霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻 篇:前付 よみ:
章:第73巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年10月04日(旧08月15日) 口述場所:天恩郷 千歳庵 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1933(昭和8)年11月22日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm730002
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 29頁 修補版: 校定版:1頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第一巻 皇道編 > 第八篇 瑞祥 > 第一章 厳の御霊と瑞の御霊
001 三千大千世界(さんぜんだいせんせかい)大宇宙(だいうちう)創造(さうざう)(たま)ひし大国常立(おほくにとこたち)大神(おほかみ)は、002(ごゑ)言霊(ことたま)御水火(みいき)より天之道立(あめのみちたつ)(かみ)()みたまひ、003宇宙(うちう)世界(せかい)(をし)(みちび)(たま)ひたるが、004数百億年(すうひやくおくねん)(のち)(いた)りて、005稚姫君命(わかひめぎみのみこと)霊性(れいせい)御霊代(みひしろ)として(たふと)神人(しんじん)顕現(けんげん)し、006三千世界(さんぜんせかい)修理固成(しうりこせい)言依(ことよ)さし(たま)ひ、007(また)言霊(ことたま)より()()でし太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)御霊(みたま)神人(しんじん)(あらは)れ、008(とも)神業(みわざ)(はげ)(たま)ひける。009(てん)(とき)(ここ)(いた)りて(いづ)御霊(みたま)稚姫君命(わかひめぎみのみこと)(ふたた)天津御国(あまつみくに)(かへ)(たま)ひ、010(いづ)御霊(みたま)神業(みわざ)一切(いつさい)(みづ)御霊(みたま)()()がせ(たま)ひける。011ここに(いづ)御霊(みたま)(みづ)御霊(みたま)活動(はたらき)(あは)して伊都能売(いづのめ)御霊(みたま)(あらは)れ、012万劫末代(まんごふまつだい)(をしへ)(かた)むる神業(みわざ)奉仕(ほうし)せしめ(たま)ひたるなり。
013 (いづ)御霊(みたま)荒魂(あらみたま)(ゆう)和魂(にぎみたま)(しん)(しゆ)とし、014奇魂(くしみたま)()幸魂(さちみたま)(あい)(じう)となりて(はたら)(たま)ひ、015(みづ)御霊(みたま)奇魂(くしみたま)()幸魂(さちみたま)(あい)(しゆ)となり、016荒魂(あらみたま)(ゆう)和魂(にぎみたま)(しん)(じう)となりて()(あらは)れ、017(いま)(やぶ)れむとする天地(てんち)修理固成(しうりこせい)すべく(あらは)()でたるなり。018(しか)して(いづ)御霊(みたま)(たて)神業(みわざ)なれば言行(げんかう)(とも)一々万々(いちいちばんばん)確固不易(かくこふえき)なるに(はん)し、019(みづ)御霊(みたま)神業(みわざ)操縦与奪其権有我(さうじうよだつそのけんわれにあり)力徳(りきとく)(もつ)神業(みわざ)奉仕(ほうし)(たま)神定(かむさだ)めなり。020神諭(しんゆ)にも、021(たて)御用(ごよう)はビクとも(うご)かれず()()(つゆ)(ほど)(かは)らぬが、022(みづ)御霊(みたま)(よこ)御用(ごよう)なれば(はた)緯糸(よこいと)のごとく、023(みぎ)(ひだり)千変万化(せんぺんばんくわ)活動(はたらき)あることを(しめ)されたり。024しかるに(いま)伊都能売(いづのめ)御霊(みたま)顕現(けんげん)したれば、025経緯(たてよこ)(りやう)方面(はうめん)(あは)して神代(かみよ)顕現(けんげん)従事(じうじ)(たま)ふこととなりたれば、026益々(ますます)その行動(かうどう)変幻出没(へんげんしゆつぼつ)自由自在(じいうじざい)なるは到底(たうてい)凡夫(ぼんぷ)窺知(きち)()べきものにあらず。027()くして大宇宙(だいうちう)神界(しんかい)(をさ)まり、028三千世界(さんぜんせかい)更生(かうせい)となりて、029全地上(ぜんちじやう)更生(かうせい)神業(みわざ)成就(じやうじゆ)すべきなり。030この消息(せうそく)()らずして大神業(おほみわざ)奉仕(ほうし)せむとするものは、031(あたか)()()つて(うを)(もと)むる(ごと)く、032海底(かいてい)野菜(やさい)(さぐ)り、033田園(でんゑん)(はまぐり)(あさ)るが(ごと)し。
