霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 ()森林(しんりん)〔一九一七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 篇:第4篇 千山万水 よみ:せんざんばんすい
章:第23章 第75巻 よみ:まのしんりん 通し章番号:1917
口述日:1933(昭和8)年11月30日(旧10月13日) 口述場所:水明閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
スウヤトゴル(=聖なる山)に身を変えて、西方の国土の天地を我が物としようとしていた大曲津見は、顕津男の神を騙って朝香比女の神を騙し、御子生みをなそうと企んでいた。
しかし、本物の顕津男の神が西方の国に間近にやってきたのに驚き恐れ、途中で一行を全滅させようと、部下の邪神を集めて何度も評議をした。
その結果、嘘つきに長けた醜狐を柏木の森に遣わして、妨害計画を与えて実行させたのである。この醜狐は、醜女の神、といった。
醜女の神は柏木の森の手前に姿を隠し、顕津男の神の一行の駒の足許ちかく、かすかな声で、『右に行けば必ず勝つ、中の道を行けば必ず負ける、左に行けば必ず滅びる、主の神の教えであるぞ』と歌っていた。
顕津男の神はこの歌を聞いて微笑みつつ、醜神の罠と見破り、真中の道へ進むことを歌う。
従者神たちはそれを聞いて不安に思うが、美波志比古は、スウヤトゴルの手下の曲津神の姦計であろう、と歌って不安を鎮める。
こうして一行は、曲津神が滅びると言った中の道を選んだ。おのおの曲津神に対する決意を歌って勇気をつけつつ、柏木の森を難なく突破し、スウヤトゴル山脈さして悠然と進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7523
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 407頁 修補版: 校定版:439頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 スウヤトゴルに姿(すがた)(へん)じて、002西方(にしかた)国土(くに)天地(てんち)吾物(わがもの)とし、003邪気(じやき)(つつ)()たる大曲津見(おほまがつみ)は、004高地秀(たかちほ)(みや)より(くだ)らせ(たま)朝香比女(あさかひめ)(かみ)を、005(みづか)顕津男(あきつを)(かみ)(しよう)(むか)(まつ)りて、006御子生(みこう)みを()し、007西方(にしかた)国土(くに)完全(くわんぜん)占領(せんりやう)せむものと、008計画(けいくわく)をさをさ(をこた)らざりし(ところ)へ、009真正(しんせい)太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)間近(まぢか)(きた)(たま)ひしに(おどろ)き、010途中(とちう)にて(みづ)御霊(みたま)一行(いつかう)全滅(ぜんめつ)せしめむと、011部下(ぶか)邪神等(じやしんたち)(あつ)めて種々(しゆじゆ)評議(ひやうぎ)結果(けつくわ)012(もつと)狡猾(かうくわつ)にして性質(せいしつ)(わる)く、013(うそ)つき上手(じやうず)で、014自己(じこ)利益(りえき)のみを巧妙(かうめう)(はか)らふ醜狐(しこぎつね)柏木(かしはぎ)(もり)(つか)はし、015種々(しゆじゆ)謀計(ぼうけい)(あた)へて(これ)(あた)らしめて()る。016(この)(きつね)醜女(しこめ)(かみ)といふ。017醜女(しこめ)(かみ)柏木(かしはぎ)(もり)手前(てまへ)姿(すがた)(かく)しながら、018顕津男(あきつを)(かみ)一行(いつかう)(こま)脚許(あしもと)(ちか)く、019(かすか)なる(こゑ)にて、
