霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

英領(えいりやう)北亜米利加(きたアメリカ)創造説(さうざうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第76巻 よみ:えいりょうきたあふりかそうぞうせ 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月07日(旧10月20日) 口述場所:水明閣 筆録者:谷前清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm760012
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 461頁 修補版: 校定版:88頁 普及版: 初版: ページ備考:
001   世界創造(せかいさうざう)
 
002 (むかし)003ウィアンドット(ぞく)が、004(たか)(たか)(そら)(うへ)世界(せかい)()んでゐました。
005 ()()006一人(ひとり)黄教僧(くわうけうそう)人々(ひとびと)(むか)つて、
007『お(かしら)(いへ)(そば)()えてゐる林檎(りんご)()()るがよい』
008()ひました。009そこで、010人々(ひとびと)一緒(いつしよ)になつて、011林檎(りんご)()()()(はじ)めました。012酋長(しうちやう)(むすめ)がその(とき)013林檎(りんご)()(そば)寝転(ねころ)んでゐましたが、014()(あが)りもしないで、015(みな)のする(こと)をぼんやり(なが)めてゐました。016だんだん()つてゐると、017()()けに(おほ)きな(おと)がしました。018天上世界(てんじやうせかい)(ゆか)()()いたのでした。019人々(ひとびと)は、020びつくりして()びすざりましたが、021酋長(しうちやう)(むすめ)だけは、022やはり寝転(ねころ)んでゐましたので、023林檎(りんご)()一緒(いつしよ)(した)(した)へと()ちて()きました。
024 下界(げかい)には、025まだ(りく)といふものがなくて、026一面(いちめん)(みづ)(ひろ)がつてゐました。027(みづ)(うへ)には、028白鳥(はくてう)(むれ)(およ)(まは)つてゐましたが、029()()けに(おほ)きな(おと)がしましたので、030びつくりして(うへ)()ると、031一本(いつぽん)()と、032一人(ひとり)(わか)(をんな)(そら)から(くだ)つて()てゐました。
033()ろ、034(をんな)(くだ)つて()てゐる。035(みづ)(なか)()ちると可哀(かあい)さうだ。036みんな一緒(いつしよ)(あつ)まつておくれ。037あの(をんな)が、038わたし(たち)(せな)(うへ)()ちるやうに』
039一羽(いちは)白鳥(はくてう)()ひました。040そこで、041みんなが一緒(いつしよ)(あつ)まりましたので、042酋長(しうちやう)(むすめ)は、043無事(ぶじ)にその(せな)(うへ)()ちました。044(しばら)くすると一羽(いちは)白鳥(はくてう)が、
045『この(をんな)をどうしたらいいんだらう。046こんな重荷(おもに)背負(せお)つては、047(たがひ)にとても(なが)(およ)いでゐるわけに()かないよ』
048()ひました。049すると、050()白鳥(はくてう)が、
051『それぢや、052あの(おほ)きな亀公(かめこう)のとこに()つて、053相談(さうだん)して()よう。054亀公(かめこう)なら、055きつとよい智慧(ちゑ)()してくれるに(ちが)ひないから』
056()ひました。057そこで、058白鳥(はくてう)(ども)(かめ)のところに()つて、
059(をんな)()一人(ひとり)背負(せお)()んだが、060どうも(おも)くてたまらない。061どうしたらいいんだらう』
062(たづ)ねました。063すると、064(かめ)は、065すぐに使(つかひ)(はし)らせて、066あらゆる動物(どうぶつ)()(あつ)めて、067相談会(さうだんくわい)(ひら)きました。
068 いろいろ(はな)()つてゐるうちに、069一匹(いつぴき)動物(どうぶつ)()(あが)つて、
070白鳥(はくてう)さんたちの(はなし)によると、071一本(いつぽん)()が、072(をんな)()一緒(いつしよ)()ちて()て、073(みづ)(そこ)(しづ)んださうな。074で、075(たれ)(みづ)(そこ)(もぐ)りこんで、076()()から(すこ)(つち)をとつて()たらいいだらう』
077といひました。078それを()くと、079(かめ)が、
080『さうだ、081(すこ)しでも(つち)()に入つたら、082それで(しま)をこしらへて、083この(をんな)住家(すみか)にすることが出来(でき)るだらう。084一体(いつたい)その()(しづ)んだところは何処(どこ)なんだ』
085()ひました。086そこで白鳥(はくてう)どもは、087みんなを()れて、088林檎(りんご)()(しづ)んだところに()きました。
089『さあ、090(たれ)かうまく(くぐ)れるものはないか』
091(かめ)()ひました。
092 真先(まつさき)川獺(かはうそ)(しづ)んで()きました。093そして、094(しばら)くたつて、095(みづ)(おも)(うか)()ましたが、096ほつと(おほ)きな(いき)をついたかと(おも)ふと、097その(まま)()んでしまひました。098こんな(ふう)にして、099みんなが()んでしまひますので、100あとでは、101(たれ)(みづ)(なか)(くぐ)らうといふものがゐなくなつてしまひました。
102 すると、103一番(いちばん)おしまひに、104(とし)をとつた蟾蜍(がま)が、
105『わたしが、106やつて()ませう』
107()ひました。108蟾蜍(がま)は、109大変(たいへん)(ちひ)さくて、110大変(たいへん)(みにく)かつたので、111それを()くと、112みんな(わら)()しました。113しかし、114(かめ)だけは、115まじめな(かほ)をして、
116『ぢや、117どうかやつて()ておくれ』
