霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

ミクロネシヤ創造説(さうざうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:ミクロネシヤ創造説 よみ:みくろねしやそうぞうせつ 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 479頁 修補版: 校定版:112頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 太初(はじめ)には、002(てん)()もありませんでした。003()るものは、004(はて)しなく(ひろ)がつた(うみ)と、005アレオブ・エナブといふ(とし)()いた蜘蛛(くも)とだけでした。006蜘蛛(くも)漫々(まんまん)たる大海原(おほうなばら)にふわふわと(ただよ)うてゐました。
007 ある()蜘蛛(くも)は、008非常(ひじやう)(おほ)きな(かひ)()つけました。009蜘蛛(くも)はそれを()()げて、
010『どこにか(くち)がありさうなものだな。011あつたら(なか)()()んでやるが』
012と、013四方(しはう)八方(はつぱう)から(なが)めて()ましたが、014どこにも(くち)()いてゐませんでした。015(かれ)(かひ)(たた)いて()ました。016すると空洞(うつろ)のやうな(ひびき)()てましたので、
017『とにかく、018(なか)には(なに)もはいつてゐないな』
019独言(ひとりごと)をいひました。
020 蜘蛛(くも)は、021どうにかして(くち)()けさせたいと(おも)つて、022(しき)りに呪文(じゆもん)(とな)へてゐますと、023やつと(すこ)(ふた)()きました。024蜘蛛(くも)はすかさず(かひ)(なか)(もぐ)()みましたが、025(ふた)(すこ)ししか(ひら)いてゐないので、026()(あが)ることも出来(でき)ませんでした。
027 蜘蛛(くも)(かひ)(なか)根気(こんき)よく()ひまはつてゐるうちに、028一匹(いつぴき)蝸牛(かたつむり)()つけ()しました。029(かれ)蝸牛(かたつむり)元気(げんき)をつけてやるために、030それを(わき)(した)()れて三日(みつか)(あひだ)(ねむ)りつづけました。031それからまた、032あちらこちらと(さが)(まは)つてゐると、033(さら)(おほ)きな蝸牛(かたつむり)()つけました。034蜘蛛(くも)(また)それを(わき)(した)()れて、035三日(みつか)(あひだ)(ねむ)つてゐました。036()()めると、037(ちひ)さい(はう)蝸牛(かたつむり)(むか)つて、
038『どうも(かひ)天井(てんじやう)(ひく)くて(こま)る。039せめて(すわ)れるくらゐ天井(てんじやう)をおし()げてもらひたいが、040(まへ)にそれが出来(でき)るかね』
041(たづ)ねました。042(ちひ)さい蝸牛(かたつむり)は、
043出来(でき)ますとも』
044(こた)へて、045(すこ)天井(てんじやう)()()げました。046蜘蛛(くも)はお(れい)()つて、047その蝸牛(かたつむり)(かひ)西(にし)(はう)()ゑつけて、048それを(つき)()へました。
049 (つき)(あらは)れたので、050(かひ)(なか)(すこ)(あか)るくなりました。051蜘蛛(くも)(つき)(ひかり)一匹(いつぴき)(おほ)きな蠐螬(ぢむし)()つけました。052(かれ)蠐螬(ぢむし)(むか)つて、
053『お(まへ)は、054(いま)よりも一層(いつそう)(たか)天井(てんじやう)()()げることが出来(でき)るかね』
055(たづ)ねますと、056(むし)は、
057出来(でき)ますとも』
058(こた)へて、059天井(てんじやう)()()(はじ)めました。060天井(てんじやう)次第(しだい)(たか)くなりましたが、061あまり(ほね)がをれるので、062蠐螬(ぢむし)(からだ)から(あせ)がどんどん(なが)()しました。063蜘蛛(くも)はその(あせ)(あつ)めて(うみ)をこしらへました。064それと同時(どうじ)()()げられた(かひ)上蓋(うはぶた)天空(てんくう)となり、065(した)(ふた)大地(だいち)となりました。066蜘蛛(くも)(おほ)きな(はう)蝸牛(かたつむり)(かひ)(ひがし)(はう)()ゑつけて、067太陽(たいやう)()へました。
068 天地(てんち)069日月(じつげつ)070(うみ)などはかうして出来(でき)たのでした。071(ナウリ島)
072 また一説(いつせつ)に、073世界(せかい)(はじ)めには、074(うみ)だけでした。075(うみ)(みなみ)暗礁(かくれいは)があり、076(うみ)(きた)(ぬま)がありました。077ロアといふ(かみ)が、078(うみ)(むか)つて、
079(なんぢ)暗礁(かくれいは)()よ』
080()ひました。081すると(たちま)暗礁(かくれいは)(うみ)(おもて)(うか)()(りく)となりました。082ロアが(さら)に、
083(なんぢ)(すな)()よ』
084()ひますと、085(りく)はすぐに(すな)(おほ)はれました。
086(なんぢ)()()よ』
087 ロアがかう()ひますと、088(たちま)陸地(りくち)にいろんな()()えました。089ロアは(さら)に、
090(なんぢ)(とり)()よ』
091(さけ)びますと、092(たちま)(おほ)くの(とり)(あらは)れました。093そしてその(なか)海鴎(かもめ)()(あが)つて、094大地(だいち)(うへ)大空(おほぞら)(ひろ)げました。095(マーシヤル群島)
096 また一説(いつせつ)に、097太初(はじめ)一本(いつぽん)(おほ)きな()が、098(さか)しまに()えてゐました。099その()()大空(おほぞら)(なか)(ひろ)がつてゐるし、100その(えだ)海原(うなばら)(ひろ)がつてゐました。
101 この世界樹(せかいじゆ)(えだ)のうちに、102一人(ひとり)(をんな)(うま)()ました。103と、104エラファズといふ天空神(てんくうしん)一握(ひとにぎり)(すな)(をんな)(あた)へて、
105『これを()きちらすがいい』
106()ひました。107(をんな)(うみ)(おもて)(すな)()きちらしますと、108それが(たちま)(へん)じて大地(だいち)となりました。
 
