霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

阿弗利加(アフリカ)神話(しんわ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第76巻 よみ:あふりかしんわ 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月07日(旧10月20日) 口述場所:水明閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm760013
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 466頁 修補版: 校定版:90頁 普及版: 初版: ページ備考:校定版・八幡版ともに目次「亜」、本文「阿」。
001   怠惰(たいだ)カメレオン
 
002 世界(せかい)(はじ)めに、003ウンクルンクルといふ神様(かみさま)が、004一匹(いつぴき)のカメレオンを()()して、
005御苦労(ごくらう)だが、006大地(だいち)(くだ)つて()つて、007人間(にんげん)どもに、008「お(まへ)たちはいつまでも()ななくてよい」と、009さういつておくれ』
010()ひました。
011 カメレオンはすぐに天界(てんかい)から大地(だいち)をさして()かけてゆきました。012しかしちつとも(みち)(いそ)がないで、013()()(つま)んで()べたり、014()(えだ)(のぼ)つて(むし)(さが)したりしてゐました。015その(うち)にお(なか)(いつ)ぱいになつて、016睡気(ねむけ)がさして()たので、017()なたぼつこをしながら、018こくりこくりと(ねむ)()しました。
019 そのうちにウンクルンクルの()(かは)つて()ました。020ウンクルンクルは一匹(いつぴき)蜥蜴(とかげ)()()して、
021御苦労(ごくらう)だが、022大地(だいち)()りて()つて、023人間(にんげん)どもに「お(まへ)たちは何時(いつ)かは()ななくてはならぬ」と、024さういつておくれ』
025()ひました。
026 蜥蜴(とかげ)はすぐに天界(てんかい)から()かけました。027そして、028ひたすら(みち)(いそ)ぎましたので、029途中(とちう)でカメレオンを()()して、030真先(まつさき)大地(だいち)()きました。031そして人間(にんげん)たちに(むか)つて、
032『お(まへ)たちは、033何時(いつ)かは()ななくてはならぬ、034とウンクルンクルさまがさうおつしやつたよ』
035といつて、036すぐさま天界(てんかい)をさして()(かへ)しました。
037 それから(しばら)くたつて、038カメレオンがやつと大地(だいち)()きました。039そして人間(にんげん)たちに(むか)つて、
040『お(まへ)たちは、041何時(いつ)までも()ななくてよいと、042ウンクルンクルさまが、043さうおつしやつたよ』
044(つた)へました。045人間(にんげん)たちはそれを()くと、046気色(けしき)ばんで、
047『わたし(たち)は、048たつた(いま)蜥蜴(とかげ)言葉(ことば)()いたところだよ。049わたし(たち)はいつか()ななくてはならぬと、050蜥蜴(とかげ)がさういつたよ。051(まへ)のいふことなんか(あて)にならぬ』
052(さけ)びました。
053 かうして人間(にんげん)()ななくてはならぬやうになりました。054(ズル族)
 
055同一(どういつ)神話(しんわ)が、056ベチユアナ(ぞく)057バロンガ(ぞく)058バスト(ぞく)(とう)(あひだ)(かた)られてゐます。059今日(こんにち)でもバロンガ(ぞく)は、060カメレオンの怠惰(たいだ)()(もたら)したとして、061(これ)(にく)んでゐます。062子供(こども)などは、063カメレオンを()つけると、064その(くち)煙草(たばこ)をつめ()んで、065(くる)しさに(あを)くなり(くろ)くなりするのを(なが)めて(よろこ)んでゐます。
 
066   (うさぎ)粗忽(そこつ)
 
