霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

日本(にほん)所伝(しよでん)天地開闢説(てんちかいびやくせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第76巻 よみ:にっぽんしょでんのてんちかいびゃ 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月05日(旧10月18日) 口述場所:水明閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm760003
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 418頁 修補版: 校定版:4頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 (いにし)天地(てんち)(いま)()かれず、002陰陽(いんやう)(わか)れず、003万物(ばんぶつ)(いま)()らざりし(とき)(さま)は、004(たと)へば、005(うか)べる(あぶら)大海原(おほうなばら)(おも)(ただよ)うて、006かかる(ところ)もない(ごと)く、007渾沌(こんとん)として鶏子(けいし)黄白(きみしろみ)()(みだ)れて()ざれるやうに、008形状(けいじやう)もなければ、009また区別(くべつ)もつかず、010溟涬(めいけい)にして(かび)(ふく)むの状態(じやうたい)であつた。
011 (しか)(のち)に、012(かる)()める()(やうや)(のぼ)りて清陽(せいやう)なるに(およ)び、013(うす)(なび)きて(てん)()り、014(おも)(にご)れるものは(おのづか)(しづ)んで()(とどこほ)りて()となつた。
015 (その)はじめに()りたる(てん)高天原(たかあまはら)といひ、016(のち)(さだ)まれる()(くに)といふ。017天地(てんち)(あひだ)大虚(おほぞら)ありて(むな)しく(かか)る。
018 天地(てんち)開闢(かいびやく)のはじめ、019(くに)なほ(わか)砂土(さど)()(ただよ)うて、020海月(くらげ)海水(かいすゐ)(およ)げる(ごと)くに浮脂(うきあぶら)(みづ)(うへ)(ただよ)へるが(ごと)く、021(いま)(かた)まらざりし(とき)に、022葦牙(あしかび)(ごと)(もの)023(おのづか)らその(なか)()()でて、024その(もの)萌騰(もえあが)りて大虚(おほぞら)(なか)(おこ)りたるによりて、025高天原(たかあまはら)()()(たま)へる最初(さいしよ)(かみ)天譲日天狭霧国譲月国狭霧尊(あめゆづるひあめのさぎりくにゆづるつきのくにのさぎりのみこと)(まを)(たてまつ)る。026天祖(てんそ)(しよう)(たてまつ)るは(すなは)()(かみ)である。
027 (しか)(のち)高天原(たかあまはら)(おのづか)()()(たま)へる(かみ)たちの(なか)に、028(ひと)りづづ()()(たま)へるを独化天神(どくくわてんしん)(まを)し、029二柱(ふたはしら)(とも)()()(たま)へるを倶生天神(ぐせいてんしん)(まを)し、030男神(をがみ)女神(めがみ)(とも)()()(たま)へるを耦生天神(ぐうせいてんしん)(まを)(たてまつ)る。031また(べつ)()()(たま)へる(かみ)たちを別天神(ことあまつかみ)(まを)(たてまつ)る。
 
032   神代(かみよ)七代(しちだい)
 
033 天地(てんち)(ひら)(はじ)めた(とき)に、034高天原(たかあまはら)()()でし(かみ)は、
035 第一(だいいち)に 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
036 第二(だいに)に 高皇産霊神(たかみむすびのかみ)
037 第三(だいさん)に 神皇産霊神(かむみむすびのかみ)
038以上(いじやう)三柱神(みはしらがみ)であつた。039()神々(かみがみ)(みな)配偶(はいぐう)()独神(ひとりがみ)であつて、040(その)()御身(みみ)()えぬやうに(かく)(たま)ふた。
041 国土(こくど)(いま)(さだ)かに()(ととの)はずして(あたか)(あぶら)()ける(ごと)く、042海月(くらげ)海水(かいすゐ)()けるが(ごと)状態(じやうたい)であつた(とき)043(あし)()()うに()()でて()らせ(たま)うた(かみ)は、
044 第四(だいし)に 宇麻志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)
045 第五(だいご)に 天之常立神(あめのとこたちのかみ)
046である。047(この)二柱神(ふたはしらがみ)(また)(おな)じく独神(ひとりがみ)で、048(その)()依然(いぜん)として御身(みみ)()えぬやう(かく)(たま)うた。
049 以上(いじやう)五柱(いつはしら)(かみ)別天神(ことあまつかみ)(まを)()げる。
050 その(つぎ)()らせ(たま)うた(かみ)は、
051 第一(だいいち)に 国之常立神(くにのとこたちのかみ)
052 第二(だいに)に 豊雲野神(とよくもぬのかみ)
053()二柱(ふたはしら)(かみ)(また)独神(ひとりがみ)御身(みみ)(かく)された。054()(つぎ)()()せし(かみ)は、055いづれも配偶(はいぐう)神々(かみがみ)で、
056 第三(だいさん)に 宇比地邇神(うひぢにのかみ) 女神(めがみ)須比智邇神(すひぢにのかみ)
057 第四(だいし)は 角杙神(つぬぐひのかみ) 女神(めがみ)活杙神(いくぐひのかみ)
058 第五(だいご)は 意富斗能地神(おほとのぢのかみ) 女神(めがみ)意富斗能弁神(おほとのべのかみ)
059 第六(だいろく)は 淤母陀琉神(おもだるのかみ) 女神(めがみ)阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
060 第七(だいしち)は 伊邪那岐神(いざなぎのかみ) 女神(めがみ)伊邪那美神(いざなみのかみ)
061以上(いじやう)国之常立神(くにのとこたちのかみ)より伊邪那美神(いざなみのかみ)までを神世七代(かみよしちだい)(まを)すなり云々(うんぬん)062(以下省略)