霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

波斯(ペルシヤ)宇宙創造説(うちうさうざうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第76巻 よみ:ぺるしゃのうちゅうそうぞうせつ 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月05日(旧10月18日) 口述場所:水明閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm760005
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 422頁 修補版: 校定版:10頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 世界(せかい)(はじ)めにアフラ・マズダと()(たふと)(かみ)とアングラ・マイニウと()邪悪(じやあく)精霊(せいれい)とがあつた。002アフラ・マズダは(かぎ)りなき光明(くわうみやう)世界(せかい)()んで()り、003アングラ・マイニウは(はて)もない暗黒(あんこく)深淵(しんえん)()んでゐた。004そして()光明(くわうみやう)世界(せかい)暗黒(あんこく)深淵(しんえん)との(あひだ)は、005何一(なにひと)つも存在(そんざい)しない(くう)(くう)であつた。
006 アフラ・マズダは種々(しゆじゆ)生物(せいぶつ)(つく)()した。007(しか)(はじ)めは()()える(かたち)()つてゐなかつた。008この(たふと)(かみ)は、009自分(じぶん)(つく)()した(すべ)ての生物(せいぶつ)を、010三千年(さんぜんねん)(あひだ)(かんが)へることも()ければ、011(うご)くことも()無形(むけい)(れい)姿(すがた)にして()かうと(おも)つたのであつた。012邪悪(じやあく)なアングラ・マイニウはアフラ・マズダが色々(いろいろ)生物(せいぶつ)(つく)()したと()ふことを()()むと、
013(なに)小癪(こしやく)な、014おれがアフラ・マズダの世界(せかい)()つて(なに)もかも(たた)きつぶしてやる』
015()つて暗黒(あんこく)深淵(しんえん)から()()して光明(くわうみやう)世界(せかい)にやつて()た。016(しか)しいよいよアフラ・マズダの(ところ)()()ると、017威儀堂々(ゐぎだうだう)として(ちから)(つよ)(とく)(たか)かつたので、
018『これは(おどろ)いた、019とてもおれなんか(かな)ひさうにない』
020(はじ)めの(すさま)じい(いきほ)ひはどこへやら、021這々(はふばふ)(てい)でもとの暗黒世界(あんこくせかい)()(かへ)つた。022そして、
023『アフラ・マズダがあんなに(えら)くては、024おれ一人(ひとり)(ちから)では()うする(こと)出来(でき)ぬ。025よし、026おれを(たす)けてくれるものを(つく)ることにしよう』
027()つて数々(かずかず)悪魔(あくま)をこしらへた。
028 アフラ・マズダは(はや)くも光明世界(くわうみやうせかい)からそれを()てとつて、
029(いま)のうちに(なん)とか(かた)()けて()かねばならぬ』
030(おも)つた。031そこでわざわざ暗黒世界(あんこくせかい)(くだ)つて()つてアングラ・マイニウに()つて、
032『お(まへ)や、033(まへ)がこしらへた生物(せいぶつ)寿命(じゆみやう)()まりがあるだろう』
034()つた。
035 アングラ・マイニウは口惜(くや)しさうな(かほ)をして、
036『さうだよ、037それがどうしたと()ふのかね』
038()つた。
039『どうぢや、040わしが(つく)()した(すべ)ての生物(せいぶつ)(たす)(たた)へて()れないか、041さうしたら、042(まへ)にも、043(まへ)のこしらへた生物(せいぶつ)にも、044不滅(ふめつ)(いのち)(あた)へることにしてやるが……』
045とアフラ・マズダが温順(おとな)しく相談(さうだん)()ちかけると、046アングラ・マイニウは(すさ)まじい(こゑ)(うな)()して、
047『それは御免(ごめん)(かう)むらうかい。048わしはお(まへ)のこしらへた生物(せいぶつ)(たす)けたり(たた)へたりすることは出来(でき)ぬ。049わしは彼等(かれら)(ほろ)ぼして(しま)ふか、050それともお(まへ)(もと)(はな)れて、051わしの(こころ)(なび)くやうにするつもりだ』
