霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 清浄(せいじやう)潔白(けつぱく)〔一九一六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 篇:第4篇 千山万水 よみ:せんざんばんすい
章:第22章 第75巻 よみ:せいじょうけっぱく 通し章番号:1916
口述日:1933(昭和8)年11月30日(旧10月13日) 口述場所:水明閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
顕津男の神は、霊と肉とが円満に合致しているため、礼儀、慈愛、風雅それぞれ全く兼ね備えていた。だから、至るところ、物に接し事に感じては御歌を詠むのであった。
いま、顕津男の神は日南河を渡り、悪魔のはびこる西方の国を作り固めようとして心を悩ませ、また高地秀の宮に残してきた八柱の比女神たちや八十比女神たちの身の上を思い起こし、悲嘆の涙にくれながら、述懐歌を歌った。
その歌は、道のためとはいえ、置き去りにしてきた妻子の寂しさを思って悩む思いと、その悩みに負けず心を立て直す自分の決意を詠んだものであった。
そして顕津男の神は、日南河の流れに下り立って禊の神事を修した。すると、出迎えの八柱の神々も早瀬に飛び込んで、浮きつ沈みつ、天津祝詞を奏上して、禊の神事を修した。
一同は、ようやく心地がすがすがしくなった、と言上げて、各々心静かに歌を詠んだ。
身も心も軽くなり、曲津神に対する勇気に満ちた禊のいさおしをたたえつつ、顕津男の神に従い、柏木の森を目当てに、意気揚揚と出発した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7522
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 400頁 修補版: 校定版:413頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 円満(ゑんまん)にして霊肉(れいにく)合致(がつち)したる顕津男(あきつを)(かみ)は、002礼儀(れいぎ)()み、003慈愛(じあい)()み、004風雅(ふうが)(みち)()(たま)へば、005(いた)(ところ)(もの)(せつ)(こと)(かん)じて、006御歌(みうた)()ませ(たま)へり。007顕津男(あきつを)(かみ)(いま)日南河(ひなたがは)(わた)り、008悪魔(あくま)のはびこれる西方(にしかた)国土(くに)(つく)(かた)めむとして神心(みこころ)(なや)ませ(たま)ひ、009高地秀(たかちほ)(みや)にまします八柱(やはしら)比女神(ひめがみ)や、010八十比女神(やそひめがみ)()(うへ)追懐(つゐくわい)し、011しばし悲歎(ひたん)(なみだ)にくれ(たま)ひつつ、012御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
013若草(わかぐさ)(つま)をやもめに()れし()
014(てて)なしとするわが(たび)(さび)しき
015空閨(くうけい)()(つま)()をおもひやり
016(われ)()()()()くおもひすも
017国魂(くにたま)御子(みこ)()めども永久(とこしへ)
018あひみることのかなはぬ(ちち)なり
019()くの(ごと)(くる)しき神業(みわざ)(つか)ふるも
020()のため(みち)のためなればなり
021スウヤトゴルの(みね)(はろ)かの()(おく)
022よこたはりつつ邪気(じやき)()くなり
023(いま)よりは(こころ)(こま)()(なほ)
024スウヤトゴルの曲津(まが)言向(ことむ)けむ
025国土生(くにう)みと御子生(みこう)みの神業(わざ)(つか)()
026わが()はいたく(つか)れたりけり
027この(つか)(やす)めむとする(ひま)もなく
028また()(むか)曲津(まが)のすみかへ
029(いは)となり山河(やまかは)となりて曲神(まがかみ)
030わが()()きにさやらむとすも
031()(わた)日南(ひなた)(かは)(みそぎ)して
032いざや(すす)まむ曲津(まが)在所(ありか)に』
