霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 (とつ)ぎの御歌(みうた)〔一八四一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻 篇:第1篇 紫微天界 よみ:しびてんかい
章:第10章 婚ぎの御歌 よみ:とつぎのみうた 通し章番号:1841
口述日:1933(昭和8)年10月10日(旧08月21日) 口述場所:水明閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1933(昭和8)年11月22日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大元顕津男の神は高野比女の神を正妃と定め、祝詞を奏し、主の大神の神業の達成を誓った。その祝詞中には、世界最初のいろは歌が歌われていた。
次に、高野比女は婚ぎの神祝言を歌った。その中には天之数歌が含まれていた。
婚ぎの祝に集まった神は、遠津御幸の神、片照の神、魂之男の神、日之本(すのもと)の神以下、十六柱であった。そのうち、遠津御幸の神が祝の歌を歌った。
註として、大元顕津男の神の最初のいろは歌の言霊解が示されている。いろは歌の元は、紫微宮の昔に由来し、空海はそれをもとに平仮名文字を作り出した。いろは歌の各言霊は婚ぎのさまざまな局面をあらわしてはいるが、それのみではなく、宇宙万有一切の発生の真理を歌ったものである。
また、高野比女が歌った天之数歌も注解されている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 47頁 修補版: 校定版:58頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)()大神(おほかみ)大神言(おほみこと)(かしこ)み、002非時(ときじく)香具(かぐ)()()()りませる高野比女(たかのひめ)(かみ)正妃(せいひ)(さだ)めて、003(ここ)()さしの神業(みわざ)大神(おほかみ)御前(みまへ)執行(とりおこな)はせ(たま)ひ、004八百万(やほよろづ)祭司神(まつりつかさがみ)(ひき)ゐて(おごそ)かなる祝詞(のりと)(そう)(たま)ひ、005天之御柱(あめのみはしら)006国之御柱(くにのみはしら)見立(みた)(たま)ひて、007男神(をがみ)(ひだり)より、008女神(めがみ)(みぎり)より御柱(みはしら)(めぐ)り、009(ふたた)神前(みまへ)太祝詞(ふとのりと)(まを)(たま)はく、
010掛巻(かけまく)(あや)(たふと)久方(ひさかた)(うづ)宮居(みやゐ)(しづ)まり(たま)()大神(おほかみ)御前(みまへ)(つつし)(ゐやま)願白(ねぎまを)さく。011久方(ひさかた)高天原(たかあまはら)()みきらひ、012(これ)紫微天界(しびてんかい)国々(くにぐに)(きよ)(すが)しく、013五穀(たなつもの)(ゆた)かに(みの)()()(えだ)もたわわに(じゆく)しつつ、014(かみ)()さしの神国(みくに)(いま)()のあたり外字(うまら)委曲(つばら)()れましぬ。015嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)(かみ)(たふと)御恵(みめぐみ)に、016今日(けふ)()()()(とき)(とつ)ぎの(つな)(さだ)めつつ、017高野比女(たかのひめ)(かみ)(つま)となし()(をさ)めよと(かみ)()らすこそ()にも(たふと)(かぎ)りなれ。018(われ)(これ)より()(かみ)大神言葉(おほみことば)()()けて、019(あめ)壁立極(かべたつきは)(くに)退立限(そぎたつかぎ)り、020(きよ)(ただ)しき天津誠(あまつまこと)心以(こころも)てあらゆる(かみ)()(いつく)しみ、021荒振神(あらぶるかみ)言向和(ことむけやは)大神言(おほみこと)(つか)(まつ)らむとす。022(あふ)(ねが)はくは()大神(おほかみ)御稜威(みいづ)(かか)ぶりて、023御依(みよ)さしの神業(みわざ)()()げさせ(たま)へ、024いろはにほへとちりぬるを、025わかよたれそつねならむ、026うゐのおくやまけふこえて、027あさきゆめみしゑひもせす、028けふの()()微日(ひみ)()も、029(わす)るる(こと)なく何時迄(いつまで)も、030(まこと)(こころ)(たて)となし、031(あい)(ぜん)との真心(まごころ)(よこ)(おり)なし、032御機(みはた)(いと)(もつ)れなく、033(みだ)れもあらに(かみ)()大御経綸(おほみしぐみ)(つか)(まつ)らむ。034(かみ)()大御神(おほみかみ)より(しも)百神(ももがみ)(はて)までも、035(わが)真心(まごころ)(ちか)(まつ)(つか)(まつ)(こと)(よし)を、036()大神(おほかみ)(はじ)めとし、037八百万(やほよろづ)(かみ)(たひら)けく(やすら)けく聞召(きこしめ)さへと()る』
