霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 ⦿()神声(しんせい)〔一八三五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻 篇:第1篇 紫微天界 よみ:しびてんかい
章:第4章 第73巻 よみ:すのしんせい 通し章番号:1835
口述日:1933(昭和8)年10月05日(旧08月16日) 口述場所:天恩郷 千歳庵 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1933(昭和8)年11月22日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
天の世はあらゆる性質を含有して極まった状態にして、また純々とした状態であった(本文の神代の言葉による記述参照)。
このすべての状態を一言に表して スという。
だから、スの言は七十五声の精霊を完備していて、しかも各々の声がその真の位を保っているのである。
真の位とは、すべての声がお互いに向かい合って、遠きも近きもことごとく、「返対力が純一に密合の色を保ちて実相しつつ、」とてつもなく大きく極まってつねに張り詰め、活気は内にみなぎって四方に散らばっている。
いわば、とてつもない大きさに立ち込めこもった気が、鳴り起とうとしている。一見深く静かに澄んでいるが、内には神機を含み蔵している、その時の状態である。
スは皇(スベラギ)の極元である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7304
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 36頁 修補版: 校定版:20頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 ()至大天球(しだいてんきう)(いま)成立(せいりつ)せざる⦿()(かみ)時代(じだい)(あま)()は、002(ただ)至大浩々而氤氳(ヒロキヒロクテスズロ)ぎたる極微點(コゴコ)神霊(しんれい)分子(ぶんし)撒霧(サギリ)撒散而(サギリ)003至大浩々霊々湛々(カガダタ)たる極微點分子(コゴコ)玄々漠々妙々(ククズ)たり。004漂々點々烈々(ケケデ)(タリ)005恒々極々鋳々(キギヂ)(タリ)006平々運々洞々(タラナ)(タリ)007几々白々渺々(トロノ)(タリ)008剛々神々寂々(ツルヌ)(タリ)009照々電々精々(テレネ)(タリ)010満々既々着々(チリニ)(タリ)011汎々膨々凝々(ハサザ)(タリ)012登々軟々挿々(ホソゾ)(タリ)013進々酸々黒々(フスズ)(タリ)014降々責々臨々(ヘセゼ)(タリ)015赤々炭々止々(ヒシジ)(タリ)()して万性(ばんせい)含有(がんいう)極乎(きよくこ)として純々(じゆんじゆん)たり。016神代神楽(じんだいかぐら)翁三番叟(おきなさんばそう)(うたひ)に、
017『タータータラーリ、018タラリーラー、019タラリ、020アガリ、021ララーリトー、022チリーヤ、023タラリ、024ララリトー』
025()ふは、026()神秘(しんぴ)転化(てんくわ)したる()にして、027(あま)()開設(かいせつ)形容(けいよう)顕示(けんじ)したるなり。028(ゆゑ)()霊声(れいせい)(すべ)一言(いちげん)⦿()()ふ。029()⦿声(スこゑ)神霊(ことたま)明細(めいさい)()()かす(とき)は、030世界(せかい)一切(いつさい)太極本元(たいきよくほんげん)真体(しんたい)(およ)()成立(せいりつ)秩序(ちつじよ)も、031億兆万々劫々年度(おくてうまんまんごふごふねんど)劫大約恒々(オホツナ)(タル)大造化(だいざうくわ)真象(しんしやう)も、032逐一(ちくいち)(あきら)かに(はか)()らるるなり。
033 (けだ)⦿()(げん)たるや⦿()にして⦿()なるが(ゆゑ)に、034(すで)七十五声(しちじふごせい)精霊(せいれい)完備(くわんび)して、035純乎(じゆんこ)として各自(かくじ)(みな)その真位(みくらゐ)(たも)ちつつあり。036(しか)して()真位(みくらゐ)()ふは、037(みな)両々(りやうりやう)相向(あひむか)ひて遠近(ゑんきん)(みな)(ことごと)返対力(へんたいりよく)純一(じゆんいち)密合(みつがふ)(いろ)(たも)ちて実相(じつさう)しつつ、038至大極乎(しだいきよくこ)として恒々(かうかう)(たり)039活気臨々(くわつきりんりん)として点々(てんてん)たり、040所謂(いはゆる)至大氤氳(しだいいんうん)()(こゑ)()(たた)むと(ほつ)して、041湛々(たんたん)(なか)神機(しんき)含蔵(がんざう)するの(とき)なり。042(ゆゑ)()(ひと)たる(もの)()第一(だいいち)()⦿()(いは)れを(あきら)かに()るべきものとす。043何故(なぜ)なれば⦿()(スベラギ)極元(きよくげん)なればなり。
044昭和八・一〇・五 旧八・一六 於天恩郷千歳庵 加藤明子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)