052とどこまでも(いど)みかかつた。053(しか)しアフラ・マズダは()ちついた様子(やうす)で、
054『それでは、055わしたちはめいめい自分(じぶん)()きなやうにするより(ほか)()い、056わしたちはお(たがひ)(あらそ)()ふまでぢや。057(しか)しいつまで(あらそ)つてゐても仕方(しかた)がない。058どうぢや、059(あらそ)ひの期限(きげん)をきめようではないか』
060()つた。061よからうとアングラ・マイニウが(おう)じた。
062『では(その)期限(きげん)九千年(きうせんねん)としようではないか』
063とアフラ・マズダが()つた。064よかろうと(また)アングラ・マイニウが(こた)へた。
065 アングラ・マイニウは九千年(きうせんねん)()ぎても自分(じぶん)勢力(せいりよく)がまだ(つづ)くものと(おも)つて、066ウカと()んな約束(やくそく)をしてしまつたのだが、067(たふと)(かみ)にはチヤンと未来(みらい)見透(みとほ)しが()いてゐるのであつた。068(はじ)めの三千年(さんぜんねん)(あひだ)はアフラ・マズダの(おも)ふことが(なん)でも(かな)ふのであつて、069邪悪(じやあく)(れい)はこれを(さまた)ぐることが出来(でき)ぬ。070(つぎ)三千年(さんぜんねん)(あひだ)二人(ふたり)(おも)ふことが(たがひ)にかち()つて、071どちらもうまく()かぬ。072そして最後(さいご)三千年(さんぜんねん)(あひだ)に、073邪霊(じやれい)アングラ・マイニウは全然(ぜんぜん)アフラ・マズダに征服(せいふく)されてしまふのを看破(みやぶ)つてゐるのは(たふと)(かみ)だけであつた。
074 (はじ)めの三千年(さんぜんねん)(あひだ)はアフラ・マズダが(こしら)へた生物(せいぶつ)は、075(なん)(がい)()けないで、076無形(むけい)(れい)(ひそ)める(ちから)として()(つづ)けた。077その時期(じき)がをはるとアフラ・マズダは(かたち)のある種々(しゆじゆ)(もの)(つく)(はじ)めた。078(かれ)()天空(てんくう)(つく)り、079(つぎ)(ほし)(つく)つた。080(ほし)(かず)六百四十八万(ろくぴやくよんじうはちまん)(およ)んだ。081アフラ・マズダは、082それらの(ほし)()()大空(おほぞら)四方(しはう)(くば)つて、083四人(よにん)首領(しゆりやう)司配(しはい)させることにした。084(ひがし)(はう)首領(しゆりやう)はチシュトリアと()ばれ、085西(にし)(はう)首領(しゆりやう)はサタヴェースと()ばれ、086(みなみ)(はう)首領(しゆりやう)はヴァナンドと()ばれ、087(きた)(はう)首領(しゆりやう)はハブトーク・リングと()ばれる。088(ほし)くづが出来上(できあが)ると、089アフラ・マズダは(つぎ)(つき)(こしら)へて、090それから太陽(たいやう)(こしら)へた。
091 その(あひだ)邪霊(じやれい)アングラ・マイニウは昏々(こんこん)として(ねむ)(つづ)けて()た。092ジャヒと()ばれた女性(ぢよせい)悪魔(あくま)がそれを()て、
093『どうも仕方(しかた)()いナア。094アフラ・マズダはどしどし色々(いろいろ)(もの)(つく)()してゐるのに、095うちの首領(かしら)暢気(のんき)(ねむ)りこけてゐる』
096(しき)りに()()んでゐたが、097たうとうたまり(かね)てアングラ・マイニウの(そば)()けつけて、
098『お首領(かしら)()(くだ)さい、099わたしたちは、100この世界(せかい)騒動(さうだう)(おこ)さうではありませんか』
101(さけ)んだ。
102 (しか)しアングラ・マイニウは内心(ないしん)アフラ・マズダが(こは)いので、103女魔(によま)()(こゑ)()()ましても依然(いぜん)(ねむ)つたふりをして()た。104ジャヒは()(いら)つて、
105『お首領(かしら)106(はや)()きて(くだ)さい。107アフラ・マズダが勝手(かつて)なことをして()ますよ。108(はや)邪魔(じやま)をしてやりませう』
109(さけ)んだ。110そして女魔(によま)三度(さんど)(さけ)ぶと、111三度目(さんどめ)にアングラ・マイニウがむつくと()(あが)つた。112そしてジャヒの(あたま)接吻(せつぷん)をしながら、
113『そなたは、114わしに、115(なに)(のぞ)むことがあるのかね』
116(たづ)ねた。
117『エエさうですよ、118(わか)(をとこ)姿(すがた)()たいのですよ』
