霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 天之峯火夫(あまのみねひを)(かみ)〔一八三二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻 篇:第1篇 紫微天界 よみ:しびてんかい
章:第1章 天之峯火夫の神 よみ:あまのみねひおのかみ 通し章番号:1832
口述日:1933(昭和8)年10月04日(旧08月15日) 口述場所:天恩郷 千歳庵 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1933(昭和8)年11月22日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
スの活動=天之峯火夫の神
ウの活用から宇迦須美の神が生まれた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 33頁 修補版: 校定版:11頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 (てん)もなく()もなく宇宙(うちう)もなく、002大虚空中(だいこくうちう)一点(いつてん)(ほち)忽然(こつぜん)(あらは)(たま)ふ。003この(ほち)たるや、004すみきり()みきらひつつ、005次第々々(しだいしだい)拡大(くわくだい)して、006一種(いつしゆ)円形(ゑんけい)をなし、007円形(ゑんけい)よりは湯気(ゆげ)よりも(けむり)よりも(きり)よりも微細(びさい)なる神明(しんめい)()放射(はうしや)して、008円形(ゑんけい)(けん)(ゑが)(ほち)(つつ)み、009(はじ)めて⦿()言霊(ことたま)(うま)()でたり。010()⦿()言霊(ことたま)こそ宇宙(うちう)万有(ばんいう)大根元(だいこんげん)にして、011()大神(おほかみ)根元太極元(こんげんたいきよくげん)となり、012皇神国(すめらみくに)大本(だいほん)となり(たま)ふ。013(わが)()(もと)()⦿()凝結(ぎようけつ)したる万古不易(ばんこふえき)(つた)はりし神霊(しんれい)妙機(めうき)として、014言霊(ことたま)(たす)くる(くに)015言霊(ことたま)天照(あまて)(くに)016言霊(ことたま)()くる(くに)017言霊(ことたま)(さち)はふ(くに)(しよう)するも、018()⦿()言霊(ことたま)(もとづ)くものと()るべし。
019 キリストの聖書(せいしよ)にヨハネ(でん)なるものあり。020とはあらゆる宇宙(うちう)大千世界(だいせんせかい)()なり、021無限(むげん)発達開展(はつたつかいてん)022拡張(くわくちやう)()なり、023声音(せいおん)()にして宇宙(うちう)大根本(だいこんぽん)()なり。024ヨハネ(でん)首章(しゆしやう)(いは)く、025太初(はじめ)(ことば)あり、026(ことば)(かみ)(とも)にあり、027(ことば)(すなは)(かみ)なり。028()(ことば)太初(はじめ)(かみ)(とも)(あり)き。029万物(よろづのもの)これに(より)(つく)らる、030(つく)られたる(もの)(ひとつ)として(これ)()らで(つく)られしは(なし)』と明示(めいじ)しあるも、031宇宙(うちう)大根元(だいこんげん)創造(さうざう)したる()(かみ)神徳(みとく)(たた)へたる言葉(ことば)なり。
032 清朗無比(せいらうむひ)にして、033澄切(すみき)(すみ)きらひスースースースーと四方(しはう)八方(はつぱう)(かぎ)りなく、034(きは)みなく()(ひろ)ごり(ふく)(あが)り、035(つひ)⦿()極度(きよくど)(たつ)してウの言霊(ことたま)発生(はつせい)せり。036ウは万有(ばんいう)(たい)()()根元(こんげん)にして、037ウの活動(くわつどう)(きは)まりて(また)(うへ)(うへ)へと(のぼ)りアの言霊(ことたま)()めり。038(また)ウは(くだ)つては(つひ)にオの言霊(ことたま)()む。
039 ⦿()活動(くわつどう)(しよう)して()大神(おほかみ)(しよう)し、040(また)天之峯火夫(あまのみねひを)(かみ)041(また)御名(みな)大国常立神言(おほくにとこたちのみこと)奉称(ほうしよう)す。042大虚空中(だいこくうちう)に、043葦芽(あしがひ)(ごと)一点(いつてん)(ほち)発生(はつせい)し、044次第々々(しだいしだい)(ふく)(あが)り、045()()りて(つひ)神明(しんめい)(かたち)(げん)じたまふ。046⦿神(スしん)神霊(しんれい)⦿()活動力(くわつどうりよく)によりて、047上下(じやうげ)左右(さいう)(ひろ)ごり、048⦿()(きは)まりてウの活用(くわつよう)(げん)じたり。049ウの活用(くわつよう)より()れませる神名(しんめい)宇迦須美(うがすみ)(かみ)()ふ、050宇迦須美(うがすみ)(うへ)にのぼり(した)(くだ)り、051神霊(みたま)活用(くわつよう)両分(りやうぶん)して物質(ぶつしつ)大元素(だいげんそ)発生(はつせい)(たま)ひ、052(うへ)にのぼりては霊魂(れいこん)完成(くわんせい)()(たま)ふ。053今日(こんにち)天地(てんち)発生(はつせい)したるも、054宇迦須美(うがすみ)(かみ)(いさを)なり。055ウーウーウーと()()りて鳴極(なりきは)まる(ところ)神霊(しんれい)元子(げんし)(うま)物質(ぶつしつ)原質(げんしつ)()まる。056(ゆゑ)天之峯火夫(あまのみねひを)(かみ)宇迦須美(うがすみ)(かみ)(めう)(うご)きによりて、057天津日鉾(あまつひほこ)(かみ)大虚空中(だいこくうちう)出現(しゆつげん)(たま)ひ、058言霊(ことたま)原動力(げんどうりよく)となり七十五声(しちじふごせい)(かみ)()ませ(たま)ひ、059至大天球(しだいてんきう)創造(さうざう)(たま)ひたるこそ、060()(かしこ)(きは)みなりし。061再拝(さいはい)
062昭和八・一〇・四 旧八・一五 於天恩郷千歳庵 加藤明子謹録)