020(みぎ)()かば(かなら)()たむ
021(なか)()かば(かなら)()けむ
022(ひだり)()かば(こころ)(ほろ)びむ
023()(かみ)(をしへ)ぞ』
024姿(すがた)(かく)して(うた)つて()る。
025 顕津男(あきつを)(かみ)耳敏(みみざと)くも、026醜女(しこめ)(かみ)(うた)()きて微笑(ほほゑ)みつつ御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
027醜神(しこがみ)(しこ)言葉(ことば)()きにけり
028(ひだり)()くも(われ)(ほろ)びず
029()(ぐり)中津道(なかつみち)をば(われ)()かむ
030(ほろ)びを()らぬ面勝(おもかつ)(かみ)
031(みぎ)()かば()たむといひし(しこ)(こゑ)
032(われ)(たばか)(いつは)(ごと)なり
033この(もり)奥深(おくふか)くしてほの(ぐら)
034(こま)(ひづめ)()(やぶ)りなむ
035(みぎ)()かば(かなら)曲津(まが)(ふか)(わな)
036かかりて百神(ももがみ)(ほろ)ぶなるべし
037いざさらば(ほろ)ぶといひし(ゆんで)(みち)
038(こま)(ひづめ)にかけて(すす)まむ』
039 この御歌(みうた)七柱(ななはしら)供神(ともがみ)(やや)不安(ふあん)面持(おももち)しながら、040各自(おのもおのも)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
041 美波志比古(みはしひこ)(かみ)御歌(みうた)
042『スウヤトゴル(しこ)曲津(まがつ)先走(さきばし)
043醜女(しこめ)(かみ)謀計(たくみ)なるらむ
044美波志比古(みはしひこ)(われ)(すす)まむ瑞御霊(みづみたま)
045御許(みゆる)しを()(ひだり)(みち)
046わが岐美(きみ)(ひかり)(おそ)れてスウヤトゴルは
047此処(ここ)謀計(たくみ)(わな)(つく)れるか
048スウヤトゴル輩下(てした)(つか)ふる醜狐(しこぎつね)
049この森林(しんりん)(あだ)すると()
050この(もり)(ひら)(わた)りてスウヤトゴルの
051曲津(まが)のすみかに(すす)まむと(おも)
052()(かく)(われ)御前(みさき)(つか)ふべし
053(みづ)御霊(みたま)(つづ)かせ(たま)へ』
054 ()(うた)ひて、055(ひだり)()けば(ほろ)ぶべしとの曲神(まがかみ)言葉(ことば)()みにじりつつ、056(おく)(おく)へと一行(いつかう)八柱(やはしら)馬上(ばじやう)(ゆたか)御歌(みうた)うたひつつ(すす)(たま)ふ。
057 顕津男(あきつを)(かみ)御歌(みうた)
058柏木(かしはぎ)(もり)小暗(をぐら)(しげ)りたれど
059(われ)(おそ)れじ悪魔(まが)のすみかも
060大空(おほぞら)(ふう)じて小暗(をぐら)柏木(かしはぎ)
061(もり)(てら)してわが()かむかな
062スウヤトゴル大曲津見(おほまがつみ)(ひそ)みたる
063(みね)彼方(かなた)(そら)(そび)えつ
064四方八方(よもやも)(あや)しき(こゑ)(ひび)()
065われ柏木(かしはぎ)(もり)(ひら)かむ
066曲神(まがかみ)(いきほひ)如何(いか)(つよ)くとも
067生言霊(いくことたま)(ひら)きすすまむ
068愛善(あいぜん)(ひかり)四方(よも)(てら)()
069(われ)(あだ)する曲津(まが)(ほろ)びむ
070醜神(しこがみ)(ほろ)ぶといひし森林(しんりん)
071(ひだり)(みち)伊行(いゆ)くは(たの)しも
072大空(おほぞら)(くも)はちぎれて天津(あまつ)()
073(ひかり)(しづか)にさし()めにけり
074曲神(まがかみ)(くも)(おこ)して御空(みそら)(つつ)
075月日(つきひ)(かげ)をさへぎりて()り』
