霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

パレスチン創造説(さうざうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第76巻 よみ:ぱれすちんそうぞうせつ 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月08日(旧10月21日) 口述場所:水明閣 筆録者:谷前清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm760015
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 475頁 修補版: 校定版:106頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 (むかし)(かみ)世界(せかい)のさまざまの地方(ちはう)から、002さまざまの(つち)()つて、003最初(さいしよ)(ひと)であるアダムを(つく)つた。004(かみ)はアダムを(つく)()げると、005大地(だいち)(うへ)(よこた)へた。006アダムは人形(にんぎやう)のやうに(うご)かないで四十日(しじふにち)(あひだ)地面(ぢべた)(たふ)れたままにしてゐた。007(かみ)天使(てんし)たちを()びよせて、
008『わしがこの(をとこ)()きて(うご)くやうにするから、009(うご)()したら、010みんな大事(だいじ)(あが)(たふと)ばなくてはならぬ』
011()つた。012そしてアダムの(はな)(あな)から(いき)()()むと、013(たちま)生命(せいめい)体中(からだぢう)(はい)つて()きて(うご)くやうになつた。014それを()ると、015天使(てんし)たちはみんなこれを(あが)(たふと)んだが、016ただイブリスといふものだけは、017傲然(がうぜん)(かま)へてゐた。018(かみ)はそれを()て、
019『イブリス、020そなたはなぜアダムを(あが)(たふと)ばないのぢや』
021()めた。
022『たかが(つち)から出来(でき)たものに、023(あたま)()げるのは(きら)ひです』
024とイブリスが(こた)へた。025これを()くと、026(かみ)非常(ひじやう)(おこ)つて、
027『わしの()ひつけに(そむ)くものは、028ここに()ませて()くわけには()かぬ』
029()つて、030イブリスを楽園(らくゑん)から()()してしまつた。
031 イブリスは、032ひどくアダムを(うら)んで、
033『おれが楽園(らくゑん)から()()されたのは、034(まつた)くアダムのせゐだ。035このままにしては()かぬぞ』
036()つて、037魔王(まわう)サタンとなつて、038アダムの子孫(しそん)である人間(にんげん)執念深(しふねんぶか)(あだ)をするやうになつた。
039 (かみ)はアダムを男女(だんぢよ)両性(りやうせい)にこしらへたのであつた。040で、041(からだ)半分(はんぶん)(をとこ)で、042()半分(はんぶん)(をんな)であつた。043(しばら)くの(あひだ)さうしてゐるうちに、044やがて(ふた)つに(わか)れて、045立派(りつぱ)(をとこ)立派(りつぱ)(をんな)とになつた。046(をとこ)はやはりアダムと()ばれ、047(をんな)はリリスまたエル・カリネーと()ばれた。048リリスは猶太人(ユダヤじん)()()であり、049エル・カリネーは亜拉比亜人(アラビアじん)()()であつた。
050 二人(ふたり)(かみ)()ひつけに(したが)つて夫婦(ふうふ)となつた。051しかし(なか)がよくなかつた。052アダムが、
053『お(まへ)(をんな)だから、054わしの()ふことに(したが)はなくてはならぬ』
055()ふと、056エル・カリネーはつんとして、
057『いやですよ。058そんなことは出来(でき)ませんよ』
059()つた。
060『なぜだね』
061『だつて、062あなたもわたしも(おな)(つち)から出来(でき)たのでせう。063だから、064あなたはわたしに命令(めいれい)する権利(けんり)なんかありませんわ』
