霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 感歎幽明(かんたんいうめい)〔一八九三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第74巻 天祥地瑞 丑の巻 篇:第3篇 玉藻霊山 よみ:たまもれいざん
章:第25章 第74巻 よみ:かんたんゆうめい 通し章番号:1893
口述日:1933(昭和8)年10月31日(旧09月13日) 口述場所:水明閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年1月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
主の大神は、玉野森にご降臨したが、神々がまだ悟りを得ていなかったので、やむを得ず本津真言の神の姿を借りて、国造りの神業を助けていた。
神々は主の大神であるとまったく気づかなかったが、力充男の神がついに気づき歌に明かしたため、再び天津高宮にお帰りになったのであった。
玉野比女は、八十比女神に選ばれたものの、御子生みの資格が得られるほど悟りが深くなかった。そのため、神生みの神業はせず、国土生みの神業に仕えるように定められたのであった。
また、顕津男の神は神業のはじめにあたって、周りの神々たちに遠慮したことが勇猛心を欠き、神業の期を逃してしまった。
一方、真鶴山の御魂・生代比女は、八十比女神には入れなかったのだが、知恵と悟りに優れた賢女であったため、神生みの業をなすことを、大神はあえて許したのであった。生代比女の積極的な行動が、国生み・神生みの神策にかなったからである。
あえて生代比女の小さな過ちよりも大きな功を取ったのも、時代相応の処置であったと思われる。
本津真言の神が天に帰って行ったのを見て、神々はそれぞれ述懐の歌を歌い、国生みの神業への誓いを新たにする。
すると最後に、力充男の神は、実は自分は紫微天界の高鋒の神であり、主の大神の霊(チ)と体(カラ)が結合して生まれた神である、と明かす。
力充男の神は、国生みに従事する神々がそろった今、自分の役割は終わったと歌い、光となってあたりを照らしながら、紫の雲を呼び起こして天津高宮に帰って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7425
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 275頁 修補版: 校定版:429頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 ()大神(おほかみ)天津高宮(あまつたかみや)より、002玉野森(たまのもり)天降(あも)りましつれど、003神々(かみがみ)智慧証覚(ちゑしようかく)(いま)(まつた)からざれば、004()むを()和光同塵(わくわうどうぢん)神策(しんさく)()(たま)ひて、005本津真言(もとつまこと)(かみ)となり、006国土造(くにつく)りの神業(みわざ)(たす)(たま)ひつつありけるが、007玉野比女(たまのひめ)(かみ)(はじ)(その)()神々(かみがみ)(その)化身(けしん)たるを()らず、008うかうかとして同僚(どうれう)(かみ)(ごと)くに(あつか)ひたりけるが、009力充男(ちからみちを)(かみ)(さと)()名乗(なの)(あか)されて、010本津真言(もとつまこと)(かみ)(ただち)(うべな)(たま)ひ、011二首(にしゆ)御歌(みうた)()ませ(たま)ひて、012久方(ひさかた)御空(みそら)(たか)紫紺(しこん)(くも)()りて、013天津高宮(あまつたかみや)(かへ)らせ(たま)ひしこそ(かしこ)けれ。
014 (また)玉野比女(たまのひめ)(かみ)は、015八十比女神(やそひめがみ)一柱(ひとはしら)(えら)まれ(たま)ひ、016玉野森(たまのもり)年永(としなが)(とき)(いた)るを()たせ(たま)へども、017(いま)国魂神(くにたまがみ)としての(たふと)御子(みこ)()まさむ資格(しかく)(そな)はらず、018智慧証覚(ちゑしようかく)(まつた)からざりせば、019惟神的(かむながらてき)神生(かみう)みの神業(みわざ)()められ、020(ここ)国土生(くにう)みの神業(みわざ)(つか)ふべく余儀(よぎ)なくされ(たま)ひしなり。
