霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 樹下(じゆか)雨宿(あまやどり)〔一九四二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻 篇:第2篇 十一神将 よみ:じゅういちしんしょう
章:第10章 樹下の雨宿 よみ:じゅかのあまやどり 通し章番号:1942
口述日:1933(昭和8)年12月13日(旧10月26日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
山跡(やまと)比女の神は馬上の歌にあたりの様子を詠み込んだ。
白馬ヶ岳の山頂には紫の雲が横なびき、南の深い谷間には、曲津の水火(いき)であろうか、黒雲が立っている。
霧を通して望む魔棲ヶ谷に、虫の音も悲しき霧の野路。笹の葉には白露が置き、冷え冷えと冷気が背に襲い来る。
久方の天の高宮を立ち出でて、はるばるとやってきたのは、曲津神の猛り狂う万里の島を、生言霊で照らすため。田族比女に従い、曲津見の征途に上る今の楽しきことよ。
続いて、千貝(ちかい)比女、湯結(ゆむすび)比女、正道比古、雲川比古が行進歌にあたりの様子、征途の由来と決意を歌いこんだ。
そうするうちに、白馬山麓の雲霧はようやく晴れてきた。一行は行く手にあたって、楠の大樹が茂る、やや広い森があるのを見つけ、しばしこの森に息を休めることとなった。楠の樹下に湧き出る珍しい清泉に禊の神事をおのおの修しながら、一夜をここに宿り、明日の準備と天津祝詞を奏上し、英気を養った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 631頁 修補版: 校定版:165頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 山跡比女(やまとひめ)(かみ)(こま)()(またが)りながら、002御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
003(あふ)()れば白馬ケ岳(はくばがだけ)(いただき)
004(むらさき)(くも)(よこ)なびきつつ
005(みむなみ)(ふか)谷間(たにま)(むら)がりて
006()黒雲(くろくも)曲津(まが)水火(いき)かも
007この(しま)()きとし()けるもの(みな)
008そこなひ(やぶ)るも醜神(しこがみ)水火(いき)
009魔棲ケ谷(ますみがやつ)(あた)りに()れたつ黒雲(くろくも)
010()()ふべき(とき)(ちか)めり
011われは(いま)御樋代神(みひしろがみ)(つか)へつつ
012魔神(まがみ)(とりで)(いさ)(すす)むも
013久方(ひさかた)御空(みそら)黒雲(くろくも)(ふさ)がりて
014荒金(あらがね)()(きり)()むるなり
015(きり)(まく)(とほ)して()ゆる魔棲ケ谷(ますみがやつ)
016(みなみ)谷間(たにま)(くも)(あや)しも
017御樋代神(みひしろがみ)(たび)にたたせる今日(けふ)()
018()()(きり)(やや)(うす)らげり
019科戸辺(しなどべ)(かぜ)()()(きみ)がゆく
020(みち)にさやれる(きり)()(はら)ひて
021(くさ)()にひそみて()ける(むし)()
022一入(ひとしほ)(かな)しき(きり)こむ野路(のぢ)なり
023(ささ)()()白露(しらつゆ)()()えと
024(おそ)()るかも(こま)(せな)まで
025久方(ひさかた)(あま)高宮(たかみや)()()でて
026はろばろわれは此処(ここ)()つるも
027この(しま)外字(うまら)委曲(つばら)(きよ)めつつ
028生国原(いくくにはら)とひらきまつらむ
029御樋代(みひしろ)(かみ)天降(あも)りし()かりせば
030万里(まで)島根(しまね)永久(とは)(ほろ)びむ
031曲津神(まがかみ)伊猛(いたけ)(くる)万里(まで)(しま)
032生言霊(いくことたま)()らさむ(たび)はも
033田族比女(たからひめ)(かみ)神言(みこと)(したが)ひて
034曲津(まが)征途(きため)(のぼ)(たの)しさ』
035 千貝比女(ちかひひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
036(こま)()めて曲津(まが)征途(きため)(のぼ)りゆく
037今日(けふ)生日(いくひ)(さち)よあれかし
038(あふ)()れば(そら)(つつ)みし黒雲(くろくも)
039(きみ)()でましに(やや)(うす)らぎぬ
040(うす)らげる(くも)(とばり)()()けて
041ほのかに()ゆる天津(あまつ)()(かげ)
042()()ぎに御空(みそら)(くも)()りゆきて
