霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一七章 西方(にしかた)(たび)〔一九一一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 篇:第4篇 千山万水 よみ:せんざんばんすい
章:第17章 西方の旅 よみ:にしかたのたび 通し章番号:1911
口述日:1933(昭和8)年11月29日(旧10月12日) 口述場所:水明閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
古来、文学者たちが神世の物語を著すのに、史詩(シャンソン)と伝奇物語(ロマン)の二種類の様式を使ってきた。
史詩は歴史と空想の混じったものであり、伝奇物語は、史実を踏まえつつ、それをより濃厚な空想で味付けした物語である。
古今東西、神界に言及した多くの歴史物語が存在してきたが、『天祥地瑞』のように言霊を取り扱った書物はいまだかつてなかった。なぜなら、言霊学は深遠微妙、玄妙な学理であるから、並大抵の学者では理解することができなかったのである。
私(=王仁三郎)は大胆不敵にも、大宇宙の極元である言霊の活用に基づいて、宇宙の成立から神々の活動について、史詩の形式を借りて、その大要を述べようとしているのである。
天地茫漠として修理固成がまだなされていない時代、言霊のはたらきから発する意思想念の世界のことを説明すると、現代人には奇妙に感じることが多い。一定不変の形式をもたないので、神々の姿も、竜体・獣体・山岳など、さまざま違っている。なぜなら、意思想念そのものが現れているからである。
一方今日では、人間の形態が定まってしまったので、かえってその人の意思想念がどのようなものか、外から観察することが難しくなってしまった。正しい神の道により知恵正覚を得た人は、精神を看破することができるが、大多数の人には難しい。
そこで、主の大神は、ミロクの神柱を地上に下して、正しい教えを天下に施して人類の眼を覚まさせ、光らせ、悪魔の跳梁を絶滅させることで、ミロクの御世を樹立しようとなさっているのである。
さて、玉藻山に二人の女神を残して真鶴国を旅立った顕津男の神は、宇礼志穂の神、魂機張の神、結比合の神、美味素の神の四柱神を従者として、玉藻山の千条の滝が集まる大滝川に禊をした。そして、主の大神を伏し拝み、西方の国の国土造り・神生みの神業の完成を祈る歌を歌った。
従者神たちもそれぞれ、真鶴国の造営を省み喜びつつ、西方の国への旅立ちの決意を、それぞれ歌った。
宇礼志穂の神が案内に立ち、顕津男の神、そして残り三柱の従者神たちがそれに続いた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 376頁 修補版: 校定版:325頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 古来(こらい)文学者(ぶんがくしや)(たち)が、002天地開闢(てんちかいびやく)以後(いご)史実(しじつ)説明(せつめい)せむとするに(あた)り、003(ふた)つの方法(はうはふ)(もち)ゐて()た。004(その)(ひと)つは史詩(シヤンソン)であり、005(その)(ひと)つは伝奇物語(ロマン)であつた。006(しか)して史詩(シヤンソン)歴史(れきし)空想(くうさう)との交錯(かうさく)であり、007伝奇物語(ロマン)史的要素(してきえうそ)を、008より濃厚(のうこう)空想(くうさう)賦彩(ふさい)したものである。009ダンテの()(ごと)き、010(また)竹取物語(たけとりものがたり)(ごと)きは、011(すべ)伝奇物語(ロマン)形式(けいしき)()つたものである。012(なか)にも史詩(シヤンソン)(その)大多数(だいたすう)()めて()たやうであるが、013後世(こうせい)(いた)つて学者達(がくしやたち)散文体(さんぶんたい)翻訳(ほんやく)し、014(これ)(ひろ)発表(はつぺう)するに(いた)つたものである。