119女魔(によま)(こた)へた。120と、121()言葉(ことば)(をは)るか(をは)らないうちに、122魔王(まわう)アングラ・マイニウの姿(すがた)十五歳(じふごさい)(くらゐ)(をとこ)(へん)じた。123女魔(によま)(おほい)(よろこ)んで、
124『サア、125()ぐに天界(てんかい)()つてアフラ・マズダの仕事(しごと)邪魔(じやま)をしてやりませう』
126()つた。
127『よし、128承知(しようち)ぢや』
129 アングラ・マイニウは()(さけ)んで、130数多(あまた)悪魔(あくま)どもを()()れて、131まつしぐらに天界(てんかい)()ざして()()した。132(かれ)天空(てんくう)()ると、
133『ほう、134おれの()らぬ()(へん)なものが出来(でき)たな』
135()つて(へび)のやうにそこに(をど)()んで()つた。136(そら)(おほかみ)(おそ)はれた(ひつじ)のやうに、137(ふる)(をのの)いた。138(いきほ)ひに()つたアングラ・マイニウは、139アフラ・マズダが(つく)()した(すべ)てのものに()びついて()つて、140片端(かたつぱし)からそれを(きず)つけ(けが)した。141()()世界(せかい)暗黒(あんこく)になつた。
142『ウマイウマイ、143今度(こんど)()うしてくれるぞ』
144とアングラ・マイニウは数多(あまた)惑星(わくせい)(こしら)へてアフラ・マズダの任命(にんめい)した星座(せいざ)首領(しゆりやう)たちに対抗(たいかう)させた。145惑星(わくせい)(すさ)まじい(いきほ)ひで、146(かみ)(つく)つた(ほし)くづにぶつつかつて()つたので、147満天(まんてん)(ほし)どもは(おどろ)(おそ)れて、148右往左往(うわうさわう)()(まど)うた。149アフラ・マズダに(ひき)ゐられた天使(てんし)(むれ)アメシヤ、150スペンタやヤザタたちは天下(てんか)一大事(いちだいじ)と、151必死(ひつし)となつて邪霊(じやれい)(ひき)ゐられた悪魔(あくま)(むれ)(たたか)つた。152そして大小(たいせう)悪魔(あくま)どもを()(つか)んでは、153天界(てんかい)から暗黒(あんこく)深淵(しんえん)へと()(おと)(つづ)けた。
154 全世界(ぜんせかい)()(うご)かすほどの(はげ)しい(たたか)ひが(ひる)九日(ここのか)155(よる)九夜(ここのや)(おこな)はれた。156さうしてゐるうちに大空(たいくう)堅固(けんご)塁壁(とりで)(きづ)()げられたので、157さすがの悪魔軍(あくまぐん)最早(もはや)()()(やう)がなくなつて、158スゴスゴ暗黒世界(あんこくせかい)引返(ひきかへ)して(しま)つた。
159 (たたか)ひが()むとアフラ・マズダは(また)創造(さうざう)仕事(しごと)(つづ)けた。160(たふと)(かみ)は、161今度(こんど)数多(あまた)(みづ)(なが)れを(こしら)へた。162是等(これら)(なが)れは一所(ひとところ)(あつ)まつてヴールカシヤ(広大(くわうだい)なる深淵(わたつみ))と()(うみ)となる。163ヴールカシヤ(かい)はアルブールズ(さん)(みなみ)(はて)(あた)つて大地(だいち)三分(さんぶん)(いち)()めてゐる。164それは一千(いつせん)(みづうみ)(みづ)(ふく)んでゐると(しん)じられた。
165 世界(せかい)所在(あらゆる)(みづ)はアルドヴイ、166スーラー、167アナーヒタ((うるほ)ひて(つよ)()(けが)()きものの())といふ(いづみ)から(なが)()る、168その(なが)()(みづ)数多(あまた)(かは)となつて大地(だいち)をうるほすのであつた。
169 邪霊(じやれい)アングラ・マイニウは(これ)()ると、170(また)むらむらと悪気(わるぎ)(おこ)して、171旱魃(かんばつ)悪魔(あくま)アバオシヤを()()して、
172『お(まへ)173天界(てんかい)(のぼ)つて、174(みづ)(なが)れの邪魔(じやま)をしてやれ』
175()ひつけた。176アバオシヤは()ぐに天界(てんかい)(のぼ)つて()つた。177そして(なつ)(あひだ)大地(だいち)(みづ)(めぐ)むことを(つかさ)どつてゐるチシュトリアの(ところ)()て、178(なが)れを()()めようとして、179二人(ふたり)(あひだ)(はげ)しい(あらそ)ひが(おこ)つたが、180たうとうアバオシヤの(ちから)()きて天界(てんかい)から(ほう)()された。