043天津(あまつ)()(かみ)吾等(われら)()らせり
044曲津見(まがつみ)言向(ことむ)譴責(きた)()(はふ)
045今日(けふ)()()ちを()らせよ()(かみ)
046万里(まで)(しま)日並(けな)べて(つつ)黒雲(くろくも)
047(あや)しき水火(いき)(すべ)てを(なや)ませり
048言霊(ことたま)水火(いき)(うま)れし吾等(われら)はも
049水火(いき)(にご)れば(くる)しかりける
050曲津神(まがかみ)(あや)しき水火(いき)科戸辺(しなどべ)
051(かぜ)(ちから)伊吹(いぶ)(はら)はせ
052(ひむがし)(そら)(そび)ゆる牛頭ケ峰(ごづがね)
053(いただき)ほのかに日光(ひかげ)()るも
054牛頭ケ峰(ごづがみね)白馬ケ岳(はくばがだけ)(なか)をゆく
055吾等(われら)旅路(たびぢ)永久(とは)(さち)あれ
056万里(まで)(をか)老樹(おいき)(しげ)清森(すがもり)
057(はろ)けくなりて(きり)()むるなり
058万里(まで)(しま)大川(おほかは)小川(をがは)(ことごと)
059魔神(まがみ)水火(いき)(にご)らへるかな
060(きよ)らけき(いづみ)しあれば(みそぎ)して
061われは(すす)まむ魔棲ケ谷(ますみがやつ)
062(たま)()(いのち)(かぎ)りわが(きみ)
063(つか)へまつりて()きむとぞ(おも)
064(やま)(うみ)諸々(もろもろ)()えてわが(きみ)
065御後(みあと)(したが)此処(ここ)()つるも
066千早振(ちはやぶ)(かみ)(まも)らせ(たま)ふらむ
067わが()(たび)言霊(ことたま)(さち)
068(たま)()はふ(かみ)御水火(みいき)(まも)られて
069(たけ)曲津見(まがみ)言向(ことむ)(やは)さむ
070太刀膚(たちはだ)(たけ)竜神(たつがみ)(しこ)大蛇(をろち)
071(むら)がり()むとふ魔棲ケ谷(ますみがやつ)かな
072力無(ちからな)きわれにはあれど十柱(とはしら)
073(かみ)(ちから)(すす)みゆくなり』
074 湯結比女(ゆむすびひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
075御樋代(みひしろ)(かみ)(したが)十柱(とはしら)
076言霊神(ことたまがみ)征途(きため)(のぼ)るも
077万里(まで)(しま)(すさ)(やぶ)りし曲津神(まがかみ)
078魔棲ケ谷(ますみがやつ)にひそみゐるとふ
079言霊(ことたま)水火(いき)(きよ)めて白馬ケ岳(はくばがだけ)
080魔棲ケ谷(ますみがやつ)にわれ(すす)むなり
081久方(ひさかた)御空(みそら)(くも)()()ぎに
082()()せにつつ日光(ひかげ)はさしけり
083四方八方(よもやも)(ふか)(つつ)みし雲霧(くもきり)
084いや()()ぎに()(わた)りつつ
085いやらしき(つめ)たき(かぜ)もをさまりて
086(はだへ)ぬくとき水火(いき)()つるも
087大空(おほぞら)(ゑん)(ゑが)きて(はやぶさ)
088今日(けふ)門出(かどで)(いは)ひつつ()へり
089真鶴(まなづる)(つばさ)(そろ)へてわが伊行(いゆ)
090(そら)高々(たかだか)()(あそ)()るも
091百鳥(ももとり)(こゑ)(いさ)ましくなりにけり
092御空(みそら)(くも)()()りしより
093(くさ)()(よみがへ)りたる心地(ここち)かな
094葉末(はずゑ)(つゆ)()にかがやきて
095(きみ)()生言霊(いくことたま)(たび)なれば
096御空(みそら)()るるも(うべ)よと(おも)
097この(しま)田族(たから)(しま)()くからは
098白馬(はくば)(やま)七宝(しつぽう)()つらむ
099白馬山(はくばやま)(ゆき)()えしは白駒(しらこま)
100伊寄(いよ)(つど)ひし(かげ)なりにけり
101白駒(しらこま)(たけ)(けもの)(きば)(つるぎ)
102(かみ)(めぐ)みに(のが)れたりけむ
103(うし)(うま)(むら)がり()めるこの(しま)
104田族(たから)(しま)穀物(たなつもの)()らむ
105魔棲ケ谷(ますみがやつ)(しこ)竜神(たつがみ)曲津大蛇(まがをろち)
106言向(ことむ)(やは)して生国(いくくに)とせむ
107御樋代(みひしろ)(かみ)諸共(もろとも)十柱(とはしら)
108(ちから)(あは)せて国土(くに)(きよ)めむ
109(たに)(ふか)(くろ)(けむり)()(のぼ)
110魔棲ケ谷(ますみがやつ)(さか)しかるらむ』
111 正道比古(まさみちひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
