霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

太平洋(たいへいやう)西北岸(せいほくがん)創造説(さうざうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:太平洋西北岸創造説 よみ:たいへいようせいほくがんそうぞう 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月07日(旧10月20日) 口述場所:水明閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 458頁 修補版: 校定版:76頁 普及版: 初版: ページ備考:
001   銀狐(ぎんこ)世界創造(せかいさうざう)
 
002 世界(せかい)(はじめ)には、003(みづ)(ほか)なんにもありませんでした。004その(ころ)005()(なが)(おほかみ)と、006銀狐(ぎんこ)とが、007(てん)()んでゐました。
008 銀狐(ぎんこ)は、009いろんなものを(つく)らうと()をあせつてゐましたが、010()(なが)(おほかみ)が、011いつも、
012()()せ。013そんな(こと)をしても、014なんにもならんぢやないか』
015()つて、016押止(おしと)めてゐました。017それで銀狐(ぎんこ)は、018たうとう(おほかみ)自分(じぶん)(そば)にゐるのがいやになつて、019或日(あるひ)
020『お(まへ)021これから出掛(でか)けて()つて、022焚木(たきぎ)()つて()ておくれ』
023()ひました。024そして、025(おほかみ)出掛(でか)けて()くと、026銀狐(ぎんこ)一本(いつぽん)()()()して、027天上世界(てんじやうせかい)(あな)をあけて、028(はる)(した)(はう)にある(うみ)見下(みおろ)してゐました。029やがて、030(おほかみ)(かへ)つて()ましたが、031銀狐(ぎんこ)は、032天上世界(てんじやうせかい)(あな)をあけたことを(かく)してゐました。
033 翌日(よくじつ)になると、034銀狐(ぎんこ)は、035(また)(おほかみ)焚木取(たきぎと)りにやりました。036そして、037その留守(るす)に、038(ゆみ)()(あな)()つこんで、039(した)(おと)しますと、040(ゆみ)()は、041(はる)(した)(はう)(うみ)()ちて(みづ)(そこ)(しづ)んでしまひました。042銀狐(ぎんこ)は、043(あな)から()()して、044(した)(した)へと()りて()きました。045そして、046(みづ)(おも)(ちか)づくと(ちひ)さい(まる)(しま)(ひと)(こしら)へて、047そこに(とど)まることにしました。
048 (しばら)くして、049(おほかみ)(かへ)つて()ますと、050銀狐(ぎんこ)姿(すがた)()えませんので、051あちらこちらを(さが)しはじめました。052そのうちに、053天上世界(てんじやうせかい)()いてゐる(あな)()つけ()して、054そこから(した)(のぞ)きますと、055(はる)(した)(はう)小島(こじま)に、056銀狐(ぎんこ)(すわ)りこんでゐるのを()つけました。
057『おおい、058おれは一人(ひとり)(かな)しくてたまらんよ。059どうしてそこへ()りてゆくのかね』
060(おほかみ)(こゑ)をかけました。061銀狐(ぎんこ)は、062なんとも返事(へんじ)をしませんでした。
063『そんなに意地(いぢ)(わる)いことをするもんぢやないよ。064どうにかして、065おれも(した)()りられるやうにしておくれ』
066(おほかみ)(また)(こゑ)をかけました。067そこで、068銀狐(ぎんこ)が、069(ゆみ)()(てん)(はう)差出(さしだ)しましたので、070(おほかみ)はそれを(つた)つて(した)()りて()ました。
071 銀狐(ぎんこ)(こしら)へた(しま)大層(たいそう)(ちひ)さかつたので、072二人(ふたり)がそこに()むことになると、073(ほとん)(あし)()ばして()ることも出来(でき)ない(くらゐ)でした。074そこで、075銀狐(ぎんこ)(あし)(ちから)()れて踏張(ふむば)りますと、076(しま)は、077だんだんと(おほ)きくなりました。078銀狐(ぎんこ)は、079最初(さいしよ)(しま)(ひがし)()()ばして、080それから(きた)()()ばして、081それから西(にし)()()ばして、082一番(いちばん)おしまひに(みなみ)()()ばしました。083そんなことを、084五晩(いつばん)ほど(つづ)けてゐますと、085その(しま)が、086今日(こんにち)のやうな(おほ)きな世界(せかい)になりました。
087 銀狐(ぎんこ)は、088(しま)()()ばすたびに、089(おほかみ)(むか)つて、
090(しま)のまはりを一走(ひとはし)りして、091どれ(くらゐ)(おほ)きくなつたか()とどけて()ておくれ』
092()ひました。093そこで、094(おほかみ)は、095一走(ひとはし)りすることにしましたが、096(はじ)めのうちは、097(しま)(ちひ)さかつたので、098すぐに(まは)つてしまつてゐましたが、099おしまひには、100(あま)(おほ)きくなりましたので、101(もと)のところに(かへ)つて()ないうちに、102ひどく(とし)をとつて、103体中(からだぢう)灰色(はひいろ)になつてしまひました。
104 世界(せかい)出来上(できあが)ると、105銀狐(ぎんこ)は、106人間(にんげん)動物(どうぶつ)()(いづみ)(など)(こしら)へました。107(おほかみ)はそれを()ると、
108『こんなに沢山(たくさん)(いき)ものを(つく)つたんだから、109(なに)食物(しよくもつ)(こしら)へてやらなくてはなるまい』
110一年(いちねん)のうちで十月(とつき)(ふゆ)にしようぢやないか』
111()ひました。
112『そんなに(ふゆ)(なが)くしたら、113食物(しよくもつ)()りないよ』
114銀狐(ぎんこ)()ひました。
115食物(しよくもつ)沢山(たくさん)ない(はう)がいいんだよ。116人間(にんげん)(ちり)(ほこり)からお(しる)(こしら)へることが出来(でき)るんだらうから』
117(おほかみ)()ひましたが、118銀狐(ぎんこ)はやはり(なん)とも返事(へんじ)をしませんでした。119しかし、120(しばら)くすると、
121(ふゆ)十月(とつき)にするのは、122よくないよ。123二月(ふたつき)沢山(たくさん)だ。124そしたら、125人間(にんげん)は、126日向葵(ひまはり)(たね)()()果実(このみ)()べることが出来(でき)るんだから』
127()ひました。
128『いや、129いけないよ。130やつぱり(ふゆ)十月(とつき)にしなくちやだめだ』
131(おほかみ)何処(どこ)までも()()りました。132そこで、133銀狐(ぎんこ)が、134たうとう(おこ)()して、
135『お(まへ)は、136あんまりしやべり()ぎるよ。137わしは一年(いちねん)四月(よつき)にするつもりだ。138(ふゆ)二月(ふたつき)(はる)(あき)とが一月(ひとつき)づつだ。139それで結構(けつこう)だ。140もうこの(こと)(つい)ては、141とやかくいはないでおくれ』
142()ひました。
143 かうして人間世界(にんげんせかい)出来(でき)るし、144一年(いちねん)(はる)(あき)(ふゆ)()つに(わか)れるやうになつたのです。
 
145註アメリカ印度人(いんどじん)は、146日本(にほん)などと(ちが)つて、147一年(いちねん)三期(さんき)にわけてゐます。148この神話(しんわ)は、149(すなは)ちさうした観念(くわんねん)反映(はんえい)してゐるのです。