霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 御舟巌(みふねいは)〔一九三二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻 篇:第3篇 孤軍奮闘 よみ:こぐんふんとう
章:第15章 第76巻 よみ:みふねいわ 通し章番号:1932
口述日:1933(昭和8)年12月08日(旧10月21日) 口述場所:水明閣 筆録者:谷前清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月23日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
八十曲津神たちは、沼に変じて朝香比女を待ち伏せていたが、あべこべに比女の言霊に固められて、本物の沼となって大野ヶ原に永遠に横たわることになってしまった。また、曲津見の本体であった巨巌も、比女の沼渡りに逆に使われた挙句、御舟巌と固められてしまった。
その他の悪神たちは沼底の貝と変じて、わずかに命脈を保つことを許されたのみであった。
朝香比女は沼と巌に、魚貝を育てて国津神たちにを養う糧を生み育てることを命じて、東南方を指して進んで行った。
程なくして、国津神たちが住む集落にたどり着いた。国津神の長、狭野比古(さぬひこ)は、比女の前にひざまずき笑みをたたえ、高天原より降り来た女神に、飢えに悩む国津神を救ってくれるよう懇願した。
朝香比女は、湖水の魚を食べるように諭すが、狭野比古は、国津神は木の実を食べて生きるもので、魚は食べられない、と答えた。そこで比女は彼らに火を与え、魚貝を焼いて食べることを教えた。
国津神たちは、その美味さに先を争って魚貝を食べた。狭野比古は、湖水に豊富に生息する魚貝を食料にできるならば、もう飢えに悩むことはないと喜び、感謝の歌をささげた。
朝香比女は、御舟巌の回りだけは漁をすることを禁じ、また必ず湖水の魚貝に火を通してから食べることを教えた。
すると狭野比古は次に、この近辺は水が悪いために、病気になり命を落とすものまでいることを訴えた。朝香比女は土を練って瓶を焼き、水を満たして沸騰させることを教えた。以後、国津神たちは白湯を飲んで水あたりすることはなくなった。これが、火食の道の始まりである。
狭野比古は感謝の歌を歌い、また真賀の湖水の湖辺に新しい宮居を造り、主の神の神霊を祀り、相殿に朝香比女の神霊を祀り、国津神がかわるがわる奉仕することとなった。
朝香比女は狭野の郷を発って、さらに西方の国に進むことになった。狭野比古は別れ惜しさに、比女の逗留を懇願するが、比女の心は固かった。そこで、狭野比古はせめて曲津神の多くなる先の道中を守るため、比女の共を申し出た。
朝香比女は快諾し、かくして比女は狭野比古を従えて大野ヶ原を西へと進んでいくこととなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7615
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 574頁 修補版: 校定版:446頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 八十曲津見(やそまがつみ)朝香比女(あさかひめ)(かみ)行手(ゆくて)(さへぎ)らむとして、002広大(くわうだい)なる(ぬま)()(へん)じ、003女神(めがみ)(なや)まし(まつ)らむとして()(かま)()たりしが、004女神(めがみ)生言霊(いくことたま)(かた)められて、005(たちま)(まこと)(ぬま)となり、006永久(とこしへ)大野ケ原(おほのがはら)真中(まんなか)(よこた)はる(こと)となりにける。007(また)巨巌(きよがん)八十曲津見(やそまがつみ)本体(ほんたい)なりけるを、008言霊(ことたま)(さち)はひによりて水上(すゐじやう)(うか)磐楠舟(いはくすぶね)となり、009比女神(ひめがみ)彼岸(ひがん)(わた)御用(ごよう)(さか)しまに使(つか)はれ、010(ふたた)汀辺(みぎはべ)万世不動(ばんせいふどう)御舟巌(みふねいは)(かた)められければ、011八十曲津見(やそまがつみ)如何(いかん)とも(せん)すべなく、012その(ひき)ゐたる(もも)曲津見(まがつみ)は、013いづれも沼底(ぬまそこ)(かひ)(へん)じて、014わづかに生命(いのち)(たも)(こと)(ゆる)されにける。
