霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 魂反(たまがへ)し〔一九〇五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 篇:第3篇 真鶴の声 よみ:まなづるのこえ
章:第11章 第75巻 よみ:たまがえし 通し章番号:1905
口述日:1933(昭和8)年11月26日(旧10月9日) 口述場所:更正館 筆録者:出口王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
顕津男の神は、如衣比女の御魂を招こうと、八種の神歌を歌い、鎮魂際を行った。
招魂の神歌を歌うと、如衣比女の神の神霊がたちまち感応来格し、他神の目にも明らかに姿を見ることができるようになった。
顕津男の神は、如衣比女の事があってから自らの心を戒め立て直し、真鶴国の神業をなすことができたと、如衣比女の功をたたえる為に招魂したことを歌う。
如衣比女は、幽界に生きて、神業を守ろうと歌い返す。顕津男の神は、この先も守り助けたまえと呼びかけ、如衣比女を歌い送る。如衣比女は神馬にまたがり、空の雲を押し分けて天津高日の宮へ帰っていった。
神々はそれぞれ、この不思議に述懐の歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7511
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 344頁 修補版: 校定版:204頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)は、002如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)御魂(みたま)(まね)くとして、003八種(やくさ)神歌(みうた)(うた)ひ、004鎮魂祭(ちんこんさい)(おこな)(たま)ふその御歌(みうた)
 
005   (一)
006 アチメ オオオオ アメツチニ
007 キユラカスハ サユラカス カミハカモ
008 カミコソハ キネキコウ キユラカス
009   (二)
010 アチメ オオオオ イソノカミ
011 フルノヤシロノ タチモカト
012 ネカフソノコニ ソノタテマツル
013   (三)
014 アチメ オオオ サツヲラガ
015 モタキノマユミ オクヤマニ
016 ミカリスラシモ ユミノハスユミ
017   (四)
018 アチメ オオオ ノボリマス
019 トヨヒルメガ ミタマホス
020 モトハカナホコ スエハキホコ
021   (五)
022 アチメ オオオ ミワヤマニ
023 アリタテル チガサヲ
024 イマサカエデハ イツカサカエム
025   (六)
026 アチメ オオオ ワキモコガ
027 アナシノヤマノ ヤマヒトト
028 ヒトモミルカニ ミヤマカツラセヨ
029   (七)
030 アチメ オオオ タマハコニ
031 ユウトリシデテ タマチトラセヨ
032 ミタマカリ タマカリマカリ
033 マシシカミハ イマゾキマセル
034   (八)
035 アチメ オオオ ミタマカリ
036 イニマシシカミハ イマゾキマセル
037 タマハコモチテ サリタルミタマ タマカヤシスヤナ
 
038 ()招魂(せうこん)神歌(みうた)をうたひ(たま)ふや、039如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)神霊(しんれい)(たちま)感応来格(かんおうらいかく)して、040春風(しゆんぷう)(いた)芳香(はうかう)(くん)じ、041常磐樹(ときはぎ)(まつ)前後(ぜんご)左右(さいう)()(うご)きて、042他神(たしん)()にも歴然(れきぜん)御姿(みすがた)(はい)()るに(いた)れり。043(ここ)顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)はく。
044神去(かむさ)りし如衣比女神(ゆくえひめがみ)大前(おほまへ)
045(めづら)御姿(かげ)(あらは)(たま)へり
046(われ)(とも)()りし()()(くら)ぶれば
047一入(ひとしほ)御姿(すがた)たふとくおはすも
048四柱(よはしら)御子(みこ)()みをへし今日(けふ)()
049(いは)ひて比女(ひめ)御魂(みたま)(まね)きぬ
050霊界(れいかい)によし()しますともわが(つく)