076 内津豊日(うちつゆたひ)(かみ)御歌(みうた)
077(とき)じくに(あや)しき(おと)(きこ)ゆなる
078柏木(かしはぎ)(もり)曲津(まが)のすみかよ
079(いま)とならば(なに)(おそ)れむ瑞御霊(みづみたま)
080(ひかり)岐美(きみ)()れましぬれば
081(ほろ)びなむと醜女(しこめ)(かみ)(さけ)びたる
082道行(みちゆ)(われ)(たの)しかりけり
083(ほろ)ぶべき(みち)(あか)して(すす)()
084(ひかり)岐美(きみ)雄々(をを)しきろかも
085()くならば如何(いか)なる(しこ)のさやるとも
086(なに)(おそ)れむ(みそぎ)せし()
087惟神(かむながら)禊祓(みそぎはら)ひしわれなれば
088(しこ)(をか)さむ(すべ)なかるべし
089わが()かむ(みち)隈手(くまで)(つつが)なく
090(まも)らせ(たま)皇大神(すめらおほかみ)
091()(かみ)のウ(ごゑ)()れし(われ)にして
092醜女(しこめ)言葉(ことば)(うご)くべきやは
093(つち)(わか)西方(にしかた)国土(くに)彼方此方(あちこち)
094曲津見(まがつみ)(ひそ)みて(あだ)()すかな
095今日(けふ)よりはこの国原(くにはら)天国(てんごく)
096(あらた)()れし聖所(すがど)なるぞや』
097 大道知男(おほみちしりを)(かみ)御歌(みうた)
098惟神(かむながら)大道知男(おほみちしりを)(かみ)われは
099(ひだり)(みち)(わざはひ)なしと(おも)
100(みぎ)()けば(わざはひ)せむと醜女神(しこめがみ)
101(ちから)かぎりに(たく)らみ()るも
102この(もり)東西(とうざい)十里(じふり)南北(なんぼく)
103三十八里(さんじふはちり)曲津(まが)のすみかぞ
104スウヤトゴル輩下(てした)(かみ)大方(おほかた)
105この森林(しんりん)(ひそ)()るとふ
106()(かく)柏木(かしはぎ)(もり)醜神(しこがみ)
107言向和(ことむけやは)せて(すす)みませ岐美(きみ)
108()けど()けど(はて)しも()らぬ森林(しんりん)
109木蔭(こかげ)(わた)(かぜ)(つめ)たき
110曲神(まがかみ)水火(いき)()()りて(かぜ)さへも
111わが()(ほね)()(とほ)すなり
112言霊(ことたま)水火(いき)(てら)してこの(もり)
113(こま)(ひづめ)()みにじり()かむ
114曲神(まがかみ)(しこ)謀計(たくみ)()くまでも
115(ふか)くあれども底力(そこぢから)なし
116表面(うはべ)のみ(つよ)()ゆれど曲神(まがかみ)
117生言霊(いくことたま)にあひて()ゆるも
118言霊(ことたま)(さち)はふ(くに)言霊(ことたま)
119天照(あまて)(くに)(おそ)れなき(くに)
120今日(けふ)までは曲津(まがつ)(かみ)(おそ)はれしが
121(いま)真言(まこと)(ちから)()にけり
122(みそぎ)して(きよ)まりにけるわが(たま)
123昨日(きのふ)()して百倍(ももへ)(つよ)きも』
124 宇志波岐(うしはぎ)(かみ)御歌(みうた)
125『この(あた)宇志波岐(うしはぎ)()れど柏木(かしはぎ)
126(もり)(あし)をば()れし(こと)なし
127今日(けふ)までは(あや)しの(もり)()()きし
128曲津(まが)のすみかを()みて(やぶ)らむ
129心強(こころづよ)くも(ひかり)(かみ)御供(みとも)して
130曲津(まがつ)のこもる(もり)()今日(けふ)
131スウヤトゴル(みね)魔神(まがみ)もこの(もり)
132(ほろ)びを()かば(たちま)()ゆべし
133(はて)しなき小暗(をぐら)(きたな)きこの(もり)
134曲津(まが)のすみかに(ふさ)はしきかな
135百木々(ももきぎ)(なか)()れつつ(おの)(おの)
