霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 会者定離(ゑしやじやうり)〔一九五六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻 篇:第4篇 歓天喜地 よみ:かんてんきち
章:第24章 会者定離 よみ:えしゃじょうり 通し章番号:1956
口述日:1933(昭和8)年12月17日(旧11月1日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
七日七夜の宴の後、生き物たちはそれぞれ帰り行き、今は御樋代神の御聖所は静寂に包まれていた。
そこへ、白馬ヶ岳の背後の夕暮れ空が、一種異様の光に包まれ、田族比女は驚いて高殿に立ってこの様を見るに、たちまち尊い御樋代神の降臨であると悟った。そして、輪守比古、若春比古を遣わして、来臨した御樋代神を迎えにやらせた。
使いの二柱の神々は、田族比女の神言のままに、白馬ヶ岳西方の御来矢の浜辺に駆けつけた。すると、常盤の森で憩う神々に出会った。一行を案内して万里ヶ丘の聖所にたどり着いたのは、翌日の黄昏時になってからであった。
使いの二柱の神は、御来矢の浜辺で朝香比女の神一行に出会い、案内して、無事に帰り着いたことを奏上した。
田族比女の神は、早速朝香比女の神を高殿へ招いた。二柱の御樋代神は互いに挨拶の歌を交わした。朝香比女の神は、田族比女の神が、まだ若く曲津神の猛る万里ヶ島を拓いたいさおしをたたえた。答えて田族比女の神は、朝香比女のねぎらいと称えの言葉に感激し感謝を述べ、ただまだ顕津男の神に巡り合って神生みの神業をなすことができないでいる思いを歌った。
ここに、顕津男の神への思いを同じくする二柱の御樋代神は、百年の知己のように心から打ち解け、互いに同情の涙にくれつつ、日を重ねることとなった。
田族比女の神は、曲津神征伐の戦利品として持ち帰った数多のダイヤモンドを、朝香比女の神に贈り物として送った。朝香比女の神は、珍しいものとして、快く受け取ったが、その返礼として、懐中から燧石(ひうちいし)を取り出し、あたりの枯れ芝を集めて火を燃やし出した。
万里ヶ島の神々は、初めて天の真火が燃えるのを見て、感嘆の声をあげた。この燧石を、朝香比女は、田族比女への返礼として送ったのである。
田族比女は、天の真火の功徳を称え、朝香比女は、鋭敏鳴出(うなりづ)の神の賜ったこの燧石を、国の鎮めとして送るのだ、と歌い交わした。
それぞれの御樋代神に仕える従者神たちは、この出来事の述懐歌をおのおの歌い、国土の前途を祝した。しかし、朝香比女の神は、ここに長くとどまることはできず、万里ヶ島の神々に別れを告げると、再び御来矢の浜辺から、岩楠舟に乗って、万里の海原を東南さして静かに静かに進んでいった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7724
愛善世界社版: 八幡書店版:第13輯 698頁 修補版: 校定版:413頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 万里ケ島(までがしま)天地(てんち)(ふさ)ぎたる邪神(まがかみ)(ひそ)みし雲霧(くもきり)はくまなく()れて、002日月(じつげつ)(きよ)(ひかり)地上(ちじやう)()万物蘇生(ばんぶつそせい)(おも)ひして、003(ここ)(あたら)しく国名(こくめい)万里(まで)神国(みくに)(とな)へ、004(すべ)ての基礎(きそ)万世(よろづよ)(かた)(たま)ひ、005()きとし()けるものを(ことごと)万里ケ島(までがしま)聖所(すがど)(あつ)めて、006寿(ことほ)ぎの(むしろ)(ひら)(たま)ひしが、007七日七夜(なぬかななよ)(のち)008(すべ)ての()きとし()けるものは各自(おのもおのも)常住(じやうぢう)()(かへ)り、009(みづ)()ちたる(ごと)く、010御樋代神(みひしろがみ)御舎(みあらか)静寂(せいじやく)()したり。
011 かかる(ところ)西(にし)(そび)ゆる白馬ケ岳(はくばがだけ)背後(はいご)にあたれる夕暮(ゆふぐれ)(そら)は、012一種(いつしゆ)異様(いやう)(ひかり)()ちぬれば、013田族比女(たからひめ)(かみ)高殿(たかどの)()ちて、014この(さま)(みそな)はし、015(たふと)御樋代神(みひしろがみ)降臨(かうりん)なりとして、016(ただち)輪守比古(わもりひこ)(かみ)017若春比古(わかはるひこ)(かみ)をして御樋代神(みひしろがみ)(むか)(たてまつ)るべく、018黄昏(たそがれ)月下(げつか)(むち)うたせ(たま)ひける。