034 (かみ)至大無外(しだいむぐわい)至小無内(しせうむない)在所如無(あるところなきがごとく)不在所如無底(あらざるところなきがごとしてい)のものなれば、035従来(じうらい)各種(かくしゆ)宗教(しうけう)賢哲(けんてつ)道徳率(だうとくりつ)標準(へうじゆん)としては、036伊都能売神(いづのめのかみ)御神業(みみわざ)()()べき(かぎ)りにあらず。037(たと)へば(はた)()るにしても経糸(たていと)はビクとも(ところ)(へん)ぜず緊張(きんちやう)()りて(たな)にかかり、038緯糸(よこいと)(くだ)()かれ()()まれて(ちひ)さき(あな)より一筋(ひとすぢ)(いと)()()し、039(みぎ)(ひだり)経糸(たていと)(あひだ)(くぐ)立派(りつぱ)なる(あや)(はた)織上(おりあ)ぐる(ごと)きものなり。040(はた)()緯糸(よこいと)一度(いちど)(つう)ずれば二度(にど)三度(さんど)(をさ)にて(きび)しく()たれつつ、041ここに(はじ)めて(はた)経綸(しぐみ)出来上(できあが)るものなり。
042綾機(あやはた)緯糸(よこいと)こそは(くる)しけれ
043(ひと)(とほ)せば三度(みたび)()たれつ
044 神界(しんかい)深遠(しんゑん)微妙(びめう)なる経綸(けいりん)については千変万化(せんぺんばんくわ)(きは)まりなく、045善悪(ぜんあく)相混(あひこん)美醜(びしう)(たがひ)(まじは)りて完全(くわんぜん)なる天地(てんち)(つく)られつつあるなり。046伊都能売神(いづのめのかみ)神霊(しんれい)(また)その(ごと)三十三相(さんじふさんさう)()ふも(さら)なり、047幾百千相(いくひやくせんさう)にも(かぎ)りなく臨機応変(りんきおうへん)して神業(みわざ)()さし(たま)へば、048凡人小智(ぼんじんせうち)窺知(きち)すべき(かぎ)りにあらざるを()るべし。
049 ()(いづ)御霊(みたま)(をしへ)神人(しんじん)一般(いつぱん)(たい)し、050仁義(じんぎ)道徳(だうとく)(をし)夫婦(ふうふ)制度(せいど)(かた)め、051(かり)にも(をか)すべからざるの神律(しんりつ)なり。052(ゆゑ)(みづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)紫微天界(しびてんかい)(はじ)めより太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)()れまして、053国生(くにう)神生(かみう)みの神業(みわざ)奉仕(ほうし)(たま)ひ、054万代不動(ばんだいふどう)経綸(けいりん)(おこな)(たま)ひつつ若返(わかがへ)若返(わかがへ)りつつ末世(まつせ)(いた)るまでも活動(はたらき)(たま)ふなり。055(その)(かん)幾回(いくくわい)となく肉体(にくたい)(もつ)宇宙(うちう)天界(てんかい)出没(しゆつぼつ)し、056無始(むし)無終(むしう)()経綸(けいりん)(つづ)かせ(たま)へば、057()神々(かみがみ)(けつ)して()行為(かうゐ)(なら)ふべからざるを()(かみ)より厳定(げんてい)されつつ今日(こんにち)(いた)れるなり。
058 神諭(しんゆ)(たて)御用(ごよう)(すこ)しも(うご)かされず()へられないが、059(よこ)御用(ごよう)人間(にんげん)知恵(ちゑ)学問(がくもん)にては(さと)()べきものにあらざれば、060(かみ)(つか)ふる信徒達(まめひとたち)()(こころ)にて奉仕(ほうし)せざれば神界経綸(しんかいけいりん)邪魔(じやま)となると(しめ)されてあるのは、061(この)(かん)消息(せうそく)(つた)へられたるものなり。
062 (ゆゑ)本書(ほんしよ)有徳(うとく)信者(しんじや)(また)上根(じやうこん)身魂(みたま)にして神理(しんり)(かい)()(てい)身魂(みたま)にあらざれば授与(じゆよ)せざるものとす。063この物語(ものがたり)()みて神理(しんり)覚悟(かくご)する人士(じんし)従来(じうらい)(こころ)持方(もちかた)一掃(いつさう)し、064三千世界(さんぜんせかい)更生(かうせい)(ため)()(ちから)()へられむ(こと)希望(きばう)して()まざるなり。065賢哲(けんてつ)所謂(いはゆる)中庸(ちうよう)066中和(ちうわ)067大中(たいちう)068()(ちう)神府(しんぷ)(ちう)とは(おほい)(かは)れり。069(ゆゑ)現代人(げんだいじん)()(ぜん)()(こと)も、070(かみ)()より()(あく)なる(こと)あり、071(また)現代人(げんだいじん)()より(あく)()ることも神界(しんかい)にては(ぜん)()すことあり。072(これ)善悪(ぜんあく)不二(ふじ)真諦(しんたい)といふ、073嗚呼(ああ)惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