136邪気(じやき)()()でて()(けが)しつつ
137曲津見(まがつみ)邪気(じやき)(あつま)るこの(もり)
138生言霊(いくことたま)にきよめひらかむ
139この(もり)(しこ)(きつね)()むと()けば
140()()りし(かみ)(いま)までになし
141この(もり)(まよ)()りたる国津神(くにつかみ)
142()きて(かへ)りし一柱(ひとはしら)もなし
143瑞御霊(みづみたま)岐美(きみ)(つか)へて(すす)()
144吾等(われら)邪気(じやき)(おそ)はざりけり
145わが(こま)邪気(じやき)(あつま)森中(もりなか)
146いななきながら(すす)()くかも
147顕津男(あきつを)(かみ)御稜威(みいづ)(おどろ)きて
148(しこ)曲津(まがつ)()()りにけむか
149安々(やすやす)(わた)()くかも()(もり)
150(しげ)みを()けて八柱(やはしら)(かみ)は』
151 臼造男(うすつくりを)(かみ)御歌(みうた)
152岐美(きみ)()かば柏木(かしはぎ)(もり)(あき)らけく
153(ひか)()めたり曲津(まが)何処(いづく)
154(あふ)()ればスウヤトゴルの山脈(やまなみ)
155いやつぎつぎに遠去(とほざ)りにける
156顕津男(あきつを)(かみ)(ひかり)曲津見(まがつみ)
157(おそ)(やま)もて()()ると()
158この(もり)生言霊(いくことたま)(しば)りあれば
159曲津(まが)(うご)かす(あた)はざるべし
160醜女神(しこめがみ)この森林(しんりん)永遠(とことは)
161すまひて国土(くに)(あだ)をなしつつ
162曲津見(まがつみ)輩下(てした)(かみ)八百万(やほよろづ)
163この柏木(かしはぎ)(もり)にひそめる
164曲神(まがかみ)(かず)(かぎ)りを言向(ことむ)けて
165(かみ)聖所(すがど)(きよ)めむとぞ(おも)
166(ほろ)ぶべしと曲津(まがつ)()りし(ゆんで)(みち)
167心安(うらやす)けかり(かみ)(ひかり)
168(つき)()御空(みそら)(くも)押分(おしわ)けて
169柏木(かしはぎ)(もり)(うへ)(かがや)
170(かがや)ける御魂々々(みたまみたま)(てら)しつつ
171()()(みち)曲津(まが)姿(かげ)なし
172日南河(ひなたがは)(みそぎ)神事(わざ)功績(いさをし)
173(やす)(わた)らむ柏木(かしはぎ)(もり)
174曲神(まがかみ)姿(かげ)(ひそ)めて(しづか)なり
175(こずゑ)(わた)(かぜ)()のみにて
176迦陵頻伽(からびんが)(とき)得顔(えがほ)にうたふなり
177曲津見(まがつみ)(もり)にも天津(あまつ)()()らひて
178百花(ももばな)(つゆ)()びつつ森蔭(もりかげ)
179(えん)(きそ)ひて()()でにける
180花蓆(はなむしろ)()(なら)べたる(ごと)くなり
181わが()(もり)木下蔭(こしたかげ)(みち)
182醜神(しこがみ)のすまへる(もり)(たちま)ちに
183(はな)(にほ)ひつつ小鳥(ことり)はうたひつ
184(むし)()小鳥(ことり)(こゑ)天国(かみくに)
185(はる)をうたふか()(わた)るなり
186()くの(ごと)(はな)()()つる柏木(かしはぎ)
187(もり)曲津(まがつ)のすむと(おも)へず
188岐美(きみ)()(みち)隈手(くまで)曲津(まが)はなし
189(はな)()(にほ)(とり)うたふのみ
190真鶴(まなづる)(くに)より(きた)るか幾千(いくせん)
191(つる)御空(みそら)()()めにけり
192()くならばこの()(もり)天国(かみくに)
193醜女(しこめ)(かみ)()()りにけむ
194(いさ)ましき岐美(きみ)(たび)かも(やま)()
195木草(きぐさ)(はて)までよみがへりつつ
196幾千(いくせん)(つる)()()西方(にしかた)
197国土(くに)万世(よろづよ)うたふなるらむ