015 朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、016この(さま)()御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
017面白(おもしろ)八十曲津見(やそまがつみ)大野原(おほのはら)
018(なか)(うご)かぬ(ぬま)となりしよ
019曲津見(まがつみ)(ぬま)となりける()(うへ)
020磐楠舟(いはくすぶね)()りて(わた)りし
021今日(けふ)よりは弥永久(いやとこしへ)(ぬま)となりて
022(ところ)()へな()(をは)るまで
023もろもろの曲津神等(まがつかみたち)沼底(ぬまそこ)
024(かひ)となりつつ生命(いのち)をたもて
025(かひ)(みな)(わが)()(きた)りし楠舟(くすぶね)
026(かたち)となりて(ぬま)にひそめよ
027天津(あまつ)()真賀(まが)湖水(こすゐ)(おも)(てら)
028狭霧(さぎり)もやもや()(のぼ)りつつ
029わが(ため)(はか)らひたりし(しこ)(ぬま)
030またわが(ため)(はか)らはれける
031水底(みなそこ)(あを)くうつろふ山影(やまかげ)
032栄城(さかき)(やま)(なみ)にさゆれつ
033月読(つきよみ)(かげ)(うか)べしこの(ぬま)
034曲津(まがつ)化身(けしん)(おも)はれざりしよ
035何事(なにごと)善意(ぜんい)(かい)せばもの(みな)
036わが(ため)によきものとなるかも
037曲津神(まがつかみ)(あい)(ぜん)には()(がた)
038大地(だいち)()して(ぬま)(あふ)れつ
039国津神(くにつかみ)日毎々々(ひごとひごと)()()みて
040魚貝(ぎよかひ)(そだ)てよ真賀(まが)(みづうみ)
041沼水(ぬまみづ)はいやつぎつぎに()みきりて
042(ふか)湖水(こすゐ)となりにけらしな
043御舟巌(みふねいは)(そば)(あつ)まる魚族(うろくづ)
044いや永久(とこしへ)生命(いのち)たもたむ
045御舟巌(みふねいは)(われ)(たす)けし(かみ)なれば
046幾千代(いくちよ)までも(ほろ)びざるべし
047巌ケ根(いはがね)()魚族(うろくづ)諸貝(もろかひ)
048われを(たす)けし(いさを)()きむ
049いざさらば(われ)(すす)まむ(みづうみ)
050国津神等(くにつかみたち)永久(とは)(やしな)へ』
051 ()(うた)(たま)ひつつ(こま)にひらりと(またが)り、052東南方(とうなんぱう)野辺(のべ)をさして(すす)(たま)へば、053程近(ほどちか)野辺(のべ)真中(まんなか)(あま)(たか)からぬ丘陵(きうりよう)ありて、054国津神等(くにつかみたち)住家(すみか)幾十(いくじふ)となく()(なら)()たりければ、055朝香比女(あさかひめ)(かみ)国津神(くにつかみ)(すま)へる(むら)()はむとして(すす)ませ(たま)ふ。
056 国津神(くにつかみ)(をさ)たる狭野比古(さぬひこ)は、057比女神(ひめがみ)御前(みまへ)(ひざまづ)きながら満面(まんめん)(ゑみ)をたたへて、
058(なれ)こそは高天原(たかあまはら)(くだ)ります
059女神(めがみ)にますか(おも)かがやける
060この(さと)国津神等(くにつかみたち)(まも)りつつ
061(すま)へる(われ)狭野比古(さぬひこ)にこそ
062(ねが)はくばこの村里(むらざと)(とど)まりて
063国津神等(くにつかみたち)(すく)はせたまへ
064国津神(くにつかみ)日毎(ひごと)(ゑば)(くる)しみつ
065()(かわ)きたり(やす)きをたまへ
066気魂(からたま)をたしに(たも)てる国津神(くにつかみ)
067(ゑば)なく(うゑ)(かわ)きゐるなり』
068 朝香比女(あさかひめ)(かみ)狭野比古(さぬひこ)(こた)へて、
069国津神(くにつかみ)日々(ひび)(かて)をば(あた)ふべし
070真賀(まが)湖水(こすゐ)魚族(うろくづ)とらせよ』
071 狭野比古(さぬひこ)(こた)へて、
072『ありがたし(かたじけ)なしと(おも)へども
073()()()くる国津神(くにつかみ)なるよ
