霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 天国(てんごく)(たび)〔一八五五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻 篇:第2篇 高照神風 よみ:たかてるしんぷう
章:第24章 第73巻 よみ:てんごくのたび 通し章番号:1855
口述日:1933(昭和8)年10月16日(旧08月27日) 口述場所:水明閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1933(昭和8)年11月22日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
眼知男の神は太元顕津男の神に一部始終を復命する。顕津男の神は、このことは主の神言によって事前に知っており、比女神は美玉姫の命を産んで神業を果たし、主の神の元に帰ったと歌い、眼知男の神を慰める。
続いて、滝の大蛇を言向けて、天界の災いを払わずにはおれない、と決意をあらわにする。
顕津男の神、大物主の神、眼知男の神が奥殿深く入っていくと、そこにはすでに御霊代が祭壇の上に納められていた。顕津男の神はあらかじめ主の神にこの遭難を知らされていたのである。
眼知男の神、大物主の神は、何事も主の神の定めとして過去を嘆かず、如衣比女の神の冥福を祈り、美玉姫の命に仕えていく心を歌う。顕津男の神も、弔いの歌を歌う。
神々は如衣比女の神の昇天を聞いて駆けつけ、各々弔いの歌を歌った。
最後に真澄の神は、滝の大蛇の言向けを提唱した。神々はみな一同賛成し、中津滝に向かって
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7324
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 94頁 修補版: 校定版:234頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 眼知男(まなこしりを)(かみ)如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)遭難(さうなん)()(おどろ)()(なげ)きつつ、002一刻(いつこく)(はや)高日(たかひ)(みや)神司(かむつかさ)003顕津男(あきつを)(かみ)一伍一什(いちぶしじふ)(はう)ぜむと、004(さる)(かよ)はぬ巌壁(がんぺき)(いは)()()()をふみさくみつつ、005(から)うじて高日(たかひ)(みや)(かへ)りつき、006(とどろ)(むね)をおさへ(なが)落着(おちつ)かむとして落着(おちつ)かず、007(みや)広庭(ひろには)呆然(ばうぜん)として()(たま)ひ、008(てん)(はい)()(はい)し、009如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)冥福(めいふく)(いの)(をり)もあれ、010大物主(おほものぬし)(かみ)(したが)へて、011悠々(いういう)顕津男(あきつを)(かみ)御殿(ごてん)階段(きざはし)()(たま)ひ、012()(かみ)呆然(ばうぜん)たる姿(すがた)()て、
013(なれ)こそは眼知男(まなこしりを)(かみ)なれや
014(もだ)して()たすさまのあやしも』
015 ()(かみ)(はじ)めて()御歌(みうた)(こころ)づき、
016復言(かへりごと)(まを)さむ(すべ)なき今日(けふ)(われ)
017おもひて(てん)(いの)りてしはや
018如衣比女(ゆくえひめ)滔々(たうたう)()つる中滝(なかたき)
019滝壺(たきつぼ)ふかくかくれましけり
020滝壺(たきつぼ)にひそみて()める大蛇神(をろちがみ)
021比女(ひめ)神言(みこと)()みてかくれぬ
022言霊(ことたま)(ちから)(すく)(まつ)らむと
023()がねがひさへ水泡(みなわ)となりぬる
024如何(いか)にして()有様(ありさま)(まを)さむかと
025われは(みぎは)にたたずみ()しはや』
026 顕津男(あきつを)(かみ)泰然自若(たいぜんじじやく)として、027(いろ)をも(へん)(たま)はず、028御歌(みうた)うたはせ(たま)ふ。