109()神話(しんわ)によると、110(てん)がまだ大地(だいち)(せつ)し、111大地(だいち)がまだ(うみ)(わか)れなかつた(ころ)112タブリエリックといふ(かみ)(とり)(へん)じて、113この混沌(こんとん)たる世界(せかい)(うへ)(かけ)り、114それからリギといふ(てふ)大地(だいち)(うみ)との(うへ)()んで、115この(ふた)つを(わか)ち、116(さら)()神々(かみがみ)(てん)大地(だいち)(わか)つて、117(うへ)()しあげたといふのであります。
 
118   日月神話(じつげつしんわ)
 
119 大昔(おほむかし)ナ・レアウが、120一人(ひとり)(をとこ)一人(ひとり)(をんな)とを(つく)つたあとで、121彼等(かれら)(むか)つて、
122『わしは、123(まへ)たちをこの大地(だいち)(とど)めておくから、124よく大地(だいち)(ばん)をするがいい。125が、126(まへ)たちは、127(けつ)して子供(こども)()んではいけないよ。128わしは人間(にんげん)()えるのを(この)まないのぢや。129もしわしの命令(めいれい)(そむ)いたら、130ひどい(ばつ)(あた)へるから、131さう(おも)ふがいい』
132()つて、133天界(てんかい)()りました。
134 二人(ふたり)人間(にんげん)──それはデ・バボウといふ(をとこ)と、135デ・アイといふ(をんな)でした──は、136しかし(かみ)さまの命令(めいれい)(そむ)いて、137三人(さんにん)()()みました。138するとナ・レアウの召使(めしつかひ)である一匹(いつぴき)(うなぎ)が、139(はや)くもそれを()つけて、140ナ・レアウに、
141(かみ)さま、142人間(にんげん)どもは、143あなたさまの御命令(ごめいれい)(そむ)いて、144三人(さんにん)までも()()んだのでございます』
145()()らせました。146これを()くと、147ナ・レアウは大変(たいへん)(おこ)つて、148(おほ)きな(ぼう)()にして、149二人(ふたり)男女(だんぢよ)(とど)めて()いた(しま)(くだ)つて()ました。150二人(ふたり)(かみ)さまの(おごそ)かな姿(すがた)()ると、151その言葉(ことば)(そむ)いた(おそ)ろしさの(あま)り、152ペタリと大地(だいち)(すわ)()んで、
153『どうかお(ゆる)(くだ)さい。154言葉(ことば)(やぶ)つた(つみ)幾重(いくへ)にもお()びします、155でも(うま)れた子供(こども)は、156わたくしたちの生活(せいくわつ)大層(たいそう)(やく)()つのでございます。157太陽(たいやう)(ひかり)(あた)へてくれます。158そのお(かげ)でわたくしたちはものを()ることが出来(でき)ます。159太陽(たいやう)(しづ)むと、160(つき)がその(かは)りに(あらは)れて、161(ひかり)(あた)へます。162それから(うみ)は、163わたくしたちに沢山(たくさん)(うを)(あた)へて、164食物(しよくもつ)不自由(ふじいう)なくしてくれるのでございます』
165()ひました。166ナ・レアウは、167二人(ふたり)言葉(ことば)()くと、168(こころ)(うち)で、
169『なるほど、170二人(ふたり)()ふことは本当(ほんたう)だ。171(ゆる)してやることにしよう』
172()つて、173そのまま天界(てんかい)(かへ)つて()きました。
174 かうして太陽(たいやう)(つき)(うみ)が、175世界(せかい)にあるやうになつたのでした。176(ギルバート群島)
 