181 アフラ・マズダは(さら)創造(さうざう)仕事(しごと)(つづ)けて、182今度(こんど)(あら)たに大地(だいち)(つく)ることにした。183(たふと)(かみ)()づチシュトリアに()()けて、184(ふる)大地(だいち)(うへ)大雨(おほあめ)()らせた。185(たちま)大地(だいち)一面(いちめん)(みづ)となつて、186邪悪(じやあく)生物(せいぶつ)(どく)をすつかり(あら)(きよ)めた。187(みづ)()くにつれて三十三種(さんじふさんしゆ)陸地(りくち)(つく)られた。188(たふと)(かみ)はこれを(なな)つの部分(ぶぶん)()けることにした。189それを()邪霊(じやれい)アングラ・マイニウは、
190『アフラ・マズダ()191色々(いろいろ)(もの)(つく)()すな、192(しやく)にさはる(やつ)だ、193(ひと)邪魔(じやま)をしてやらう』
194()つて、195大地(だいち)(はら)(おく)(もぐ)()んだかと(おも)ふと、196内側(うちがは)から(はげ)しく(これ)()(うご)かしたので、197(いま)まで平坦(へいたん)であつた大地(だいち)所々(ところどころ)(おほ)きな(やま)出来(でき)た。198真先(まつさき)出来上(できあが)つたのが、199アルブールズ(さん)であつた。200この(やま)(あら)はれると、201大地(だいち)所々(ところどころ)がそれにつれてムクムクと(うご)()して、202さながら(おほ)きな()のやうに(くも)(つらぬ)くほど(そび)()つた。
203 (つぎ)にアフラ・マズダは種々(しゆじゆ)草木(くさき)(こしら)へることにした。204天使(てんし)(むれ)アメシヤ、205スペンタの一人(ひとり)である、206アメレタートが(たふと)(かみ)(おほ)せを()けて、207ありとある植物(しよくぶつ)(こま)かに()(くだ)いて、208それを(みづ)()かすと、209狼星(らうせい)がその(みづ)(あまね)大地(だいち)()()らしたので、210やがて人間(にんげん)(あたま)(かみ)()()えるやうに(いた)(ところ)草木(くさき)()()した。211その(なか)一万(いちまん)草木(くさき)は、212邪霊(じやれい)アングラ・マイニウが生物(せいぶつ)(くる)しめるために(つく)()した一万(いちまん)病気(びやうき)()退()けるに()(ちから)()つてゐた。
213 大海(たいかい)ヴールカシヤのただ(なか)には(とく)に『あらゆる(たね)(ふく)()』が()()した。214大地(だいち)(あら)はれた(すべ)ての草木(くさき)が、215いつまでも()()てないやうにと()ふアフラ・マズダの有難(ありがた)(かんが)へからである。216それから(また)『あらゆる(たね)(ふく)()』の(そば)(たふと)(かみ)はガオケレナ(牛角(ぎうかく)())と()植物(しよくぶつ)()()でしめた。217この植物(しよくぶつ)はあらゆる草木(さうもく)首領(かしら)で、218これを(くち)にするものは(ことごと)不滅(ふめつ)(いのち)()るのであつた。219(たふと)(かみ)宇宙(うちう)をいつまでも生々(いきいき)とさせて()かうと(おも)つて、220()霊樹(れいじゆ)(つく)()したのであつた。
221 (これ)()邪霊(じやれい)アングラ・マイニウは(いた)機嫌(きげん)(わる)くして、
222『アフラ・マズダの(やつ)223ほんたうに(しやく)にさはる(こと)ばかりしでかすな。224よし、225おれがあの()()らしてやるぞ』
226()つてヴールカシヤ(かい)水底(みなそこ)(ふか)一匹(いつぴき)()蜥蜴(とかげ)(つく)()した。
227 蜥蜴(とかげ)はガオケレナの()()んで、228いつかはそれを()らさうとしてゐたのを、229(たふと)(かみ)(はや)くもそれを(さと)つて、230カルと()(うを)十尾(じつぴ)(こしら)へて()蜥蜴(とかげ)(あた)らせることにした。231十尾(じつぴ)のカル(ぎよ)は、232(かは)(がは)蜥蜴(とかげ)(そば)(およ)(まは)つて、233ガオケレナの()()まうとすると()ぐに()びかかつて()くのであつた。
234 (つぎ)にアフラ・マズダは()(こしら)へて世界(せかい)(よろこ)ばした。235()いものの(あら)はれるのが大嫌(だいきら)ひの邪霊(じやれい)アングラ・マイニウは(また)ひどく(はら)()てて、
236『アフラ・マズダの(やつ)237また(へん)なものを(つく)つたな。238よし、239今度(こんど)だつて邪魔(じやま)をしないでは()かないぞ』
