霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第73巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1933(昭和8)年11月22日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm738801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
惟神(かむながら)神代(かみよ)()()でし有様(ありさま)
(かみ)(ちから)によりて()くなり〈総説〉
言霊(ことたま)天照国(あまてるくに)人々(ひとびと)
(こころ)(きよ)()つべきを()〈総説〉
大虚中(だいきよくう)ただ一点(いつてん)⦿(ほち)()れて
至大天界(しだいてんかい)()まれ(たま)へり〈第1章〉
すみきりて(きよ)くかしこき天界(てんかい)
千万(ちよろづ)(かみ)(うま)れましけり〈第2章〉
七十余(ななそま)(いつ)つの(こゑ)()みまして
五層(ごそう)天界(てんかい)(はじ)(たま)ひぬ〈第3章〉
朝夕(あさゆふ)神言宣(かみりのりごとの)りて(あま)()
いやつぎつぎに(ひら)かれにける〈第5章〉
言霊(ことたま)(たす)くる天津神国(あまつかみくに)
()れます(かみ)(ことば)(はな)なり〈第5章〉
学者(がくしや)ほど迂遠(うゑん)なるもの()になしと
(われ)(をも)ひけり天界(てんかい)()らねば〈第6章〉
眼暗(まなこくら)(ひと)のそしりを()にもせず
(われ)はばからず天界(てんかい)()かむ〈第6章〉
()()きて()きの(はて)なき天界(てんかい)
姿(すがた)(ひと)()には(うつ)らじ〈第7章〉
()てしなき紫微天界(しぴてんかい)神々(かみがみ)
(はら)(ごと)のみいそしみ(たま)へり〈第7章〉
言霊(ことたま)水火(みいき)天界発生(てんかいはつせい)
(もも)神達生(かみたちうま)れますなり〈第8章〉
(やま)(かは)大海原(おほうなばら)言霊(ことたま)
(かみ)水火(みいき)()()でしものよ〈第8章〉
意外(いぐわい)なる(こと)のみ(おほ)天界(てんかい)
事象(じしやう)現代人(げんだいじん)()けなく〈第11章〉
現界(げんかい)智識(ちしき)をもちて天界(てんかい)
事象(じしやう)()らむと(おも)ふは(かた)〈第11章〉
()(うへ)森羅万象(しんらばんしやう)(ことごと)
主神(スしん)水火(いき)(さか)えこそすれ〈第12章〉
(おろか)なる現代人(げんだいじん)天界(てんかい)
事象(じしやう)(ゆめ)()なして()かずも〈第13章〉
荒唐無稽(くわうたうむけい)()るに()らざる戯言(たはごと)
愚者(ぐしや)(かなら)ずあざけるなるらむ〈第13章〉
天界(てんかい)(とほ)くみたまを()せながら
(われ)地上(ちじやう)()(あか)すなり〈第14章〉
天界(てんかい)言葉(ことば)(しる)すよしもなく
三十一(みそひと)文字(もじ)()りてとくなり〈第14章〉
神々(かみがみ)言葉(ことば)はあまりに()(がた)
我歌(われうた)をかりて御心示(みこころしめ)さむ〈第14章〉
()(かみ)神言畏(みことかしこ)(われ)(いま)
この物語(ものがたり)(つつ)みて()〈第16章〉
現代(げんだい)哲学宗教(てつがくしうけう)一変(いつぺん)
(まこと)(みち)()かさむと(おも)〈第16章〉
(かみ)()(かみ)(さか)ゆる(ひと)()
瞬時(しゆんじ)(かみ)(わす)るるな(ゆめ)〈第16章〉
天界(てんかい)(ひら)きたまひし神々(かみがみ)
みわざをつぶさに(しめ)すこの(ふみ)〈第17章〉
久方(ひさかた)高天原(たかあまはら)()(うへ)
(みな)()(かみ)御水火(みいき)()くるも〈第17章〉
(わか)がへり(わか)がへりつつ神々(かみがみ)
地上(ちじやう)(ひと)(うま)れましけり〈第17章〉
高光(たかひか)(かみ)功績(いさを)目前(まのあたり)
月日(つきひ)()るも(あきら)かなりけり〈第18章〉
(かへり)みれば既成宗教(きせいしうけう)(ことごと)
この神国(かみくに)(けが)(きた)りし〈第19章〉
幼稚(えうち)なる科学哲学(くわがくてつがく)妄信(まうしん)
(かみ)をなみする痴人(しれびと)(おほ)〈第19章〉
(われ)今宇宙(いまうちう)(そと)()をおきて
天界(てんかい)事象(じしやう)(かた)りつづくる〈第21章〉
天界(てんかい)事象(じしやう)(ことごと)()(うへ)
うつりて御代(みよ)(さか)えゆくなり〈第22章〉
想念(さうねん)天界(てんかい)なれど(かたち)ある
ものは(ことごと)なり()づるなり〈第24章〉
天界(てんかい)現象(げんしやう)(ことごと)()(うへ)
(うつ)りて御代(みよ)(ひら)けゆくなり〈第24章〉
天界(てんかい)にありし事象(じしやう)(ことごと)
大地(だいち)(かがみ)(ごと)くうつらふ〈第28章〉
(はて)しなき紫微天界(しぴてんかい)真秀良場(まほらば)
永久(とは)()たせる(かみ)のみあらか〈第30章〉
(やま)(かは)木草(きぐさ)(しげ)天界(てんかい)
()みやすき(くに)うら(やす)(くに)〈第30章〉
言霊(ことたま)(たす)けによりて天界(てんかい)
現象(げんしやう)(ことごと)なり()づるなり〈第31章〉
天界(てんかい)言霊(ことたま)(くに)(うづ)(くに)
水火(いき)水火(いき)とに神生(かみあ)れませり〈第32章〉
霊界(れいかい)のさま委細(まつぶさ)()(あか)
わが物語(ものがたり)(うべ)なひてよめ〈第35章〉
伊都能売(いづのめ)(かみ)あれまして天界(てんかい)
事象(じしやう)(ことごと)とかせたまひぬ〈第35章〉
不成宮(ふせいぐう)(かみ)粟粒三石(あはつぶさんごく)
(かず)(まさ)ると神書(みふみ)()えたり〈第36章〉
(わが)古事記(こじき)古語拾遺(こごしふゐ)日本書紀(にほんしよき)(あは)
(しる)せる神名(みな)二百余柱(にひやくよはしら)〈第36章〉
春夏(はるなつ)はあれども天津神国(あまつかみくに)
(あき)(ふゆ)との(さび)しみはなし〈第37章〉
非時(ときじく)花咲(はなさ)(にほ)天界(てんかい)
(ひと)(ゆめ)にも(さと)らぬ光景(くわうけい)〈第37章〉
天界(てんかい)意志想念(いしさうねん)世界(せかい)なれど
栄枯盛衰(えいこせいすゐ)(さかひ)はあるなり〈第37章〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]