198右左(みぎひだり)(みち)(たが)へず(すす)()
199今日(けふ)旅路(たびぢ)(やす)けかりけり
200(みぎ)()かば醜女(しこめ)(かみ)謀計(たくらみ)
201()ちて(われ)はも(くる)しみにけむ
202曲神(まがかみ)(たくみ)(うら)をかきながら
203岐美(きみ)雄々(をを)しく()でまししはや
204(われ)(また)(ひかり)岐美(きみ)御恵(みめぐみ)
205(こころ)(やす)けく()(もり)()くも
206処々(ところどころ)清水(しみづ)(たた)ふる(いづみ)ありて
207天津(あまつ)()(かげ)(うか)べて()むも
208この清水(しみづ)今日(けふ)()までも(にご)らひしを
209生言霊(いくことたま)(よみがへ)りたるよ
210()くならば()(むす)ぶとも(けが)れまじ
211(なが)生命(いのち)(かて)ともならむか』
212 内容居(うちいるゐ)(かみ)御歌(みうた)
213月読(つきよみ)(かみ)御霊(みたま)(したが)ひて
214(こころ)(やす)けく()(もり)()くも
215大曲津見(おほまがつみ)(しこ)のすみかのこの(もり)
216岐美(きみ)のみゆきに(きよ)まりしはや
217曲津見(まがつみ)(おそ)れをなしてスウヤトゴルの
218(やま)もろともに遠去(とほざ)りにける
219醜狐(しこぎつね)数多(あまた)()むてふこの(もり)
220月日(つきひ)(かがや)神園(みその)となりしはや
221()(かぜ)(すが)しく()えて(ひか)るなり
222木々(きぎ)(こずゑ)千代(ちよ)ささやきつ
223大空(おほぞら)(つつ)みし(しこ)黒雲(くろくも)
224()りて(あと)なく月日(つきひ)()らふ
225()くならば()(つち)(わか)西方(にしかた)
226国土(くに)(さか)えむ草木(くさき)()えむ
227天津醜女(あまつしこめ)(かみ)何処(いづく)()(はて)
228()()りにけむ姿(かげ)だにもなし
229次々(つぎつぎ)岐美(きみ)(ひかり)(かがや)きて
230(しこ)魔神(まがみ)(かく)()もなし
231(あま)(かけ)(つち)(くぐ)りて()ぐるとも
232如何(いか)でのがれむ(かみ)(まなこ)
233西方(にしかた)(わか)国原(くにはら)にやうやうと
234あらはれましぬ(ひかり)岐美(きみ)
235この国土(くに)八十比女神(やそひめがみ)のいまさずば
236(こと)(みだ)れし曲津(まが)のすみかよ
237曲神(まがかみ)八十比女神(やそひめがみ)のいまさぬを
238よき機会(しほ)として雄猛(をたけ)(くる)ふも
239()(かみ)()さし(たま)ひし八十比女(やそひめ)
240(かみ)御稜威(みいづ)国土(くに)(しづ)めよ
241この国土(くに)八十比女(やそひめ)一柱(ひとり)ましまさば
242()くも曲津(まがつ)(たけ)ばざりしを
243(やうや)くに(ひかり)(かみ)()でましを
244(あふ)ぎて国原(くにはら)よみがへりつつ
245()(かみ)神言(みこと)(かしこ)国原(くにはら)
246(めぐ)れど曲津(まが)(ほろ)びざりける
247八十日日(やそかひ)はあれども今日(けふ)生日(いくひ)こそ
248国土(くに)(はじ)めの吉日(よきひ)なるかも
249濛々(もうもう)黒雲(くろくも)()ちて(ひる)もなほ
250小暗(をぐら)国土(くに)(てら)(たま)ひぬ
251わが岐美(きみ)(いづ)御水火(みいき)大空(おほぞら)
252(つつ)みし(くも)()()せにけり
253黒雲(くろくも)(むらさき)(くも)(へん)じつつ
254この国原(くにはら)はあらたに(うま)れむ
255八雲(やくも)()黒雲(くろくも)()ちたつ西方(にしかた)
256国土(くに)(てら)して(ひか)岐美(きみ)はも
257()()ちし(ひかり)岐美(きみ)()れましぬ
