霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

支那(しな)開闢説(かいびやくせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第76巻 よみ:しなのかいびゃくせつ 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月05日(旧10月18日) 口述場所:水明閣 筆録者:白石恵子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 420頁 修補版: 校定版:7頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 太初(はじめ)には何物(なにもの)存在(そんざい)して()なかつた。002(ただ)一種(いつしゆ)()濛々(もうもう)として(ひろ)がり()ちて()ただけであつた。003さうして()るうちに(その)(なか)(もの)(しやう)ずる萌芽(きざし)(はじ)まつて、004(やが)(てん)()(あら)はれた。005(てん)()とは陰陽(いんやう)(かん)じて盤古(ばんこ)といふ巨人(きよじん)()んだ。006盤古(ばんこ)()(とき)(その)(からだ)色々(いろいろ)のものに(くわ)して、007天地(てんち)(あひだ)万物(ばんぶつ)(そな)はるやうに()つた。008(すなは)(いき)風雲(ふううん)となり、009(こゑ)(かみなり)となり、010(ひだり)()太陽(たいやう)となり、011(みぎ)()(つき)となり、012手足(てあし)(からだ)とは山々(やまやま)となり、013(なが)るる血潮(ちしほ)(かは)となり、014(にく)(つち)となり、015(かみ)()(ひげ)数々(かずかず)(ほし)となり、016皮膚(ひふ)()えてゐた()(くさ)()となり、017()(ほね)金属(きんぞく)(いし)となり、018(あせ)(あめ)となつた。019(また)()神話(しんわ)によると、020盤古(ばんこ)()ぬと、021その(あたま)四岳(しがく)となり、022(ふた)つの()太陽(たいやう)太陰(たいいん)となり、023脂膏(あぶら)(なが)れて(かは)(うみ)となり、024(かみ)()(くわ)して(くさ)()()つたと(つた)へてゐる。
025 また(さら)()神話(しんわ)によると、026盤古(ばんこ)(あたま)東岳(とうがく)(くわ)し、027(はら)中岳(ちうがく)(へん)じ、028(ひだり)(ひぢ)南岳(なんがく)となり、029(みぎ)(ひぢ)北岳(ほくがく)となり、030(あし)西岳(せいがく)となりしとも(つた)へてゐる。
 
031   天地(てんち)分離(ぶんり)
 
032 太初(はじめ)には(てん)()とが相混(あひまじ)つて、033まるで鶏卵(けいらん)()うにフワフワとしてゐた。034その(なか)盤古(ばんこ)といふものが(うま)れて()ると、035(はじ)めて(てん)()との差別(さべつ)出来(でき)て、036(きよ)いものは天空(てんくう)となり、037(にご)つてゐるものは大地(だいち)となつた。
038 その(のち)は、039天空(てんくう)大地(だいち)も、040それからこの(ふた)つの(あひだ)(うま)れた盤古(ばんこ)も、041段々(だんだん)生長(せいちやう)して()つた。
042 (てん)一日(いちにち)一丈(いちぢやう)づづ(たか)さを()して()き、043()(おな)じく一日(いちにち)一丈(いちぢやう)づづ(あつ)さを(くは)へて()つた。044そして、045(その)(あひだ)(はさ)まつてゐる盤古(ばんこ)(おと)らじと、046一日(いちにち)九度(くど)姿(すがた)()へながら、047(おな)じく一丈(いちぢやう)づづ()()びて()つた。048さうして()(うち)に、049一万八千年(いちまんはつせんねん)といふ(なが)年月(としつき)()つた。050その(あひだ)盤古(ばんこ)()(たけ)()びに()びて九万里(きうまんり)となつた。051九万里(きうまんり)といふ(おそ)ろしいノツポーが(てん)()との(あひだ)(はさ)まる(こと)になつたので、052元々(もともと)相接(あひせつ)してゐた()(ふた)つが、053九万里(きうまんり)ほど(へだ)たつて(しま)つた。
054 天空(てんくう)大地(だいち)との(あひだ)今日(こんにち)のやうに(とほ)(はな)れてゐるのは、055(まつた)(これ)(ため)であるといふのである。
056 ニユー・ジーランドの神話(しんわ)に、057タネマフタといふ()(かみ)が、058相接(あひせつ)してゐる(てん)()とを()()けたといふことを()いてゐる。059盤古神話(ばんこしんわ)はこれと(すこぶ)(おもむき)(おな)じうしてゐる。060それから、061世界樹(せかいじゆ)観念(くわんねん)支那(しな)(そん)して()たらしい。062スカンディナヴィアの神話(しんわ)に、063イグドラジルといふ大樹(たいじゆ)があつて、064(うへ)天界(てんかい)(いた)り、065(した)死界(しかい)()()つてゐると()はれてゐる。066かやうな()世界樹(せかいじゆ)()ぶのであるが、067支那(しな)にも(これ)(すこぶ)類似(るゐじ)した説話(せつわ)(そん)してゐる。
068 『太平御覧(たいへいぎよらん)』の()(ところ)によると、069支那(しな)一本(いつぽん)(おほ)きな扶桑(ふさう)()があつた。070(ゑだ)()くてスクスクとどこ(まで)大空(たいくう)()(あが)つて()た。071そして(うへ)天盤(てんばん)(いた)り、072(した)(まが)りくねつて三泉(さんせん)(つう)じてゐたと()ふのであるから、073(これ)(もく)して支那(しな)のイグドラジルとなしても(けつ)して不当(ふたう)ではない。074(したが)つてまた(これ)一種(いつしゆ)世界樹(せかいじゆ)()んでも、075(あへ)比倫(ひりん)(しつ)してゐる(わけ)でもないだらう。