霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 天地七柱(てんちななはしら)〔一九三四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻 篇:第1篇 万里の海原 よみ:までのうなばら
章:第2章 天地七柱 よみ:てんちななはしら 通し章番号:1934
口述日:1933(昭和8)年12月12日(旧10月25日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
狭野彦は朝香比女の神の言霊と鋭敏鳴出の神の守りの功徳をたたえる歌を歌い、朝香比女はそれに答える歌を歌いつつ進んでいた。
一行は、八十曲津神の住処である霧の海の岸辺に到着した。するとそこには、主の大神の神命により比女の征途を守りたすけるべく、待ち迎える五柱の神があった。初頭比古(うぶがみひこ)の神、起立比古(おきたつひこ)の神、立世比女(たつよひめ)の神、天中比古(あめなかひこ)の神、天晴比女(あめはれひめ)の神である。
一行は、霧の海の曲津神たちは数多く、比女を守り助けるためにやってきたと名乗った。朝香比女は、神々のいさめを踏みにじって飛び出してきた自分を助けにやってきた神々に感謝の歌を歌った。
神々はそれぞれ自己紹介の歌を交し合い、朝香比女をはじめとする六柱の天津神に、狭野彦の一柱の国津神を加えて、一同霧の海の岸辺に生言霊をおのおの奏上した。すると、たちまちあたりの巌は大きな舟となって、岸辺に浮かんだ。
神々は駒とともに舟に乗り移り、よもやまの話に一夜を語り明かした。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7702
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 592頁 修補版: 校定版:22頁 普及版: 初版: ページ備考:
001朝香比女等(あさかひめたち)()らせます
002天馬(てんば)地馬(ちば)還元(くわんげん)
003(つばさ)(をさ)めてかつかつと
004()国土(くに)(わか)青野原(あをのはら)
005(すす)ませ(たま)(いさ)ましさ
006()()(かぜ)初夏(しよか)ながら
007曲津(まがつ)水火(いき)()()りて
008心地(ここち)(あま)()からねど
009太元顕津男(おほもとあきつを)(かみ)
010御許(みもと)(いた)(たの)しさに
011勇気(ゆうき)益々(ますます)(くは)はりて
012生言霊(いくことたま)()りながら
013(すす)ませ(たま)ふぞ(いさ)ましき。
014 狭野彦(さぬひこ)馬上(ばじやう)より(うた)ふ。
015高地秀山(たかちほやま)聖場(せいぢやう)
016此処(ここ)朝香(あさか)比女神(ひめがみ)
017(ひかり)となりて(くだ)りまし
018(わか)国原(くにはら)(かた)めむと
019女神(めがみ)ながらも(ただ)一騎(いつき)
020天降(あも)(たま)ひし雄々(をを)しさよ
021曲津(まがつ)(ぬま)言向(ことむ)けて
022(みづ)(そこ)まで()みきらふ
023真賀(まが)湖水(こすゐ)(かた)めまし
024国津神等(くにつかみたち)(とし)(まね)
025生命(いのち)食餌(ゑば)(あた)へまし
026火食(くわしよく)(みち)(をし)へつつ
027(ふたた)曲津(まが)のすさびたる
028稚国原(わかくにはら)(ひら)かむと
029(すす)ませ(たま)健気(けなげ)さに
030(かん)じて(われ)御供(みとも)となり
031千里(せんり)荒野(あらの)(わた)()
032(あづま)(かは)河岸(かはぎし)
033(やうや)(そら)黄昏(たそが)れぬ
034御空(みそら)(わた)月舟(つきふね)
035(するど)(ひかり)()(うへ)
036()(たま)ひつつ大河(おほかは)
037(なみ)をきらきら()らしまし
038曲津(まが)大蛇(をろち)(うろこ)まで
039(くま)なく(てら)(たま)ひけり
040(めぐみ)(ふか)月読(つきよみ)
041(つゆ)(ひかり)(さち)はひに
042(わが)魂線(たましひ)はよみがへる
043(をり)しもあれや鋭敏鳴出(うなりづ)
044(かみ)言霊(ことたま)(さちは)ひて
045天地(てんち)()れよと(ひび)きまし
046曲津(まが)大蛇(をろち)(たちま)ちに
047(あや)しの姿(すがた)()()せて
048(きよ)けき(ふか)(かは)となり