067 あるとき天界(てんかい)にゐる(つき)が、068一匹(いつぴき)(うさぎ)()()して、
069『お(まへ)070これから大地(だいち)(くだ)つて()つて、071人間(にんげん)たちに「お月様(つきさま)()んでまた()(かへ)るやうに人間(にんげん)()んでまた()(かへ)るやうにしてやる」と(つた)へておくれ』
072といひつけました。
073 (うさぎ)はすぐに天界(てんかい)から大地(だいち)(くだ)つて()きました。074そして人間(にんげん)たちに(むか)つて、
075『お(つき)さまが()んで(ふたた)()(かへ)ることがないやうに、076(まへ)たちも一旦(いつたん)()んだら、077()きかへることは出来(でき)ないよ』
078といひました。079(うさぎ)(つき)がいつた言葉(ことば)(わす)れて、080まるで反対(はんたい)のことを人間(にんげん)(つた)へたのでした。
081 しかし(うさぎ)は、082大切(たいせつ)役目(やくめ)無事(ぶじ)()ましたと(おも)つて、083得々(とくとく)として天界(てんかい)(かへ)つて()ました。084(つき)(うさぎ)姿(すがた)()ると、085すぐに、
086『どうだね、087わしのいつた(とほ)りに人間(にんげん)(つた)へて()たかね』
088(たづ)ねました。
089『ええ、090(まつた)くお言葉(ことば)(とほ)りに(つた)へてまゐりました』
091(うさぎ)(こた)へました。
092『では、093(まへ)のいつた(とほ)りを、094ここで()(かへ)して()るがいい』
095(つき)がいひました。
096『はい、097(つき)さまが()んで(ふたた)()(かへ)ることがないやうに、098(まへ)たちも一旦(いつたん)()んだら()(かへ)ることは出来(でき)ないと、099かう(まを)(つた)へました』
100(うさぎ)(こた)へました。101これを()くと(つき)大変(たいへん)(いか)つて、102いきなり(ぼう)()()げて、103(うさぎ)()がけて()げつけました。104(ぼう)(うさぎ)(くちびる)(あた)つて、105そこを(きず)つけました。106(うさぎ)はあまりの(いた)さに、107夢中(むちう)になつて(つき)()びかかるなり、108その(かほ)をさんざんひつ()きました。
109 かうして(うさぎ)言伝(ことづて)間違(まちがひ)から、110人間(にんげん)()ななくてはならぬやうになり、111かうして(うさぎ)(くちびる)今日(こんにち)まで()けて()り、112(また)かうして(つき)(かほ)(いま)でも(きず)だらけであります。113(ホッテントット族)
 
114註これに類似(るゐじ)した神話(しんわ)が、115東部(とうぶ)亜弗利加(アフリカ)のマサイ(ぞく)(あひだ)にも(そん)してゐます。116ナイテル・コプといふ(かみ)がレ・エヨといふ(をとこ)に「子供(こども)()んだら(そら)()()げて、117(つき)のやうに()んでまた()(かへ)れ」といへと(をし)へましたが、118()んだのが自分(じぶん)()でなかつたので、119(かみ)(をし)へられた言葉(ことば)反対(はんたい)(とな)へました。120かうして人間(にんげん)()ぬやうになつたといふのであります。
 
121   (つき)何故(なぜ)()けるか
 
122 ある(とき)太陽(たいやう)(つき)(たい)して大変(たいへん)(はら)()てました。123太陽(たいやう)は、
124(にく)(やつ)125ひどい()(あは)せてやるぞ』
126といつて、127小刀(こがたな)をもつて(つき)のところに()きました。128そして(つき)(とら)へて、129(からだ)から(すこ)しばかり(にく)()(おと)しました。
130 太陽(たいやう)毎日(まいにち)131(つき)のところにやつて()ては、132小刀(こがたな)(すこ)しづつ(にく)をそぎとります。133(つき)(からだ)はだんだんと(ちひ)さくなつて()きました。134(つき)は、
135『これはどうもこまつたことになつた。136毎日(まいにち)(にく)()りとられては、137(いま)()んでしまふだらう。138自分(じぶん)()んだら、139子供(こども)(やしな)つてやるものがなくなる。140どうにかして()きてゐたいものだ』
141(かんが)(なや)みました。142で、143ある()太陽(たいやう)(むか)つて、
144『どうか、145(いま)しばらく(にく)()(おと)すことを()しておくれ』
146(たの)みました。
147『なぜかね』
148太陽(たいやう)(たづ)ねました。
149『だつて、150わしの(からだ)はもうこんなに(ちひ)さくなつたらう。151この(うへ)(にく)()りとられると、152()んでしまふよ』
153(つき)(かな)しさうに()ひました。
154()んだつて、155おれはかまはないよ』
156太陽(たいやう)がいひました。
157『わしが()ぬと、158子供(こども)(やしな)うてくれるものがゐなくなる。159それでは(あま)可哀(かあい)さうだから、160(にく)がついて(からだ)(ふと)るまで()つておくれ』
161(つき)熱心(ねつしん)(たの)みました。
162『なるほど、163それは可哀(かあい)さうだ。164それなら、165(まへ)(ふと)るまで()つてやらう。166だが、167(にく)沢山(たくさん)ついたら、168また()(おと)すんだよ』
169 太陽(たいやう)はかういつて(かへ)つてゆきました。
170 かうして太陽(たいやう)(つき)(からだ)(おほ)きくなるのを()つてはその(にく)()ぎとるのでした。171だから(つき)はあんなに(おほ)きくなつたり(ほそ)くなつたりするのです。
 
