霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第75巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm758801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
葦原(あしはら)中津神国(なかつみくに)()(もと)
紫微天界(しびてんかい)(かた)まりなりけり〈第2章〉
()(もと)といへど()上全体(うへぜんたい)
葦原国(あしはらくに)名称(たたへ)なりける〈第2章〉
国々(くにぐに)天地創造説(てんちさうざうせつ)()みて
わが()(みち)(たふと)きを()〈第3章〉
国土(くに)()御子(みこ)()まむと草枕(くさまくら)
(たび)()たすも顕津男(あきつを)(かみ)〈第3章〉
顕津男(あきつを)(かみ)活動(はたらき)なかりせば
世界(せかい)神人(ひと)(うま)れざるべし〈第4章〉
()(かみ)最初(はじめ)言霊(ことたま)(かみ)()
紫微天界(しびてんかい)(つく)らせ(たま)ひぬ〈第4章〉
雨も風も草木(くさき)も残らず()(かみ)
水火(いき)(ちから)(もとづ)かぬはなし〈第4章〉
ぐらすあんまいとりーの(かみ)(あらは)れて
(かた)めたまはむ葦原(あしはら)(くに)〈第6章〉
幾億万(いくおくまん)(ほし)霊線(たましひ)(まも)られて
月日(つきひ)(そら)(きよ)くかかれる〈第6章〉
()(かみ)天津月日(あまつつきひ)()みまして
森羅万象(よろづのもの)(そだ)(たま)へる〈第6章〉
天界(てんかい)意志想念(いしさうねん)()なりせば
すべてのものは霊体(れいたい)なりけり〈第6章〉
霊体(れいたい)(とし)(かさ)ねて物質(もの)()
(つひ)大地(だいち)()()でにけり〈第6章〉
(いそ)(かみ)(ふる)神世(かみよ)()()ちを
つばらに(しめ)(かみ)(ふみ)かも〈第9章〉
惟神(かむながら)⦿()言霊(ことたま)(さちは)ひに
森羅万象(ちよろづのもの)()(さか)ゆなり〈第9章〉
玉藻山(たまもやま)いや()()ぎに(あま)(そら)
ふくれ(あが)りぬ()言霊(ことたま)〈第9章〉
(つち)も風も木草(きぐさ)(わか)国原(くにはら)
()()国魂神(くにたまがみ)姫神(ひめがみ)〈第9章〉
大方(おほかた)世人(よびと)(ゆめ)にもさとらざりし
神世(みよ)()()(われ)()くなり〈第11章〉
幾億万年(いくおくまんねん)神世(かみよ)(むかし)にさかのぼり
(かみ)(ちから)(まこと)()るさむ〈第12章〉
言霊(ことたま)(すべ)ての智慧(てり)(もとゐ)なり
うべよ学王学(がくわうがく)(とな)ふる〈第15章〉
皇道(すめらみち)(くに)(うま)れて皇道(すめらみち)
(ゆめ)にも()らぬ(おろか)なる(たみ)〈第16章〉
皇道(すめらみち)大本(たいほん)世人(よびと)(しめ)さむと
()みし此書(このふみ)(うたが)ふな(ゆめ)〈第16章〉
皇道(すめらみち)(たか)尊厳(ゆはれ)をまつぶさに
うまらに(さと)此書(このふみ)を見て〈第16章〉
村肝(むらきも)(こころ)(まなこ)くらみたる
(ひと)()むべき(ふみ)にはあらじ〈第17章〉
さまぐに()かせど(さと)せど常暗(とこやみ)
世人(よびと)(みへ)()はぬ(うた)てさ〈第21章〉
仁愛(みろく)()(せま)()つれど僧侶(かみなが)
(かみ)(つかさ)()らずに()るなり〈第22章〉
苦集滅道(くしふめつだう)道法礼節(だうほふれいせつ)朝夕(あさゆふ)
()けど暗世(やみよ)(ひと)(さと)らじ〈第22章〉
()(なか)知識階級(ものしりびと)といへる(ひと)
数多(あまた)あれども似偽(にせ)ばかりなる〈第22章〉
久方(ひさかた)天恩郷(てんおんきやう)聖場(せいぢやう)
(われ)東雲(しののめ)(みち)()くなり〈第23章〉
東雲(しののめ)(そら)(あか)して(のぼ)ります
朝日(あさひ)にも()(かぐや)此書(このふみ)〈第23章〉
天地(あめつち)()けむばかりの(わざはひ)
(おも)(うか)べつ(しづか)神書編(ふみあ)〈第23章〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)