029比女神(ひめがみ)(いま)(なげ)きはかねてより
030(われ)はさとれり()神言(みこと)もて
031美玉姫(みたまひめ)(みこと)(やす)()みおきて
032(あめ)宮居(みやゐ)(のぼ)りし比女神(ひめがみ)
033比女神(ひめがみ)(たか)(いさを)(むく)いむと
034(われ)御霊(みたま)(まつ)りて()ちぬ
035何事(なにごと)(かみ)経綸(しぐみ)のみ(わざ)なれば
036()くも(くや)むも(せん)なかるべし
037神業(かむわざ)(また)(をは)りて御子(みこ)()
038(あめ)(のぼ)りし比女(ひめ)(たふと)
039さり(なが)(たき)大蛇(をろち)言向(ことむ)けて
040この天界(てんかい)(わざ)(はら)はむ』
041 ()(かみ)はこの御歌(みうた)に、042はつと(むね)()(おろ)しながら、
043(ひろ)きあつき岐美(きみ)(こころ)宣直(のりなほ)
044見直(みなほ)しますぞ(うれ)しかりけり
045比女神(ひめがみ)のみ(とも)(つか)へただ一人(ひとり)
046かへらむつらさ(くる)しさにをり
047比女神(ひめがみ)(かく)れまししを()のあたり
048()(あふ)ぎつつ(こころ)みだれぬ
049八千尋(やちひろ)水底(みなそこ)ふかく(かく)れましし
050比女(ひめ)神言(みこと)(なや)みかしこし
051今日(けふ)よりは女神(めがみ)いまさず如何(いか)にして
052(くに)つくらすとおもひわづらふ』
053 大物主(おほものぬし)(かみ)両神(りやうしん)(なか)()ちて、054(なみだ)ぐみつつ声低(こゑひく)(うた)(たま)ふ。
055比古神(ひこがみ)今日(けふ)(こころ)(くる)しさを
056おもひて(われ)(なみだ)にくるる
057貴御子(うづみこ)夫神(をがみ)(のこ)神去(かむさ)りし
058比女(ひめ)神言(みこと)(こころ)しのばゆ
059如何(いか)にして御子(みこ)(はごく)(まつ)らむと
060大物主(おほものぬし)のこころなやまし
061()(かみ)心遣(こころづか)ひを()()には
062ふたたび(なみだ)あらたなりけり
063わが(なみだ)(あめ)(のぼ)りて(くも)となり
064(つち)(くだ)りて(あめ)となるらむ』
065 ()(うた)ひて両眼(りやうがん)(なみだ)をスーと(ぬぐ)はせ(たま)ひぬ。066()(かみ)(また)悄然(せうぜん)として(ふたた)(うた)(たま)ふ。
067二柱(ふたはしら)(かみ)神言(みこと)言霊(ことたま)
068(われ)()ふべき(こと)()もなし
069如何(いか)にせむ(かみ)()さしの御使(みつかひ)
070(われ)女神(めがみ)見捨(みす)ててかへりし
071この(うへ)(たき)大蛇(をろち)言向(ことむ)けて
072()(わざはひ)はらはむとおもふ』
073 ()(うた)(をは)り、074三柱(みはしら)(かみ)奥殿(おくでん)(ふか)()らせ(たま)ひ、075祭壇(さいだん)(まへ)端坐(たんざ)して、076生言霊(いくことたま)神言(かむごと)()(たま)ふ。077顕津男(あきつを)(かみ)比女(ひめ)遭難(さうなん)神命(しんめい)()りて前知(ぜんち)し、078(はや)くも御霊代(みたましろ)(つく)りて(はら)(きよ)め、079祭壇(さいだん)(うへ)(をさ)め、080いろいろの(はな)(そな)へ、081()(かみ)(かへ)(きた)るを()(たま)ひたるなりき。082()(かみ)()のさまを()(おどろ)きながら、
083岐美(きみ)こそは(まこと)(かみ)(みづ)(かみ)
084比女(ひめ)遭難(さうなん)(まへ)()りませり
085(あきら)けき岐美(きみ)神霊(みたま)今更(いまさら)
086(あふ)ぎぬるかな()(かみ)(われ)
087(かた)らはむ(すべ)なき()ぞと(おも)ひしを
088(まへ)()らせるあはれ岐美(きみ)はも
089何事(なにごと)()大神(おほかみ)のみさだめと
090おもひさだめて(なげ)かざるべし
091滝津瀬(たきつせ)(おと)滔々(たうたう)()(みみ)
092(いま)(きこ)ゆる(うら)めしきかな