019 (ここ)二柱(ふたはしら)(かみ)神言(みこと)のまにまに、020白馬ケ岳(はくばがだけ)西(にし)(あた)御来矢(みくりや)浜辺(はまべ)()けつけ(たま)へば、021常磐(ときは)(もり)(いこ)はせ(たま)五柱(いつはしら)天津神等(あまつかみたち)出会(であ)ひまし、022(うやうや)しく言葉(ことば)(かは)し、023万里ケ丘(までがをか)聖所(すがど)神々(かみがみ)(みちび)きつつ、024翌日(あくるひ)黄昏頃(たそがれごろ)やうやくに復命(かへりごと)(まを)(たま)ひける。025輪守比古(わもりひこ)(かみ)八柱(やはしら)(たふと)御樋代神(みひしろがみ)一行(いつかう)(みちび)き、026無事(ぶじ)(かへ)りたることを田族比女(たからひめ)(かみ)大前(おほまへ)奏上(そうじやう)(たま)ひぬ。
027『わが(きみ)神言(みこと)(かしこ)二柱(ふたはしら)
028御来矢(みくりや)(はま)(いそ)()きけり
029御来矢(みくりや)浜辺(はまべ)()けば森蔭(もりかげ)
030朝香比女(あさかひめ)(かみ)(やす)らひ(たま)ひぬ
031(おそ)(おそ)(われ)御前(みまへ)(ひざまづ)きて
032(きみ)真言(まこと)()(つた)へける
033御樋代神(みひしろがみ)朝香(あさか)比女(ひめ)(うなづ)きて
034諸神(しよしん)(したが)此処(ここ)()ませり』
035 田族比女(たからひめ)(かみ)はこれに(こた)へて御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
036久方(ひさかた)高地秀山(たかちほやま)より(くだ)りましし
037御樋代神(みひしろがみ)をよくも(むか)()しよ
038()(かく)もこれの高殿(たかどの)(みちび)けよ
039(われ)階段(みはし)()りて(むか)へむ』
040 (ここ)輪守比古(わもりひこ)(かみ)041若春比古(わかはるひこ)(かみ)二柱(ふたはしら)は「オー」と一声(ひとこゑ)(かしこ)まりつつ、042御庭(みには)()たせ(たま)へる朝香比女(あさかひめ)(かみ)一行(いつかう)(まへ)言葉(ことば)(うやうや)しく、
043『いざさらば御樋代神(みひしろがみ)朝香比女(あさかひめ)
044(すす)ませ(たま)へこれの高殿(たかどの)
045四柱(よはしら)(かみ)(あと)よりつづきませ
046(われ)御後(みあと)(したが)ひまつらむ』
047 朝香比女(あさかひめ)(かみ)(かる)目礼(もくれい)しながら、048静々(しづしづ)高殿(たかどの)さして(すす)みたまふ。049(ここ)田族比女(たからひめ)(かみ)高殿(たかどの)階段(かいだん)()りて(うやうや)しく朝香比女(あさかひめ)(かみ)一行(いつかう)()たせ(たま)ひけるが、050比女(ひめ)御姿(みすがた)目前(もくぜん)(せま)りけるより、
051『あらたふと御樋代神(みひしろがみ)天降(あも)りましし
052(たふと)さに(われ)(むか)(まつ)るも
053いざさらばこの高殿(たかどの)案内(あない)せむ
054のぼらせ(たま)五柱(いつはしら)(かみ)
055 (ここ)朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
056(おと)()田族(たから)比女(ひめ)御樋代(みひしろ)
057(なれ)なりしかも(めぐ)しと(おも)ふ』
058 ()(うた)(をは)り、059悠然(いうぜん)として田族比女(たからひめ)(かみ)(しりへ)より、060朝香比女(あさかひめ)(かみ)高殿(たかどの)さしてのぼらせ(たま)ひける。061朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
062所々(ところどころ)御樋代神(みひしろがみ)八十柱(やそはしら)
063いますと()きしを今日(けふ)()ひにけり
064(つち)(わか)国土(くに)(かた)むる御樋代神(みひしろがみ)
065(くる)しき神業(みわざ)(おも)ひやらるる
066国土(くに)()(さだ)まらずして曲津見(まがつみ)
