275(わたし)(ため)には(この)(うへ)もない(おく)(もの)276今晩(こんばん)(さけ)(さかな)(つく)つて(いただ)きませう』
277 梅公(うめこう)はきつとなり、
278『これ高姫(たかひめ)殿(どの)279(とぼ)けなさるな、280(この)(をんな)太魔(たま)(しま)銀杏(いてふ)祈願(きぐわん)()むる(をり)281貴女(あなた)銀杏姫(いてふひめ)名乗(なの)り、282追剥(おひはぎ)なさつた(こと)があらうがな、283それのみならず計略(けいりやく)をもつて二人(ふたり)(あり)(もり)追込(おひこ)284()(ころ)させむと(はか)つたでせう。285まだ(その)(うへ)(この)梅公(うめこう)(まで)もたばかり、286(あり)(ころ)させようとしたではありませぬか。287これでも貴女(あなた)()欠点(けつてん)がないと()はれませうか、288サア返答(へんたふ)(うけたま)はりませう』
289 高姫(たかひめ)(こた)ふる言句(ごんく)もなく290(たちま)顔色(がんしよく)蒼白(まつさを)となり、291(くちびる)(まで)もふるはせて()る。
292ヨ『モシ高姫(たかひめ)さま、293貴方(あなた)矢張(やつぱり)追剥強盗(おひはぎがうたう)をなし、294謀殺(ぼうさつ)(たく)らみ、295随分(ずゐぶん)()からぬ(こと)をなさいましたね、296サア如何(いかが)です、297(これ)でも貴女(あなた)完全無欠(くわんぜんむけつ)身霊(みたま)仰有(おつしや)いますか』
298 梅公(うめこう)合図(あひづ)口笛(くちぶえ)()けば、299如何(いかが)はしけむ数十頭(すうじつとう)猛犬(まうけん)(あら)はれ()で、300ワツウ ワツウ ワツウ ワツウと百雷(ひやくらい)一時(いちじ)(とどろ)(ごと)(いぬ)(こゑ)301妖幻坊(えうげんばう)杢助(もくすけ)(たま)()ね、302正体(しやうたい)(あら)はし、303何処(いづこ)ともなく(くも)(かすみ)()()つて仕舞(しま)つた。304高姫(たかひめ)進退(しんたい)これ(きは)まり、305白衣(はくい)をパツと()ぐや(いな)や、306(たちま)金毛九尾(きんまうきうび)白面(はくめん)悪狐(あくこ)還元(くわんげん)し、307(くも)()(あめ)(おこ)し、308大高山(たいかうざん)(はう)()がけ(いなづま)(ごと)中空(ちうくう)(かけ)姿(すがた)()して仕舞(しま)つた。309あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
310 (ちなみ)()ふ。311玉清別(たまきよわけ)(もと)(ごと)くスガの(みや)神司(かむつかさ)(つと)め、312ダリヤ(ひめ)大道場(だいだうぢやう)(つかさ)となり、313アル、314エスの両人(りやうにん)掃除番(さうぢばん)となし()き、315ヨリコ(ひめ)316花香姫(はなかひめ)は、317照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)(とも)聖地(せいち)()つて宣伝(せんでん)(たび)(おもむ)(こと)となりける。
318大正一五・七・一 旧五・二二 於天之橋立なかや別館 加藤明子録)
319(昭和一〇・六・二五 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。