021 (つぎ)太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)は、022百神等(ももがみたち)種々(くさぐさ)(ささや)きに(ふか)(こころ)(くば)り、023()大神(おほかみ)御言葉(みことば)をためらひつつ、024(なが)年月(としつき)()(たま)ひければ、025神生(かみう)みの神業(みわざ)(おのづか)(おく)れさせ(たま)ひしこそ是非(ぜひ)なけれ。026顕津男(あきつを)(かみ)(みづ)御霊(みたま)なれば仁慈(じんじ)(こころ)(ふか)く、027()神々(かみがみ)和親(わしん)(むね)として勇猛心(ゆうまうしん)()(たま)ひしかば、028(つひ)神業(みわざ)()(いつ)(たま)ひしこそ、029(かへ)(がへ)すも(をし)むべき(こと)にこそあれ。
030 真鶴山(まなづるやま)御魂(みたま)()れます生代比女(いくよひめ)(かみ)は、031八十柱(やそはしら)比女神(ひめがみ)(せん)()(たま)ひし(かみ)なれども、032智慧証覚(ちゑしようかく)(すぐ)れたる細女(くはしめ)賢女(さかしめ)にいませば、033国津柱(くにつばしら)()()てられ、034御子(みこ)()ますべきに(かな)ひたれば、035()大神(おほかみ)黙許(もくきよ)(たま)ひ、036(ここ)大神業(おほみわざ)()げられたるなり。037生代比女(いくよひめ)(かみ)積極的(せききよくてき)行動(かうどう)は、038国土生(くにう)神生(かみう)みの神策(しんさく)(かな)(まつ)れば、039大功(たいこう)()りて小瑾(せうきん)(かへり)みざる神策(しんさく)()(たま)ひしも、040時代(じだい)相応(さうおう)処置(しよち)とこそ(うかが)はるるなり。
041 嗚呼(ああ)顕津男(あきつを)(かみ)042玉野比女(たまのひめ)(かみ)は、043(いづ)れも至善(しぜん)至美(しび)至仁(しじん)至愛(しあい)にして(さか)しき(こころ)()(たま)ひ、044()勇猛心(ゆうまうしん)(うす)かりしかば、045()(かみ)の、046眼前(がんぜん)化身(けしん)として(あらは)(たま)本津真言(もとつまこと)(かみ)真相(しんさう)()(たま)はざりしに(はん)し、047生代比女(いくよひめ)(かみ)(さと)くも(その)化身(けしん)なる(こと)朧気(おぼろげ)(さと)()(たま)ひし(ほど)細女(くはしめ)なりければ、048(うづ)御子(みこ)(はら)ませ(たま)ひしも(うべ)なりと(うなづ)かるるなり。049嗚呼(ああ)惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
050 (ここ)顕津男(あきつを)(かみ)(たち)は、051本津真言(もとつまこと)(かみ)御本体(ごほんたい)(あらは)して、052天津高宮(あまつたかみや)(かへ)らせ(たま)ひしを(とほ)(をが)ませ(たま)ひて、053御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
054()(かみ)(いづ)言霊(ことたま)()()へて
055(くも)()らせつ(あま)かへりますも
056久方(ひさかた)(そら)紫紺(しこん)()めながら
057()大神(おほかみ)(かへ)りますかも
058おろかなるわが霊線(たましひ)今更(いまさら)
059()ゆるも(せん)なし神業(みわざ)(おく)れて
060ためらひし(こころ)(つみ)(ゆる)しませ
061(あめ)(かへ)らす()大御神(おほみかみ)
062(すす)(すす)(ひら)(ひら)きて(つか)()
063(かみ)大道(おほぢ)をおろそかにせるも
064百神(ももがみ)心配(こころくば)りて()(かみ)
065生言霊(いくことたま)にそむきしを()