051紫微天界(たかあまはら)(まも)らせたまへ
052如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)神去(かむさ)りましてより
053われは(こころ)()(なほ)したり
054(きみ)(たま)わが身辺(しんぺん)(まも)りますか
055今日(けふ)まで事無(ことな)神業(みわざ)(つか)へし
056朝夕(あさゆふ)(きみ)(した)ひしわが(たま)
057神業(みわざ)せはしくかへりみざりき
058(やうや)くに真鶴(まなづる)(くに)()りたれば
059(きみ)(いさを)をおもひてまねきし
060()りし()(こと)(おも)()比女(ひめ)(たま)
061わが真心(まごころ)()(まつ)りける』
062 如衣比女(ゆくえひめ)神霊(しんれい)は、063しとやかに御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
064何事(なにごと)()大神(おほかみ)御心(みこころ)
065御魂(みたま)となりてわれ(つか)へゐるも
066瑞御霊(みづみたま)われを(まね)かす真心(まごころ)
067ほだされ此処(ここ)(くだ)りつるはや
068八雲(やくも)()出雲(いづも)(くも)八重雲(やへくも)
069かきわけ玉藻(たまも)(やま)(くだ)りし
070身体(からたま)大蛇(をろち)()まれ()するとも
071わが魂線(たましひ)生命(いのち)永久(とは)なり
072中津滝(なかつたき)にわが魂線(たましひ)(あら)はれて
073罪穢(つみけが)れなき今日(けふ)身軽(みがる)
074幽界(かくりよ)(われ)()()きて瑞御霊(みづみたま)
075大御神業(おほみみわざ)(まも)りまつらむ
076千代鶴姫(ちよつるひめ)(みこと)()()朝夕(あさゆふ)
077岐美(きみ)御霊(みたま)(おも)ひて(まも)らむ
078(たの)みなき顕世(うつしよ)(われ)のがれ()でて
079永久(とは)生命(いのち)天国(みくに)(さか)えつ
080八十比女神(やそひめがみ)御魂(みたま)(まも)りて()(かみ)
081よさしの神業(みわざ)あななひまつらむ
082いざさらば雲路(くもぢ)()けて(かへ)るべし
083()(かみ)います天津高宮(あまつたかみや)
084()ひなづむ(こころ)なけれど(わか)れゆく
085このたまゆらの()しまるるかな』
086 顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)
087()てしなき紫微天界(たかあまはら)(うち)にして
088水火(いき)水火(いき)とを(あは)せたる(きみ)
089天路(あまぢ)はろか(くだ)()まして(いま)()ぐに
090(かへ)らす(きみ)()しくも(おも)
091()(かみ)のよさしの神業(みわざ)をへぬれば
092われも天界(みくに)(のぼ)らむと(おも)
093久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)()(かみ)
094御前(みまへ)()ふしくわれなりにけり
095真鶴(まなづる)(くに)はやうやく(うま)れたり
096この()()きの(なや)みを如何(いか)にせむ
097さまざまの(なや)みにあひて国土(くに)(つく)
098われをたすけよ如衣比女(ゆくえひめ)御魂(みたま)
099 如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)(かろ)御姿(みすがた)(あらは)しながら、100御空(みそら)(くも)()()神馬(しんめ)(またが)り、101いういうとして、102天津高日(あまつたかひ)(みや)のあなたをさして(かへ)らせ(たま)ひぬ。
103 玉野比女(たまのひめ)(かみ)は、104そのやさしく神々(かうがう)しき御姿(みすがた)(はい)しまつりて、105御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
106(かしこ)しや如衣(ゆくえ)比女(ひめ)(かみ)御魂(みたま)
107紫微宮(しびきう)(さま)(つぶ)さに()らせり
108(あふ)ぎみるさへも(まばゆ)きばかりなる
109如衣(ゆくえ)比女(ひめ)姿(すがた)たふとき
110生死(いきしに)差別(けぢめ)さへなき天界(てんかい)
111(さと)りてわれは神世(みよ)(たの)しむ
112(まか)りたる(かみ)姿(すがた)(あらは)して