067(たけ)国原(くにはら)(ひら)くは(くる)しき
068諸々(もろもろ)(なや)みに()へて万里ケ島(までがしま)
069(ひら)(たま)ひし(きみ)(いさを)(おも)
070(われ)(いま)西方(にしかた)国土(くに)(すす)まむと
071その(みち)すがらを()()りしはや
072この(しま)八十比女神(やそひめがみ)のましますと
073かねて()きしゆ()()りて()
074まめやかに(おは)せる(きみ)御姿(みすがた)
075(われ)(うれ)しさ()へやらぬかも
076永久(とこしへ)(いのち)(たも)ちて若々(わかわか)しく
077国魂神(くにたまがみ)()ませ(たま)はれ』
078 田族比女(たからひめ)(かみ)感激(かんげき)()へず、079御歌(みうた)もて(こた)(たま)ふ。
080『ありがたし(たふと)朝香比女(あさかひめ)(かみ)
081(やさ)しき言葉(ことば)(よみがへ)りける
082八柱神(やはしらがみ)(たふと)比女(ひめ)御自(みみづか)
083(われ)()はせし今日(けふ)(かしこ)
084顕津男(あきつを)(かみ)()でまし()ちまちて
085(いま)はやうやく(とし)さびにけり
086(なが)めよきこの高殿(たかどの)(やす)らかに
087(ひかり)(はな)ちて(おは)しましませ』
088 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
089(われ)もまた(おな)(おも)ひの御樋代(みひしろ)
090()岐美(きみ)()ふと()ぎて(きた)れり
091()岐美(きみ)西方(にしかた)あたり曲津見(まがつみ)
092(もも)(いくさ)(たたか)(たま)はむ
093一水火(ひといき)(ちぎり)なれども()(かみ)
094()さしなりせば(わす)(がた)(おも)ふ』
095 田族比女(たからひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
096(いつ)くしき朝香(あさか)比女(ひめ)(こと)()
097(われ)はおもはず(なみだ)しにけり
098()岐美(きみ)()ふる(こころ)(くる)しさを
099(あぢは)はひ(たま)女神(めがみ)いとしも』
100 (ここ)二柱(ふたはしら)御樋代神(みひしろがみ)百年(ひやくねん)知己(ちき)(ごと)く、101(たがひ)(こころ)(そこ)より()()ひ、102同情(どうじやう)(なみだ)にくれ(たま)ひつつ(おも)はず()らず()(かさ)(たま)ひける。103田族比女(たからひめ)(かみ)は、104白馬ケ岳(はくばがだけ)魔棲ケ谷(ますみがやつ)にて神々(かみがみ)戦利品(せんりひん)として()(かへ)りたる数多(あまた)のダイヤモンドを取出(とりいだ)し、105朝香比女(あさかひめ)(かみ)(たてまつ)りければ、106()(めづら)しき(もの)よと()(たた)へながら、107田族比女(たからひめ)(かみ)(たてまつ)るままに、108こころよく()()らせ(たま)ひぬ。109田族比女(たからひめ)(かみ)(たてまつ)りたる宝石(はうせき)は、110(もつと)(ひか)(まばゆ)く、111(もつと)(おほ)いなるダイヤモンドにして(まれ)なる(めづら)しき(もの)なりける。
112 朝香比女(あさかひめ)(かみ)()謝礼(しやれい)として、113懐中(くわいちう)より燧石(ひうちいし)取出(とりいだ)し、114()()()四辺(あたり)枯芝(かれしば)(あつ)めて()(もや)(たま)ひければ、115田族比女(たからひめ)(かみ)(はじ)めとし十柱(とはしら)神々(かみがみ)(はじ)めて真火(まひ)()ゆるを見給(みたま)ひしこととて、116(いづ)れも感嘆(かんたん)(こゑ)(はな)(たま)ひけるが、117朝香比女(あさかひめ)(かみ)宝石(ほうせき)謝礼(しやれい)として()づからのこの燧石(ひうち)田族比女(たからひめ)(かみ)(おく)(たま)ひける。
118 田族比女(たからひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
119『あら(たふと)(あか)るき(あつ)()()えぬ
120闇夜(やみよ)()らす(かみ)なるよ真火(まひ)
121この国土(くに)真火(まひ)(いさを)のある(かぎ)
122曲津見(まがつ)(かみ)(すさ)ばざるべし