066()(かみ)にそむく(こころ)()たねども
067ためらひ(ごころ)神業(みわざ)(おく)れし
068(いま)となりて(よわ)(こころ)()いにけり
069いざや(いさ)みの(こま)立直(たてなほ)さむ
070玉野比女(たまのひめ)(こころ)(おも)へば(われ)(いま)
071()えたくなりぬ(かな)しくなりぬ』
072 玉野比女(たまのひめ)(かみ)御歌(みうた)
073()(かみ)化身(けしん)()らず朝夕(あさゆふ)
074(われ)従神(ともがみ)(おも)ひけるかも
075()くの(ごと)わが(おろか)しき(こころ)もて
076如何(いか)御子生(みこう)(つか)()べきや
077智慧証覚(ちゑしようかく)(いま)()らねば()(かみ)
078生代比女神(いくよひめがみ)()さし(たま)ひしか
079真鶴(まなづる)国津柱(くにつはしら)(はら)みます
080生代比女神(いくよひめがみ)(たふと)くありける
081この(をか)岐美(きみ)()ちつつ(とし)()りし
082わが魂線(たましひ)(くも)りてしかも
083()(かみ)(みや)朝夕(あさゆふ)(つか)へつつ
084真言(まこと)(かみ)()らざりにけり
085そよと()(かぜ)にも神声(みこゑ)あるものを
086(そば)()(かみ)()らざる()づかしさよ
087今日(けふ)よりは生代比女神(いくよひめがみ)神柱(みはしら)
088(あふ)(まつ)りて国土生(くにう)みなさばや』
089 生代比女(いくよひめ)(かみ)御歌(みうた)
090八十柱(やそはしら)比女神(ひめがみ)とおはす(きみ)なれば
091わが(はら)御子(みこ)(たてまつ)るべし
092今日(けふ)よりは玉野(たまの)比女(ひめ)にまつろひて
093御子(みこ)(はごく)日足(ひた)しまつらむ
094玉野比女(たまのひめ)(かみ)下女(しため)(われ)なりて
095御子(みこ)(はごく)朝夕(あさゆふ)(つか)へむ
096(われ)(ただ)(みづ)御霊(みたま)にこがれたる
097そのたまゆらに(はら)みたるのみ
098()(かみ)(ただ)()さしにあらざれば
099(われ)ははしため御子(みこ)(そだ)つるのみよ
100瑞御霊(みづみたま)(かみ)諸共(もろとも)玉野比女(たまのひめ)
101(かみ)真鶴国(まなづるくに)(ひら)きませよ
102ちり(ほど)のねたみうらみを()たぬ(われ)
103(やす)(おぼ)され国土(くに)(つく)りませ
104わが(はら)御子(みこ)()()たすそれまでは
105(こころ)(きよ)めて(ちか)(つか)へむ』
106 顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)
107健気(けなげ)なる生代比女神(いくよひめがみ)言霊(ことたま)
108(われ)感謝(かんしや)(なみだ)(むせ)ぶも
109比女神(ひめがみ)(きよ)(こころ)(うべな)ひて
110御子(みこ)宿(やど)らせ(たま)ひけむかも
111今更(いまさら)比女(ひめ)(こころ)(きよ)きをば
112(ふか)くさとりて(なみだ)()るるも
113その(きよ)(ただ)しき(あか)るき魂線(たましひ)
114()大神(おほかみ)()でましにけむ
115(きみ)(われ)水火(いき)(あは)せし御子(みこ)ながら
116()大神(おほかみ)御魂(みたま)なりける』
117 玉野比女(たまのひめ)(かみ)御歌(みうた)
118生代比女(いくよひめ)(かみ)(こころ)(すが)しさに
119(われ)()づかしくなりにけらしな
120(くも)りたるわが魂線(たましひ)如何(いか)にして
121(たふと)御子(みこ)(はら)()べきや
122()(かみ)(ふか)経綸(しぐみ)今更(いまさら)
123(さと)りて(われ)(をのの)きにけり
124何事(なにごと)(かみ)()さしの神業(かむわざ)
125(おも)へば(うら)みの雲霧(くもきり)もなし
126生代比女(いくよひめ)(われ)にさきだち御子(みこ)(はら)むと
127()きてねたみし(こころ)()づかし
128常磐樹(ときはぎ)(まつ)永久(とこしへ)(いろ)()へぬ