049いや滔々(たうたう)永久(とこしへ)
050(なが)()てなき東河(あづまがは)
051(わた)ると(こま)(むち)うてば
052比女神(ひめがみ)(われ)(とど)めまし
053この荒河(あらかは)駿馬(はやこま)
054(わた)らむ(すべ)()からむと
055()らせ(たま)ひつ言霊(ことたま)
056(すが)しく(きよ)()()でて
057(こま)(つばさ)(はや)せまし
058わが(こま)諸共(もろとも)天空(てんくう)
059(かけ)りて(なん)なく大河(おほかは)
060(みなみ)(きし)(わた)()
061やつと呼吸(いき)する()もあらず
062(ふた)つの(こま)一時(いつとき)
063(つばさ)(をさ)めて(もと)(ごと)
064地上(ちじやう)(こま)となりにけり
065嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
066(かみ)御稜威(みいづ)(たふと)さよ
067生言霊(いくことたま)活用(はたらき)
068(いま)()(あた)(をが)みけり
069嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
070(かみ)(いさを)(かしこ)けれ。
071見渡(みわた)せば(はて)しも()らぬ()(おく)
072小黒(をぐろ)(くも)(みね)()ちたつ
073(くも)(みね)()きたつ(あた)りは(きり)(うみ)
074(なか)(うか)べる魔島(まじま)なるらむ
075(きり)(うみ)曲津見(まがつみ)数多(あまた)()むと()
076(われ)比女神(ひめがみ)案内(あない)せむかも
077(きり)(うみ)魔神(まがみ)のすさぶ()(なか)
078国津神等(くにつかみたち)おびやかされつつ
079心安(うらやす)()まむ(のぞ)みは()かりけり
080曲津(まが)(すさ)びの()えぬ(かぎ)りは
081比女神(ひめがみ)(したが)曲津(まが)言向(ことむ)けて
082国津神等(くにつかみたち)(やす)きを(まも)らむ』
083 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
084()(かみ)鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)(まも)りあれば
085如何(いか)なる曲津(まが)(われ)(おそ)れじ
086狭野彦(さぬひこ)(こころ)(やす)けくあれよかし
087生言霊(いくことたま)にさやる曲津(まが)なければ
088()(かみ)(きよ)御水火(みいき)(うま)れたる
089わが言霊(ことたま)(ひかり)なりせば
090曲神(まがかみ)(ひかり)(おそ)常闇(とこやみ)
091永久(とは)棲処(すみか)(たけ)(くる)ふも
092曲神(まがかみ)(こも)れる(しま)()(わた)
093この天界(てんかい)(きよ)めむとぞ(おも)
094(つき)()曲津神(まがみ)水火(いき)(とざ)されて
095地上(ちじやう)(ひかり)(とど)かぬ()なり
096()(さき)(しこ)雲霧(くもきり)()(はら)
097月日(つきひ)(ひかり)地上(ちじやう)()らさむ
098面白(おもしろ)天界(みくに)(たび)(かさ)ねつつ
099(たの)しみ(ふか)(われ)なりにけり
100八十曲津(やそまがつ)(ちから)(かぎ)りに刃向(はむか)ふも
101われには言霊剣(ことたまつるぎ)ありけり
102鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)(まも)りに(わが)伊行(いゆ)
103(みち)隈手(くまで)(やす)けかるべし
104(うへ)(した)(みぎ)(ひだり)(くも)()きて
105(うす)(さむ)かり初夏(はつなつ)(そら)は』
106 (やうや)くにして朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、107非時(ときじく)深霧(ふかぎり)()むる八十曲津見(やそまがつみ)永久(とは)棲処(すみか)なる、108(きり)(うみ)岸辺(きしべ)()かせ(たま)へば、109()大神(おほかみ)大神言(おほみこと)()て、110比女神(ひめがみ)征途(せいと)(まも)(たす)くべく()(かま)()たる五柱(いつはしら)(かみ)は、111比女神(ひめがみ)()でましを(いま)(おそ)しと待構(まちかま)居給(ゐたま)ひける。112(その)神々(かみがみ)御名(みな)初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)113起立比古(おきたつひこ)(かみ)114立世比女(たつよひめ)(かみ)115天中比古(あめなかひこ)(かみ)116天晴比女(あめはれひめ)(かみ)にましましける。
