霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 篇:前付 よみ:
章:第75巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年11月02日(旧09月15日) 口述場所:水明閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
この巻の内容:
太元顕津男の神が、玉藻山の聖場で国土生み御子生みの神業を完成する。
禊の神事を諸神とともに、厳しく修した。
日向川を渡り、八柱の神に迎えられて、再度禊を行う。
柏木の森の曲津神を言向和すために、馬に乗って進んでいく。
この巻は、昭和八年十一月一日に書き始めたが、エスペラント全国大会や西南の旅行、大祭、歌碑除幕式、末娘の婚礼、弟の帰幽などがあり、同月三十日にようやく完成した。
「曲津見の神」とあるのが邪神である。「曲津日の神」は、邪神である曲津見の神の罪を照らし、厳しくとがめる職掌の神のことである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm750001
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 287頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 本巻(ほんくわん)太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)002玉藻山(たまもやま)聖場(せいぢやう)()しまして、003国土生(くにう)御子生(みこう)みの神業(みわざ)完成(くわんせい)(たま)ひ、004(みそぎ)神事(わざ)諸神(しよしん)(とも)厳修(ごんしう)し、005日南河(ひなたがは)激流(げきりう)(わた)りて、006八柱(やはしら)(かみ)(むか)へられて(ふたた)(みそぎ)神業(みわざ)(をは)り、007柏木(かしはぎ)(もり)曲津神(まがつかみ)言向和(ことむけやは)すべく、008(くつわ)(なら)べて(すす)(たま)ひし(だん)までの物語(ものがたり)なり。
009 本巻(ほんくわん)はその発端(ほつたん)十一月(じふいちぐわつ)一日(いちにち)()(はじ)めたるが、010エスペラント全国(ぜんこく)大会(たいくわい)や、011西南(せいなん)旅行(りよかう)大祭(たいさい)012歌碑除幕式(かひぢよまくしき)(およ)末女(まつぢよ)婚礼(こんれい)013舎弟(しやてい)帰幽(きいう)(とう)にて寸暇(すんか)なきまま(やうや)くにして本日(ほんじつ)完成(くわんせい)()げたるなり。
014 文中(ぶんちう)曲津見(まがつみ)(かみ)とあるは邪神(じやしん)にして曲津日(まがつひ)(かみ)にあらず。015曲津日(まがつひ)(かみ)はその曲津見(まがつみ)(つみ)(てら)譴責(きた)(たま)(かみ)職掌(しよくしやう)なれば、016同視(どうし)せざる(やう)注意(ちうい)()くものなり。
 
017   昭和八年十一月三十日 旧十月十三日
018於水明閣 口述者識
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)