258(かみ)(いの)りし(いさを)なるらむ
259今日(けふ)よりは国津神等(くにつかみたち)(みちび)きて
260(みそぎ)神事(わざ)()()かすべし
261四方八方(よもやも)(くも)(きり)とに(つつ)まれて
262月光(つきかげ)さへも()国土(くに)なりけり
263(あふ)()れば天津(あまつ)()(かげ)(つき)(かげ)
264御空(みそら)(あを)(かがや)(たま)ひぬ
265(そら)(あを)(つち)(みどり)木草(きぐさ)()ひて
266(うま)れし国土(くに)神国(みくに)なるかも
267高照(たかてる)(やま)(ひがし)(そび)えつつ
268(むらさき)(くも)わき()つが()
269今日(けふ)までは高照山(たかてるやま)頂上(いただき)
270(くも)(つつ)まれ()えずありしよ』
271 初産霊(はつむすび)(かみ)御歌(みうた)
272駿馬(はやこま)(いなな)(つよ)御空(みそら)にも
273(つる)()()()(わた)今日(けふ)
274この国土(くに)(はじ)めて()たる日月(じつげつ)
275(かげ)のさやけさに(わが)(たま)()くるも
276黒雲(くろくも)(そら)(とざ)され国津神(くにつかみ)
277(はじ)めて(をが)月日(つきひ)なりけり
278真鶴(まなづる)(そら)()ひつつ(うた)ひつつ
279岩戸(いはと)(ひら)けし国土(くに)(いは)ふも
280大空(おほぞら)十重(とへ)二十重(はたへ)(つつ)みたる
281(くも)()()きて御空(みそら)(たか)しも
282碧々(あをあを)(そこ)ひも()らぬ(そら)(うみ)
283(しづか)(わた)らす月舟(つきふね)(かげ)
284(うれ)しさは(なに)(たと)へむ百千花(ももちばな)
285()(にほ)ひたる(あたら)しき国土(くに)
286(やま)()百花(ももばな)千花(ちばな)()()ちて
287()()(かぜ)(かむば)しき国土(くに)
288 愛見男(なるみを)(かみ)御歌(みうた)
289天国(かみくに)()愛見男(なるみを)神柱(みはしら)
290国土(くに)はさやけく(くも)()れにつつ
291瑞御霊(みづみたま)(ひかり)岐美(きみ)()でましに
292(あたら)しき国土(くに)(うま)れたるかも
293スウヤトゴル曲津見(まがつみ)(ひそ)山脈(やまなみ)
294(いま)(かぎ)りに(とほ)ざかりつつ
295曲神(まがかみ)言向(ことむ)(やは)西方(にしかた)
296国土(くに)月日(つきひ)永久(とは)(をが)まむ
297(くさ)()小鳥(ことり)(むし)今日(けふ)よりは
298岐美(きみ)御稜威(みいづ)をうたひ(まつ)らむ
299有難(ありがた)()(きた)りけり瑞御霊(みづみたま)
300(ひかり)岐美(きみ)御稜威(みいづ)あふれて
301雲霧(くもきり)四方(よも)()()(かぜ)()えて
302木草(きぐさ)生育(そだち)(とぼ)しき国土(くに)なりし
303永遠(とことは)(ひかり)岐美(きみ)言霊(ことたま)
304この稚国土(わかぐに)はよみがへるべし
305西方(にしかた)国土(くに)には八十比女神(やそひめがみ)()さず
306曲津見(まがつみ)処得顔(ところえがほ)(たけ)びし
307待佗(まちわ)びし(ひかり)岐美(きみ)国土造(くにつく)
308(よろこ)(むか)へむ国津神等(くにつかみたち)は』
309 ()神々(かみがみ)各自(おのもおのも)生言霊(いくことたま)御歌(みうた)うたひつつ、310曲神(まがかみ)()めるてふ、311柏木(かしはぎ)(もり)(なん)(なや)みもなく突破(とつぱ)し、312スウヤトゴル山脈(さんみやく)さして、313(こま)(くつわ)(なら)悠然(いうぜん)として(すす)(たま)ふぞ(かしこ)(きは)みなりけり。
314昭和八・一一・三〇 旧一〇・一三 於水明閣 森良仁謹録)