霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

エヂプトの開闢説(かいびやくせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:エヂプトの開闢説 よみ:えじぷとのかいびゃくせつ 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月06日(旧10月19日) 口述場所:水明閣 筆録者:谷前清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 438頁 修補版: 校定版:39頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 世界(せかい)(はじめ)には()(うみ)(そら)()く、002ただどろどろした(みづ)のやうなものが(はて)もなく(ひろ)がつてゐた。003その()を「ヌウ」といつて(その)(なか)(ひと)つの(かみ)があつた。004この(かみ)は「ヌウ」と(とも)(はじ)まり「ヌウ」の(なか)宿(やど)つてはゐるが、005まだ(かたち)()ければ(はたら)きもなく、006(あと)にはこの(うる)はしい(てん)()()()すやうな(なん)のしるしも()せなかつた。
007 そのうちに(とき)()て、008(かみ)のうちに自分(じぶん)()名乗(なの)りたいと()(こころ)(おこ)つて()た。
009『わが()夜明(よあ)けには「ケベラ」、010日中(につちう)には「ラア」、011夕刻(ゆうこく)は「ツーム」である』
012 かう()ふと、013()づキラキラした(たまご)姿(すがた)となつて(みづ)(うへ)(うか)んで()た。014そして種々(しゆじゆ)神々(かみがみ)(をとこ)(をんな)動物(どうぶつ)植物(しよくぶつ)()()ぎにこの(かみ)によつて創造(さうざう)された。
015 「ケベラ」は(はじ)めにその気高(けだか)姿(すがた)(もつ)て「ヌウ」の全面(ぜんめん)をおほうてゐたが、016自分(じぶん)()むべき場所(ばしよ)がきまらなかつたので、017その(うか)んでゐる(みづ)()けて(てん)()(つく)らうと(おも)つた。018そこで(かみ)()(かぜ)(かみ)「シユウ」と(あめ)女神(めがみ)「テフヌウト」を(つく)り、019(つぎ)()(かみ)「セブ」と大空(おほぞら)女神(めがみ)「ヌウト」を(つく)つた。
020 「シユウ」は(かみ)(めい)によつて「ヌウト」を(たか)天上(てんじやう)にさし()げた。021そこで「ヌウト」は()(かみ)「セブ」が(なが)くなつて()てゐる(うへ)弓形(ゆみがた)にのりかかつて、022手足(てあし)指先(ゆびさき)西(にし)(ひがし)地平線(ちへいせん)にすれすれにして自分(じぶん)()(ささ)へることになつた。023かうしてこの女神(めがみ)(どう)手足(てあし)(うへ)についてゐる無数(むすう)(ほし)が、024(くら)(なか)からキラキラと(ひかり)(はな)つやうになつた。025けれどもこの天地(てんち)には、026まだ(ひる)(よる)との区別(くべつ)()かつた。027そのうちに「シユウ」と「テフヌウト」の(うしろ)にかくれてゐた「ヌウ」の()が、028次第(しだい)(みづ)(おも)から(のぼ)つて大空(おほぞら)(たつ)したので、029天地(てんち)(はじ)めてその(ひかり)()らされるやうになつた。
030 その(とき)から「ヌウ」の()日毎(ひごと)(そら)(よこ)ぎつて地上(ちじやう)(すべ)てのものを見下(みおろ)し、031そこに(ひかり)(ねつ)とを(あた)へるやうになつた。032(つぎ)(かみ)(よる)()らすために、033モウ(ひと)つの()天上(てんじやう)(おく)り、034また(なみだ)地上(ちじやう)(おと)して(おほ)くの(をとこ)(をんな)(つく)つた。035その()地上(ちじやう)人間(にんげん)(まも)らせるために(おほ)くの神々(かみがみ)(つく)つた。036「オシリス」「イシス」「セット」「ネブチス」「ホルス」なぞはその(おも)なるもので「シユウ」「テフヌウト」「セブ」「ヌウト」の諸神(しよしん)(とも)に、037(のち)に「ヘリオボリス」の(おも)なる神々(かみがみ)として(まつ)らるるものである。038(かみ)はまた地上(ちじやう)人間(にんげん)のために禽獣草木(きんじうさうもく)(つく)つて、039この世界(せかい)種々(しゆじゆ)生物(せいぶつ)(みた)した。