123曲神(まがかみ)(ひそ)山野(やまぬ)()(はら)
124(きよ)むるによき真火(まひ)なりにける
125朝香比女(あさかひめ)(かみ)(たま)ひし燧石(ひうちいし)
126万里(まで)神国(みくに)(うづ)(たから)
127(いし)()ちて真火(まひ)()づるとは今日(けふ)()まで
128(おろか)しき(われ)はさとらざりけり
129この(たから)(たま)ひし(うへ)万里(まで)国土(くに)
130(すべ)ての曲津(まが)()(ほろ)ぼさむ』
131 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
132鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)(たま)ひし燧石(ひうち)なれば
133国土(くに)(しづ)めと(きみ)(おく)るも
134この燧石(ひうち)(ひと)つありせば稚国土(わかぐに)
135(たちま)(かた)らに(さか)えゆくべし
136穀物(たなつもの)その(ほか)すべての食物(をしもの)
137真火(まひ)にてあぶれば(あぢ)はひよろしも
138真清水(ましみづ)真火(まひ)(ちから)()となりて
139(かみ)(ささ)ぐる(しろ)となるべし』
140 田族比女(たからひめ)(かみ)(また)もや御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
141朝香比女(あさかひめ)(かみ)(ささ)げし宝石(はうせき)
142(ひかり)あれども(あつ)からず()えず
143(いのち)なき(ひかり)(きみ)(たてまつ)
144(いのち)ある(ひかり)(たま)はりしはや』
145 (ここ)二柱(ふたはしら)(かみ)はダイヤモンド、146燧石(ひうちいし)贈答(ぞうたふ)(をは)り、147(ふたた)(くつろ)ぎて歓談(くわんだん)()けらせ(たま)ふ。
148 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
149(なみ)()(わた)りて万里(まで)神国(かみくに)
150()ぎて()つるも(きみ)(まも)りて
151(めづら)しく(かがや)(たま)()たりけり
152この新国土(にひくに)()きし()もなく』
153 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
154高山(たかやま)高山(たかやま)(なか)()くの(ごと)
155聖所(すがど)のあるは(めづら)しきかな
156御樋代神(みひしろがみ)御樋代神(みひしろがみ)出会(であ)ひませる
157この神国(かみくに)永久(とは)(さか)えむ』
158 立世比女(たつよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
159『わが(きみ)(したが)(まつ)りて万里(まで)国土(くに)
160夜光(やくわう)(たま)(をが)みけるかも
161夜光(やくわう)(たま)(うるは)しかれども(いのち)なし
162燧石(ひうち)真火(まひ)真言(まこと)にしかざり』
163 天晴比女(あめはれひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
164諸々(もろもろ)曲津(まが)をやらひし燧石(ひうちいし)
165(おく)らせ(たま)ひしわが(きみ)(かしこ)
166貴宝(うづたから)数多(あまた)あれども真火(まひ)()づる
167燧石(ひうち)にまさる(たから)なきかな』
168 輪守比古(わもりひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
169朝香比女(あさかひめ)(かみ)(たま)ひし燧石(ひうち)こそ
170この新国土(にひくに)()ける(たから)
171宝石(はうせき)(ひかり)如何(いか)(かがや)くも
172邪神(まがみ)()ちし(たから)なりける』
173 霊山比古(たまやまひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
174(かしこ)しや天降(あも)りましたる八柱(やはしら)
175比女神(ひめがみ)言葉(ことば)(ただ)()(われ)
176顕津男(あきつを)(かみ)出会(であ)ふと数万里(すまんり)
