霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 言霊(ことたま)(ひかり)〔一八九六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 篇:第1篇 玉野神業 よみ:たまのしんぎょう
章:第2章 第75巻 よみ:ことたまのひかり 通し章番号:1896
口述日:1933(昭和8)年11月03日(旧09月16日) 口述場所:水明閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
紫微天界は、スの言霊の水火(いき)によって鳴り出でたがゆえに、一切のものがわかわかしくやわらかく、神はまた幽の幽にまし、意思想念の世界である。
軽く清いものは高く上って天となり、重く濁ったものは、降って地となる。
この真理によって、紫微天界は五十六億七千万年の後、修理固成の神業が完成するとともに、重さを増して行き、次第に位置を大空中の低い場所に変えた。
われわれの地球こそ、紫微天界のやや完成したものであると理解するべきである。
たとえば、紫微天界の山はほとんど気体であり、柔らかく膨れて伸び広がったものである。国土生み、神生みの神業も、柔らかい気体の世界を物質の世界に修理固成するまでには五十六億七千万年かかった、ということである。紫微天界の神々の活動は、無始無終、連続して止まらない。
神代では、情動も起こってはたちまち消え去る、極めて淡白なものであった。しかし、世が下るにつれて、人情が濃厚・執拗になってきた。そこで、愛・恋の乱れや争闘が起こってくるようになった。
これが、主の大神が天之道立の神に、世の混乱を防ぐよう教え導き、乱れ行く世を正しく建てるように方策を授けた理由である。
神代の神人は、気体であったので、柔らかい地上を歩いても何の支障もなかった。国土の修理固成が進んで硬度を増すにしたがい、神々も体重を増し、ついに人となって地上に安住するようになったのである。
このように主の大神をはじめ、神々の努力の結果完成した地上に人と生まれ、安住できる恵みと徳は、とうてい書き尽くせるものではない。
われわれは、主の大神がお住まいになる紫微天界が完成期に近づいた地球の中心、葦原の中つ国である日の本に生まれた。万世一系の皇神国(すめらみくに)の天皇(すめらぎ)に仕え、神の宮居となり、神の子となって仕える幸福は、三千大千世界の宇宙をみても、到底求めても得られないほどの仁恵に浴しているのである。
だから、我が皇神国に生まれた大御民(おほみたから)は、海外の諸国よりも特に、敬神・尊皇・報国の誠を披露して恵みと徳に報いなければならないのである。
紫微天界が完成した神国であるので、わが国を「皇神国(すめらみくに)」と言い、その君を「天皇(すめらぎ)」と言うのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7502
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 298頁 修補版: 校定版:37頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第一巻 皇道編 > 第八篇 瑞祥 > 第八章 言霊の光
001 (そもそも)紫微(しび)天界(てんかい)はスの言霊(ことたま)水火(いき)によりて()()でませるが(ゆゑ)に、002天地万有(てんちばんいう)一切(いつさい)のものいづれも稚々(わかわか)しく、003(やはらか)く、004現在(げんざい)地球(ちきう)(ごと)山川草木(さんせんさうもく)修理固成(しうりこせい)(ゐき)(たつ)()らず、005(かみ)また(いう)(いう)にましまし、006意志想念(いしさうねん)世界(せかい)なれば、007到底(たうてい)現代人(げんだいじん)想像(さうざう)(およ)ばざる(ほど)なり。008清軽(せいけい)なるものは(たか)(のぼ)りて(てん)となり、009重濁(ぢうだく)なるものは(くだ)りて()となる。010これの真理(しんり)によりて紫微天界(しびてんかい)五十六億(ごじふろくおく)七千万年(しちせんまんねん)(のち)011修理固成(しうりこせい)神業(しんげふ)完成(くわんせい)すると(とも)に、012(その)重量(ぢうりやう)()し、013次第々々(しだいしだい)位置(ゐち)大空中(たいくうちう)低処(ていしよ)(へん)ずるに(いた)りたれば、014(わが)地球(ちきう)こそ、015紫微天界(しびてんかい)のやや完成(くわんせい)したるものと()るべし。