129(みどり)(こころ)(われ)(つか)へばや
130そよと()(まつ)(こずゑ)(かぜ)にさへ
131()幾度(いくたび)(おとづ)れあるを
132八十年(やそとせ)()ちあぐみたる魂線(たましひ)
133(いや)ますますに(くも)りてしかな
134(きよ)(あか)真言(まこと)(こひ)にあらずして
135真言(まこと)御子(みこ)如何(いか)(はら)()べきや
136瑞御霊(みづみたま)気永(けなが)()ちし甲斐(かひ)もなく
137神業(みわざ)(おく)れしわがおろかさよ
138(いま)よりは(こころ)(あらた)めひたすらに
139岐美(きみ)(したが)国土生(くにう)(たす)けむ』
140 待合比古(まちあはせひこ)(かみ)御歌(みうた)
141幾年(いくとせ)待合(まちあは)せたる玉野比女(たまのひめ)
142今日(けふ)(こころ)(はか)りて()くも
143気永(けなが)くも(みづ)御霊(みたま)()たせつつ
144あはれ御子生(みこう)みの神業(みわざ)ならずも
145()(かみ)(ふか)神心(みこころ)今更(いまさら)
146(かしこ)(かしこ)(こころ)をののく
147天界(てんかい)(あい)(ぜん)との神国(みくに)なれば
148毛筋(けすぢ)(けが)れもゆるさざりけむ
149よしあしの行交(ゆきか)()にも国土(くに)(つく)
150神業(みわざ)(ちり)(とど)まるべきやは
151(つち)(わか)真鶴(まなづる)国土(くに)国柱(くにばしら)
152(きよ)真言(まこと)(はら)(たま)ひぬ
153生代比女(いくよひめ)(かみ)(たふと)功績(いさをし)
154()大神(おほかみ)()(たま)ひけむ
155さまざまの神代(みよ)出来事(できごと)朝夕(あさゆふ)
156()つつ(われ)はも(まよ)ひけるかな
157()(かみ)化身(けしん)()らず本津真言(もとつまこと)
158(かみ)従神(とも)よと(あつか)ひしはや
159(おろか)かなるわが魂線(たましひ)()(かみ)
160化身(けしん)(かる)(あつか)ひにけり
161久方(ひさかた)御空(みそら)(たか)(かへ)りましし
162真言(まこと)(かみ)(あふ)ぎて()きぬ
163本津真言(もとつまこと)(かみ)(いさを)(いま)()
164天津高宮(あまつたかみや)(かへ)らす(ひかり)
165()をおひて(ひかり)いや()せし神柱(みはしら)
166化身(けしん)()らずに()たる(おろか)
167()(かく)真鶴(まなづる)(くに)目出度(めでた)けれ
168()大神(おほかみ)御子(みこ)宿(やど)りませば
169スの水火(いき)(あは)せてここに瑞御霊(みづみたま)
170生代比女神(いくよひめがみ)御子(みこ)(はら)みましぬ
171大空(おほぞら)(ひろ)(たか)しも真鶴(まなづる)
172(わか)国原(くにばら)(てら)御子(みこ)はも』
173 力充男(ちからみちを)(かみ)御歌(みうた)
174()(から)(ちから)()ちぬる天界(てんかい)
175スの言霊(ことたま)()れましにける
176(われ)(いま)()大神(おほかみ)()(から)
177(むす)びて(うま)れし力充男(ちからみちを)(かみ)なり
178(われ)(また)本津真言(もとつまこと)(かみ)(とも)
179ここに(くだ)りし化身(けしん)なるぞや
180(われ)こそは紫微天界(しびてんかい)(しづ)まれる
181高鋒(たかほこ)(かみ)よいざ(かへ)らむとすも
182三柱(みはしら)(かみ)()れませし今日(けふ)よりは
183(われ)(よう)なしいざ(かへ)りなむ
184百神(ももがみ)よまめやかにまして真鶴(まなづる)
185国土生(くにう)御子(みこ)()ましましませ』
186 ()御歌(みうた)()ませ(たま)ひつつ、187(ふたた)(ひかり)となり四辺(あたり)()らしながら、188力充男(ちからみちを)(かみ)(むらさき)(くも)()(おこ)し、189悠々(いういう)として天津高宮(あまつたかみや)(むか)(かへ)らせ(たま)ふぞ(たふと)けれ。
190昭和八・一〇・三一 旧九・一三 於水明閣 森良仁謹録)