015(しか)しながら我国(わがくに)()ふも(さら)なり、016泰西諸国(たいせいしよこく)流布(るふ)さるる史的物語(してきものがたり)にも、017英雄(えいゆう)018(かみ)019悪魔(あくま)(とう)取扱(とりあつか)つて()るもの(おほ)く、020()()ぶる『天祥地瑞(てんしやうちずゐ)』の(ごと)く、021言霊(ことたま)取扱(とりあつか)つた書籍(しよせき)絶無(ぜつむ)である。022(えう)するに言霊学(ことたまがく)深遠(しんゑん)微妙(びめう)にして、023凡庸学者(ぼんようがくしや)脳髄(なうずゐ)到底(たうてい)咀嚼(そしやく)(あた)はず、024(また)(ゆめ)にも窺知(きち)するを()ざる玄妙(げんめう)なる学理(がくり)なるが(ゆゑ)に、025今日迄(こんにちまで)閑却(かんきやく)されて()たのである。026一知半解(いつちはんかい)頭脳(づなう)をもつては、027到底(たうてい)言霊学(ことたまがく)題材(だいざい)とする史詩(シヤンソン)(また)伝奇物語(ロマン)絶対(ぜつたい)不可能(ふかのう)である。028(わたし)大胆(だいたん)にも不敵(ふてき)にも、029大宇宙(だいうちう)極元(きよくげん)たる言霊(ことたま)活用(くわつよう)(もと)づき、030宇宙(うちう)成立(せいりつ)より、031神々(かみがみ)御活動(ごくわつどう)()いて、032史詩(シヤンソン)形式(けいしき)()り、033弥々(いよいよ)(ここ)にその大要(たいえう)()べむとするものである。
034 (いま)天地茫漠(てんちばうばく)として修理固成(しうりこせい)(ひかり)(かがや)かざりし時代(じだい)物語(ものがたり)にして、035言霊(ことたま)妙用(めうよう)より(はつ)する意志(いし)想念(さうねん)世界(せかい)説明(せつめい)せむとするものなれば、036現代人(げんだいじん)()より(みみ)より不可思議(ふかしぎ)(かん)ずる(こと)(もつと)(おほ)かるべし。037人間(にんげん)(かみ)(かたち)(つく)られたりと、038(すべ)ての学者(がくしや)()つて()る。039(ゆゑ)(かみ)(すべ)人間(にんげん)(かたち)をなしたるものと想像(さうざう)して()人々(ひとびと)(おほ)いのである。040(しか)れども意志(いし)想念(さうねん)情動(じやうどう)によりて、041最初(さいしよ)世界(せかい)一定不変(いつていふへん)なる形式(けいしき)(たも)(こと)出来(でき)ないのは明瞭(めいれう)なる真理(しんり)である。042竜体(りうたい)(かみ)もあれば獣体(じうたい)(かみ)もあり、043(また)山岳(さんがく)(かたち)をなせる(かみ)もあり、044十数箇(じふすうこ)(かしら)(いう)する大蛇身(だいじやしん)もあり、045千態万様(せんたいばんやう)である。046何故(なにゆゑ)なれば、047意志(いし)想念(さうねん)(その)ものの(かたち)(あらは)れであるからである。048人間(にんげん)面貌(めんばう)精神(せいしん)索引(さくいん)なりと(とな)ふるも(この)理由(りゆう)である。049(しか)しながら今日(こんにち)にては人間(にんげん)形態(けいたい)(さだ)まりたれば、050意志(いし)想念(さうねん)によりて(その)(たい)(へん)ぜず。051(ただ)面貌(めんばう)変化(へんくわ)(きた)すのみとなつたので、052表面(へうめん)より()ては(その)性格(せいかく)容易(ようい)()(こと)出来(でき)なくなつて()る。053外面如菩薩(げめんによぼさつ)054内心如夜叉(ないしんによやしや)(ごと)悪魔(あくま)横行(わうかう)するのも、055善悪(ぜんあく)(とも)同一(どういつ)形態(けいたい)(そな)ふるに(いた)りしより、056悪魔(あくま)便宜(べんぎ)(あた)へて()るのである。057細心(さいしん)注意(ちうい)する(とき)は、058形態(けいたい)人間(にんげん)なれども、059(その)面貌(めんばう)に、060声音(せいおん)に、061動作(どうさ)に、062悪魔(あくま)状態(じやうたい)(げん)ずるものなれども、063一般(いつぱん)人間(にんげん)()よりは、064(その)精神(せいしん)状態(じやうたい)善悪(ぜんあく)容易(ようい)窺知(きち)する(こと)出来(でき)ないやうになつたのである。065(ただ)しき(かみ)(みち)()み、066日夜(にちや)(たま)(きよ)め、067智慧証覚(ちゑしようかく)()たる真人間(まにんげん)(まなこ)よりは、068容易(ようい)(これ)観破(くわんぱ)する(こと)出来(でき)るのであれども、069(めくら)千人(せんにん)目明(めあ)一人(ひとり)()(たとへ)()れず、070大多数(だいたすう)(ひと)(あざむ)かれ(わざは)ひにかかるものである。071(ここ)()大神(おほかみ)は、072ミロクの神柱(かむばしら)地上(ちじやう)(くだ)して、073(ただ)しき(をしへ)天下(てんか)()(ほどこ)人類(じんるゐ)(まなこ)(さま)させ、074(ひか)らせ、075悪魔(あくま)跳梁(てうりやう)絶滅(ぜつめつ)し、076(もつ)てミロクの神世(みよ)樹立(じゆりつ)せむとし(たま)へるこそ、077有難(ありがた)(たふと)(かぎ)りなれ。
078(ここ)太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)
079玉藻(たまも)(やま)聖所(すがどこ)
080二柱(ふたはしら)女神(めがみ)(のこ)しおき
081玉野宮居(たまのみやゐ)礼辞(ゐやひごと)
082()()へまして悠々(いういう)
083(こま)(またが)(すず)()
084いと(いさ)ましく百神(ももがみ)
085その御尾前(みをさき)(まも)られて
086傾斜面(なぞへ)坂路(さかみち)右左(みぎひだり)
087(つた)(つた)ひて(くだ)りまし
088千条(ちすぢ)(たき)よりおちくだつ
089(たに)清水(しみづ)(みそぎ)して
090(うま)水飼(みづか)荒野原(あらのはら)
091(いさ)(すす)みて()でたまふ
092(その)御姿(みすがた)雄々(をを)しさよ
093百神等(ももがみたち)御尾前(みをさき)
094(つか)へまつりて霊光(れいくわう)
095(かがや)きたまふ御後(みあと)より
096(おそ)(つつし)()でたまふ
097紫微天界(たかあまはら)国土生(くにう)みや
098御子生(みこう)みの(たび)物語(ものがたり)
099水明閣(すゐめいかく)端坐(たんざ)して
100東雲社員(しののめしやゐん)(ふで)とらせ
101(こころ)いそいそ()べてゆく
102嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
103(かみ)御霊(みたま)(さちは)ひて
104()物語(ものがたり)いや(ひろ)
105いや(つばら)かに(のち)()
106(かがみ)ともなり(しほ)となり
107(はな)ともなりて()(ひと)
108御魂(みたま)(ひかり)(あた)ふべく
109(まも)らせ(たま)へと()(まつ)る。
110 顕津男(あきつを)(かみ)宇礼志穂(うれしほ)(かみ)111魂機張(たまきはる)(かみ)112結比合(むすびあはせ)(かみ)113美味素(うましもと)(かみ)四柱神(よはしらがみ)(とも)に、114玉藻山(たまもやま)千条(ちすぢ)滝水(たきみづ)(あつま)れる大滝川(おほたきがは)清流(せいりう)(みそぎ)(たま)ひ、115おのもおのも(こま)水飼(みづか)ひながら、116()大神(おほかみ)(はる)かに()(をが)み、117西方(にしかた)(くに)国土造(くにつく)神生(かみう)みの神業(みわざ)を、118外字(うまら)委曲(つばら)完成(くわんせい)すべく、119(こゑ)(すが)しく(いのり)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
120久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)()(かみ)
121(みそぎ)(をは)りて()(ごと)(まを)さむ
122真鶴(まなづる)国土(くに)はやうやく(かた)まりぬ
123西方(にしかた)国土(くに)()(まも)らせたまへ
124玉野丘(たまのをか)(ふく)(あが)りし神業(かむわざ)
125ならひて(われ)国土生(くにう)みせむとす
126もろもろの曲神等(まがかみたち)言向(ことむ)けて
127(かみ)()さしの国土生(くにう)みをせむ
128わが伊行(いゆ)(みち)隈手(くまで)(つつが)なく
129(すす)ませたまへ()大御神(おほみかみ)
130科戸辺(しなどべ)(かぜ)(しづか)にふくよかに
131わが()(みち)(さちは)ひあれかし』
132 宇礼志穂(うれしほ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
133『わが岐美(きみ)御後(みあと)(したが)(すす)みゆく
134(みち)隈手(くまで)(つつが)あらすな
135真鶴(まなづる)(くに)(さかひ)日南河(ひなたがは)
136(むか)(きし)までおくらせたまはれ
137真鶴(まなづる)国土(くに)はやうやく(かた)まれど
138まだ(つち)(わか)(こま)はなづまむ
139玉藻山(たまもやま)千条(ちすぢ)(たき)(あつま)りし
140大滝川(おほたきがは)水底(みそこ)()めり
141()みきらふ大滝川(おほたきがは)真清水(ましみづ)
142(みづ)御霊(みたま)(こころ)なるかも
143大滝川(おほたきがは)(きよ)(なが)れに(みそぎ)して
144わが魂線(たましひ)(よみが)へりぬる
145水底(みなそこ)砂利(じやり)さへ小魚(さな)さへ()きとほる
146大滝川(おほたきがは)(きよ)くもあるかな
147駿馬(はやこま)(いなな)(つる)万代(よろづよ)
148うたひて岐美(きみ)がみゆき(おく)るも
149大滝川(おほたきがは)岸辺(きしべ)()ゆる夏草(なつぐさ)
150(みどり)若草(わかぐさ)わけて(すす)まむ』
151 魂機張(たまきはる)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
152魂機張(たまきは)(いのち)清水(しみづ)真清水(ましみづ)
153千条(ちすぢ)(たき)より()つる(なが)れは
154たうたうといや永久(とこしへ)におちたぎつ
155(たき)のごとあれ岐美(きみ)(よはひ)
156永久(とこしへ)()るるためしはあらたきの
157いや高長(たかなが)(なが)るる生命(いのち)
158かかる()(うま)れてかかる(たの)しさを
159(あぢ)はひにけり岐美(きみ)(つか)へて
160玉藻山(たまもやま)千条(ちすぢ)(たき)(おと)(たか)
161(ひび)きわたらへ岐美(きみ)御名(おんな)
162百千草(ももちぐさ)四方(よも)(にほ)ひて百鳥(ももどり)
163(こゑ)()(わた)大滝川(おほたきがは)()
164川水(かはみづ)(いつ)つの(こま)水飼(みづか)ひて
165(すす)まむ今日(けふ)(たび)面白(おもしろ)
166()(さき)如何(いか)なる(かみ)のさやるとも
167退(しりぞ)けたまへ言霊(ことたま)水火(いき)
168旅立(たびだ)たす岐美(きみ)御供(みとも)(つか)へつつ
169わが()わが(たま)わくわく(をど)るも
170(きは)みなき(のぞ)みかかへて旅立(たびだ)たす
171岐美(きみ)(おも)わを(いさ)ましく(おも)
172御面(おんおも)月日(つきひ)(ごと)くかがやきて
173射向(いむか)(かみ)とならせたまひぬ
174わが(かみ)面勝神(おもかつがみ)射向(いむか)(かみ)
175如何(いか)なる(まが)もさやらむすべなし
176大野原(おほのはら)()()(かぜ)(やはら)かに
177みゆきことほぐ(ひびき)をつたふ』
178 結比合(むすびあはせ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
179大滝川(おほたきがは)(きよ)(なが)れは永久(とこしへ)
180岐美(きみ)生命(いのち)()みきらひたり
181(くも)(うへ)()きたつ玉藻(たまも)神山(かみやま)
182(むらさき)(くも)(つつ)まれにけり
183(むらさき)(くも)(うへ)より玉野比女(たまのひめ)
184生代(いくよ)比女(ひめ)岐美(きみ)(おく)らむ
185()れませし御子(みこ)()()(たの)しみて
186西方(にしかた)国土(くに)()たす岐美(きみ)はも
187真鶴山(まなづるやま)玉藻(たまも)(やま)三笠山(みかさやま)
188真鶴国(まなづるくに)(かなめ)なるかも
189(つき)()(きよ)(なが)るる大滝(おほたき)
190(かは)(そこ)まで()みきらひたり
191(ゆふ)ざれば(ほし)真砂(まさご)数々(かずかず)
192水面(みのも)(きよ)(うか)ぶなるらむ
193霊線(たましひ)(むす)びの(ちから)(つき)()
194(ほし)虚空(こくう)にやすく()まれり
195まだ(わか)国原(くにはら)なれど(つき)()(ほし)
196霊線(たましひ)(いと)(うご)くともせず
197(あま)(かは)(みなみ)(きた)大空(おほぞら)
198くぎりて(きよ)真鶴(まなづる)(くに)
199 美味素(うましもと)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
200玉藻山(たまもやま)(たま)(いづみ)ゆおちたぎつ
201千条(ちすぢ)(たき)(みづ)はあまきも
202()(うへ)(すべ)てのものを(うるほ)して
203(はぐ)くみ(まも)千条(ちすぢ)滝水(たきみづ)
204神々(かみがみ)()ひて()くべき稲種(いなだね)
205この川水(かはみづ)(はぐ)くまるなり
206(あめ)狭田(さだ)長田(ながた)(そそ)大滝(おほたき)
207(かは)清水(しみづ)(あぢ)はひよきかも
208言霊(ことたま)水火(いき)こもらずば真清水(ましみづ)
209あまき(あぢ)はひ(そな)はらざらむを
210天地(あめつち)(すべ)てのものら美味素(うましもと)
211(かみ)(まも)りの(あぢ)はひもてるも
212神々(かみがみ)魂線(たましひ)までも(あぢ)はひを
213(さづ)けて(まも)美味素(うましもと)(かみ)
214(かは)()()鈴虫(すずむし)(こゑ)さへも
215(あぢ)はひうましく(みみ)(ひび)けり
216おちくだつ千条(ちすぢ)(たき)(ひびき)さへ
217(みみ)なぐさむる(あぢ)はひなりけり
218いざさらば岐美(きみ)()しませ(こま)()
219(われ)御供(みとも)(つか)へまつらむ』
220 ()(うた)(をは)(たま)へば、221太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)は、
222美味素(うましもと)(かみ)言葉(ことば)(あぢ)はひに
223(われ)(すす)まむ(こま)(むち)うちて』
224()らせつつ、225馬背(こまのせ)(またが)り、226五色(ごしき)(きぬ)もて(つく)りたる御手綱(みたづな)左手(ゆんで)にもたせ、227右手(めて)玉鞭(たまむち)()()りながら、228(こま)(かざ)せる(すず)()もさやさやに、229神跡(みあと)なき若草原(わかくさばら)(すす)ませ(たま)へば、230宇礼志穂(うれしほ)(かみ)案内(あない)()めと御前(みまへ)()ち、231三柱神(みはしらがみ)御後(みしりへ)(したが)ひまつり、232湯気(ゆげ)()(のぼ)大野原(おほのがはら)を、233西(にし)西(にし)へと(すす)ませ(たま)ふぞ(いさ)ましき。
234昭和八・一一・二九 旧一〇・一二 於水明閣 加藤明子謹録)