177海山(うみやま)(わた)らす比女(ひめ)雄々(をを)しき』
178 若春比古(わかはるひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
179『やうやくに雲霧(くもきり)()れし万里(まで)国土(くに)
180二柱(ふたはしら)御樋代神(みひしろかみ)天降(あも)らせり
181わが(きみ)(たふと)しされど八柱(やはしら)
182比女(ひめ)(いさを)はひとしほ(たか)し』
183 保宗比古(もちむねひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
184(めづら)しや御樋代神(みひしろがみ)二柱(ふたはしら)まで
185この神国(かみくに)天降(あも)(たま)ひぬ
186西方(にしかた)国土(くに)()でます朝香比女(あさかひめ)
187(かみ)(こころ)雄々(をを)しとおもふ』
188 直道比古(なほみちひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
189一柱(ひとはしら)(みづ)御霊(みたま)()()ひて
190ねたみ(たま)はぬ御樋代神等(みひしろがみたち)
191惟神(かむながら)(かみ)()さしの御樋代(みひしろ)なれば
192(きよ)くすがしく(おは)しましけるよ』
193 山跡比女(やまとひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
194御樋代(みひしろ)二柱神(ふたはしらかみ)御面(みおもて)
195月日(つきひ)(ごと)くかがよひませり
196(をろが)むもまばゆきばかり御樋代(みひしろ)
197(かみ)のおもざし(かがや)(つよ)し』
198 千貝比女(ちかひひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
199『はろばろと(みづ)御霊(みたま)(した)ひまして
200()でます朝香比女(あさかひめ)(かみ)雄々(をを)しも
201雲霧(くもきり)をいぶきわたりて海原(うなばら)
202(なみ)()ふみて()ませし(きみ)はも』
203 湯結比女(ゆむすびひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
204『ためしなき雄々(をを)しき御樋代神等(みひしろがみたち)
205(あか)(こころ)()らされしはや
206(かへ)りまさむ()(ちか)づきぬ(うるは)しき
207(かみ)(わか)るとおもへばかなしも』
208 正道比古(まさみちひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
209御樋代神(みひしろがみ)これの神国(みくに)(たま)ひたる
210燧石(ひうち)千代(ちよ)(たから)(あふ)がむ
211()くの(ごと)(たふと)()ける(ちから)あらば
212万里(まで)神国(みくに)におそるるものなし』
213 雲川比古(くもかはひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
214(あたら)しく国土(くに)(うま)れぬ(あたら)しき
215真火(まひ)(かがや)きぬ(かみ)(めぐみ)
216()(きよ)(こころ)(きよ)めて燧石(ひうちいし)
217神霊(みたま)永久(とは)(いつ)かむとおもふ』
218 ()神々(かみがみ)各自(おのもおのも)御歌(みうた)()ませつつ、219朝香比女(あさかひめ)(かみ)訪問(はうもん)や、220燧石(ひうちいし)国宝(こくはう)として(たま)ひしことなどの(うれ)しさに国土(くに)前途(ぜんと)(しゆく)(たま)ひけるが、221御樋代神(みひしろがみ)朝香比女(あさかひめ)(かみ)(なが)らくこの国土(くに)(とど)まるを()ず、222以前(いぜん)四柱(よはしら)(かみ)(したが)へまし諸神(ももがみ)(わか)れを()げ、223御来矢(みくりや)浜辺(はまべ)より磐楠舟(いはくすぶね)()万里(まで)海原(うなばら)東南(とうなん)(そら)さして(しづ)かに(しづ)かに(すす)ませ(たま)ひける。
224昭和八・一二・一七 旧一一・一 於大阪分院蒼雲閣 内崎照代謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。