016 紫微天界(しびてんかい)()ける数万丈(すうまんぢやう)山岳(さんがく)(いへど)(ほとん)気体(きたい)なれば、017(やはら)かく(ふく)れあがり、018()びひろごりたるもの、019次第々々(しだいしだい)収縮作用(しうしゆくさよう)(おこ)し、020最高(さいかう)二万数千尺(にまんすうせんじやく)山岳(さんがく)(とど)むるに(いた)りたるなり。021紫微天界(しびてんかい)()ける国土生(くにう)み、022神生(かみう)みの神業(みわざ)も、023この(やはら)かき一切(いつさい)気体界(きたいかい)物質界(ぶつしつかい)修理固成(しうりこせい)する(まで)年処(ねんしよ)は、024五十六億(ごじふろくおく)七千万年(しちせんまんねん)(ひさ)しきを()たるなり。025(ゆゑ)紫微天界(しびてんかい)神々(かみがみ)御活動(ごくわつどう)は、026無始(むし)より無終(むしう)連続(れんぞく)して()(とき)なし。027(ゆゑ)神代(かみよ)()ける(あい)情動(じやうどう)も、028(また)現代人(げんだいじん)(ごと)濃厚(のうこう)執拗(しつえう)ならず、029()030(しよ)031()(おう)じて(あい)情動(じやうどう)(おこ)り、032(たちま)消散(せうさん)して(あと)なき(きは)めて淡泊(たんぱく)なる情動(じやうどう)なりしなり。033(しか)しながら()()()(くだ)るに(したが)ひて、034山川草木(さんせんさうもく)()硬度(かうど)()し、035人情(にんじやう)(また)濃厚(のうこう)執拗(しつえう)となりて、036(つひ)には愛恋(あいれん)(みだ)れ、037争闘(さうとう)(おこ)すに(いた)れるも自然(しぜん)結果(けつくわ)()むを()ざる(こと)()ふべし。038(ゆゑ)()大神(おほかみ)紫微天界(しびてんかい)最初(さいしよ)にあたり、039天之道立(あめのみちたつ)(かみ)をして、040()混乱(こんらん)(ふせ)ぐべく、041天津真言(あまつまこと)(みち)天地(てんち)万有(ばんいう)永遠無窮(えいゑんむきう)(をし)(みちび)(たま)ひ、042(みだ)れゆく()建正(けんせい)すべく経綸(けいりん)されたるは(ふか)神慮(しんりよ)のおはします(こと)なり。
043 紫微天界(しびてんかい)()ける山川大地(さんせんだいち)は、044浮脂(うきあぶら)のごとく(ただよ)へるを(もつ)て、045現代人(げんだいじん)(ごと)重濁(ぢうだく)なる()をもつては、046(ほと)んど空中(くうちう)()(ごと)く、047水上(すゐじやう)(あゆ)むが(ごと)く、048如何(いかん)ともすべからざれども、049神代(かみよ)神人(しんじん)気体(きたい)にましませば、050浮脂(うきあぶら)のごとき(やはら)かき地上(ちじやう)(あゆ)みて(なん)支障(ししやう)なく、051(あだか)現代人(げんだいじん)現界(げんかい)地上(ちじやう)(あゆ)むと(こと)なるところなきなり。052国土(くに)修理固成(しうりこせい)なりて硬度(かうど)()すに(したが)ひ、053神々(かみがみ)(また)体重(たいぢう)増加(ぞうか)し、054(つひ)には(ひと)となりて地上(ちじやう)安住(あんぢう)するに(いた)りたるなり。055(わが)地球(ちきう)今日(こんにち)(ごと)確固不動(かくこふどう)修理固成(しうりこせい)さるるまでは、056五十六億(ごじふろくおく)七千万年(しちせんまんねん)年処(ねんしよ)()たるを(おも)へば、057神界(しんかい)経綸(けいりん)幽遠(いうゑん)なるに畏敬(ゐけい)(ねん)をはらはざるべからざるなり。