117 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
118久方(ひさかた)高地秀山(たかちほやま)(くだ)ります
119比女神(ひめがみ)(むか)ふと()()たるはや
120()(かみ)神言(みこと)(かしこ)比女神(ひめがみ)
121(まも)(たす)くとわれは()ちつつ
122われこそは初頭比古(うぶがみひこ)神司(かむつかさ)
123朝香比女神(あさかひめがみ)御前(みまへ)(つか)へむ
124(きり)(うみ)曲神(まがみ)(かず)五月蠅(さばへ)なして
125言向(ことむ)(やは)さむ神業(わざ)(むつ)かし』
126 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
127神々(かみがみ)真言(まこと)(いさ)()みにじり
128(きた)りしわれを(まも)らす(かみ)はも
129()(かみ)(めぐ)みの(ふか)(いま)となりて
130われは(うれ)しく(さと)らひにけり
131初頭比古(うぶがみひこ)神々等(かみがみたち)(きこ)()
132われは顕津男神(あきつをかみ)御樋代(みひしろ)
133大野原(おほのはら)(こま)(またが)曲神(まがかみ)
134(なや)(はら)ひて此処(ここ)()しはや』
135 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
136健気(けなげ)なる朝香比女(あさかひめ)(かみ)雄心(をごころ)
137()大神(おほかみ)御言葉(みことば)くだりぬ
138(ちから)なき(われ)にはあれど朝香比女(あさかひめ)
139(かみ)御供(みとも)(つか)はせ(たま)
140何事(なにごと)(われ)起立(おきたつ)(かみ)なれば
141比女(ひめ)(なや)みをかけじと(おも)
142()(かみ)のオ(ごゑ)()れし(われ)なれば
143(こころ)(ゆる)して御供(みとも)()しませ
144起立比古(おきたつひこ)(かみ)朝々(きぬぎぬ)()()ちて
145天津(あまつ)()(かげ)によみがへるなり』
146 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
147起立比古(おきたつひこ)(かみ)いますとは()ながら
148(めづら)しき国土(くに)()ひにけらしな
149起立比古(おきたつひこ)(かみ)(いさを)はかねてより
150高地秀(たかちほ)宮居(みや)にありて()()
151起立比古(おきたつひこ)(かみ)(まも)りのある(うへ)
152われは(いさ)みて(すす)()くべし
153()(わか)国土(くに)(つつ)みし雲霧(くもきり)
154起立比古(おきたつひこ)とともに(はら)はむ
155あらたふと()大神(おほかみ)吾為(わがため)
156かかる(たふと)(かみ)()ませり』
157 立世比女(たつよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
158(われ)こそは栄城(さかき)宮居(みや)(つか)へたる
159立世比女(たつよひめ)(かみ)(めぐ)ませたまへ
160朝香比女(あさかひめ)(かみ)御供(みとも)(そば)(ちか)
161(はべ)りて神業(みわざ)(つか)へまつらむ
162朝夕(あさゆふ)四方(よも)雲霧(くもきり)立世比女(たつよひめ)
163(かみ)(ちから)(はら)(すべ)なき
164朝香比女(あさかひめ)(かみ)()れます今日(けふ)よりは
165四方(よも)(ふさ)がる雲霧(くもきり)()れなむ
166()(かみ)のエ(ごゑ)言霊(ことたま)()()でし
167われは(エロス)(まも)(かみ)はや
168朝香比女(あさかひめ)(かみ)神言(みこと)(かむばせ)
169(きよ)(まも)りて永久(とは)(つく)さむ
170いつまでも(その)(かむばせ)若々(わかわか)しさを
171(まも)(つか)へむ愛神(エロスがみ)われは
172顕津男(あきつを)(かみ)見合(みあ)はせ(たま)(をり)
173一入(ひとしほ)(きよ)(うるは)しく(まも)らむ
174御子生(みこう)みの神業(みわざ)(つか)ふる比女神(ひめがみ)
175(きよ)(たふと)御姿守(みすがたも)りてむ』