074魚族(うろくづ)をくひて()くべき生命(いのち)なれば
075吾等(われら)(うゑ)にせまらざるべし』
076 朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、
077()()また生命(いのち)(ため)によけれども
078魚族(うろくづ)(くら)へば生命(いのち)ながけむ
079われは(いま)国津神等(くにつかみたち)魚族(うろくづ)
080()きて()ふべき真火(まひ)(あた)へむ』
081 ()()らせ(たま)ひて朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、082この村里(むらざと)小川(をがは)()てる魚貝(ぎよかひ)(など)(あさ)らせ(たま)ひ、083(ひうち)により()()()して、084木草(きぐさ)()えつかせ、085魚貝(ぎよかひ)をその(なか)にほりくべ、086加減(かげん)よく(あぶ)(たま)へば、087(かむ)ばしき(かを)四辺(あたり)()ちぬる。
088 国津神等(くにつかみたち)は、089この(かを)りにそそられて、090(さき)(あらそ)ひ、091(むさぼ)(ごと)くに()(はじ)めたり。092狭野比古(さぬひこ)(よろこ)びて、
093比女神(ひめがみ)(めぐみ)(かしこ)魚族(うろくづ)
094よき(あぢ)はひを(をし)(たま)ひぬ
095今日(けふ)よりはこの村里(むらざと)国津神(くにつかみ)
096(うゑ)(なげ)かむ(おそ)れはあらじ
097比女神(ひめがみ)のきり()(たま)ひし真火(まひ)こそは
098(かみ)御霊(みたま)(ひか)りかがよふ
099この真火(まひ)(われ)(たま)はば永久(とこしへ)
100国津神等(くにつかみたち)(ほろ)びざるべし』
101 朝香比女(あさかひめ)(かみ)懐中(くわいちう)より(ひか)への(ひうち)()()で、102狭野比古(さぬひこ)(あた)(たま)へば、103狭野比古(さぬひこ)感謝(かんしや)()(あた)はず、104カチリカチリと()()()でながら、105(よろこ)びの(あま)俗謡(ぞくえう)(うた)ひて、106国津神等(くにつかみたち)(とも)(つき)()(つく)りて(をど)()(くる)ひける。
107天津比女神(あまつひめがみ)この(さと)
108(くだ)りましまし永久(とこしへ)
109(ひか)りを(あた)(たま)ひけり
110吾等(われら)今迄(いままで)()()のみ
111()ひて()きたる国津神(くにつかみ)
112(なつ)(あき)とはよけれども
113(ふゆ)さり(はる)()むかへば
114(うゑ)にくるしみ(なや)みたり
115今日(けふ)如何(いか)なる()()ぞや
116湖水(こすゐ)池水(いけみづ)川底(かはそこ)
117ところせきまで()()らふ
118魚族(うろくづ)()ひて永久(とこしへ)
119生命(いのち)(たも)つと(をし)へまし
120(ひうち)(われ)(あた)へまし
121()きて()ふべく(をし)へます
122大御恵(おほみめぐみ)のありがたや
123今日(けふ)より吾等(われら)国津神(くにつかみ)
124生命(いのち)(かて)()たりけり
125ああたのもしやたのもしや
126(あめ)より(くだ)りし比女神(ひめがみ)
127(めぐみ)千代(ちよ)(わす)れまじ
128ああありがたやありがたや
129(いは)へよ(いは)へよ国津神(くにつかみ)
130(をど)れよ()へよ国津神(くにつかみ)
131御空(みそら)(あを)(つち)(ひろ)
132月日(つきひ)(きよ)(かがや)きて
133()()(かぜ)もおだやかに
134天津神国(あまつみくに)はまのあたり
135(うま)()でたり惟神(かむながら)
136(かみ)御前(みまへ)感謝言(ゐやひごと)
137(まを)さむ言葉(ことば)もあら(たふ)
138千代(ちよ)八千代(やちよ)永久(とこしへ)
139女神(めがみ)(めぐみ)(わす)れまじ
140(いは)へよ(いは)へよ(をど)れよ(をど)れよ
141大地(だいち)(そこ)のぬけるまで
142竜宮(りうぐう)(かま)()るるまで』
143 狭野比古(さぬひこ)音頭(おんど)につれて、144国津神等(くにつかみたち)()()ぎに(あつま)(きた)り、145天地(てんち)震動(しんどう)させながら、146(をど)(くる)(たま)ひける。147朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、148諸神(ももがみ)(むか)御歌(みうた)もて()らせ(たま)ふ。
