霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 佐田(さだ)(つじ)〔一八四九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻 篇:第2篇 高照神風 よみ:たかてるしんぷう
章:第18章 第73巻 よみ:さだのつじ 通し章番号:1849
口述日:1933(昭和8)年10月13日(旧08月24日) 口述場所:水明閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1933(昭和8)年11月22日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
大御母の神からの知らせにより、経綸の神々は、高照山麓の聖地、高日の宮に集まって、顕津男の神の降臨を待っていた。
神々の中より選ばれて道の辺に一行を待ち迎える神は、眼知男の神、またの名を目の神といった。目の神は、花の咲きにおう原野の十字路にて、味豊の神、照男の神を従え、顕津男の神一行の来着を待っていた。
顕津男の神がやってくると、目の神は喜びの歓迎歌を歌い、顕津男の神は旅の来歴を歌った。
高照山の大高原を進む一行に、万の神の歓呼の声が高く響き、道の両側に跪いて顕津男の神一
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7318
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 75頁 修補版: 校定版:162頁 普及版: 初版: ページ備考:
001高照山(たかてるやま)雲表(うんぺう)
002(たか)(そび)えて(てん)をぬき
003尾上(をのへ)山裾(やますそ)(くま)もなく
004常磐木(ときはぎ)(しげ)百花(ももばな)
005(えん)(きそ)ひて()をつづり
006さながら(にしき)(ごと)くなり
007のどかに()()春風(はるかぜ)
008花弁(くわべん)四方(よも)()らしつつ
009芳香(はうかう)ますます(くん)()
010迦陵頻伽(かりようびんが)天国(てんごく)
011(はる)(すが)しく(うた)ふなり
012()一面(いちめん)花蓆(はなむしろ)
013五色(ごしき)(てふ)翩翻(へんぼん)
014春野(はるの)(はな)にたはむれつ
015爽快(さうくわい)(かぎ)()かりけり
016顕津男(あきつを)(かみ)一行(いつかう)
017白馬(はくば)(またが)麒麟(きりん)(せな)
018()りて悠々(いういう)(すす)みゆく
019鳳凰(ほうわう)(てん)()(くる)
020(もも)神達(かみたち)口々(くちぐち)
021天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
022(いづ)言霊(ことたま)()りあげて
023(あめ)(つち)とは(むか)()
024高照山(たかてるやま)霊場(れいぢやう)
025(なが)るる(ごと)(すす)みゆく
026太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)
027旅立(たびだ)ちこそは(すが)しけれ
028弥々(いよいよ)(これ)より(くに)()
029国魂神(くにたまがみ)()まさむと
030勇猛心(ゆうまうしん)発揮(はつき)して
031(ひがし)(みや)栄城山(さかきやま)
032(あと)(なが)めて(すす)みゆく
033(かみ)(こころ)雄々(をを)しけれ
034()(わた)りたる大空(おほぞら)
035(わた)らふ(つき)(かげ)(きよ)
036(すず)しき(かぜ)非時(ときじく)
037(おもて)()づる(よる)野辺(のべ)
038(さや)らむものこそ()かりけれ
039ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
040顕津男(あきつを)(かみ)草枕(くさまくら)
041(たび)出立(いでた)(すが)しけれ。