074 いよいよ本巻(ほんくわん)よりは、075(わが)古事記(こじき)(あらは)れたる天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)以前(いぜん)天界(てんかい)有様(ありさま)略述(りやくじゆつ)し、076(もつ)皇神国(すめらみくに)尊厳無比(そんげんむひ)なるを()らしめむとするものなり。
077 本書(ほんしよ)富士文庫(ふじぶんこ)明記(めいき)されたる(あま)()(はじ)めとし、078天之御中之世(あめのみなかのよ)079地神五代(ちしんごだい)()より今日(こんにち)(いた)万世一系(ばんせいいつけい)国体(こくたい)と、080皇室(くわうしつ)(かみ)より()でまして尊厳無比(そんげんむひ)なる理由(りゆう)闡明(せんめい)せむとするものにして、081()(あま)()より言霊学(ことたまがく)応用(おうよう)により(あら)はせるものなれば、082(けつ)して根拠(こんきよ)なき架空(かくう)(せつ)にあらざるを()るべし。083富士文庫(ふじぶんこ)神皇記(しんのうき)(あま)()(かみ)御名(みな)列記(れつき)すれば、
084 一 天之峯火夫神(あまのみねひをのかみ)
085 二 天之高火男神(あめのたかひをのかみ)
086 三 天之高地火神(あめのたかちほのかみ)
087 四 天之高木比古神(あめのたかぎひこのかみ)
088 五 天之草男神(あめのくさをのかみ)
089 六 天之高原男神(あめのたかはらをのかみ)
090 七 天之御柱比古神(あめのみはしらひこのかみ)
091 以上(いじやう)七柱(ななはしら)天神七代(てんじんしちだい)(あま)()(しよう)し、092天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)より以下(いか)七代(しちだい)天之御中之世(あめのみなかのよ)(とな)(まつ)るなり。093(ここ)皇国(くわうこく)固有(こいう)言霊学(げんれいがく)(ちから)をかりて、094大虚空(だいこくう)()ける最初(さいしよ)神々(かみがみ)御活動(ごくわつどう)謹写(きんしや)せむとして(あら)はしたる物語(ものがたり)なり。095(また)神生(かみう)国生(くにう)みの物語(ものがたり)も、096最初(さいしよ)神々(かみがみ)(いう)(いう)()しませば、097現代人(げんだいじん)(ごと)肉体(にくたい)(たも)(たま)はず(まつた)気体(きたい)()しますが(ゆゑ)に、098現代人(げんだいじん)(ごと)男女(だんぢよ)関係(くわんけい)()く、099(ただ)言霊(ことたま)水火(いき)水火(いき)(むす)(あは)せて(くに)()(かみ)()(たま)ひしを()るべし。100最初(さいしよ)神々(かみがみ)(いづ)れも幽体(いうたい)隠神(いんしん)()すが(ゆゑ)に、101男神(をがみ)比古(ひこ)()し、102女神(めがみ)比女(ひめ)()()(あらは)しあれば、103後世(こうせい)()ける彦神(ひこがみ)姫神(ひめがみ)とは(おほい)(こと)なれるを()るべきなり。
104 太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)神名(しんめい)は、105(ごゑ)言霊(ことたま)南西(なんせい)(はたら)(たま)ひて(あらは)(たま)神名(しんめい)にして、106(くに)()(かみ)()まし(たま)ふと(いへど)も、107(くに)開拓(かいたく)(たま)神業(みわざ)国生(くにう)みと()ひ、108国魂(くにたま)(かみ)(えら)ませ(また)(うま)(たま)ふを神生(かみう)みと(とな)(まつ)るは、109皇典古事記(くわうてんこじき)御本文(ごほんぶん)(ちよう)するも明白(めいはく)なり。110(また)八十比女神(やそひめがみ)国生(くにう)神生(かみう)みの神業(みわざ)も、111(ただ)(たん)言霊(ことたま)水火(いき)組合(くみあは)せによりて、112言霊神(ことたまがみ)()()(たま)根本(こんぽん)御神業(みみわざ)なるを()るべし。
113昭和八・一〇・四 旧八・一五 於高天閣 森良仁謹録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら