霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 岸辺(きしべ)出迎(でむかへ)(一)〔一九一四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 篇:第4篇 千山万水 よみ:せんざんばんすい
章:第20章 第75巻 よみ:きしべのでむかえ 通し章番号:1914
口述日:1933(昭和8)年11月29日(旧10月12日) 口述場所:水明閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
「スウヤトゴル」とは、聖なる山、という意味である。
天地の邪気が凝り固まって生まれた十二頭の大蛇神が、この連峰となって日南河の西北に高くそびえ、邪気を日々発生させて紫微天界の一部を曇らせ、神々を悩ませていた。
スウヤトゴルはこの邪神の連峰の偽名であり、実は曲津・悪霊が割拠していたのである。
顕津男の神がスウヤトゴルを帰順させて西方の国を開こうと、日南河の北岸に渡って来たとき、照男(てるお)の神は、七柱の神々を従えて迎えにやってきた。
七柱の神々とは、内津豊日(うちつゆたひ)の神、大道知男(おおみちしりお)の神、宇志波岐(うしはぎ)の神、臼造男(うすつくりお)の神、内容居(うちいるい)の神、初産霊(はつむすび)の神、愛見男(なるみを)の神である。
八柱の神々は、顕津男の神に挨拶を述べ、そのご健在を祝して歌った。
照男の神はまた、スウヤトゴル山の猛威を訴え、顕津男の神を待ち望んでいた西方の国の神人たちの心情を歌った。
顕津男の神は、様子の分からない国の案内を照男の神に頼みつつ、これまで曲神の猛威に耐えつつよく国を治めてきた照男の神をねぎらう歌を歌った。
従者神の内津豊日の神、大道知男の神、宇志波岐の神は、西方の国の現状を訴え、顕津男の神への期待を歌に歌い、御降臨を喜んだ。
すると、たちまち天地が割れるかというような雷鳴がとどろき、稲妻が走り、大雨が降りだすと、日南河はみるみる濁流にあふれ、岸を呑み、河底の巨巖をまりのように押し流してしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7520
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 392頁 修補版: 校定版:383頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 スウヤトゴルは、002(せい)なる(やま)()である。003ここに天地(てんち)邪気(じやき)()(かた)まりて、004十二頭(じふにかしら)大蛇神(をろちがみ)となりけるが、005(たちま)姿(すがた)(へん)じ、006スウヤトゴルの連峰(れんぽう)となりて、007日南河(ひなたがは)西北方(せいほくはう)(たか)(そび)え、008邪気(じやき)日夜(にちや)発生(はつせい)して、009紫微天界(しびてんかい)一部(いちぶ)(くも)らせ、010数多(あまた)神々(かみがみ)をなやませて()たのである。011スウヤトゴルは偽名(ぎめい)にして、012その(じつ)大曲津見(おほまがつみ)(かみ)013八十曲津見(やそまがつみ)(かみ)悪霊(あくれい)割拠(かつきよ)してゐるのである。
014 顕津男(あきつを)(かみ)は、015西方(にしかた)国土(くに)(ひら)かむとして、016()第一(だいいち)悪神(あくがみ)化身(けしん)なるスウヤトゴルを帰順(きじゆん)せしめむと、017日南河(ひなたがは)北岸(ほくがん)()(わた)(たま)へば、018ここに照男(てるを)(かみ)内津豊日(うちつゆたひ)(かみ)019大道知男(おほみちしりを)(かみ)020宇志波岐(うしはぎ)(かみ)021臼造男(うすつくりを)(かみ)022内容居(うちいるゐ)(かみ)023初産霊(はつむすび)(かみ)024愛見男(なるみを)(かみ)七柱(ななはしら)(したが)へて()(むか)(たま)ひ、025(わか)れて程経(ほどへ)挨拶(あいさつ)()(をは)り、026その御健在(ごけんざい)(しゆく)しつつ御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
027 照男(てるを)(かみ)御歌(みうた)
028気永(けなが)くも()ちわびにける顕津男(あきつを)
029(かみ)()ませりわが()国土(くに)
030西方(にしかた)国土(くに)曲神(まがかみ)(ふさ)がりて
031()()邪気(じやき)()きまくるなり
032如何(いか)にしてこの曲神(まがかみ)ををさめむと
033(こころ)千々(ちぢ)(くだ)きけるはや
034顕津男(あきつを)(かみ)()でます今日(けふ)よりは
035西方(にしかた)国土(くに)月日(つきひ)()ゆらむ
036(とき)じくに黒雲(くろくも)(おこ)(あめ)()らせ
037(かぜ)()(すさ)ぶスウヤトゴルの(やま)
038スウヤトゴルの(やま)(とき)じく黒煙(くろけむり)
039()きて四方八方(よもやも)邪気(じやき)()らすも
040(くさ)()()()五穀(たなつもの)さへも
041この邪気(じやき)のため伊竦(いすく)みにけり
042(そだ)つべきものも(そだ)たず()(つき)
043しをれ()くかなスウヤトゴルの(くも)
044言霊(ことたま)(ひかり)岐美(きみ)にめぐり()ひて
045わが雄心(をごころ)高鳴(たかな)りやまずも
046高照(たかてる)(やま)より()つる日南河(ひなたがは)
047(みづ)(にご)りぬ曲津見(まがつみ)邪気(じやき)
048神々(かみがみ)生命(いのち)(うば)(くさ)()
049()ひたちまでも(しひた)げしはや
050この(うへ)言霊(ことたま)水火(いき)(ひかり)にて
051スウヤトゴルを退(しりぞ)けたまはれ』
052 顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
053(つき)()照男(てるを)(かみ)功績(いさをし)
054西方(にしかた)国土(くに)(あか)るからむを
055(われ)(いま)真鶴(まなづる)国土(くに)(つく)りをへて
056日南(ひなた)(かは)(わた)りつるかも
057西方(にしかた)国土(くに)有様(ありさま)()らねども
058(なれ)案内(あない)(すす)まむとぞおもふ
059照男神(てるをがみ)(こころ)(やす)かれ()(かみ)
060生言霊(いくことたま)()けし(われ)あれば
061如何(いか)ならむ(しこ)曲津見(まがつみ)(たけ)ぶとも
062われには(もも)(そな)へありせば
063日南河(ひなたがは)(わた)りしばかりの(われ)なれば
064西方国(にしかたくに)(さま)はわからず』
065 照男(てるを)(かみ)(ふたた)御歌(みうた)もて(こた)(たま)ふ。
066(ちから)なきわれ()づかしも言霊(ことたま)
067水火(いき)(にご)れば曲津見(まがつみ)(たけ)
068スウヤトゴルの(きよ)神山(みやま)()(へん)
069大曲津見(おほまがつみ)国土(くに)(みだ)しつ
070朝夕(あさゆふ)曲津見(まがつみ)()水火(いき)(いろ)
071黒雲(くろくも)となりて四方(よも)(つつ)めり
072われは(いま)七柱(ななはしら)(かみ)(したが)へて
073岐美(きみ)がみゆきを(むか)へまつりぬ
074七柱(ななはしら)(かみ)神言(みこと)はウの(こゑ)
075生言霊(いくことたま)()れし(かみ)ぞや
076()(かみ)神言(みこと)(かしこ)みウ(ごゑ)より
077七柱(ななはしら)(かみ)()れましにけり
078七柱(ななはしら)(かみ)(ひき)ゐてわれは(いま)
079岐美(きみ)がみゆきを(むか)へまつりぬ』
080 ここに七柱(ななはしら)(かみ)一柱(ひとはしら)081内津豊日(うちつゆたひ)(かみ)御歌(みうた)もて寿(ことほ)(たま)ふ。
082久方(ひさかた)高地秀(たかちほ)(やま)(くだ)りましし
083岐美(きみ)(はじ)めて(をろが)みけるはや
084言霊(ことたま)(ひかり)岐美(きみ)(いま)あひて
085(こころ)(あか)るくなりにけらしな
086国土(くに)()御子(みこ)()まさむ瑞御霊(みづみたま)
087神業(みわざ)たふとみ()(むか)へゐし
088(つき)()照男(てるを)(かみ)御供(みとも)して
089日南(ひなた)(かは)()(むか)ひける
090日南河(ひなたがは)(みづ)(にはか)(きよ)みけり
091岐美(きみ)御水火(みいき)(ひかり)にふれて
092瑞御霊(みづみたま)(あらは)れませしたまゆらに
093わが魂線(たましひ)はひろごりにけり
094かくの(ごと)(たふと)(ひかり)(かみ)ますとは
095(ゆめ)(うつつ)(おも)はざりしを
096われこそは内津豊日(うちつゆたひ)(かみ)なるよ
097(まも)らせ(たま)言霊(ことたま)水火(いき)
098今日(けふ)よりは岐美(きみ)御尾前(みをさき)(まも)りつつ
099国土生(くにう)みの(わざ)(つか)へまつらむ
100美波志比古(みはしひこ)(かみ)(さき)()()れまして
101スウヤトゴルに(のぼ)りましける
102美波志比古(みはしひこ)(かみ)便(たよ)りは()えにけり
103大曲津見(おほまがつみ)にとらはれ(たま)ひしか
104ともかくも(かみ)(こころ)(まか)せつつ
105吉日(よきひ)良辰(よきとき)()たむと(おも)ふも』
106 大道知男(おほみちしりを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
107『われは(いま)照男(てるを)(かみ)御供(みとも)して
108(ひかり)岐美(きみ)(むか)へけるかな
109(つき)()照男(てるを)(かみ)功績(いさをし)
110大曲津見(おほまがつみ)(わざはひ)(すく)なき
111さりながらこの(わか)国土(くに)(ひろ)(そら)
112一柱神(ひとはしらがみ)如何(いか)()ふべき
113国津神(くにつかみ)岐美(きみ)()でまし()ちにつつ
114(そら)(あふ)ぎて(なげ)きゐしはや
115(かしこ)くも(ひかり)岐美(きみ)()でましに
116河水(かはみづ)さへも()みきらひたり
117曲津見(まがつみ)山河(やまかは)()(いは)()りて
118神々等(かみがみたち)(まど)はせてをり
119スウヤトゴル(やま)姿(すがた)(きよ)けれど
120表面(うはべ)(かざ)曲津(まが)のたくみよ
121(うるは)しき(やま)姿(すがた)となりながら
122()()邪気(じやき)()()らすなり
123西方(にしかた)国土(くに)はよしあし(しげ)らひて
124(かみ)()むべき(ところ)(すく)なき
125スウヤトゴルの(やま)裾野(すその)()(かみ)
126何時(いつ)魔神(まがみ)餌食(ゑじき)となれり
127折々(をりをり)八十曲津見(やそまがつみ)河中(かはなか)
128(いはほ)となりて()()めにけり
129瑞御霊(みづみたま)(ひかり)岐美(きみ)言霊(ことたま)
130曲津見(まがつみ)(いは)(くだ)かれしはや
131曲津見(まがつみ)(しこ)(たけ)びの(つよ)ければ
132野辺(のべ)木草(きぐさ)もことごとしなへり
133今日(けふ)よりは岐美(きみ)御尾前(みをさき)(つか)へつつ
134西方(にしかた)国土(くに)邪気(じやき)(はら)はむ
135ありがたく(たふと)くおもふ西方(にしかた)
136国土(くに)天降(あも)りし(みづ)御霊(みたま)
137駿馬(はやこま)(いなな)きにさへも四方八方(よもやも)
138ふたぎし(くも)()()めにけり
139永久(とこしへ)(ひかり)()てる岐美(きみ)ゆゑに
140(しこ)黒雲(くろくも)()()めにけり
141今日(けふ)よりは天津御空(あまつみそら)()(つき)
142(ひかり)さやけく()らしますらむ』
143 宇志波岐(うしはぎ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
144(われ)こそは稚国原(わかくにはら)宇志波岐(うしはぎ)
145(かみ)なりながら(ちから)()らずも
146()()ちし(ひかり)(かみ)のいでましに
147山河(やまかは)一度(いちど)()(わた)りつつ
148久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)あとにして
149(ひかり)岐美(きみ)此処(ここ)()ませり
150常闇(とこやみ)西方(にしかた)国土(くに)()らさむと
151()でます岐美(きみ)姿(すがた)雄々(をを)しも
152ヒーローの(かみ)いまさずば西方(にしかた)
153(くに)曲津見(まがつみ)帰順(まつろ)はざるべし
154八雲(やくも)()出雲(いづも)八重雲(やへぐも)(かさ)なりて
155月日(つきひ)もたしに(をが)めざる国土(くに)
156(つき)()(かげ)をさへぎる曲津見(まがつみ)
157水火(いき)かたまりて黒雲(くろくも)となりぬ
158次々(つぎつぎ)()()(くも)(あめ)()ちて
159この国原(くにはら)水火(いき)をそこなふ
160()(かみ)のウ(ごゑ)(うま)()でしわれも
161(ちから)()らずてもてあましつつ』
162 かく四柱神(よはしらかみ)は、163顕津男(あきつを)(かみ)御降臨(ごかうりん)(よろこ)(たま)ひて、164寿()(うた)()ませつつ、165(あめ)(むか)ひて合掌(がつしやう)礼拝(らいはい)(ひさ)しくし(たま)ふぞ(かしこ)けれ。
166 (をり)しもあれや、167天地(てんち)()るるばかりの雷鳴(らいめい)(とどろ)き、168稲妻(いなづま)(はし)り、169大雨(たいう)沛然(はいぜん)として(いた)り、170みるみる日南河(ひなたがは)濁流(だくりう)(みなぎ)り、171(きし)()み、172河底(かはぞこ)巨巌(きよがん)(まり)(ごと)くに下流(かりう)(なが)()めにける。
173昭和八・一一・二九 旧一〇・一二 於水明閣 林弥生謹録)