112(いさ)ましや(こま)(なら)べて曲津見(まがつみ)
113征途(きため)(のぼ)今日(けふ)旅路(たびぢ)
114御樋代(みひしろ)(かみ)(したが)言霊(ことたま)
115(いくさ)(すす)めむ魔棲ケ谷(ますみがやつ)
116(あめ)(つち)生言霊(いくことたま)になり()でし
117言霊(ことたま)国土(くに)(なに)をおそれむ
118天地(あめつち)(ただ)しき(みち)()みてゆく
119われの真言(まこと)にさやるもの()
120白馬山(はくばやま)(ふもと)(つつ)みし雲霧(くもきり)
121(やうや)()れて(ひかり)()ちけり
122天津(あまつ)()(ひかり)直刺(たださ)白馬ケ岳(はくばがだけ)
123(いま)(あたら)しくよみがへりける
124わが()かむ(みち)(てら)して天津(あまつ)()
125大空(おほぞら)(たか)くかがやき(たま)へり
126昼月(ひるづき)(かげ)(しら)けて久方(ひさかた)
127御空(みそら)かすかに(わた)らひ(たま)
128(やま)()雲霧(くもきり)はれて(くま)もなく
129目路(めぢ)(かぎ)りはよみがへりたる』
130 雲川比古(くもかはひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
131御樋代神(みひしろがみ)()でませる
132曲津(まが)征途(きため)(まも)らすか
133科戸(しなど)(かぜ)御水火(みいき)にて
134(そら)(ふさ)がる黒雲(くろくも)
135跡形(あとかた)もなく()()せて
136(あを)御空(みそら)奥深(おくふか)
137天津(あまつ)()(かみ)月読(つきよみ)
138(かみ)(ひかり)()()えに
139これの島根(しまね)(くま)もなく
140伊照(いて)らし(たま)百草(ももぐさ)
141(つゆ)(てら)して荒金(あらがね)
142(つち)(くま)なくよみがへり
143常世(とこよ)(はる)光景(くわうけい)
144(たちま)(げん)(たま)ひけり
145(いま)まで(しぼ)みし百草(ももぐさ)
146(はな)(かを)りを(きそ)ひつつ
147(しろ)(あか)黄色(きいろ)(むらさき)
148(はな)地上(ちじやう)(くま)もなく
149(ひら)()めたり惟神(かむながら)
150ああ天国(てんごく)楽園(らくゑん)
151この(うるは)しき島ケ根(しまがね)
152さやらむ曲津(まが)(ことごと)
153生言霊(いくことたま)(つるぎ)もて
154言向(ことむ)(やは)()(はふ)
155天地(てんち)(わざはひ)(のぞ)くべく
156御樋代神(みひしろがみ)()でましを
157天地(てんち)(かみ)(よみ)しまし
158四方(よも)雲霧(くもきり)()(はら)
159月日(つきひ)(かげ)()(うへ)
160(くま)なく(てら)(たま)ひける
161ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
162生言霊(いくことたま)功績(いさをし)
163(いさ)(すす)まむ吾等(われら)旅路(たびぢ)
164(みち)隈手(くまで)(つつが)なく
165魔神(まがみ)(さまた)げあらずして
166千峡八百峡(ちがひやほがひ)(あつ)めたる
167(なが)(はげ)しき八十(やそ)(たき)
168(くま)なく()えて竜神(たつがみ)
169永久(とは)(ひそ)みてわざを()
170魔棲ケ谷(ますみがやつ)にいち(はや)
171(すす)みてゆかむ(たの)しさよ
172ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
173生言霊(いくことたま)(いのち)あれ
174わが言霊(ことたま)(さち)あれよ』
175 かくして一行(いつかう)十一柱(じふいちはしら)神々(かみがみ)は、176白馬ケ岳(はくばがだけ)南麓(なんろく)177魔棲ケ谷(ますみがやつ)竜神(たつがみ)巣窟(さうくつ)()して(すす)ませ(たま)ふ。178行手(ゆくて)(あた)りて(くす)大樹(おほき)(しげ)れる(やや)(ひろ)(もり)(よこた)はれるを見給(みたま)ひ、179(しば)しこの(もり)(いき)(やす)めて樹下(じゆか)()()づる(めづら)しき清泉(せいせん)(みそぎ)神事(わざ)各自(おのもおのも)(しう)(たま)ひつつ一夜(いちや)此処(ここ)宿(やど)らせ、180明日(あす)準備(じゆんび)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、181無限絶対的(むげんぜつたいてき)英気(えいき)(やしな)はせ(たま)ふぞ(かしこ)けれ。
182昭和八・一二・一三 旧一〇・二六 於大阪分院蒼雲閣 林弥生謹録)