040 エヂプトの神話(しんわ)には(なほ)いくつかの天地創造説(てんちさうざうせつ)(つた)へられてゐるが、041以上(いじやう)()べたのが一番(いちばん)まとまつた代表的(だいへうてき)(せつ)である。042()神話(しんわ)によつても(うかが)はれるやうに、043エヂプト神話(しんわ)中心(ちうしん)は、044いはゆる太陽神話(たいやうしんわ)で、045エヂプト(じん)最上(さいじやう)(かみ)として(あが)めるのは太陽神(たいやうしん)「ラー」であつた。
046 エヂプト(じん)信仰(しんかう)によると「ラー」は毎朝(まいあさ)(ひがし)(そら)(あら)はれ、047()(ふね)にのつて天上(てんじやう)(よこ)ぎるものと(かんが)へられてゐた。048この旅行(りよかう)(あひだ)に「ラー」は()えず地上(ちじやう)人間(にんげん)見下(みおろ)して、049その行為(かうゐ)善悪(ぜんあく)見分(みわ)け、050また彼等(かれら)(ひかり)(ねつ)とを(あた)へるのである。051夕方(ゆふがた)には西方(せいはう)(やま)(うしろ)へはいつて、052そこから暗黒(あんこく)下界(げかい)(しづ)んで()く。053そして(よる)(あひだ)()(そこ)(なが)れる大河(おほかは)荒浪(あらなみ)()け、054その(みち)をさへぎる種々(しゆじゆ)(てき)(たたか)つて(ただ)しい人間(にんげん)霊魂(れいこん)(ふね)(なか)(すく)()げながら、055暁方(あけがた)には(ふたた)(ひがし)(そら)(あら)はれる。
056 「ラー」は元来(ぐわんらい)北方(ほくぱう)(かみ)で、057その崇拝(すうはい)中心(ちうしん)は「ニイル」(がは)下流(かりう)地方(ちはう)にある「ヘリオボリス」であつたが、058南北統一後(なんぼくとういつご)059そこから次第(しだい)にエヂプトの全国(ぜんこく)(ひろ)がつて()つた。060そして(のち)(かみ)エヂプトの「テーベ」が勢力(せいりよく)()るやうになつてからは、061(その)地方(ちはう)主神(スしん)たる「アメン」と結合(けつがふ)して「アメン・ラー」として崇拝(すうはい)された。
062 「ラー」は普通(ふつう)人間(にんげん)姿(すがた)であらはされてゐるが、063(とき)によると(たか)(あたま)をつけた人間(にんげん)姿(すがた)にあらはされる(こと)もある。064つまりエヂプトでは(ふる)くから(たか)(もつ)太陽(たいやう)(あら)はす習慣(しふくわん)があつたからで、065その()諸国(しよこく)でも(わし)(たか)なぞの鳥類(てうるゐ)太陽(たいやう)象徴(しやうちよう)とすることは一般(いつぱん)(おこな)はれた(ふう)である。
066 「アメン」はまた「アモン」とも()ひ、067本来(ほんらい)「カルナツク」の地方神(ちはうしん)で、068その名称(めいしよう)起源(きげん)明瞭(めいれう)ではないが、069一説(いつせつ)には「(かく)れたるもの」と()意味(いみ)だとも()はれてゐる。
070 この(かみ)(ざう)(あるひ)王座(わうざ)によつた人間(にんげん)姿(すがた)071(あるひ)人身蛙首(じんしんあしゆ)072(あるひ)人身蛇首(じんしんだしゆ)073(あるひ)(さる)074(あるひ)獅子(しし)075(あるひ)人身羊首(じんしんやうしゆ)姿(すがた)であらはされてゐるが、076(なか)でも頭上(づじやう)(あか)(あを)のだんだらに()()けた一対(いつつゐ)(なが)羽飾(はねかざり)をいただき、077頤髯(あごひげ)()らした人間(にんげん)姿(すがた)をしてゐる(ざう)(もつと)(おほ)い。078(のち)太陽神(たいやうしん)「ラー」と融合(ゆうがふ)してからは、079後者(こうしや)属性(ぞくせい)をとつて人身鷹首(じんしんようしゆ)姿(すがた)にあらはされるやうになつた。
