霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月05日(旧10月18日) 口述場所:水明閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
この巻の総説においては、東西各国に伝わる、宇宙創造説や天地開闢説を列挙している。そして、天祥地瑞の宇宙創造・天地開闢と比較し、深浅・真偽の判別を意図している。
本文では、高千秀(たかちほ)の宮居に仕える八柱の御樋代(みひしろ)比女神たちが、紫微天宮の天津高宮(あまつたかみや)に参向し、主の神より、強雄な二柱の男神の派遣を得て筑紫の宮に帰ってくる物語、そしてその中の朝香比女の神が、顕津男の神を求めて単騎荒野ヶ原を打ち渡り、いたるところ曲津見の災いを打ち払いながら西方の国へ旅立つ物語が語られる。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 417頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 本巻(ほんくわん)総説(そうせつ)において、002東西(とうざい)両洋(りやうやう)各国(かくこく)(つた)はる宇宙創造説(うちうさうざうせつ)天地開闢説(てんちかいびやくせつ)列挙(れつきよ)し、003(もつ)()説示(せつじ)せる『天祥地瑞(てんしやうちずゐ)』の宇宙(うちう)創造(さうざう)004天地開闢説(てんちかいびやくせつ)比較(ひかく)して、005()深浅(しんせん)真偽(しんぎ)判別(はんべつ)すべくものしたり。
006 また本文(ほんぶん)においては、007高地秀(たかちほ)宮居(みや)(つか)へませる八柱(やはしら)御樋代比女神等(みひしろひめがみたち)が、008はろばろと紫微(しび)宮居(みや)なる天津高宮(あまつたかみや)()(そろ)ひて参向(さんかう)し、009強雄(がうゆう)なる二柱(ふたはしら)男神(をがみ)()(かみ)()ひて派遣(はけん)()010(ふたた)筑紫(つくし)宮居(みや)(かへ)りまし、011報告祭(はうこくさい)(おこな)(たま)ひけるが、012()(なか)一柱(ひとはしら)御樋代比女神(みひしろひめがみ)たる朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、013顕津男(あきつを)(かみ)(なが)(かへ)りまさぬをもどかしく思召(おぼしめ)し、014諸神(しよしん)(とど)むるをも()かず、015単騎(たんき)荒野ケ原(あらのがはら)打渡(うちわた)り、016(いた)(ところ)曲津見(まがつみ)(わざはひ)()(はら)ひつつ、017栄城(さかき)(やま)()()り、018真賀(まが)湖水(こすゐ)(なん)なく(わた)曲津見(まがつみ)征服(せいふく)し、019狭野(さぬ)(さと)国津神等(くにつかみたち)火食(くわしよく)(みち)(をし)(たま)ひつつ、020西方(にしかた)国土(くに)()して国津神(くにつかみ)狭野比古(さぬひこ)(したが)へ、021()()(たま)ふまでの物語(ものがたり)なり。
022   昭和八年十二月八日、023旧十月二十一日
024於水明閣 口述者識