霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

ヘブライ天地創造説(てんちさうざうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第76巻 よみ:へぶらいてんちそうぞうせつ 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月08日(旧10月21日) 口述場所:水明閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm760014
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 472頁 修補版: 校定版:103頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 神様(かみさま)には(はじ)めもなければ(をは)りもないと()(こと)は、002今日(こんにち)(おほ)くの(ひと)(しん)じてゐる(こと)でせう。003この神様(かみさま)が、004まだ天地(てんち)をお(つく)りにならなかつた以前(いぜん)には、005土地(とち)はきまつた(かたち)もなく、006空漠(くうばく)とした、007暗黒(あんこく)なものであつて、008万物(ばんぶつ)には(なん)差別(さべつ)もなかつたのである。
009 ずつと大昔(おほむかし)010神様(かみさま)一言(ひとこと)言葉(ことば)をおかけになると、011(たちま)(てん)()とが出来上(できあが)つた。012それから、013神様(かみさま)は、
014(ひかり)あれ』
015(おほ)せられたので、016これから(ひかり)といふものがあるやうになつた。017今日(こんにち)のやうに(あか)るい(とき)(くら)(とき)との区別(くべつ)出来(でき)たのは、018この(とき)からである。019神様(かみさま)(くら)(とき)(よる)()づけ、020(あか)るい(とき)(ひる)()づけられた。021これが一日(いちにち)(うち)(よる)(ひる)とのあるやうになつた第一日(だいいちにち)である。
022 そこで、023神様(かみさま)蒼空(あをぞら)(つく)り、024その蒼空(あをぞら)(した)(みづ)と、025(うへ)(みづ)とをお(わか)ちになり、026蒼空(あをぞら)をば(てん)とお()づけになつた。027これが第二日目(だいににちめ)(こと)で、028これからは(あさ)夕方(ゆふがた)とがあるやうになつたのである。029神様(かみさま)(さら)言葉(ことば)をかけて、030(あめ)(した)なる(みづ)一所(ひとところ)(あつ)まつて、031(かわ)いた(つち)(あらは)れるやうにされた。032そして(かわ)いた(つち)()()づけ、033(みづ)(あつ)まつたのを(うみ)とお()づけになつた。034そして、035出来上(できあが)つたこれらを()て、036非常(ひじやう)にお(よろこ)びになつて(さら)に、
037(つち)(くさ)()(はな)()とを()()せよ』
038(おほ)せられたので、039(つち)には(くさ)青々(あをあを)()えて(うつく)しい(はな)()き、040()には美味(おい)しい()がなつた。041これが三日目(みつかめ)(こと)である。042今度(こんど)(ふた)つの(おほ)きな(ひかり)をお(つく)りになつて、043(おほ)きな(ひかり)(ひる)(つかさど)らしめ(ちひ)さな(ひかり)(よる)(つかさど)らしめになり、044(また)(ほし)をもお(つく)りになつた。045その(おほ)きな(ひかり)太陽(たいやう)であり、046(ちひ)さな(ひかり)(つき)である。047太陽(たいやう)(かがや)(とき)(すなは)(ひる)であり、048(つき)(ほし)とが()らす(とき)(すなは)(よる)である。049これが第四日目(だいよつかめ)出来事(できごと)であつた。050世界(せかい)(かたち)はかうして大体(だいたい)出来上(できあ)がつたので、051今度(こんど)は、052神様(かみさま)(また)地上(ちじやう)のあらゆる生物(せいぶつ)053(とり)や、054(うを)や、055昆虫(こんちう)や、056家畜(かちく)や、057獣物(けだもの)(その)(るゐ)(したが)つてお(つく)りになつた。058これが第五日目(だいごにちめ)のことである。