038 ここに高野比女(たかのひめ)(かみ)は、039(とつ)ぎの神祝言(かむほぎごと)(こゑ)(ほが)らかに宇宙(うちう)(ひび)けと(うた)(たま)ふ。040その御歌(おんうた)
041久方(ひさかた)(そら)(くも)なくスの水火(いき)
042()()()みきらひて神国(みくに)(てら)
043大太陽(あまつひ)宇宙(うちう)のあらむ(かぎ)りまで
044稜威(みいづ)伊照(いてら)(たま)ひて日々(ひび)栄行(さかゆ)
045神国(かみくに)()瑞祥(ずゐしやう)(かしこ)けれ
046(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)
047百千万(ももちよろづ)神達(かみたち)
048わが神業(かむわざ)(まも)られて
049()大神(おほかみ)大御心(おほみこころ)
050(むく)(まつ)らむ高野比女(たかのひめ)真心(まごころ)
051(うべな)ひませよ(われ)はしも女神(めがみ)()にしあれど
052()大神(おほかみ)稜威(みいづ)御光(みひかり)(うなじ)()けて
053(わが)(つま)(かみ)諸共(もろとも)
054(こころ)(あは)(ちから)(いつ)(むす)(あは)
055(はま)真砂(まさご)(かず)(ごと)
056(うづ)御子(みこ)をば()()みて
057(あまね)世界(せかい)(くま)(くば)
058大経綸(おほみしぐみ)神業(かむわざ)
059(つか)(まつ)るぞ(うれ)しけれ
060嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
061顕津男(あきつを)(かみ)比古神(ひこがみ)
062(わらは)(よわ)(たましひ)
063(うづ)(ちから)にみなぎらせ
064(かみ)()さしの神業(かむわざ)
065外字(うまら)委曲(つばら)(つか)へませ
066(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)
067(いは)(をさ)むる今日(けふ)()()(かしこ)けれ』
068 今日(けふ)(とつ)ぎの神祝(かむほぎ)伊寄(いよ)(つど)ひし神々(かみがみ)は、069遠津御幸(とほつみゆき)(かみ)070片照(かたてる)(かみ)071魂之男(たまのを)(かみ)072日之本(すのもと)(かみ)以下(いか)十六柱(じふろくはしら)におはせり。
073 遠津御幸(とほつみゆき)(かみ)千万里(せんまんり)(とほ)きを(いと)はず、074(あめ)浮橋(うきはし)打渡(うちわた)りつつ真先(まつさき)(これ)宴席(うたげ)(つど)(たま)ひけり。075遠津御幸(とほつみゆき)(かみ)(しゆく)(たま)ふ。076()御歌(おんうた)
077(あめ)なるや()大神(おほかみ)大宮(おほみや)
078非時(ときじく)(みの)香具(かぐ)()()()れまして
079高野比女(たかのひめ)(かみ)西南(せいなん)(あめ)より此所(ここ)(くだ)ります
080太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)()(さだ)まりて
081(おごそ)かに(あめ)御柱(みはしら)(めぐ)()
082(くに)御柱(みはしら)(かた)めつつ
083高天原(たかあまはら)(はな)となり
084諸神(ももかみ)(うへ)(のぞ)ませ(たま)ふぞ(たふと)けれ
085(われ)()大御神(おほみかみ)神言(みこと)(かしこ)
086西(にし)(ひがし)(みなみ)(きた)とかけ(めぐ)
087(ちか)(とほ)きの差別(けぢめ)なく
088神国(みくに)(をし)(みち)()きつ
089神業(みわざ)(つか)へる神柱(かむばしら)
090今日(けふ)寿(ことほ)()るにつけ
091(かみ)経綸(しぐみ)()てしなく
092(きよ)(たふと)神業(かむわざ)