093(うら)むまじ(なげ)くまじとは(おも)へども
094霊代(たましろ)(はい)せばひとしほ()ほし』
095 大物主(おほものぬし)(かみ)拍手(はくしゆ)(をは)り、096(こゑ)さはやかに(うた)(たま)ふ。
097八洲河(やすかは)のみ(そこ)(やす)()れましし
098如衣(ゆくえ)比女(ひめ)はあはれ()になし
099春駒(はるこま)()きて(つか)へし如衣比女(ゆくえひめ)
100(かみ)神言(みこと)をおもへば(かな)しも
101幾年(いくとせ)高日(たかひ)(みや)()みまして
102御子(みこ)()ませし功績(いさをし)おもふ
103これよりは御子(みこ)(みこと)にかしづきて
104岐美(きみ)神業(みわざ)をつがせ(まつ)らむ
105比女神(ひめがみ)御霊(みたま)天津高宮(あまつたかみや)
106(かへ)れど此処(ここ)にいます(ごと)おもふ
107比古神(ひこがみ)御手代(みてしろ)となりいやますに
108(つか)(まつ)らむ比女(ひめ)(やす)かれ』
109 比古神(ひこがみ)顕津男(あきつを)(かみ)は、110儼然(げんぜん)として霊代(たましろ)(まへ)(うた)(たま)ふ。
111幾年(いくとせ)(われ)(つか)へてつつがなく
112御子(みこ)()ませる(きみ)ぞかしこき
113一柱(ひとはしら)御子(みこ)(みこと)のある(うへ)
114(われ)(ちから)(おと)さざるべし
115比女(ひめ)比女(ひめ)あとに(こころ)(のこ)さずに
116()大神(おほかみ)大宮(おほみや)にゆけ
117(なれ)()ひし()(おも)ひつつ(いま)(ここ)
118くやみの(なみだ)とどめあへぬも
119さり(なが)(かみ)(さだ)めは(すべ)もなし
120(われ)もこころをたて(なほ)してむ
121せめてもの()(こころざし)霊代(たましろ)
122比女神(ひめかみ)これの供物(くもつ)()せよ』
123 八百万(やほよろづ)神々(かみがみ)は、124如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)昇天(しようてん)()きて吾先(われさき)にと、125高日(たかひ)(みや)(あつま)(たま)ひ、126(とむら)ひの(うた)次々(つぎつぎ)(うた)はせ(たま)ふ。127遠津御幸(とほつみゆき)(かみ)
128(なげ)くとも(せん)なきものか比女神(ひめがみ)
129天津神国(あまつみくに)(のぼ)りましぬる
130如衣比女(ゆくえひめ)天国(みくに)(かへ)りましませど
131(たま)高日(たかひ)(みや)()らさむ
132姫御子(ひめみこ)(あと)(のこ)して神去(かむさ)りし
133比女神(ひめがみ)(こころ)いたはしきかも
134(かみ)(くに)にかかる(なげ)きのあらむとは
135おもはざりしよ御幸(みゆき)(かみ)は』
136 (つぎ)大御母(おほみはは)(かみ)は、137比女神(ひめがみ)昇天(しようてん)をいたく(いた)ませ(たま)ひて、138御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
139八洲河(やすかは)清水(しみづ)()れし比女神(ひめがみ)
140()しや天国(みくに)(のぼ)りましける
141()(かみ)(うづ)経綸(しぐみ)()らねども
142われ朝夕(あさゆふ)のなげかひ()えず
143幾千代(いくちよ)(とも)にみわざに(つか)へむと
144わがおもひしは(ゆめ)なりにけり
145顕津男(あきつを)(かみ)神言(みこと)のみ(こころ)
146おしはかりつつ(なみだ)しぐるる
147白銀(しろがね)(こま)にまたがり(むか)へたる
148よき()おもへば(ゆめ)(うつつ)
149(なげ)くとも最早(もはや)(せん)なしこの(うへ)
150美玉(みたま)(ひめ)(はごく)(つか)へむ
151比女神(ひめがみ)神去(かむさ)りましし(この)(みや)
152月日(つきひ)(かげ)もうすら(くも)りつ
153天津(あまつ)()(つき)(なげ)かせ(たま)ふらむ
154今日(けふ)御空(みそら)はうすらくもれり』
155 ()(もと)(かみ)誄歌(しのびうた)()(たま)ふ。
156高照(たかてる)(やま)もくもりて比女神(ひめがみ)