058 ()くの(ごと)()大神(おほかみ)(はじ)め、059種々(しゆじゆ)神等(かみたち)努力(どりよく)結果(けつくわ)完成(くわんせい)したる地上(ちじやう)(ひと)(うま)れ、060安住(あんぢう)せしめらるる(その)広慈大徳(くわうじだいとく)到底(たうてい)筆紙(ひつし)(つく)すべき(かぎ)りに(あら)ず。061(いは)んや全地(ぜんち)中心(ちうしん)にして四季(しき)順序(じゆんじよ)調和(てうわ)したる中津国(なかつくに)(せい)()けたる人生(じんせい)(おい)てをや。062我々(われわれ)()大神(おほかみ)(すま)はせ(たま)ひし紫微天界(しびてんかい)完成期(くわんせいき)(ちか)づける地球(ちきう)中心(ちうしん)葦原(あしはら)中津国(なかつくに)なる()(もと)(うま)れ、063万世一系(ばんせいいつけい)皇神国(すめらみくに)天皇(すめらぎ)(つか)へまつりて、064(かみ)宮居(みやゐ)となり、065(かみ)()となりて(つか)へまつる幸福(かうふく)は、066三千大千世界(さんぜんだいせんせかい)宇宙(うちう)世界中(せかいぢう)到底(たうてい)(もと)()べからざる仁恵(じんけい)(よく)せるものと()るべし。067(ゆゑ)(わが)皇神国(すめらみくに)(うま)れたる大御民(おほみたから)は、068海外(かいぐわい)諸国(しよこく)()して(とく)敬神尊皇報国(けいしんそんのうはうこく)至誠(しせい)披瀝(ひれき)し、069(その)大慈洪徳(だいじこうとく)(むく)いまつらずむばあるべからず。070紫微天界(しびてんかい)完成(くわんせい)したる神国(みくに)なるが(ゆゑ)に、071我国(わがくに)皇神国(すめらみくに)(とな)へ、072()(きみ)天皇(すめらぎ)(まを)(たてまつ)るなり。
073ためしなき(この)神国(かみくに)(ひと)(うま)
074(きよ)身魂(みたま)(にご)すべきかは
075久方(ひさかた)天津皇国(あまつみくに)()みませし
076(かみ)御稜威(みいづ)(ゆめ)(わす)れそ
077言霊(ことたま)水火(いき)()()(かた)まりて
078この(うるは)しき天地(あめつち)()れり
079智者学者(ものしりびと)数多(あまた)あれども天界(かみくに)
080なり()()めたる真相(まこと)()らずも
081()(かみ)(めぐみ)(おも)へば()(うへ)
082()むもつつしみの(こころ)()くなり
083神々(かみがみ)(めぐみ)()らず()(なか)
084はかなみ(おも)(おろ)かなる(ひと)
085愛善(あいぜん)(ひかり)にみつる(かみ)(くに)
086火宅(くわたく)とをしへし曲津(まがつ)(のり)かな
087現世(うつしよ)(また)幽界(かくりよ)()(かみ)
088領有(うしは)ぎたまふ国土(くに)()らずや
089久方(ひさかた)(あめ)より(くだ)りて中津国(なかつくに)
090永久(とは)知召(しろしめ)()(かみ)御子(みこ)
091葦原(あしはら)(くに)なり()でし遠因(ゑんいん)
092(おも)ひて敬神尊皇(けいしんそんのう)(つく)せよ
093言霊(ことたま)()ける活用(はたらき)白雲(しらくも)
094(そら)(まよ)へる学者(ものしり)あはれ
095もろもろの(まな)びあれども言霊(ことたま)
096真言(まこと)(まな)(さと)れるはなし
097()(なか)(まな)びは数多(あまた)ありながら
098学王学(がくわうがく)言霊(ことたま)()らずも
099言霊(ことたま)(まな)びは(すべ)ての(もとゐ)なり
100(その)()(まな)びは(すゑ)なりにけり
101根本(こんぽん)(さと)らず(すゑ)(まな)びのみ
102(さか)ゆる(この)()(わざはひ)なるかな
103()(なか)一切万事(いつさいばんじ)言霊(ことたま)
104(ひかり)によりて解決(かいけつ)するなり
105言霊(ことたま)真言(まこと)(みち)()らずして
106(この)神国(かみくに)(をさ)まるべきやは
107(われ)(いま)(かみ)()さしの言霊(ことたま)
108(まな)びに真道(まみち)()かむとするなり
109皇神国(すめらみくに)大本(たいほん)()るは言霊(ことたま)
110()ける(まな)びによるの(ほか)なし
111昭和八・一一・三 旧九・一六 於水明閣 加藤明子謹録)