霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 (かみ)述懐歌(じゆつくわいか)(二)〔一八四五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻 篇:第1篇 紫微天界 よみ:しびてんかい
章:第14章 第73巻 よみ:かみのじゅつかいか 通し章番号:1845
口述日:1933(昭和8)年10月11日(旧08月22日) 口述場所:水明閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1933(昭和8)年11月22日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
続いて香具の比女、狭別の比女、小夜子比女が述懐歌を歌った。
こうして、八柱の比女神は日ごろの思いのたけを打ち明けたことにより、心が清清しく改まった。そして、天の刻が至るのを待つこととなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7314
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 63頁 修補版: 校定版:118頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 香具(かぐ)比女(ひめ)(かみ)は、002はるばる高地秀(たかちほ)(やま)(しづ)まります大宮(おほみや)(まう)で、003顕津男(あきつを)(かみ)御前(みまへ)(しづか)(すす)みて御声(みこゑ)清々(すがすが)しく(うた)(たま)ふ。
004(あめ)なるや音橘(おとたちばな)永久(とこしへ)
005香具弥(かぐや)比女(ひめ)御歌(みうた)まゐらす
006岐美(きみ)()とさだまりてより幾月日(いくつきひ)
007けながくなれど(いま)だにさみしき
008岐美(きみ)こそは男神(をがみ)にませば雄々(をを)しくも
009(しこ)言葉(ことば)になやまざるべし
010(たま)()(いのち)岐美(きみ)(ささ)げつつ
011()なまく(おも)ふこの(ごろ)(われ)
012曲神(まがかみ)(しこ)のささやきしげくとも
013われはおそれじ岐美(きみ)()()
014岐美(きみ)(した)(こころ)()もあれ(かく)もあれ
015(かみ)神業(みわざ)(おく)るるをおそる
016(われ)こそは須勢理(すせり)比女(ひめ)にあらねども
017神業(みわざ)かしこみ岐美(きみ)(はか)るも
018(ちぎ)りてしその生日(いくひ)より七八年(ななやとせ)
019()ぬれど(いま)(おと)づれもなし
020()(おも)(ゆめ)(うつつ)白雲(しらくも)
021なかに(まよ)へる(たちばな)(かをり)
022(たちばな)香具(かぐ)()()()()ひし
023われは五月(さつき)(あめ)にしをれつ
024わが(こころ)くませ(たま)へば片時(かたとき)
025(ゆめ)(まくら)(かは)せたまはれ
026如何(いか)にして日頃(ひごろ)(なや)みはらさむと
027(おも)ひつつなほ(くも)るわが()
028(くも)りたる()(てら)さむと岐美(きみ)(いま)
029(ちひ)さき(こと)(こころ)ひかすな
030よしやよし百神達(ももがみたち)(はか)ゆとも
031おそれ(たま)ふな惟神(かむながら)にて
032惟神(かむながら)(まこと)(かみ)御言葉(みことば)
033(まも)るは(つかさ)(つとめ)なるべし
034(はな)(にほ)(はる)(さくら)(あき)されば
035(こづゑ)のもみぢ()()()なりけり
036この(まま)()らむは()しき香具(かぐ)比女(ひめ)
037わが(わか)()如何(いか)思召(おぼ)すや
038(わか)()(かみ)大道(おほぢ)(まか)せつつ
039(なや)みの(ふち)(しづ)みぬるかな
040何事(なにごと)(とき)(めぐ)りとあきらめつ
041(くる)しき(こころ)(しの)びつつ()
042わが(いのち)()えぬばかりに(おも)ひつつ
043愛恋(いとこや)岐美(きみ)(わす)れかねつも
044岐美(きみ)こそは雄々(をを)しき男神(をがみ)(われ)はただ
045かよわき(こころ)(いだ)きて(なみだ)
046神業(かむわざ)(つと)めむとして(つと)()
047(しこ)曲世(まがよ)のうらめしきかも』