149曲津見(まがつみ)(しこ)のすさびを退(やら)はむと
150われは(ひうち)汝等(なれら)(あた)へし
151今日(けふ)よりは真賀(まが)()()魚族(うろくづ)
152汝等(なれら)がかてに(あた)へおくべし
153御舟巌(みふねいは)のまはりに()める魚族(うろくづ)
154いやとこしへに(すなど)るなゆめ
155御舟巌(みふねいは)(われ)(たす)けし(かみ)なれば
156(ちか)くの魚族(うろくづ)(たす)()くべし
157(あやま)ちて巌根(いはね)()まむ魚貝(ぎよかひ)()はば
158(たちま)汝等(なれら)生命(いのち)()せむ
159いや(ひろ)(みづうみ)なれば(いた)るところ
160汝等(なれら)()ふべき魚貝(ぎよかひ)()てり
161魚族(うろくづ)()にて(あぶ)りて(くら)ふべし
162()きたるままにて(かなら)()すな』
163 狭野比古(さぬひこ)御歌(みうた)もて(よろこ)(こた)ふ。
164久方(ひさかた)(あめ)より(くだ)りし比女神(ひめがみ)
165神言(みこと)かしこみ千代(ちよ)(まも)らむ
166今日(けふ)よりは国津神等(くにつかみたち)(やす)らかに
167(よろこ)びいさみ(めぐ)みに(ひた)らむ
168魚族(うろくづ)数限(かずかぎ)りなし(とし)(まね)
169(うみ)()てれば()ゆる(こと)なし
170(ねが)はくば吾等(われら)(みづ)(あた)へかし
171小川(をがは)(なが)るるこの真清水(ましみづ)
172国津神(くにつかみ)真清水(ましみづ)()みて(はら)(いた)
173生命(いのち)をおとす(うれ)ひありせば』
174 ここに朝香(あさか)比女神(ひめがみ)は、175真土(まつち)(みづ)にて()り、176(かめ)(つく)り、177(しばら)くの(あひだ)天津(あまつ)()(ひかり)()(かわ)かせ、178(つち)をもて(かまど)(きづ)き、179()をおこして(かめ)()き、180〓(うまら)にかたらに(つく)()げ、181(これ)(みづ)(みた)して(かまど)(つく)()をもて()かせ(たま)へば、182(たちま)(かめ)(みづ)沸騰(ふつとう)して(うる)はしき白湯(さゆ)となりにける。183比女神(ひめがみ)はこの白湯(さゆ)国津神等(くにつかみたち)(あた)へ、184()(こと)(をし)(たま)ひければ、185国津神(くにつかみ)(よろこ)(いさ)みて(これ)より白湯(さゆ)()(こと)となしければ、186生水(なまみづ)(ごと)(はら)(いた)むることなく、187各々(おのおの)その天寿(てんじゆ)(たも)ちけるこそ目出度(めでた)けれ。188(これ)より火食(くわしよく)(みち)(はじ)まりにける。
189 狭野比古(さぬひこ)(よろこ)びの(あま)感謝(ゐやひ)(うた)()む。
190比女神(ひめがみ)(めぐみ)(つゆ)にうるほひて
191吾等(われら)白湯(さゆ)(あぢ)はひ(さと)りぬ
192()()きし魚族(うろくづ)(あぢ)(かむ)ばしく
193吾等(われら)生命(いのち)もよみがへるなり
194(つち)()りて(かめ)(つく)らせその(かめ)
195(また)()()かす神業(みわざ)(たふと)
196()()げし(かめ)真清水(ましみづ)()(みた)
197(たきぎ)(もや)せば白湯(さゆ)()くかも
198()(ちから)(はじ)めて(さと)りし吾々(われわれ)
199今日(けふ)より(うゑ)()(こと)なからむ
200永久(とこしへ)生命(いのち)(たも)ちてこの(さと)
201われは(さか)えむ国津神等(くにつかみたち)
202曲津見(まがつみ)(おそ)(きた)らば真火(まひ)もちて
203(はふ)退(やら)はむ(ちから)おぼえし
204比女神(ひめがみ)神言(みこと)(かしこ)御舟巌(みふねいは)
205あたりの魚族(うろくづ)永久(とは)にとらさじ
206(そら)()地上(ちじやう)(なつ)(かぜ)()きて
207(こころ)(すが)しも比女(ひめ)()でまし
208比女神(ひめがみ)(をし)へたまひし御恵(みめぐみ)
209四方(よも)神等(かみたち)(わか)ちよろこばむ