033 (ここ)顕津男(あきつを)(かみ)は、034日南河(ひなたがは)(なが)れに()()ちて(みそぎ)神事(わざ)(しう)(たま)へば、035八柱(やはしら)神々(かみがみ)(われ)(おく)れじと速瀬(はやせ)()()み、036()きつ(しづ)みつ天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)しながら、037(みそぎ)神事(わざ)(しう)(たま)ひける。
038 顕津男(あきつを)(かみ)はじめ八柱神(やはしらがみ)は、039(やうや)岸辺(きしべ)()(あが)り『わが心地(ここち)清々(すがすが)しくなりし』と()らせ(たま)ひて(こころ)(しづか)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
040 顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)
041高照(たかてる)(やま)より()つる河水(かはみづ)
042(こころ)すがしく(みそぎ)せしはや
043気魂(からたま)にかかれる(つみ)(けが)れまで
044(あら)ひおとしぬ速河(はやかは)()
045水底(みなそこ)をかい(くぐ)りつつ気魂(からたま)
046(けが)れを(また)くはらひし(すが)しさ
047村肝(むらきも)(こころ)(すが)しも真清水(ましみづ)
048(なが)れに(みそぎ)をはりしわれは
049水底(みなそこ)(あか)るきまでに(ひか)りたり
050わが気魂(からたま)(きよ)らかにして
051かくの(ごと)(ひか)りかがやく気魂(からたま)
052八十比女(やそひめ)(まへ)()せたくぞ(おも)
053(われ)ながら(おどろ)きにけり何時(いつ)()にか
054わが気魂(からたま)(ひかり)となれる
055()(たま)(ひか)(かがや)水底(みなそこ)
056魚族(うろくづ)までも(ゑら)ぎつどひ()
057(われ)こそは生言霊(いくことたま)(さちは)ひて
058(ひかり)(かみ)となりにけらしな
059(なが)むればわが()(ほね)まで()(とほ)
060まさしく(みづ)御霊(みたま)となりぬ
061水晶(みづいし)(ごと)くに(ほね)まで()(とほ)
062わが()(すこ)しの(くも)りだになき
063(かく)(ごと)(ひかり)となりし(われ)なれば
064伊行(いゆ)かむ(みち)(よる)はなからむ
065天伝(あまつた)(つき)(ひかり)もかくまでに
066(ひか)らざるべし()れるわが()
067四方山(よもやま)百花(ももばな)千花(ちばな)にいや()して
068(うるは)しきかなわが気魂(からたま)は』
069 美波志比古(みはしひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
070『わが岐美(きみ)(あと)(したが)速河(はやかは)
071瀬々(せせ)(なが)れに(みそぎ)せしはや
072わが(たま)大曲津見(おほまがつみ)水火(いき)うけて
073(すみ)(ごと)くに(けが)れゐたりき
074河水(かはみづ)(いろ)(かは)るまで気魂(からたま)
075(あか)ながれける(みそぎ)神事(わざ)
076(かく)(ごと)わが気魂(からたま)(きよ)まりぬ
077いざや(すす)まむ(まが)征途(せいと)
078村肝(むらきも)(こころ)くもれば(たちま)ちに
079曲津見(まがつみ)(わな)(おと)さるるなり
080肝向(きもむか)(こころ)くもりて美波志比古(みはしひこ)
081われは曲津見(まがつみ)にをかされにけり
082()くの(ごと)(ひか)らす岐美(きみ)()らずして
083先行(さきゆ)きしわれの(おろか)さを()
084日南河(ひなたがは)御橋(みはし)かけむと(すす)()
085曲津見(まがつみ)()(まよ)()りけり
086雄健(をたけ)びの(みそぎ)神事(わざ)にわが神魂(みたま)
087真清水(ましみづ)のごと(きよ)まりにけり』
088 内津豊日(うちつゆたひ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
089瑞御霊(みづみたま)(むか)(まつ)ると此処(ここ)()
090(みそぎ)神事(わざ)(つか)へけるかも