080 「アメン」の崇拝(すうはい)中心(ちうしん)は「ニイル」河谷(かこく)の「テーベ」で、081第十二(だいじふに)王朝(わうてう)(とき)までは(たん)にこの地方(ちはう)(かみ)たるに()ぎなかつたが、082この王朝(わうてう)が「テーベ」から(おこ)つてエヂプトを統一(とういつ)するに(およ)んで、083その崇拝(すうはい)(すみや)かにエヂプトの全土(ぜんど)(ひろ)がり、084(おほ)くの地方神(ちはうしん)属性(ぞくせい)をその一身(いつしん)(あつ)め、085(つひ)には「アメン・ラー」の()をもつて「神々(かみがみ)(わう)」と(たた)へられるやうになつた。086「アメン」はまた「地上(ちじやう)(わう)(わう)」として歴代(れきだい)(わう)はこの(かみ)化身(けしん)(かんが)へられ、087またその皇后(くわうごう)はこの(かみ)司祭(しさい)として(かみ)(たね)宿(やど)すものと(しん)ぜられてゐた。088「アメン」の配偶(はいぐう)を「ムウト」と()ひ「神々(かみがみ)女王(ぢよわう)」として地上(ちじやう)万物(ばんぶつ)()む「一切(いつさい)(はは)」と(かんが)へられてゐた。
089 この女神(めがみ)通例(つうれい)南北(なんぼく)(りやう)エヂプトの王冠(わうくわん)(いただ)き、090()(しやく)をとつた姿(すがた)(あら)はされてゐるが、091(とき)には母性(ぼせい)表象(へうしやう)たる兀鷹(はげたか)092()しくは獅子(しし)姿(すがた)であらはされることもあつた。
093 「アメン」と「ムウト」の(あひだ)(うま)れた(かみ)を「コンスウ」と()ひ、094(つき)(かみ)で、095農作物(のうさくもつ)または家畜(かちく)守護者(しゆごしや)とされ、096また(わか)男女(だんぢよ)(こころ)(あい)()()(かみ)として崇拝(すうはい)された。
097 エヂプトの神々(かみがみ)のうちで一番(いちばん)(ひろ)崇拝(すうはい)されたのは「オシリス」であつた。098「オシリス」は本来(ほんらい)北方(ほくぱう)(かみ)であるが、099南北統一後(なんぼくとういつご)100その信仰(しんかう)一般(いつぱん)(さか)んになつた。101この(かみ)地上(ちじやう)人類(じんるゐ)種々(しゆじゆ)生活(せいくわつ)(みち)(つた)同胞(どうはう)のやうに相愛(あひあい)して、102平和(へいわ)()()(おく)らせるために人間(にんげん)(かたち)(てん)から(くだ)された(かみ)であつた。103(しか)しその同胞(どうはう)(かみ)に「セット」(また)()を「チフォン」と()悪神(あくがみ)があつて、104秘密(ひみつ)計略(けいりやく)(まう)けて人知(ひとし)れず「オシリス」を(ころ)してしまつた。105そこで「オシリス」の(つま)の「イシス」はその(をつと)遺骸(ゐがい)をたづねて諸国(しよこく)をさまよつた(すゑ)106やうやう見付(みつ)()して一旦(いつたん)蘇生(そせい)させたが、107「セット」に見付(みつ)けられて(ふたた)びその生命(せいめい)(うば)はれて(しま)つた。108「オシリス」の遺子(ゐし)「ホルス」は(はは)の「イシス」の()養育(やういく)され、109成長(せいちやう)(のち)「チフォン」討伐(たうばつ)(ぐん)(おこ)し、110激戦(げきせん)(のち)その(てき)(やぶ)つて(ちち)王位(わうゐ)回復(くわいふく)した。111この物語(ものがたり)後世(こうせい)エヂプト(じん)(あひだ)(ひろ)伝誦(でんしよう)された伝説(でんせつ)(ひと)つである。
112 「オシリス」はその生前(せいぜん)()けた苦難(くなん)のために、113死後(しご)下界(げかい)(くだ)つて死者(ししや)裁判官(さいばんくわん)となつた。114(かれ)地下(ちか)世界(せかい)()んで、115毎夜(まいよ)「ラー」の(ふね)(とも)暗黒(あんこく)(たに)(くだ)つて()無数(むすう)霊魂(れいこん)に、116それぞれの審判(しんぱん)(あた)へるのである。
117 「オシリス」についで(あが)められる(かみ)に「トート」がある。118「トート」は智慧(ちゑ)(かみ)下界(げかい)法廷(はふてい)では「オシリス」の(かたはら)()つて人間(にんげん)(こころ)目方(めかた)(はか)(はかり)をながめながら、119()(かみ)(ふで)(もつ)(ひか)へてゐる。120この理由(りゆう)から「トート」は(かみ)書記(しよき)()ばれてゐる。121この(かみ)(ざう)(つる)(くび)()つた人間(にんげん)姿(すがた)(ゑが)かれてゐる。122そしてその(あたま)周囲(しうゐ)新月(しんげつ)(かたち)をした後光(ごくわう)がついてゐるのは、123(とき)(さだ)める(かみ)とされてゐたことを(しめ)すものである。
