霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 水火(すゐくわ)活動(くわつどう)〔一八四三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻 篇:第1篇 紫微天界 よみ:しびてんかい
章:第12章 第73巻 よみ:すいかのかつどう 通し章番号:1843
口述日:1933(昭和8)年10月11日(旧08月22日) 口述場所:水明閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1933(昭和8)年11月22日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大宇宙間に鳴り止まないス声によって、火と水の物質が生み出された。火と水は、スの言霊によって生み出されたものだが、火の性質は横に流れ、水の性質は縦に流れるものである。
したがって、火は水の力によって縦にのぼり、水は火の横の力によって横に流れるのである。
火も水がなければ燃えることができず、水も火の力がなければ流れることができずに氷となってしまう。天界の光彩・炎熱も、内に内包する水気の力によっている。
紫微天界の大太陽は炎熱猛烈であったため、大元顕津男の神は高地秀の峯にのぼり、幾多の年月、生言霊を奏上した。すると、その言霊が宇宙に凝って、大太陰が顕れた。
大太陰は水気多く、内なる火の力によって輝き、天界の神人を守った。
天之道立の神は大太陽を機関とし、大元顕津男の神は大太陰を機関として経綸を行い、ここに天界は火水の調節ができて、以前に勝って栄えた。
大元顕津男の神は大太陰界に鎮まって至仁至愛(みろく)の神と現われた。
至仁至愛(みろく)の大神は、数百億年を経た今日までも、若返り若返りつつ宇宙一切の天地を守っている。また、地上の危機にあたって瑞の御霊の神霊を肉の宮居に降し、更生の神業を託したのである。そして、神代における活動そのままに、迫害と嘲笑との中に終始一貫尽くし給う。
大太陽に鎮まる大神を厳の御霊と言い、大太陰界に鎮まって宇宙の守護にあたる神霊を瑞の御霊という。
厳の御霊、瑞の御霊二神が接合して至仁至愛(みろく)神政を樹立した神の名を、伊都能売(いづのめ)の神という。
紫微天界より数億万年の今日に至って、二神がようやく伊都能売の神として現われ、大宇宙の中心である現代の地球の真秀良場に現れ、現界に身をおいて宇宙更生の神業に尽くす世となったのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7312
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 54頁 修補版: 校定版:85頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第一巻 皇道編 > 第八篇 瑞祥 > 第四章 水火の活動
001 大宇宙間(だいうちうかん)()()りて、002()()まず、003()りあまれる(いづ)生言霊(いくことたま)(ごゑ)によりて、004七十五声(しちじふごせい)(かみ)(あらは)(たま)ひしことは、005(すで)前述(ぜんじゆつ)(ごと)し。
006 スの言霊(ことたま)()()りて、007(つひ)大宇宙間(だいうちうかん)()(みづ)との物質(ぶつしつ)()(たま)ふ。008抑々(そもそも)一切(いつさい)霊魂(れいこん)物質(ぶつしつ)(いづ)れもスの言霊(ことたま)()むところなり。009(しか)して()性質(せいしつ)(よこ)(なが)れ、010(みづ)性質(せいしつ)(たて)(なが)るるものなり。011(ゆゑ)()(みづ)(ちから)によりて(たて)にのぼり、012(また)(みづ)()(よこ)(ちから)によりて(よこ)(なが)る。013(むかし)言霊学者(げんれいがくしや)()(たて)にして、014(みづ)(よこ)なりと()へれども、015()根元(こんげん)(いた)りては(しか)らず、016()(みづ)なければ()ゆる(あた)はず(ひか)(あた)はず、017(みづ)(また)()(ちから)()はざれば流動(りうどう)する(あた)はず、018(つひ)()(かた)まりて氷柱(ひようちう)となるものなり。019(ふゆ)()(こほり)()()()りし(みづ)本質(ほんしつ)なり、020()()によりて(みづ)(たて)活用(はたらき)をなし、021()(よこ)(うご)くものなる(こと)()るべし。