113言霊(ことたま)()らす神世(みよ)(かしこ)
114朝夕(あさゆふ)(たま)(いづみ)(みそぎ)して
115(きよ)まりし()にうつらす御姿(みすがた)
116(たましひ)幾万代(いくよろづよ)(すゑ)までも
117()きてはたらく(よし)(さと)りぬ
118(われ)(いま)(とし)さびぬれど魂線(たましひ)
119生命(いのち)(わき)きを(おも)へば(たの)しも
120生替(いきかは)死替(しにかは)りつつ(かみ)()
121永久(とは)(つか)へて国土(くに)(まも)らむ
122中津滝(なかつたき)大蛇(をろち)(はら)()ふられし
123如衣(ゆくえ)比女(ひめ)()きてゐませし
124顕津男(あきつを)(かみ)(かな)しき御心(みこころ)
125(おも)へば()らず(なみだ)こぼるる
126(とり)()(なが)(わか)れと(おも)ひてし
127如衣(ゆくえ)比女(ひめ)岐美(きみ)はあひませり』
128 生代比女(いくよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
129神去(かむさ)りし如衣(ゆくえ)比女(ひめ)御姿(みすがた)
130いま()のあたり(をが)みて(おどろ)きぬ
131かねてよりかかる(ためし)のある(こと)
132()けども今更(いまさら)おどろきにけり
133久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)(つか)へます
134如衣比女神(ゆくえひめがみ)御姿(みすがた)(すが)しも
135顕津男(あきつを)(かみ)御心(みこころ)()しはかり
136われは(おも)はず(なみだ)にくれたり
137()()きて(かみ)御殿(みとの)(つか)へます
138如衣(ゆくえ)比女(ひめ)(さち)(おも)ふも
139愛善(あいぜん)天界(てんかい)なれば⦿()(かみ)
140(あつ)(こころ)(まも)られにけむ
141生死(いきしに)のなき天界(てんかい)(たま)()
142生命(いのち)(たも)()こそ(さち)なれ』
143 遠見男(とほみを)(かみ)御歌(みうた)
144玉藻山(たまもやま)(うは)岩根(いはね)清庭(すがには)
145天降(あも)りて御言(みこと)()(たま)比女(ひめ)
146(かく)()()ませし(かみ)瑞御霊(みづみたま)
147生言霊(いくことたま)によみがへり()しぬ
148たまきはる生命(いのち)常永(とは)天国(てんごく)
149(たも)ちて神業(みわざ)(つか)ふる比女神(ひめがみ)
150愛善(あいぜん)(ひかり)(とく)()たされし
151神国(みくに)神人(かみ)姿(すがた)やさしも
152御子生(みこう)みの神業(かむわざ)をへて神国(かみくに)
153のぼりし神人(かみ)姿(すがた)()きたり
154玉藻山(たまもやま)()清庭(すがには)天降(あも)りたる
155如衣比女神(ゆくえひめがみ)のいとしき(こころ)
156瑞御霊(みづみたま)(かみ)(こころ)雄々(をを)しさよ
157すべての執着(おもひで)()(はら)ひつつ』
158 宇礼志穂(うれしほ)(かみ)御歌(みうた)
159足引(あしびき)(やま)()()禊身(みそぎ)して
160(まか)りし神人(かみ)()ひし不思議(ふしぎ)
161(まか)りたる神人(かみ)(おも)ひしを()のあたり
162()ける御姿(みすがた)(をが)みけるかも
163(たま)()()きの(いのち)()てしなきを
164()つつ天界(みくに)()れしを(うれ)しむ
165真鶴(まなづる)(くに)()()でし目出度(めでた)さに
166天降(あも)()しけむ如衣比女(ゆくえひめ)(かみ)
167生代比女(いくよひめ)(かみ)(さぞ)かし(うれ)しからむ
168国魂神(くにたまがみ)()やすく()まして
169御子(みこ)()れし玉藻(たまも)(やま)頂上(いただき)
170(たま)(かみ)()()れし(うれ)しさ
171みまかりし(かみ)御山(みやま)(くだ)りきて
172御子(みこ)()れますを寿(ことほ)(たま)へり』
173 美波志比古(みはしひこ)(かみ)御歌(みうた)
174久方(ひさかた)(そら)にも御橋(みはし)(かか)れるか
175如衣比女神(ゆくえひめがみ)往来(ゆきき)ましけり
176久方(ひさかた)(あめ)浮橋(うきはし)(わた)らひて
177天津高宮(あまつたかみや)(かへ)らす女神(めがみ)はも
178真鶴(まなづる)(くに)やうやくに(かた)まりて