118()ひました。
119 蟾蜍(がま)は、120のろのろと(みづ)(なか)(しづ)んで()きましたが、121なかなか(うか)んで()ませんでした。122みんなは、123()つて()つて、124たうとう()ちきれなくなつて、
125『あいつは、126もう(かへ)つて()ないだらう』
127と、128(はな)()つてゐました。129すると、130やがて、131(みづ)(うへ)にぶくぶくと(ちひ)さな(あわ)()(はじ)めました。132(おも)ふと、133蟾蜍(がま)姿(すがた)が、134ぬつと(みづ)(うへ)(あらは)れました。135そして、136ぱくりと(くち)(ひら)いて、137(かめ)(かふ)(うへ)(すこ)しばかりの(つち)()()しました。138それを()ると、139(ちひ)さい(かめ)が、140(つち)(つか)んで、141(おほ)きな(かめ)(かふ)にすりつけ(はじ)めました。142(つち)は、143()()(おほ)きくなつて、144(ひと)つの(しま)になりました。145そこで、146白鳥(はくてう)どもは、147()から(をんな)()(おろ)して、148(しま)(うへ)()せました。149(しま)はだんだんと(おほ)きくなつて、150今日(こんにち)のやうな大地(だいち)になりました。
151 (かめ)蟾蜍(がま)との(はたら)きで、152大地(だいち)出来上(できあが)りましたが、153まだ()(ひかり)がありませんので、154世界中(せかいぢう)が、155真暗(まつくら)でした。156そこで、157(かめ)は、158あらゆる動物(どうぶつ)(あつ)めて、159相談(さうだん)(ひら)くことにしました。160いろいろ(はな)()つてゐるうちに、161(ちひ)さい(かめ)()(あが)つて、
162()し、163わたしが(そら)(のぼ)ることが出来(でき)たら、164いくらか()(ひかり)(あつ)めて、165それを(たま)にして()つて(かへ)るんだがな』
166()ひました。167それを()くと、168(おほ)きな(かめ)が、
169『さうだ、170さうだ、171(ひと)(そら)(のぼ)つて()るがよい。172(まへ)には、173(たい)した(ちから)(そな)はつてゐるんだから』
174()ひました。
175 (ちひ)さい(かめ)は、176すぐに呪文(じゆもん)(とな)へました。177すると、178(きふ)(はげ)しい(あらし)()(おこ)つて、179雷光(らいくわう)(ふく)んだ(くも)(おほ)きな(おと)()てて、180みんなの(あつ)まつてゐるところの(はう)(ころ)がつて()ました。181それを()ると(ちひ)さい(かめ)は、182素早(すばや)(くも)(なか)()()んで、183(くも)一緒(いつしよ)(うへ)(うへ)へと(のぼ)つてゆきました。
184 (しばら)くすると天上世界(てんじやうせかい)()きましたので、185雷光(らいくわう)(あつ)めて、186(ふた)つの(たま)をこしらへて、187(そら)からぶら()げました。188世界中(せかいぢう)(きふ)(あか)るくなりました。189(ふた)つの(たま)といふのは、190太陽(たいやう)(つき)でした。
191 (また)192(ひか)りの起原(きげん)について、193()(やう)(せつ)もあります。
194 (むかし)195世界(せかい)には、196(ひかり)といふものがなくて、197何処(どこ)もかしこも真暗(まつくら)でした。198人々(ひとびと)は、199毎日々々(まいにちまいにち)(やみ)(なか)にゐるのが(いや)(いや)でたまらなくなりました。
200 その(ころ)201一本(いつぽん)(おほ)きな枯木(かれき)野原(のはら)()()つてゐました。202虎斑鼠(こふねずみ)は、203その()()ると、
204『これに()をつけたら、205世界中(せかいぢう)(あか)るくなるに(ちが)ひない』
206(おも)ひました。207そこで、208枯木(かれき)()()をつけて、209(はひ)がたまると、210(ぼう)(さき)でそれを()きのけかきのけしてゐました。211そのうちに、212枯木(かれき)は、213たうとう大地(だいち)(たふ)れて、214世界中(せかいぢう)(あか)るくなりました。215人々(ひとびと)は、216それを()て、217大変(たいへん)(よろこ)びました。
218 ところが、219(くま)やその友達(ともだち)は、220年中(ねんぢう)暗闇(くらやみ)(なか)にゐるのが()きでしたので、221()(たふ)れるのを()ると一生懸命(いつしやうけんめい)に、222その(うへ)(つち)()りかけて、
223(やみ)(やみ)(やみ)だ』
224(とな)へました。225すると、226虎斑鼠(こふねずみ)大変(たいへん)(いか)つて、227(つち)(はら)ひのけて、228()()(おこ)して、
229(ひかり)(ひかり)(ひかり)だ』
230(さけ)びました。231かうして、232(くま)虎斑鼠(こふねずみ)とは、233(たがひ)(つち)をかけたり、234()()(おこ)したり、
235(やみ)(やみ)(やみ)だ』
236(さけ)んだり、
237(ひかり)(ひかり)(ひかり)だ』
238(さけ)んだりしてゐましたが、239おしまひには、240二人(ふたり)ともすつかり(つか)れてしまひましたので、241両方(りやうはう)から(ゆづ)()つて、242一日(いちにち)半分(はんぶん)(あか)るくて、243(のこ)りの半分(はんぶん)(くら)いやうにすることにきめました。244しかし、245(くま)は、246やはり(あか)るいのが(いや)でたまりませんので、
247『こんなことになつたのも、248(まへ)のせゐだ』
249といつて、250虎斑鼠(こふねずみ)()()けました。251虎斑鼠(こふねずみ)は、252びつくりして、253(あな)(なか)()()みましたが、254()()(とき)に、255(くま)のために背中(せなか)()きむしられました。256だから、257今日(こんにち)でも虎斑鼠(こふねずみ)()には、258(まだら)がはいつてゐます。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)