042 大御母(おほみはは)(かみ)急報(きふはう)によりて、043経綸(しぐみ)神々(かみがみ)高照山麓(たかてるさんろく)聖地(せいち)高日(たかひ)(みや)伊寄(いよ)(つど)ひ、044顕津男(あきつを)(かみ)降臨(かうりん)(いま)(おそ)しと()(たま)ひける。045高日(たかひ)(みや)(あつま)れる神達(かみたち)(なか)より(えら)まれて(みち)()()(むか)へたる(かみ)あり、046この(かみ)御名(おんな)眼知男(まなこしりを)(かみ)()ふ。047(また)()()(かみ)()ふ。048()(かみ)(はな)爛漫(らんまん)()(にほ)原野(げんや)(なか)十字路(じふじろ)味豊(あぢとよ)(かみ)049照男(てるを)(かみ)(したが)へて、050(いま)一行(いつかう)来着(らいちやく)()()(たま)ひぬ。051大御母(おほみはは)神言(みこと)案内(あんない)につれて(すす)(きた)顕津男(あきつを)(かみ)英姿(えいし)(なが)めて、052()(かみ)(よろこ)(いさ)(うた)(たま)はく、
053『けながくも(わが)待佗(まちわ)びし甲斐(かひ)ありて
054あこがれの岐美(きみ)(いま)()ませる
055大御母(おほみはは)(かみ)神言(みこと)(したが)ひて
056この十字路(じふじろ)岐美(きみ)()ちむかふ』
057 顕津男(あきつを)(かみ)馬上(ばじやう)より、
058(なれ)こそは眼知男(まなこしりを)(かみ)なれや
059わが()をよくも(さと)りいませる
060(ひむがし)(みや)()()(くに)つくる
061神業(みわざ)(かしこ)みわれ()つるかも
062唯一人(ただひとり)(たび)()()(おも)ひしを
063(われ)をむかふる(きみ)(たふと)
064()(かみ)神業(みわざ)(かしこ)(われ)(いま)
065(くに)つくらむとここに()()
066大御母(おほみはは)(かみ)神言(みこと)(みちび)きに
067八洲(やす)河原(かはら)もやすく(わた)りぬ
068八洲河(やすかは)(きよ)きが(ごと)国原(くにばら)
069塵埃(ちりほこり)さへなかれと(おも)ふ』
070 眼知男(まなこしりを)(かみ)馬前(ばぜん)端然(たんぜん)として威儀(ゐぎ)(ただ)し、
071()(かみ)(つく)らせ(たま)ひし紫微(しび)(くに)
072岐美(きみ)なかりせば(をさ)めむよしなし
073百神(ももがみ)(しこ)のさやりは(しげ)くとも
074()言霊(ことたま)(なび)()すべし
075高照(たかてる)(やま)(かしこ)岐美(きみ)()さば
076(かみ)御稜威(みいづ)四方(よも)(てら)さむ』
077 顕津男(あきつを)(かみ)馬上(ばじやう)より、078(しづか)御歌(みうた)よませ(たま)ふ。
079久方(ひさかた)(そら)日月(じつげつ)(かがや)きて
080(てら)したまはむ高照(たかてる)(やま)
081(むらさき)(くも)(つつ)みし高照(たかてる)
082(やま)()かして神代(みよ)(をさ)めむ』
083 如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)馬上(ばじやう)より、
084遥々(はるばる)岐美(きみ)(むか)へし()(かみ)
085(うづ)(いさを)感謝(かんしや)(まつ)らむ
086われはもよ()にしあれども高照(たかてる)
087(やま)雲霧(くもきり)(はら)はむとぞ(おも)
088顕津男(あきつを)(かみ)(ちから)となりまして
089(この)国原(くにばら)(ひら)()(かみ)
090(われ)(また)顕津男(あきつを)(かみ)諸共(もろとも)
091(うづ)神業(かむわざ)(つか)へむと(おも)ふ』
092 ()(かみ)はこれに(こた)へて、
093雄々(をを)しくも()らせ(たま)ひし(こと)()
094如衣(ゆくえ)(かみ)(うづ)益良女(ますらめ)
095いざさらば御供(みとも)(つか)(まつ)るべし
096(こま)はなけれど膝栗毛(ひざくりげ)にて』
097 ()(うた)ひて真榊(まさかき)打振(うちふ)打振(うちふ)山野(さんや)邪気(じやき)(はら)ひながら、098高照山(たかてるやま)大高原(だいかうげん)()(すす)むが(ごと)()()(たま)ふ。099(よろづ)(かみ)歓呼(くわんこ)(こゑ)以前(いぜん)(まさ)りて益々(ますます)(たか)くさやけく、100(かみ)善悪(ぜんあく)上下(じやうげ)区別(くべつ)なく(みち)両側(りやうがは)(ひざまづ)きて一行(いつかう)(むか)(たてまつ)る。
101昭和八・一〇・一三 旧八・二四 於水明閣 加藤明子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)