091()(たま)(すが)しくなりぬ(いま)よりは
092岐美(きみ)(つか)へて雄健(をたけ)びせむとす
093曲津見(まがつみ)御空(みそら)をふさぐ()(なか)
094(ひかり)(かみ)()れましにけり
095顕津男(あきつを)(かみ)御霊(みたま)御光(みひかり)
096わが気魂(からたま)(きよ)まりにけり
097気魂(からたま)神魂(みたま)(かみ)御光(みひかり)
098けがれなきまでに()(わた)りつつ
099内津豊日(うちつゆたひ)(かみ)御名(みな)まで()ひながら
100(こころ)のくもり()れざりにけり
101わが岐美(きみ)(したが)(なが)れに(みそぎ)して
102はじめて内津豊日(うちつゆたひ)となりぬる
103曲津見(まがつみ)所得顔(ところえがほ)にすさび()
104西方(にしかた)国土(くに)今日(けふ)より(うま)れむ
105非時(ときじく)黒雲(くろくも)()()西方(にしかた)
106国土(くに)()らさばや(みそぎ)(かさ)ねて
107スウヤトゴル(みね)曲津見(まがつみ)(すさ)ぶとも
108(いま)はおそれじ岐美(きみ)ましませば
109国津神(くにつかみ)ゑらぎ(さか)えむ水晶(みづいし)
110(かみ)(ひかり)()らされにつつ
111(くさ)()月日(つきひ)御光(みかげ)あびずして
112如何(いか)(しげ)らむ(つち)(わか)国土(くに)
113高照(たかてる)(みね)より()つる日南河(ひなたがは)
114今日(けふ)をはじめと(みそぎ)せしはや
115()(かみ)のウ(ごゑ)()れし(われ)ながら
116(みそぎ)のたふとささとらざりけり
117朝夕(あさゆふ)(みそぎ)神事(わざ)(つか)へつつ
118西方(にしかた)国土(くに)()かさむと(おも)ふ』
119 大道知男(おほみちしりを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
120大道(おほみち)知男(しりを)(かみ)(われ)にして
121(みそぎ)神事(みわざ)(をこた)りしかも
122惟神(かむながら)(かみ)のひらきし大道(おほみち)
123(みそぎ)神事(みわざ)(かなめ)なりける
124(みそぎ)してわが()わが(たま)(きよ)まりぬ
125(しこ)曲津見(まがつみ)もはやをかさじ
126国土(くに)()御子(みこ)()ますと()(たま)
127(みづ)御霊(みたま)(ひかり)なりしはや
128(あふ)()るさへもまぶしくなりにけり
129(みづ)御霊(みたま)(ひかり)(かみ)
130()くの(ごと)(ひか)りかがやく生神(いきがみ)
131()れましし(うへ)(なに)をなげかむ
132()(よる)(なげ)きつづけし西方(にしかた)
133国津神等(くにつかみたち)よみがへるべし
134(われ)もまた(あさ)(ゆふ)なに大道(おほみち)
135さとしつつなほ(みそぎ)()らざりき
136天界(てんかい)にいともたふとき神業(かむわざ)
137(みそぎ)のわざにしくものはなし
138西方(にしかた)国土(くに)御空(みそら)(つつ)みたる
139(くも)(みそぎ)神事(わざ)()るべし
140()くの(ごと)(みそぎ)神事(わざ)(たふと)さを
141(われ)(いま)まで(さと)らざりけり
142気魂(からたま)神魂(みたま)(きよ)くなりにけり
143速河(はやかは)()(みそぎ)せしより』
144 宇志波岐(うしはぎ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
145『このあたり(われ)はうしはぎゐたりしが
146曲津見(まがつみ)のため(くも)らされつつ
147惟神(かむながら)(みそぎ)神事(みわざ)()らずして
148(をさ)めむとせし(われ)(おろか)さよ
149(みそぎ)して生言霊(いくことたま)()()には
150(しこ)曲津見(まがつみ)もをかす(すべ)なし
151今日(けふ)よりは国津神等(くにつかみたち)惟神(かむながら)
152(みそぎ)神事(みわざ)(をし)(つた)へむ
153近山(ちかやま)(はや)くも(みどり)となりにけり
154岐美(きみ)(みそぎ)(ひかり)(のり)
155曲津見(まがつみ)青山(あをやま)となり(ぬま)となり
156(いはほ)となりてひそみ()るかも