022 天界(てんかい)()ける光彩(くわうさい)炎熱(えんねつ)内包(ないはう)せる水気(すゐき)(ちから)なり。023紫微天界(しびてんかい)には大太陽(だいたいやう)(あらは)(たま)ひて左旋運動(させんうんどう)(おこ)し、024(ひがし)より西(にし)にコースを()るのみにして、025西(にし)より(ひがし)(まは)太陰(たいいん)なし。026炎熱(えんねつ)猛烈(まうれつ)にして神人(しんじん)絶対的(ぜつたいてき)安住(あんぢう)せしむる機関(きくわん)とはならざりしかば、027(ここ)太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)高地秀(たかちほ)(みね)にのぼらせ(たま)ひ、028幾多(いくた)年月(としつき)(あひだ)029生言霊(いくことたま)奏上(そうじやう)(たま)へば、030大神(おほかみ)言霊(ことたま)宇宙(うちう)()りて(ここ)大太陰(だいたいいん)顕現(けんげん)されたるなり。031(しか)して大太陰(だいたいいん)水気(すゐき)(おほ)()(ちから)をもつて(かがや)(たま)へば、032右旋運動(うせんうんどう)(おこ)して西(にし)より(ひがし)にコースをとり、033天界(てんかい)神人(しんじん)(まも)らせ(たま)ふ。034天之道立(あめのみちたつ)(かみ)大太陽(だいたいやう)機関(きくわん)として、035凡百(ぼんぴやく)経綸(けいりん)(おこな)(たま)ひ、036太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)大太陰(だいたいいん)機関(きくわん)として宇宙天界(うちうてんかい)(まも)らせ(たま)へば、037(ここ)天界(てんかい)はいよいよ火水(くわすゐ)調節(てうせつ)なりて以前(いぜん)(まさ)万有(ばんいう)(さかえ)()るに(いた)れり。
038 太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)大太陰界(だいたいいんかい)(しづ)まり(たま)ひて至仁至愛(みろく)(かみ)(げん)(たま)ひ、039数百億年(すうひやくおくねん)(すゑ)()(まで)永久(とこしへ)(しづ)まり(たま)ふぞ(かしこ)けれ。040至仁至愛(みろく)大神(おほかみ)数百億年(すうひやくおくねん)()今日(こんにち)(いた)るも、041若返(わががへ)若返(わががへ)りつつ(いま)宇宙(うちう)一切(いつさい)天地(てんち)(まも)らせ(たま)ひ、042(いま)地上(ちじやう)覆滅(ふくめつ)せむとするに(さい)し、043(みづ)御霊(みたま)神霊(しんれい)()(くだ)して更生(かうせい)神業(みわざ)()さし(たま)ふべく、044(にく)宮居(みやゐ)(くだ)りて神代(かみよ)()ける御活動(ごくわつどう)そのままに、045迫害(はくがい)嘲笑(てうせう)との(なか)終始一貫(しうしいつくわん)(つく)(たま)ふこそ(かしこ)けれ。
046 大太陽(だいたいやう)(しづ)まり(たま)大神(おほかみ)(いづ)御霊(みたま)(たた)(まつ)り、047大太陰界(だいたいいんかい)(しづ)まりて宇宙(うちう)守護(しゆご)(にん)(たま)神霊(しんれい)(みづ)御霊(みたま)(たた)(まつ)る。048(いづ)御霊(みたま)049(みづ)御霊(みたま)二神(にしん)接合(せつがふ)して至仁至愛神政(みろくしんせい)樹立(じゆりつ)(たま)(かみ)御名(みな)伊都能売神(いづのめのかみ)(まを)す。050(すなは)伊都(いづ)(いづ)にして()なり、051能売(のめ)水力(すゐりよく)052(みづ)(ちから)なり、053(みづ)(また)(みづ)活用(はたらき)(おこ)して(ここ)(みづ)御霊(みたま)となり(たま)ふ。054紫微天界(しびてんかい)開闢(かいびやく)より数億万年(すうおくまんねん)今日(こんにち)(いた)りていよいよ伊都能売神(いづのめのかみ)顕現(けんげん)し、055大宇宙(だいうちう)中心(ちうしん)たる現代(げんだい)地球(ちきう)(かり)地球(ちきう)といふ)の真秀良場(まほらば)(あらは)れ、056現身(うつせみ)をもちて、057宇宙更生(うちうかうせい)神業(みわざ)(つく)(たま)()とはなれり。