048 ここに顕津男(あきつを)(かみ)は、049御歌(みうた)もて(こた)(たま)はく、
050(うるは)しき香具弥(かぐや)比女(ひめ)(こころ)かも
051()()ながらも(なみだ)にくるる
052()(こころ)()まぬにあらねど今日(けふ)(われ)
053神代(みよ)(おも)ひて(もだ)しゐるなり
054村肝(むらきも)(こころ)はやたけと(はや)れども
055(なれ)(むく)はむ(すべ)なきをかなしむ
056(とき)()れば花橘(はなたちばな)香具(かぐ)比女(ひめ)
057(われ)おほらかに手折(たを)らむと(おも)
058男子(をのこ)われためらふ(こころ)あらねども
059この()(おも)ひて(とき)()つなり
060われこそは浦洲(うらず)(とり)ぞちちと()
061千鳥(ちどり)にも()()きさけぶなり
062やがて(いま)朝日(あさひ)(のぼ)らば()(こころ)
063(あか)(てら)さむしばしを()ちませ』
064 香具(かぐ)比女(ひめ)(かみ)はまた(うた)(たま)ふ。
065青山(あをやま)()(のぼ)()()たせとは
066あまりにつれなき(こころ)ならずや
067(わか)()をただ(いたづ)らに()()ぶる
068こころは(くる)しき浜千鳥(はまちどり)かも
069青山(あをやま)()(かくろ)ひし()にしあれば
070岐美(きみ)がなさけの(まくら)()ほしも
071神業(かむわざ)(さまた)げなさじと(しの)びつつ
072また神業(かむわざ)(おく)るるをおそる
073()(まも)(たふと)御子(みこ)(うま)れずば
074如何(いか)神国(みくに)(もとゐ)たつべき
075天界(てんかい)(もとゐ)()つる神業(かむわざ)
076おろそかにせし(つみ)をおそるる
077よしやよし曲神達(まがかみたち)はさやぐとも
078()(こと)()にそむくべきやは
079さりながら岐美(きみ)(こころ)(したが)ひて
080(われ)おとなしく(とき)()つべし』
081 (つぎ)狭別(さわけ)比女(ひめ)(かみ)は、082比古神(ひこがみ)御前(みまへ)()ちて御歌(みうた)()まし(たま)ふ。
083()(かみ)()さしによりて神業(かむわざ)
084(つか)(まつ)ると岐美(きみ)(ちか)ひし
085(ちか)ひてし()より幾年(いくとせ)()たれども
086岐美(きみ)のおとづれ()きぞ(さび)しき
087八柱(やはしら)比女(ひめ)(ひと)つに(かぞ)へられ
088(はな)(さか)りをあだに()ぎけり
089(はる)すめば(さくら)(はな)()りぬべし
090(はや)手折(たを)りませうづの(こころ)
091(われ)にしてあやしき(こころ)()たねども
092(かみ)(そむ)かむことの口惜(くや)しき
093比古神(ひこがみ)御樋代(みひしろ)として(つか)()
094われに(たの)しき()はなかりけり
095天界(てんかい)(あい)(ぜん)との(くに)()くに
096たのしみ(ごと)(いま)()らなく
097()らず()らず岐美(きみ)(つか)へて(とし)さびぬ
098ほかに(こころ)(うつ)さぬ(われ)
099若草(わかくさ)(つま)御側(みそば)(はべ)りつつ
100まだ一度(ひとたび)神業(かむわざ)もなし
101神業(かむわざ)(つか)へまつると()(かみ)
102みことかしこみ(とし)()りにけり
103不老不死(ふらうふし)天津神国(あまつみくに)()(なが)
104(とし)さびぬかとさびしまれける
105わが(なみだ)(てん)(のぼ)りて(くも)となり
106()(かた)まりて(あめ)()るなり
107()岐美(きみ)(なさけ)(あめ)(つゆ)うけず
108わが()(なみだ)のつゆに()れつつ』
109 顕津男(あきつを)(かみ)憮然(ぶぜん)として、110(かへ)(うた)()ませ(たま)ふ。
111()(なや)(われ)()らぬにあらねども
112せむ(かた)なさに(しの)()るなり
113醜草(しこくさ)(こと)()しげき()なりせば
114(かみ)のみ(わざ)をためらひて()
115ためらひの(こころ)(まこと)()(かみ)
116(さか)ふとも(おも)ひつ()(はた)()
117天界(てんかい)(よろづ)(わざ)()けられて
118(せは)しき(われ)曲神(まがかみ)(はか)ゆも
119(うるは)しき(やさ)しき(なれ)真心(まごころ)
120われはほだされ夜々(よよ)(なみだ)
121一時(ひととき)(ちぎり)さへなきつれなさを
122くやみ(たま)ふな愛恋(いとこや)比女(ひめ)