059 かくて世界(せかい)には(もり)(はた)があり、060そこには色々(いろいろ)動物(どうぶつ)(うま)れ、061(はた)(みどり)()え、062(はな)()き、063(とり)(こずゑ)から(こずゑ)へと(わた)(さへづ)り、064あらゆる生物(せいぶつ)(もり)()をさまよひ(ある)き、065天地(てんち)(じつ)(うつく)しいものとなつた。066けれども神様(かみさま)命令(めいれい)(したが)つて、067これ()のものを(をさ)める(もの)がまだゐなかつたので、068神様(かみさま)自分(じぶん)(ざう)()せて(ひと)をお(つく)りになり、
069()めよ繁殖(ふえ)()満盈(みて)よ。070そして万物(ばんぶつ)(したが)はせよ。071(また)(うみ)(うを)天空(そら)(とり)()(うご)くところの(すべ)ての生物(せいぶつ)(をさ)めよ』
072(おほ)せられ、073(また)全地(ぜんち)表面(うへ)にある果実(くわじつ)のなる(くさ)や、074(かく)のある()のなる()人間(にんげん)食物(しよくもつ)とする(こと)(ゆる)し、075(けもの)(とり)(その)()すべての(いのち)ある(もの)には、076その食物(しよくもつ)として、077すべての(あを)(くさ)をとつて()(こと)をお(ゆる)しになつた。078これが(すなは)第六日目(だいろくにちめ)(こと)である。
079 七日目(ななかめ)となつた。080神様(かみさま)はすべての(もの)を、081すつかりお(つく)りになつたから、082これを(いは)つてお(きよ)めになり、083この()をお安息(やすみ)となされた。084神様(かみさま)(はじ)めて(ひかり)をお()()しになつてから、085人間(にんげん)(つく)られる(まで)には、086六日(むゆか)(つひや)されたのである。
087 万物(ばんぶつ)(やうや)(ととの)つたので、088そこで神様(かみさま)は、089人間(にんげん)(いのち)(いき)()()んで、090これに生命(せいめい)をお(あた)へになつた。091そしてエデンの(ひがし)(はう)(その)(まう)けて、092そこに(ひと)()まはせ、093()美麗(うるは)しく、094()べて美味(おい)しい、095色々(いろいろ)()(しやう)ぜしめ、096その(その)(なか)には生命(いのち)()善悪(ぜんあく)()()とをお()ゑになり、097また(その)(うる)ほす(ため)にこの(その)(みなもと)として()つの(かは)をお(つく)りになつた。098これが(すなは)ちエデンの(その)で、099吾々(われわれ)のよく()ふ「パラダイス」である。
100 さて、101神様(かみさま)はその花園(はなぞの)人間(にんげん)(あた)へ、102これを管理(くわんり)する(こと)をお(めい)じになり、103その人間(にんげん)()をアダムと()づけられた。
104 この(とき)神様(かみさま)はアダムに(むか)つて、
105(その)()()はどれをとつて()べてもよろしい。106(しか)善悪(ぜんあく)()()()(けつ)して()べてはならぬ。107()しお(まへ)がそれを()べたなら、108(まへ)(いのち)はないものと(おも)ふがいい』
109(おほ)せられた。110神様(かみさま)はアダムがすべての(とり)(けだもの)にどんな名前(なまへ)をつけるか()たいものだとお(かんが)へになつて、111その(こと)をお()ひつけになると、112アダムはその(めい)(したが)つて、113(とり)(けだもの)一々(いちいち)名前(なまへ)をつけた。
114 けれども、115()(とり)(けだもの)はそれぞれ(おほ)くの仲間(なかま)があつたが、116人間(にんげん)はアダムがたつた一人(ひとり)であつた。117そこで神様(かみさま)は、118(かれ)(たす)けて(とも)生活(せいくわつ)する(ひと)(いま)一人(ひとり)(つく)らうとお(かんが)へになつて、119アダムを(ふか)(ねむ)らせて、120その()にその肋骨(ろくこつ)一本(いつぽん)()きとり、121其処(そこ)(にく)でふさいで()いて、122その肋骨(ろくこつ)から一人(ひとり)(をんな)をお(つく)りになつた。123そしてアダムの(ところ)()れておいでになると、124(かれ)は、
125『それこそ()(ほね)(ほね)126()(にく)(にく)である』
127といつてその(ひと)(をんな)()び、128その(をんな)にエバといふ()をつけた。129これから二人(ふたり)(たがひ)(あい)()つて神様(かみさま)(あた)へて(くだ)さつたこの(うつく)しい花園(はなぞの)(なか)で、130幸福(かうふく)()(おく)るやうになつた。131二人(ふたり)裸体(らたい)ではあつたが、132まだ()づかしいといふことを()らぬ(ほど)(きよ)らかな(こころ)()つてゐたのである。