210この国土(くに)葦原(あしはら)(くに)(むかし)より
211たたへ(きた)りし常闇(とこやみ)なりけり
212常闇(とこやみ)のこの葦原(あしはら)今日(けふ)よりは
213真火(まひ)(ちから)によみがへるべし
214()(みづ)(あた)(たま)ひし比女神(ひめがみ)
215(めぐみ)永久(とは)(わす)れざるべし
216比女神(ひめがみ)(めぐみ)永久(とは)(わす)れじと
217宮居(みやゐ)(つく)(いは)ひまつらむ』
218 ()()()へて、219狭野比古(さぬひこ)数多(あまた)国津神(くにつかみ)(ひき)ゐて、220真賀(まが)湖辺(こへん)(あたら)しき(すが)しき宮居(みや)(つく)り、221朝香比女(あさかひめ)(かみ)(さち)(いの)るべく、222()(かみ)神霊(しんれい)(まつ)り、223相殿(あひどの)朝香比女(あさかひめ)(かみ)神魂(みたま)(あは)(まつ)りて、224(あさ)(ゆふ)国津神(くにつかみ)(かは)(がは)奉仕(ほうし)する(こと)となりぬ。
225 朝香比女(あさかひめ)(かみ)(ふたた)(こま)(またが)り、226この部落(ぶらく)()()でむとして御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
227『いざさらば狭野(さぬ)小郷(をさと)()(たま)
228国津神等(くにつかみたち)(いとま)()げむ
229これよりは(われ)西方(にしかた)稚国土(わかぐに)
230さして(すす)まむすこやかにあれよ』
231 狭野比古(さぬひこ)(わか)れを()しみて(うた)()る。
232比女神(ひめがみ)(いさを)たふとしせめて(いま)
233一日(ひとひ)をここに(とど)まり(たま)はれ
234国津神(くにつかみ)生命(いのち)(かて)をたまひたる
235女神(めがみ)(わか)ると(おも)へばかなし
236国津神(くにつかみ)諸々(もろもろ)ここに(あつ)まりて
237(きみ)旅立(たびだ)()しみて()くも
238狭野(さぬ)(さと)(すく)ひの(かみ)()れましし
239比女神(ひめがみ)(たび)(とど)めたく(おも)
240とこしへに()大神(おほかみ)諸共(もろとも)
241(きみ)神魂(みたま)をいつきまつらむ』
242 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
243国津神(くにつかみ)(こころ)(さと)らぬにあらねども
244御子生(みこう)みのため(とど)まるべしやは
245気魂(からたま)をもたせる汝等(なれら)国津神(くにつかみ)
246いたづきもなくまめやかにあれ
247(われ)こそは()大神(おほかみ)御水火(みいき)より
248(うま)れし(かみ)()にさはりなし
249いざさらば()ぐしき国津神等(くにつかみたち)
250われは(すす)まむ永久(とは)(さか)えよ』
251 狭野比古(さぬひこ)(わか)()しさに(また)(うた)ふ。
252『かくならば(とど)めむ(すべ)もなかりけり
253国津神等(くにつかみら)神霊(みたま)(つか)へむ
254(ねが)はくば御供(みとも)(ゆる)(たま)へかし
255この行先(ゆくさき)曲津(まが)しげければ
256(たま)()()きの生命(いのち)をすつるとも
257比女(ひめ)のためには()しからざるべし
258今日(けふ)よりは御供(みとも)(かみ)(つか)へつつ
259比女神(ひめがみ)のために(したが)()かむ』
260 朝香比女(あさかひめ)(かみ)微笑(ほほゑ)みながら、
261『やさしかる狭野比古(さぬひこ)(こころ)うべなひて
262今日(けふ)よりわれの(とも)(ゆる)さむ』
263 狭野比古(さぬひこ)(よろこ)びに()へず、
264比女神(ひめがみ)(ゆる)しありけり国津神(くにつかみ)
265(かみ)宮居(みやゐ)(きよ)(つか)へませ
266いざさらば御供(みとも)(つか)へむ朝香比女(あさかひめ)
267(かみ)御馬(みうま)(むち)うたせませ』
268 朝香比女(あさかひめ)(かみ)はここに狭野比古(さぬひこ)(したが)へ、269()れたる大野ケ原(おほのがはら)を、270(こま)(なら)べて(いさ)ましく(すす)ませ(たま)ひける。
271昭和八・一二・八 旧一〇・二一 於水明閣 谷前清子謹録)