093(いよいよ)(ふか)(さと)りけり
094西(にし)宮居(みやゐ)(あめ)道立(みちたつ)(かみ)
095(ひがし)(みや)には太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)
096(おの)(おの)もに領有(うしは)(たま)
097(これ)神国(みくに)はいろはの水火(いき)()みきらひ
098(にご)らひも()(くも)りなし
099大太陽(あまつひ)中天(なかぞら)
100(かがや)(たま)七色(なないろ)
101光彩(くわうさい)(はな)たせ(たま)ひつ
102紫微天界(しびてんかい)弥益(いやます)
103(ひか)(かがや)(わた)らひつ
104(もも)神々(かみがみ)(いさ)()
105今日(けふ)御式(みのり)()()りて
106(ためし)()らぬ(よろこ)びに
107()ふぞ(うれ)しき()神前(みまへ)
108千代(ちよ)八千代(やちよ)寿()(まつ)
109嗚呼(ああ)惟神(かむながら)神霊(みたま)(さちは)(まし)ませよ』
110(ちう)
 
111『いろはにほへとちりぬるを』と顕津男(あきつを)(かみ)()みし言霊(ことたま)(かい)(まつ)れば、
112(みづ)()(なら)びたる象徴(しやうちよう)(なり)113(みぎ)(みづ)114(ひだり)()
115(みづ)()(かた)まりて水火(いき)となり、116宇宙(うちう)(ひら)言霊(ことたま)を、117といふ。
118言霊(ことたま)宇宙(うちう)(ひら)きて前後左右(ぜんごさいう)活用(はたら)(かたち)は、119(なり)
120()活動(はたらき)によりて(ひと)つの(ほち)(あら)はる、121(すなは)ち、122言霊(ことたま)(なり)
123次第(しだい)(たか)(のぼ)(ふく)(ひろ)がる(さま)を、124といふ。
125言霊(ことたま)水火(いき)完成(くわんせい)したる言霊(ことたま)(なり)
126水火(いき)完成(くわんせい)して宇宙(うちう)滋味(じみ)(しやう)ず、127(これ)といふ。128()(そだ)つる母乳(ぼにう)()(なり)129(また)万物発生(ばんぶつはつせい)経綸場(けいりんぢやう)たる大地(だいち)()(なり)
130言霊(ことたま)女男(めを)二神(にしん)水火(いき)(あは)せて(なら)()たせる言霊(ことたま)(なり)
131言霊(ことたま)(たがひ)(やは)らぎ(ぬる)(あたた)かき(こころ)(もつ)神業(みわざ)(つく)水火(いき)(かたち)(なり)
132夫婦(ふうふ)(みち)(また)天界(てんかい)(すべ)ての(さだ)まりし言霊(ことたま)(なり)
133(こころ)(なり)
134(やは)らぎ(むつ)御子(みこ)()(たま)(さま)()(なり)
135(かか)()ひ、136(かがや)()()にして、137俗言(ぞくげん)(かか)といふも()言霊(ことたま)()(なり)
138夫婦(ふうふ)二神(にしん)世帯(しよたい)()てる(かたち)(なり)
139円満具足(ゑんまんぐそく)()(なり)
140夫唱婦随(ふしやうふずゐ)()(なり)
141上下四方(じやうげしはう)(そろ)()(なり)142左右(さいう)(ゆび)五本(ごほん)五本(ごほん)(あは)せて拍手(はくしゆ)せし(さま)(なり)
143永久(えいきう)(つづ)()にして世人(せじん)のいふ玉椿(たまつばき)八千代(やちよ)までといふも(おな)じ。
144(ねもごろ)にして夫婦同衾(ふうふどうきん)()(なり)
145二人(ふたり)(なら)ばし寝給(ねたま)(かたち)(なり)
146左旋(させん)右旋(うせん)()にして(とつ)ぎの(とき)(さま)をいふ。
147()()して()蒸生(わか)息子(むすこ)(むすめ)()むの()(なり)
148(うるほ)ひの()149(また)天消地滅的(てんせうちめつてき)場合(ばあひ)(はつ)言霊(ことたま)(なり)
150快感(くわいかん)極度(きよくど)(たつ)したる(とき)()(なり)
151一物(いちぶつ)より(ほとばし)水気(すゐき)()(なり)
152(おだや)かに(をさ)まりし(こころ)
153夫婦(ふうふ)組合(くみあ)ひたる(かたち)
154弥益々(いやますます)()
155(まこと)(こころ)()ちて幾万年(いくまんねん)夫婦(ふうふ)(みち)(まも)らむとの()(なり)
156()(けが)れの()(なり)
157吹払(ふきはら)言霊(ことたま)にして男女(だんぢよ)(けが)れを()(はら)ふの()(なり)