124 (この)(ほか)神々(かみがみ)には「イシス」の(いもうと)の「ネブチス」「オシリス」と「イシス」の()の「アヌビス」それから(まへ)()べた「オシリス」の(おとうと)の「セット」なぞがある。125「ネブチス」は()(かみ)で、126「アヌビス」は墓場(はかば)守神(まもりがみ)で、127「セット」は(すべ)ての害悪(がいあく)(みなもと)人類(じんるゐ)(てき)(かんが)へられてゐた。
128 エヂプト(じん)は、129神々(かみがみ)地上(ちじやう)(くだ)つて(つね)人間(にんげん)行為(かうゐ)監視(かんし)するものだと(しん)じてゐた。130そしてさう()場合(ばあひ)には神々(かみがみ)はいろいろな動物(どうぶつ)姿(すがた)になつてゐると(しん)じてゐたので、131自然(しぜん)色々(いろいろ)動物(どうぶつ)(かみ)化身(けしん)として崇拝(すうはい)するやうになつた。132例之(たとへば)エヂプト(さん)大甲虫(だいかふちう)を「ケベル」「ラー」の化身(けしん)(しん)じ、133山犬(やまいぬ)を「アヌビス」の化身(けしん)とし、134(つる)を「トート」の化身(けしん)として崇拝(すうはい)した。135そしてかう()(かみ)動物(どうぶつ)(ころ)したものは、136たとへ過失(くわしつ)にしても、137()(もつ)てその(つみ)(あがな)はなければならぬものとされてゐた。
138 (なか)にもエヂプト(じん)(もつと)崇拝(すうはい)した動物(どうぶつ)下界(げかい)(かみ)「オシリス」の化身(けしん)として尊敬(そんけい)された牡牛(をうし)であつた。139(のち)に「オシリス」の神殿(しんでん)(つか)へる神官(しんくわん)一定(いつてい)特徴(とくちよう)()つた牡牛(おうし)(えら)んで神獣(しんじう)とし、140これを「アビス・ブル」と()つて崇拝(すうはい)した。141「アビス」は全身(ぜんしん)(うるし)のやうに(くろ)(ひたひ)三角形(さんかくけい)(しろ)斑点(はんてん)があつて、142背中(せなか)()(わし)(はね)をひろげたやうな(かたち)になつてゐる。143その(うへ)(みぎ)側腹(わきばら)には三日月形(みかづきがた)(しろ)斑点(はんてん)と、144(のど)(した)大甲虫(だいかふちう)のやうなしるしがあつた。145かう()特徴(とくちよう)のある(うし)見付(みつ)かると、146エヂプト全国(ぜんこく)()(かへ)るばかりの(さわ)ぎをして、147その吉兆(きちてう)(いは)ふのであつた。148そしてこの神獣(しんじう)(はは)(ちち)から(はな)れるのを()つて、149祭司(さいし)(たち)はこれを「ニイル」(がは)(きし)(はこ)び、150(うつく)しく(かざ)りたてた(ふね)にのせて「メンフィス」へ(むか)へ、151そこに立派(りつぱ)神殿(しんでん)()てて安置(あんち)した。152「アビス」は一生(いつしやう)(あひだ)この神殿(しんでん)(なか)人々(ひとびと)奉仕(ほうし)()け、153毎年(まいねん)誕生日(たんじやうび)には(さか)んな祭典(さいてん)(おこな)はれた。
154 「アビス」がその神殿(しんでん)(いのち)(をは)ると、155エヂプト全国(ぜんこく)哀悼(あいたう)()(へう)して、156第二(だいに)の「アビス」が発見(はつけん)されるまで()(つづ)けるのであつた。157「アビス」の遺骸(ゐがい)はミイラとして(はうむ)らるるのであるが、158その(はうむ)つた場所(ばしよ)(ふか)()して何人(なんぴと)にも()らせないやうにした。159近年(きんねん)この墓地(ぼち)発掘(はつくつ)されて(はじ)めて()秘密(ひみつ)(あば)かれたが、160これらの(はか)地下(ちか)(いは)()つて(つく)つた広大(くわうだい)岩屋(いはや)のうちに()つて、161通路(つうろ)両側(りやうがは)には無数(むすう)部屋(へや)(まう)けられ、162(おのおの)部屋(へや)巨大(きよだい)(いし)(ひつぎ)安置(あんち)されてゐた。
163 (とり)(なか)では(たか)(つる)(もつと)神聖(しんせい)なものであつた。164(ゆき)のやうな(はね)真黒(まつくろ)()()つた(つる)は「トート」の神禽(しんきん)とされ、165(たか)は「ホルス」の表象(へうしやう)として崇拝(すうはい)されたのである。