240()つて()()える(とき)には、241いつも(いや)(けむり)()るやうにした。
242 (つぎ)にアフラ・マズダは種々(しゆじゆ)動物(どうぶつ)(つく)ることにした。243(たふと)(かみ)素晴(すば)らしく(つよ)くて(うつく)しい一頭(いつとう)(うし)(こしら)へた。244この(うし)には(すべ)ての動物(どうぶつ)(たね)(ふく)まれてあつた。245邪霊(じやれい)アングラ・マイニウは、246それを()ると()(いろ)()へて、
247『また(いや)なものを(つく)りをつたな、248こりや依然(ぢつと)としては()られないぞ』
249(すぐ)にこの(うし)(そば)にノコノコやつて()た。250アフラ・マズダは(かれ)姿(すがた)()ると、
251『あの(をとこ)252またわしの仕事(しごと)邪魔(じやま)をしに()たな』
253(おも)つて、254大急(おほいそ)ぎでビーナークと()霊妙(れいめう)果実(くわじつ)()(つぶ)して(うし)()べさせた。255果実(くわじつ)不可思議(ふかしぎ)(ちから)によつてアングラ・マイニウの邪悪(じやあく)(わざはひ)(ふせ)がうとしたのである。256(しか)しアングラ・マイニウが(うし)(そば)にやつて()て、257(すご)()でじつと見据(みす)ゑて()ると、258(うし)はやがて(やまひ)(かか)つて次第(しだい)()(おとろ)へて、259(つひ)最後(さいご)(いき)()()つて(しま)つた。260(おも)ふと、261(うし)霊魂(れいこん)ゲーウシュ・ウルヴァンが、262その(からだ)からスルスルと()()して、263アフラ・マズダの(もと)にやつて()た。264そして一千(いつせん)人間(にんげん)一度(いちど)(さけ)()したやうな(おほ)きな(こゑ)で、
265邪悪(じやあく)なアングラ・マイニウが勝手(かつて)なことをしてゐるのに、266あなたはどうしてぢつとして()られるのです。267いつぞやあなたは、268(えら)(をとこ)(こしら)へて、269すべてのものを保護(ほご)させてやると(おほ)せられたが、270その(をとこ)はどこに()るのです。271(いま)のやうにアングラ・マイニウが(わる)いことをしてゐては、272わたしは種々(しゆじゆ)動物(どうぶつ)(やしな)(そだ)てて()くことは出来(でき)ませぬ』
273()つた。
274 これを()くとアフラ・マズダは(まゆ)をひそめて、
275『わしは(たしか)(えら)(をとこ)(こしら)へてやると()つたが、276まだ(とき)()ないのぢや』
277(こた)へた。278(しか)(うし)霊魂(れいこん)は、279この(こたへ)満足(まんぞく)することが出来(でき)なかつたので、280(ほし)世界(せかい)(ある)いて()つて、281(さき)のやうに(おほ)きな(こゑ)(さけ)(つづ)けた。
282 (あま)りにその(こゑ)(おほ)きいので、283(つき)太陽(たいやう)のゐる(ところ)までガンガン()(ひび)いた。284さうして()(うち)にたうとう時機(じき)()たので、285アフラ・マズダは(うし)霊魂(れいこん)(むか)つて、
286『モウ安心(あんしん)するがよい、287ゾロアステルと()(えら)予言者(よげんしや)を、288この()(おく)()すことにしたから』
289()ふと、290ゲーウシュ・ウルヴァンはやつと安心(あんしん)して、291ありとある動物(どうぶつ)(やしな)(そだ)てて()くやうになつた。
292 (しばら)くすると、293()んだ(うし)(からだ)から五十五種(ごじふごしゆ)穀物(こくもつ)十二種(じふにしゆ)薬草(やくさう)()()した。294アフラ・マズダがそれを(つき)(もと)(おく)ると、295(つき)はおのが(ひかり)でその(たね)(きよ)めた。296その種子(たね)から一匹(いつぴき)牡牛(をうし)一匹(いつぴき)牝牛(めうし)とが(うま)れ、297それから二百八十二種(にひやくはちじふにしゆ)動物(どうぶつ)(うま)れた。298アフラ・マズダは(けだもの)大地(だいち)()ませ、299(とり)空中(くうちう)()ませ、300(うを)水中(すゐちう)()ませることにした。301(かく)(ごと)くにして、302(たふと)(かみ)アフラ・マズダは邪霊(じやれい)アングラ・マイニウに度々(たびたび)仕事(しごと)邪魔(じやま)をされながら、303たうとう宇宙(うちう)創造(さうざう)大事業(だいじげふ)完成(くわんせい)した。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。