157今日(けふ)のみゆきを(あふ)ぎおくりつ
158からたまの(かみ)()みましし功績(いさをし)
159のこして比女(ひめ)神去(かむさ)りにけり
160神去(かむさ)りし比女(ひめ)神言(みこと)のけなげさよ
161平然(へいぜん)として大蛇(をろち)()まれぬ
162(われ)(いま)比女(ひめ)神言(みこと)()()きて
163()本山(もとやま)より(くだ)()にけり
164諸々(もろもろ)(かみ)一柱(ひとはしら)おちもなく
165比女(ひめ)昇天(しようてん)()しまざるなし
166比古神(ひこがみ)(こころ)如何(いか)にと(おも)ひつつ
167(そら)()られぬ(なみだ)(あめ)()
168()(かみ)(おほ)みよさしにまつろひて
169如衣(ゆくえ)比女(ひめ)神去(かむさ)りにけむ』
170 片照(かたてる)(かみ)はまた(うた)ふ。
171『おもひきや高日(たかひ)(みや)神柱(かむばしら)
172如衣(ゆくえ)比女(ひめ)神去(かむさ)りますとは
173一度(ひとたび)()らくおもひつ比女神(ひめがみ)
174あはで(わか)るる(こと)()しさよ
175比女神(ひめがみ)昇天(しようてん)ききて(われ)はただ
176(ゆめ)になれよと(いの)りけるかな
177紫微界(しびかい)姿(すがた)()えずも比女神(ひめがみ)
178(あめ)高宮(たかみや)(かがや)()まさむ
179(われ)はしも片照(かたてる)(かみ)高地秀(たかちほ)
180()()をわけて(きた)(とむら)
181()(かみ)神言(みこと)(かしこ)今日(けふ)はしも
182比女(ひめ)(とむら)ふと(くだ)()しはや
183比女神(ひめがみ)神去(かむさ)(たま)ふは()しかれど
184(かみ)経綸(しぐみ)とおもへば(たふと)し』
185 明晴(あけはる)(かみ)はまた(うた)(たま)ふ。
186比女神(ひめがみ)のここに(あらは)れましてより
187この天界(てんかい)明晴(あけはる)(かみ)
188あきらけく()(わた)りたる天界(てんかい)
189今日(けふ)(くも)りぬ比女(ひめ)いまさねば
190あけくれを(つか)(まつ)りし比女神(ひめがみ)
191かげだに()えず(さび)しき今日(けふ)なり
192比古神(ひこがみ)雄々(をを)しき(こころ)きくにつけ
193わが天界(てんかい)(さか)えをおもふ
194美玉姫(みたまひめ)(かみ)(みこと)(まつ)ろひて
195(われ)神国(みくに)をひらき()らさむ』
196 近見男(ちかみを)(かみ)(うた)(たま)ふ。
197中滝(なかたき)大蛇(をろち)(かみ)醜業(しこわざ)
198比女神(ひめがみ)のために退(やら)はむと(おも)
199愛善(あいぜん)(ひかり)()つる天界(てんかい)
200(あだ)(むく)ゆるは如何(いかが)あるべき
201さり(なが)()(わざはひ)()(はら)
202みわざは(かみ)(ゆる)させ(たま)はむ
203これに()(もも)神達(かみたち)きこし()
204()のため大蛇(をろち)(かみ)のぞかばや』
205 (ここ)真澄(ますみ)(かみ)(こゑ)高々(たかだか)(うた)(たま)ふ。
206『ます(かがみ)真澄(ますみ)(かみ)言霊(ことたま)
207()(はふ)るべし(たき)大蛇(をろち)
208(てん)()真澄(ますみ)()みてある()なり
209(しこ)曲霊(まがひ)(きよ)めずあるべき
210われここに真澄(ますみ)(かみ)(あらは)れて
211比女(ひめ)(とむら)(こと)はかりすも
212天界(てんかい)(わざはひ)をなす醜神(しこがみ)
213()ちきためずば神世(みよ)(さか)えじ』
214 ()(たき)大蛇(をろち)言向(ことむ)けを提唱(ていしやう)(たま)へば、215百神(ももがみ)一度(いちど)に「オー」と(こた)へて、216真澄(ますみ)(かみ)御謀(みはか)(ごと)(さん)じ、217これより(もも)神々(かみがみ)は、218中津滝(なかつたき)(むか)つて大蛇(をろち)言向(ことむ)けやはすべく、219さしも難路(なんろ)高照山(たかてるやま)谿間(たにま)(すす)ませ(たま)ふぞ(かしこ)けれ。
220昭和八・一〇・一六 旧八・二七 於水明閣 内崎照代謹録)