065 エル・カリネーはかう()つて、066どうしてもアダムの()ひつけに(したが)はないので、067(かみ)(おこ)つて、068楽園(らくゑん)から()()した。
069 エル・カリネーは、070自分(じぶん)より(さき)楽園(らくゑん)から()()されたイブリスの(もと)(たづ)ねて()つて、071その(つま)となつた。072そして二人(ふたり)(あひだ)沢山(たくさん)悪魔(あくま)(うま)れて、073永久(えいきう)人間(にんげん)(てき)となつた。
074 エル・カリネーを()ひのけた(かみ)は、075アダムのために(あら)たに一人(ひとり)(をんな)をこしらへることにした。076しかしアダムと(おな)じやうに(つち)(つく)つては、077また夫婦(ふうふ)(なか)(むつ)まじく()かぬと(かんが)へたので、078今度(こんど)はアダムを(ねむ)らせて、079そのひまにアダムの肋骨(ろくこつ)()きぬいて、080それで(をんな)をこしらへた。081この(をんな)(すなは)ちエバである。
082 二人(ふたり)夫婦(ふうふ)となつた。083エバはよくアダムの()ふことを()いたので、084二人(ふたり)楽園(らくゑん)(なか)(たの)しい月日(つきひ)(おく)ることが出来(でき)た。085それを()たイブリスは、
086『よし、087おれが邪魔(じやま)をしてやるぞ』
088()つて、089そつと楽園(らくゑん)(しの)()んだ。
090『うかうかしてゐて(かみ)()つかると大事(おほごと)だ。091どこかに()(かく)すところはないか()ら』
092 イブリスはかう(おも)つて、093あたりを見廻(みまは)すと、094一匹(いつぴき)(へび)()についた。
095『うん、096いい隠家(かくれや)()つかつた』
097 イブリスはかう()つて、098(たちま)姿(すがた)(ちひ)さくして、099(へび)(きば)にあいてゐる空洞(うつろ)()()んだ。100そして(へび)(くち)()りて、101うまくエバに()()つて、
102『エバさん、103楽園(らくゑん)にある小麦(こむぎ)()べてごらん』
104(すす)めた。105エバは(おどろ)いて、
106『とんでもない。107小麦(こむぎ)禁制(きんせい)食物(しよくもつ)です。108神様(かみさま)から()べてはならぬと(かた)(まを)しつけられてゐるのです』
109()つた。
110『そんなことを()はないで、111まあ()べてごらん。112素敵(すてき)においしいんですよ』
113と、114(へび)がしつこく(すす)めた。115エバもつひにその()になつて()べて()ると、116非常(ひじやう)にいい(あぢ)がするのでたうとう(をつと)のアダムを()()せて(これ)()はせた。
117 (かみ)はすぐにそれを()つた。118そしてアダムとエバとイブリスと(へび)とを楽園(らくゑん)から()()した。119しかしアダムは楽園(らくゑん)()るときに、120(かみ)()(ぬす)んで、121(ひと)つの鉄床(かなどこ)二本(にほん)火箸(ひばし)(ふた)つの(つち)一本(いつぽん)(はり)とを()()した。
122 アダムは「後悔(こうくわい)(もん)」から()()され、123エバは「哀憐(あいれん)(もん)」から()()され、124イブリスは「(のろ)ひの(もん)」から()()され、125(へび)は「(わざは)ひの(もん)」から()()された。126そしてアダムはセレンディブ(今日(こんにち)錫蘭(セイロン))に(くだ)り、127エバはジダーに(くだ)り、128イブリスはアカバーに(くだ)り、129(へび)波斯(ペルシヤ)のイスファハンに(くだ)つた。
130 かうして、131アダムとエバとは、132(なが)(あひだ)はなればなれになつて(くら)してゐたが、133二百年(にひやくねん)たつてからメツカの(ちか)くに(そび)えてゐる「(みと)めの(やま)」アラファット(さん)で、134はしなくも再会(さいくわい)することになつた。135アダムは楽園(らくゑん)(をか)した(つみ)(こころ)から()いてゐたので、136天使(てんし)ガブリエルが可哀(かあい)さうだと(おも)つて、137(かれ)をアラファット(さん)(みちび)いて、138エバを見出(みいだ)さしめたのであつた。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)