179(まか)れる(かみ)もことほぎに(きた)
180目出度(めでた)さの(かぎ)りなるかも真鶴(まなづる)
181国魂神(くにたまがみ)産声(うぶごゑ)()えにつ
182瑞御霊(みづみたま)御魂反(みたまがへ)しの()(ごと)
183如衣比女神(ゆくえひめがみ)(あま)かけり()ませる
184言霊(ことたま)御稜威(みいづ)(ちから)今更(いまさら)
185(さと)らひにけり魂反(たまがへ)しの祝詞(のりと)
186村肝(むらきも)(こころ)(ただ)しき神司(みつかさ)
187生言霊(いくことたま)神妙(くしび)なるかも』
188 産玉(うぶだま)(かみ)御歌(みうた)
189『かくり()(かみ)(きた)りて玉藻山(たまもやま)
190御子(みこ)()れし()をことほぎ(たま)へり
191神妙(くすし)くもあるかな(すで)身死(みまか)りし
192(かみ)天降(あも)りて(くに)(いの)らす
193顕津男(あきつを)(かみ)(くる)しき御心(みこころ)
194(しの)びまつれば(われ)()(がた)きも
195(つち)(わか)国土(くに)()()ぎに(かた)まりて
196隠世(かくりよ)(かみ)さへ天降(あも)()しぬる』
197 魂機張(たまきはる)(かみ)御歌(みうた)
198魂機張(たまきは)神人(かみ)神言(みこと)(たふと)さよ
199生死一如(いきしにひとつ)(さか)()てなき
200万有(ものみな)主宰(つかさ)()れし神人(かみ)()
201とこしへまでも(ほろ)びざるべし
202常遠(とことは)生命(いのち)(たも)ちて天界(かみくに)
203神業(みわざ)(つか)ふる神人(かみ)(さち)なる
204鎮魂(たましづ)八種(やくさ)神言(かみごと)()りまして
205(まか)れる神人(かみ)()(たま)ひしはや
206言霊(ことたま)天照(あまて)(たす)くる(くに)なれば
207()かる(ためし)もあるべかりける
208千代鶴姫(ちよつるひめ)(みこと)()れますこの(やま)
209(つる)のうたへる(こゑ)()めるも
210幾千年(いくちとせ)万年(よろづとせ)まで姫命(ひめみこと)
211しづまりいまして国土(くに)(まも)りませ』
212 美味素(うましもと)(かみ)御歌(みうた)
213天国(てんごく)(たふと)(くに)甘美(うま)(くに)
214常永(とは)生死(いきしに)(さかひ)なければ
215()()きて()きの(さか)えの()てしなき
216天津神国(あまつみくに)住居(すまゐ)たのしも
217(われ)(いま)生死一如(いきしにひとつ)真諦(まさみち)
218(さと)りて(こころ)(いさ)()つなり
219久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)ゆはろばろと
220天降(あも)りし(かみ)(こころ)(うる)はし
221愛善(あいぜん)天津神国(あまつみくに)真諦(まさみち)
222いま()のあたり()つつ(たの)しも
223(たま)()生命(いのち)永久(とは)(ほろ)びざるを
224(さと)今日(けふ)こそ(たの)しき(われ)なり
225(つち)(わか)玉藻(たまも)(やま)(やま)()
226(まか)りし(かみ)御姿(みかげ)をがめり
227瑞御霊(みづみたま)生言霊(いくことたま)(あぢ)はひに
228天降(あも)(たま)ひぬ如衣比女神(ゆくえひめがみ)
229(あい)(ぜん)(しん)(しん)をも(むね)として
230()れし天国(みくに)歓喜(よろこび)(その)なり
231とこしへの生命(いのち)(たも)天界(かみくに)
232(うま)れし(さち)をたふとみ(おも)ふも』
233 結比合(むすびあはせ)(かみ)御歌(みうた)
234久方(ひさかた)御空(みそら)(たか)しあらがねの
235大地(おほぢ)(ひろ)生命(いのち)はながしも
236生死(いきしに)(わか)ちなき天界()(うま)れあひて
237(たの)しきものは言霊(ことたま)(さち)なり』
238 国中比古(くになかひこ)(かみ)御歌(みうた)
239(つち)(わか)真鶴国(まなづるくに)国中(くになか)
240(めづら)しき神事(みわざ)をろがみにけり
241アチメオオ オオ魂反(たまがへ)しの(わざ)
242如衣比女神(ゆくえひめがみ)天降(あも)りましけり』
243昭和八・一一・二六 旧一〇・九 於更生館 出口王仁識)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)