157久方(ひさかた)天津高宮(あまつたかみや)(くだ)りましし
158(ひかり)(かみ)はここにいますも
159くもりたる(こころ)(いだ)きて瑞御霊(みづみたま)
160(ひかり)(まへ)にあるは(くる)しき
161(やま)()百花(ももばな)千花(ちばな)(にほ)へども
162(まが)のすさびに(いろ)あせにつつ
163(むし)()次第々々(しだいしだい)(ほそ)りけり
164曲津見(まがつみ)水火(いき)(くる)しめられつつ
165今日(けふ)よりは(とり)()()(むし)()
166(かぜ)のひびきも()(わた)るらむ
167迦陵頻伽(からびんが)非時(ときじく)(うた)へど西方(にしかた)
168国土(くに)には(ほろ)びの(ひび)きなりけり
169今日(けふ)よりは迦陵頻伽(かりようびんが)(うた)(こゑ)
170()えに()えつつよみがへるべし
171(あま)(わた)月日(つきひ)のかげの()えわかぬ
172西方(にしかた)国土(くに)(かぜ)()ゆるも
173ひえびえと()山風(やまかぜ)にあふられて
174(もも)草木(くさき)はなかばしをれつ
175今日(けふ)よりは(くさ)片葉(かきは)(いた)るまで
176岐美(きみ)(ひかり)によみがへるべし
177月読(つきよみ)(めぐみ)(つゆ)今日(けふ)よりは
178(ゆた)にくだらむ草木(くさき)(うへ)にも』
179 臼造男(うすつくりを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
180(みそぎ)すと水底(みなそこ)くぐり身重(みおも)さに
181おぼれむとして(くる)しみしはや
182つぎつぎに(みそぎ)(ちから)あらはれて
183わが()(かろ)()みきらひたる
184河水(かはみづ)(にご)して(なが)るる気魂(からたま)
185(あか)(ふか)さにあきれたりしよ
186()くならば(のみ)(しらみ)のすみどころ
187()えてあとなき水晶(みづし)気魂(みたま)
188水晶(みづいし)(ごと)くわが(たま)わが()まで
189()(かがや)けり(みそぎ)(をは)りて』
190 内容居(うちいるゐ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
191滔々(たうたう)(なが)るる(みづ)内容居(うちいるゐ)
192(かみ)神魂(みたま)(きよ)まりにけり
193曲津見(まがつみ)水火(いき)(くも)りし西方(にしかた)
194国土(くに)(うま)れて(われ)くもりけり
195河底(かはそこ)砂利(じやり)まで(ひか)日南河(ひなたがは)
196(なが)れは(すが)しも(みづ)御霊(みたま)
197(あふ)()(みづ)御霊(みたま)(かんばせ)
198(つき)(おもて)にまして(ひか)らすも
199月読(つきよみ)(かみ)御霊(みたま)()れましし
200わが岐美(きみ)なれば(ひか)らすもうべよ
201日南河(ひなたがは)(むか)岸辺(きしべ)真鶴(まなづる)
202岐美(きみ)()ませし(ひかり)国土(くに)なる
203今日(けふ)よりはおのもおのもが(みそぎ)して
204西方(にしかた)国土(くに)()らさむとおもふ
205千引巌(ちびきいは)これより(きた)大野原(おほのはら)
206あちこち()てるも曲津見(まがつみ)なるべし
207わが(きた)(みち)にさやりし千引巌(ちびきいは)
208八十曲津見(やそまがつみ)化身(けしん)なりしよ
209わが(たま)はくもらひければ曲津見(まがつみ)
210化身(けしん)(いはほ)()らず()つるも
211かへりみれば千引(ちびき)巌ケ根(いはがね)わが()かむ
212(みち)行手(ゆくて)をのみふさぎたる
213わが岐美(きみ)(をし)(たま)ひし(みそぎ)神事(わざ)
214わが魂線(たましひ)(かがや)かしゆかむ
215(みそぎ)して(きし)にのぼれば気魂(からたま)
216神魂(みたま)(かろ)(つよ)さを(おぼ)ゆる
217愛善(あいぜん)のこの天界(てんかい)(うま)()
218(みそぎ)せざれば(たちま)(くも)らむ
219(かみ)にある(われ)なりながら惟神(かむながら)
220(みそぎ)神事(みわざ)をなほざりにせしよ