176 朝香比女(あさかひめ)(かみ)(ふたた)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
177立世比女(たつよひめ)(かみ)()れます今日(けふ)よりは
178(われ)一入(ひとしほ)(わか)やぎ()きむ
179(ねが)はくは(われ)のみならず神々(かみがみ)
180眉目(みめ)容姿(かたち)まで(きよ)()りませ』
181 天中比古(あめなかひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
182(われ)こそは()大神(おほかみ)御依(みよ)さしに
183筑紫(つくし)宮居(みや)をはろばろ()()
184幾万里(いくまんり)荒野(あらの)(わた)先立(さきだ)ちて
185比女神(ひめがみ)()ると此処(ここ)()しはや
186朝夕(あさゆふ)(きり)()(のぼ)(きり)(うみ)
187曲津(まが)退(やら)ふと此処(ここ)()つるも
188朝香比女(あさかひめ)(かみ)言霊(ことたま)(おぎな)ひて
189(きり)海原(うなばら)(きよ)()まさむ
190(はて)しなきこの海原(うなばら)(うか)びたる
191(しま)(ことごと)魔神(まがみ)棲処(すみか)よ』
192 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
193天中比古(あめなかひこ)(かみ)御名(おんな)はかねて()けど
194今日(けふ)(はじ)めて(まみ)えけるはや
195雄々(をを)しくて(やさ)しくいます汝神(ながかみ)
196(すす)まむ(みち)曲津(まが)なかるべし
197(われ)(いま)(ちから)(かみ)()たりけり
198八十曲津見(やそまがつみ)言向(ことむ)(やは)すと』
199 天晴比女(あめはれひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
200朝香比女(あさかひめ)(かみ)神言(みこと)()でましと
201()きつつ(われ)(いさ)みて()てる
202()(かみ)のパ(ごゑ)言霊(ことたま)()()りて
203筑紫(つくし)宮居(みや)()れし(われ)なり
204()(うみ)(むらが)雲霧(くもきり)()(はら)
205此処(ここ)天晴比女神(あめはれひめがみ)とならむ
206朝香比女(あさかひめ)(かみ)神言(みこと)草枕(くさまくら)
207(たび)なる(そら)()らし(つか)へむ』
208 朝香比女(あさかひめ)(かみ)(ゑみ)(たた)へて御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
209『さやけおけ天晴比女(あめはれひめ)(かみ)なれば
210(わが)(たび)()らす(かみ)にましける
211(わが)伊行(いゆ)(たび)先々(さきざき)(ふさ)がれる
212雲霧(くもきり)()らせよ天晴比女(あめはれひめ)(かみ)
213明日(あす)されば(きり)海原(うなばら)()らしつつ
214曲津見(まが)(とりで)打寄(うちよ)(すす)まむ
215言霊(ことたま)水火(いき)()らして御舟(みふね)(つく)
216明日(あす)(わた)らむ()()(しま)へ』
217 狭野彦(さぬひこ)(うた)ふ。
218稜威高(いづたか)朝香(あさか)比女(ひめ)(つか)()
219(ちから)(かみ)にまたも()ひぬる
220国津神(くにつかみ)狭野彦(さぬひこ)(われ)()(たま)
221よみがへりつつ(いさ)()つなり
222此処(ここ)()れし五柱(いつはしら)(かみ)国津神(くにつかみ)
223狭野彦(さぬひこ)(われ)(めぐ)ませ(たま)へ』
224 天津神(あまつかみ)六柱(むはしら)一柱(ひとはしら)国津神(くにつかみ)は、225(きり)(うみ)岸辺(きしべ)生言霊(いくことたま)各自(おのもおのも)奏上(そうじやう)(たま)へば、226(たちま)四辺(あたり)(いは)(おほい)なる御舟(みふね)となりて、227岸辺(きしべ)(かる)(うか)びける。
228 (ここ)神々(かみがみ)(こま)諸共(もろとも)()御舟(みふね)()(うつ)らせ(たま)ひ、229四方八方(よもやも)(はなし)(とき)(うつ)るも()らで一夜(いちや)(あか)(たま)ひける。
230昭和八・一二・一二 旧一〇・二五 於大阪分院蒼雲閣 森良仁謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。