158()にして、
159胞衣(えな)(なり)
160()(かがや)()にして、161暗夜(あんや)神業(みわざ)終局(しうきよく)(とき)()(てら)意味(いみ)(なり)
162暗室(あんしつ)(てん)じたる()によりて一切(いつさい)のもの(あらは)れる()(なり)
163()くる()にして男神(をがみ)女神(めがみ)(おも)()(こと)()け、164(また)女神(めがみ)男神(をがみ)(おも)()(こと)(はぢ)らひ()くる(こと)()(なり)
165()(たか)ぶりて(こころ)いそいそする()(なり)
166(ゆた)かの()にして(なか)()くなりし言霊(ことたま)
167()()()()(ごと)御子(みこ)(たね)宿(やど)(はじ)めたる()
168弥々(いよいよ)胎児(たいじ)となりし言霊(ことたま)(なり)
169はしつくりの()にして、170(ここ)(いよいよ)夫婦(ふうふ)らしく(はじ)めて()()けるの言霊(ことたま)(なり)
171(ゑら)(よろこ)()にして、172御子(みこ)(うま)れたるを()(たがひ)()(さか)えるの言霊(ことたま)(なり)
173日子(ひこ)日女(ひめ)()(なり)
174催合(もや)()にして、175一家和合(いつかわがふ)言霊(ことたま)(なり)
176(かは)()()にして、177夫婦(ふうふ)(なか)一点(いつてん)邪曲(わだかまり)もなく(きよ)らかなる(さま)言霊(ことたま)(なり)
178はいよいよ()みきりて親子(おやこ)(むつま)じく()()言霊(ことたま)(なり)
179あなかしこ。
180 ()には()のいろは(うた)(もつ)(そう)空海(くうかい)(つく)りたるものと(しん)ずるものあれども(あやま)りなり。181いろは(うた)天極紫微宮(てんきよくしびきう)(むかし)182太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)言霊(ことたま)より()()でし神歌(しんか)にして、183空海(くうかい)(ただ)平易(へいい)簡単(かんたん)文字(もじ)(あらは)さむとして平仮名(ひらがな)文字(もじ)(つく)()したるものなり。184(ゆゑ)にいろは(うた)空海(くうかい)()みしものにあらざることを()るべし。185すべていろは(うた)(とつ)ぎの意味(いみ)のみに(あら)ず、186宇宙(うちう)万有(ばんいう)一切(いつさい)発生(はつせい)真理(しんり)(うた)へるものなり。
187 高野比女(たかのひめ)(かみ)祝歌(しゆくか)(ちう)
188 高野比女(たかのひめ)(かみ)(とつ)ぎの御宴(ぎよえん)(さい)言挙(ことあ)(たま)ひたる(ひと)(ふた)()()(うた)
189 (ひと)(れい)(なり)190()(なり)191()(なり)
192 (ふた)(ちから)(なり)193()呼吸(いき)(なり)
194 ()(たい)(なり)195元素(げんそ)(なり)
196 ()世界(せかい)()(なり)
197 (いつ)(いづ)(なり)
198 (むゆ)(むゆ)(なり)
199 (なな)()()(なり)
200 ()弥々(いよいよ)益々(ますます)()(なり)
201 (ここの)()(かたま)るの()(なり)
202 (たり)完成(くわんせい)()(なり)
203 (もも)諸々(もろもろ)()(なり)
204 ()(ひかり)(なり)205血汐(ちしほ)()(なり)
206 (よろづ)()(いづ)るの()(なり)
207 (これ)大括(たいくわつ)して略解(りやくかい)すれば、208霊力体(れいりよくたい)によつて()発生(はつせい)し、209水火(すゐくわ)呼吸(いき)()(あが)り、210(はじ)めて()()り、211弥々(いよいよ)益々(ますます)水火(すゐくわ)()()(かたま)りて完全無欠(くわんぜんむけつ)宇宙(うちう)天界(てんかい)完成(くわんせい)され、212諸々(もろもろ)()(ひかり)暗夜(あんや)出現(しゆつげん)して(すべ)てのものの()()るといふ言霊(ことたま)にして、213造化三神(ざうくわさんしん)神徳(しんとく)(たた)(まつ)り、214()(とく)にあやかりて紫微天界(しびてんかい)修理固成(しうりこせい)し、215諸神(しよしん)安住(あんぢう)清所(すがど)(てら)さむとの()(うた)(たま)ひしものと()るべし。
216昭和八・一〇・一〇 旧八・二一 於水明閣 森良仁謹録)