221日南河(ひなたがは)(きよ)(なが)れは国津神(くにつかみ)
222(みそぎ)をせよと(をし)ふるものを
223(おろか)なる(われ)なりにけり朝夕(あさゆふ)
224この清流(すながれ)居向(ゐむか)ひながらも
225(あめ)(つち)一度(いちど)にひらく心地(ここち)かな
226(みそぎ)をはりしそのたまゆらは
227醜雲(しこぐも)四方(よも)()ちたつ西方(にしかた)
228国土(くに)はこれより月日(つきひ)()るらむ』
229 初産霊(はつむすび)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
230『わが(こころ)よみがへりたり気魂(からたま)
231(かろ)くなりたり(みそぎ)神事(みわざ)
232(みそぎ)する神事(みわざ)(はじ)めて(さと)りけり
233(もも)(つみ)とが(あら)神事(みわざ)
234(つみ)けがれ(あら)(きよ)めて(われ)(いま)
235はじめて産霊(むすび)神業(かむわざ)()
236(みそぎ)すと水底(みそこ)くぐれば大魚小魚(おほなをな)
237わが気魂(からたま)をつつきめぐりぬ
238気魂(からたま)(あか)をつつくと大魚小魚(おほなをな)
239わが身辺(みまはり)()()きにけり
240(くる)しさをこらへ(しの)びて水底(みなそこ)
241神魂(みたま)(つみ)(うを)にとらせり
242わが(はだ)真白(ましろ)くなりぬ魚族(うろくづ)
243(あか)餌食(ゑじき)となりて()せぬる
244河底(かはそこ)(あか)るきまでに瑞御霊(みづみたま)
245(ひか)(たま)ひて(みそぎ)ましける
246かくのごと(ひかり)(かみ)惟神(かむながら)
247(みそぎ)神事(みわざ)(つか)へますはや
248(くも)りたるわが()非時(ときじく)(みそぎ)して
249せめて神魂(みたま)(あか)(あら)はばや
250(ひかり)なきわが()なれども朝夕(あさゆふ)
251(みそぎ)神魂(みたま)()ゆるなるらむ』
252 愛見男(なるみを)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
253日南河(ひなたがは)(みづ)(そこ)ひをくぐりつつ
254(みそぎ)神事(みわざ)ををさめけるかな
255天界(てんかい)(すべ)ての(けが)れを(あら)()
256(みそぎ)神事(みわざ)(たふと)かりける
257ウの(こゑ)生言霊(いくことたま)()れし(われ)
258いつの(うち)かは(くも)らひにける
259(みが)かずば(たちま)(くも)神魂(みたま)よと
260(われ)(さと)りぬ(みそぎ)(つか)へて
261わが(まなこ)(すが)しくなりぬ(やま)(かは)
262(いま)雄々(をを)しく(いろ)()えにけり
263わが(みみ)はさとくなりけり(むし)()
264(みそぎ)(をは)りて(すが)しく(きこ)ゆる
265わが(はな)()(とほ)りけむ百花(ももばな)
266(かを)(すが)しくなりにけるかも
267言霊(ことたま)水火(いき)(きよ)けくなりにけり
268(みそぎ)神事(みわざ)(うづ)(いさを)
269(あめ)(つち)(すが)しくなりぬ気魂(からたま)
270神魂(みたま)(あか)(あら)はれしより
271いざさらば(ひかり)岐美(きみ)(したが)ひて
272曲津見(まがつみ)のすみかをさして(すす)まむ
273神々(かみがみ)言向(ことむ)(やは)光明(みひかり)
274()()らひたる国土(くに)(つく)らばや
275大空(おほぞら)(つつ)みし八重(やへ)黒雲(くろくも)
276()りて()せなむ岐美(きみ)(ひかり)
277西方(にしかた)国土(くに)はこれより(かがや)きて
278曲津見(まがつみ)(たま)もまつろひぬべし』
279 ()神々(かみがみ)各自(おのもおのも)(みそぎ)(をは)り、280()(いさを)讃美(ほめそや)(なが)ら、281顕津男(あきつを)(かみ)御後(みあと)(したが)ひ、282柏木(かしはぎ)(もり)目当(めあて)に、283スウヤトゴルの曲津見(まがつみ)征服(せいふく)すべく、284意気(いき)揚々(やうやう)(くつわ)(なら)べて()()(たま)ふ。
285昭和八・一一・三〇 旧一〇・一三 於水明閣 内崎照代謹録)