172   太陽(たいやう)出現(しゆつげん)
 
173 (むかし)あるところに一人(ひとり)(をとこ)()んでゐました。174その(をとこ)(うで)()げると、175(わき)の下から(ひかり)がさしてあたりが(まぶ)しい(ほど)(あか)るくなるのでした。176人々(ひとびと)はそれを大変(たいへん)不思議(ふしぎ)(おも)つてゐました。
177 と、178ある()一人(ひとり)(とし)をとつた(をんな)が、179()(ひと)たちに(むか)つて、
180本当(ほんたう)にあの(をとこ)不思議(ふしぎ)(をとこ)だね。181(からだ)から(ひかり)()るなんて、182(いま)まで()いたこともないよ。183あの(をとこ)(そら)()げようではないか。184さうしたらどこもかしこも(あか)るくなつて、185(こめ)出来(でき)ばえもきつとよくなるに(ちが)ひないから』
186といひました。
187 人々(ひとびと)は、188すぐに(とし)をとつた(をんな)(はなし)同意(どうい)しました。189で、190(をとこ)(ねむ)つてゐるときを()すまして、191足音(あしおと)をしのばせてその(そば)(あゆ)みよりました。192そしていきなり(をとこ)()()げて、193みんな(ちから)(あは)せて、194大空(おほぞら)()がけて()()しました。
195 (をとこ)は、196「あつ」と(さけ)んで()()ましましたが、197もう(おそ)い。198自分(じぶん)(からだ)(くう)をきつて、199どんどん(うへ)()んでゆくのでした。200そしてたうとう天上界(てんじやうかい)()いてしまひました。201仕方(しかた)がないので、202(をとこ)はそのまま天上界(てんじやうかい)()むやうになりました。
203 と、204だんだん(とき)がたつにつれ、205(をとこ)(からだ)(かたち)(かは)つて()て、206おしまひには真円(まんまる)くなりました。207それが太陽(たいやう)であります。
208 かうして人間(にんげん)()世界(せかい)は、209太陽(たいやう)のお(かげ)でいつも(あか)るいやうになりました。
 
210   ()起原(きげん)
 
211 あるとき、212(つき)人間(にんげん)たちに(むか)つて、
213『わしを()るがいい。214わしはときどき(からだ)段々(だんだん)()(おとろ)へて()つて()にさうになるが、215やがてまた(ふと)つて()るだらう。216その(とほ)りにお(まへ)たち人間(にんげん)も、217何時(いつ)までも()きてゐるのぢや。218()んだやうに()えるのは(ねむ)つてゐるのぢや。219(けつ)して本当(ほんたう)(いのち)がなくなつたのではない。220人間(にんげん)には()ぬといふことは()いものぢや』
221といつた。222人間(にんげん)たちは(これ)()くと、223(つき)言葉(ことば)(しん)じて、224(こころ)から(よろこ)んだ。225が、226そこに居合(ゐあは)せた一匹(いつぴき)(うさぎ)がはたから(くち)()して、
227『お(つき)さま、228あなたの仰有(おつしや)ることは間違(まちが)つてゐます』
229といつた。230(つき)(おどろ)いて、
231『どうしてわしの()ふことが間違(まちが)つてゐるのかね』
232(たづ)ねた。
233『だつて、234わたしのお(かあ)さんは本当(ほんたう)()んでしまつたんですもの』
235(うさぎ)(こた)へた。236(つき)(あたま)をふつて、
237『そんなことはない。238()んでゐるのではない。239ただ(ねむ)つてゐるのぢや。240(いま)()()めるよ』
241といひました。
242『いいえ、243本当(ほんたう)()んでしまつたんですよ。244(ねむ)つてゐるのではありませんよ』
245と、246(うさぎ)はどこまでもいひ()つた。247(つき)はたうとう(おこ)()して、
248『わしがこれほど本当(ほんたう)のことをいつて()かせてゐるのに、249(まへ)はそれを(しん)じないんだな。250よし、251そんなに()にたけりや、252今後(こんご)はみんな()ぬやうにしてやらう』
253といつて、254(うさぎ)(くち)をひどく(なぐ)りつけました。255それで(うさぎ)今日(こんにち)まで(くちびる)()けてゐます。256また人間(にんげん)やその()生物(いきもの)もみんな()なねばならぬやうになりました。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)