177註一ペリュー群島(ぐんたう)にも、178簡単(かんたん)日月神話(じつげつしんわ)があります。179それによりますと、180大昔(おほむかし)二人(ふたり)(かみ)手斧(てをの)(おほ)きな(いし)(けづ)つて、181太陽(たいやう)(つき)とをこしらへて、182天空(てんくう)()()げたといふのであります。
183註二デ・バボウ(およ)びデ・アイといふ二人(ふたり)男女(だんぢよ)が、184太陽(たいやう)(つき)(うみ)とを()んだといふ一事(いちじ)は、185わが(くに)古史神話(こししんわ)伊弉諾(いざなぎ)186伊弉冊(いざなみ)二神(にしん)が、187天照大神(あまてらすおほかみ)月読命(つきよみのみこと)素盞嗚命(すさのをのみこと)とをお()みになつたとあることを(おも)()させます。
 
188   人類(じんるゐ)起原(きげん)
 
189 ミクロネシアには、190(あま)(ねん)()つた人類(じんるゐ)創生(さうせい)神話(しんわ)見出(みいだ)されません。191みな簡単(かんたん)素朴(そぼく)なものばかりです。192カロライン群島(ぐんたう)神話(しんわ)によると、193リゴブンドといふ(かみ)が、194(そら)から大地(だいち)(くだ)つて()て、195三人(さんにん)()()み、196そしてその三人(さんにん)人類(じんるゐ)祖先(そせん)になつたと()ふのであります。197また同群島(どうぐんたう)(そん)する()神話(しんわ)(したが)へば、198ルクといふ(かみ)大地(だいち)(つく)つて、199これに()()ゑつけたあとで、200自分(じぶん)(むすめ)のリゴアププをそこに(くだ)しました。201リゴアププは大地(だいち)(くだ)ると、202大変(たいへん)(のど)(かわ)きましたので、203()(うつろ)にたまつてゐる(みづ)()みました。204(みづ)(なか)(ちひ)さい動物(どうぶつ)(はい)つてゐましたが、205かの(ぢよ)はそれに()がつかないで、206(みづ)(いつ)しよに()(くだ)しました。207すると()もなく身重(みおも)になつて、208一人(ひとり)(をんな)()()みました。209(をんな)()(おほ)きくなつて、210一人(ひとり)(むすめ)出来(でき)211その(むすめ)がまた一人(ひとり)(をとこ)()()みました。212(をとこ)()(おほ)きくなると、213その脇腹(わきばら)(ほね)一本(いつぽん)から(をとこ)出来(でき)214その(をとこ)がリゴアププと夫婦(ふうふ)となつて、215この二人(ふたり)人間(にんげん)祖先(そせん)になつたと()ふのであります。
216 (さら)にモルトロク(たう)神話(しんわ)によりますと、217リゴアププが、218()(うつろ)にたまつてゐる(みづ)()んで、219一人(ひとり)(をんな)()み、220その(をんな)(うで)から一人(ひとり)(をとこ)(うま)れ、221(ふたつ)()から(をとこ)(をんな)とが(うま)れて、222それ()人類(じんるゐ)先祖(せんぞ)となつたと()はれてゐます。
223 またギルバート群島(ぐんたう)神話(しんわ)によると、224ナレウアといふ(かみ)が、225一本(いつぽん)()()をつけますと、226その火花(ひばな)(はひ)とから、227人間(にんげん)どもが(うま)()ました。228ナレウアはそれ()人間(にんげん)()ひつけて、229世界(せかい)諸地方(しよちはう)(わか)()むやうにさせました。230それが人類(じんるゐ)祖先(そせん)であると()つてゐます。