123やがて(いま)(あま)岩戸(いはと)のあきらけく
124(ひら)かむ(とき)(たの)しみ()たせよ』
125 狭別比女(さわけひめ)(かみ)御歌(みうた)もて(こた)(たま)ふ。
126『ありがたし勿体(もつたい)なしと(おも)ひつつ
127岐美(きみ)言葉(ことば)のうらめしきかな
128ただ()れば雄々(をを)しき岐美(きみ)真心(まごころ)
129(おく)には()らむ(なみだ)(あめ)
130わが(なみだ)神国(みくに)(ため)になるならば
131(くる)しき月日(つきひ)(よろこ)(しの)ばむ』
132 小夜子比女(さよこひめ)(かみ)は、133比古神(ひこがみ)御前(みまへ)()ちて(しづか)(うた)(たま)ふ。134その御歌(おんうた)
135久方(ひさかた)(あま)峯火夫(みねひを)神言(みこと)もちて
136神業(みわざ)のために岐美(きみ)(つか)へし
137岐美(きみ)がりに(あさ)(ゆふ)なを(つか)ふるも
138()大神(おほかみ)神宣(のり)なればなり
139百八十(ももやそ)()(しの)びつつ岐美(きみ)がりに
140(つか)ふる(こころ)(こひ)しさ(くる)しさ
141天界(てんかい)(あい)(ぜん)との世界(せかい)なれば
142(あい)することの(つみ)となるべきや
143天界(てんかい)(いづ)(をしへ)(まも)らずば
144(こころ)(なや)みあらざらましを
145(とし)さびし岐美(きみ)(まも)りて(あさ)(ゆふ)
146(つか)(まつ)るも(かみ)(おん)ため
147()(かみ)国魂生(くにたまう)みの神業(かむわざ)
148おろそかにせむ(こと)(くる)しき
149朝夕(あさゆふ)相見(あひみ)(つか)ふる(われ)なれば
150(こころ)(なや)日々(ひび)につのるも
151この(なや)(すく)はむものは()岐美(きみ)
152雄々(をを)しき(こころ)(ひかり)とぞ(おも)
153何故(なにゆゑ)にためらひ(たま)ふか()(かみ)
154(いづ)言葉(ことば)神業(かむわざ)なるを』
155 比古神(ひこがみ)はこれに(こた)へて(うた)(たま)ふ。156その御歌(おんうた)
157小夜砧(さよきぬた)()(すべ)もなきわが()なり
158(しこ)のみかみの言葉(ことば)しげくて
159()(かみ)にはばかる(よし)はなけれども
160(しこ)魔神(まがみ)言葉(ことば)うるさき
161醜神(しこがみ)のところを()たる天界(てんかい)
162(まこと)仕組(しぐみ)なすは(くる)しき
163われも(また)ためらひにつつ神業(かむわざ)
164おくれむ(こと)口惜(くや)しく(おも)
165一度(ひとたび)小夜(さよ)(まくら)(まじ)へざる
166わが(かな)しさを()みとらせませ
167やがていま百神達(ももがみたち)(こと)むけて
168(かみ)()さしの神業(みわざ)(つか)へむ
169()(こころ)(ふか)くさとりて(われ)(いま)
170(なや)みの(ふち)(しづ)みてぞ()
171わが(むね)(ほのほ)はしきりに()ゆれども
172(みづ)御霊(みたま)(ちから)()しつつ
173千万(ちよろづ)月日(つきひ)(なや)めるわが(こころ)
174(さと)りて()てよ小夜子比女(さよこひめ)(かみ)
175 小夜子比女(さよこひめ)(かみ)はまた(うた)(たま)ふ。176その御歌(おんうた)
177『はしたなき(われ)言葉(ことば)(ゆる)しませ
178(こひ)しさ(せま)りて()りし()(ごと)
179この(うへ)岐美(きみ)(なや)まし(まつ)らじと
180こころの(こま)(むち)()(しの)ばむ
181あきらけき紫微天界(しびてんかい)のなかにして
182かかる(なげ)きのありと()らざりき
183何事(なにごと)比古遅(ひこぢ)(かみ)御心(みこころ)
184(まか)せて(しづか)()()()たなむ』
185 ()八柱(やはしら)比女神(ひめがみ)は、186日頃(ひごろ)(つも)(つも)りし(おも)ひのたけを比古神(ひこがみ)(まへ)打明(うちあ)(たま)ひてより、187(こころ)清々(すがすが)しく(あらた)まり大前(おほまへ)朝夕(あさゆふ)(つか)へつつ、188(てん)(とき)(いた)るを()たせ(たま)ふぞ(かしこ)けれ。
189昭和八・一〇・一一 旧八・二二 於水明閣 内崎照代謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)