058厳御霊(いづみたま)(みづ)御霊(みたま)接合(せつがふ)
059伊都能売御霊(いづのめみたま)(たた)へまつらふ
060(いづ)御霊(みたま)太陽界(たいやうかい)(おは)しまして
061()活動(はたらき)(おこな)ひたまふ
062(みづ)御霊(みたま)太陰界(たいいんかい)にましまして
063(みづ)活動(はたらき)(おこな)はせたまふ
064いづいづし(いづ)御霊(みたま)活用(はたらき)
065宇宙(うちう)(つつ)()(ひか)るなり
066みづみづし(みづ)御霊(みたま)(さちは)ひて
067宇宙(うちう)(みづ)(ちから)(あた)
068ここに()太陽(たいやう)太陰(たいいん)両神(りやうしん)
069()()より()陰陽(いんやう)(あら)
070()(みづ)(ちから)(うご)(みづ)()
071(ちから)によりて流動(りうどう)するなり
072何事(なにごと)(みづ)のみにしては()らざらむ
073()(たす)けこそ(みづ)()かすも
074()のみにていかで()ゆべき(ひか)るべき
075(みづ)(ちから)をかりて(うご)くも
076()(みづ)言霊(ことたま)これを火水(かみ)といひ
077(また)火水(ほし)()宇宙(うちう)大道(だいだう)
078(みづ)()言霊(ことたま)(がつ)して水火(しほ)となり
079宇宙(うちう)万有(ばんいう)水火(いき)となるなり
080()(みづ)(すなは)火水(かみ)なり(みづ)()
081(すなは)水火(しほ)なり陰陽(いんやう)活動(はたらき)
082(みづ)()活用(はたらき)によりてフの(みたま)
083(すなは)(ちから)あらはるるなり
084(あめ)(かぜ)(ゆき)(しも)(あられ)(みづ)()
085(まじ)はる度合(どあひ)によりてなるなり
086大空(おほぞら)(かがや)日月星辰(じつげつせいしん)
087(いかづち)(いなづま)水火(すゐくわ)(ちから)
088()系統(けいとう)ばかり(ところ)得顔(えがほ)なる
089()(くも)るより(ほか)(みち)なし
090猛烈(まうれつ)なる(ちから)をもちて万有(ばんいう)
091焼尽(せうじん)するは()行為(すさび)なり
092()(ちから)のみ活動(はたら)ける()(なか)
093(みだ)(くも)りて(をさ)まることなし
094()(うへ)(もも)国々(くにぐに)()(つき)
095(わざはひ)(おこ)るは()のみの()なり
096(みだ)()てし()(ただ)さむと瑞御霊(みづみたま)
097(いづ)御霊(みたま)(とも)()でませり
098瑞御霊(みづみたま)(ちから)のみにて万有(ばんいう)
099如何(いか)(さか)えむ()のあらざれば
100()(みづ)塩梅(あんばい)なして()()づる
101伊都能売神(いづのめのかみ)活動(はたらき)(たふと)
102伊都能売(いづのめ)(かみ)地上(ちじやう)(くだ)りまし
103宇宙更生(うちうかうせい)着手(ちやくしゆ)したまへり
104厳御霊(いづみたま)陽気(やうき)(まも)瑞御霊(みづみたま)
105(いん)(まも)りて(くに)(をさ)まる
106瑞御霊(みづみたま)至仁至愛(みろく)(かみ)(あらは)れて
107(あめ)御柱(みはしら)たつる神代(みよ)なり
108伊都能売(いづのめ)(かみ)(いさを)のなかりせば
109()行先(ゆくさき)(ほろ)()くべし
110万有(ばんいう)(そだ)(たす)くる神業(かむわざ)
111(みづ)御霊(みたま)(ちから)なりけり
112()(みづ)(ふた)つの神業(みわざ)ありてこそ
113天地活動(てんちくわつどう)()()(おこ)
114われは(いま)伊都能売(いづのめ)(かみ)(いさを)もて
115(くも)れる神代(みよ)(てら)さむと(おも)
116昭和八・一〇・一一 旧八・二二 於水明閣 加藤明子謹録)