霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第78巻 天祥地瑞 巳の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1933(昭和8)年12月20日(旧11月4日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
皇国日本の国体は、万世一系の天皇が統治する、神聖無比の神国である。天皇は神聖不可犯であり、天立君主である。また唯一絶対にして宇宙の中で対立するものは何もない。憲法は、君主立憲制である。
日本の天皇は宇宙絶対であるので、時がくれば、必ず宇宙を統一するお方である。
いかなる強国であっても、横暴であれば押さえつけなければならない。いかなる弱小国であっても、正義ならば、助けなければ成らない。
このように、まったく造化の心持で宇宙を生成化育することが、日本天皇の心持なのである。だからこそ、皇道においては、君と臣下は対立するものではない。皇道が、絶対唯一のものであることができるのである。
忠孝といっても、日本の忠孝は、絶対の大忠・大孝でなければならないのである。
私は、このような尊い天津日嗣天皇が君臨されている日本に、安全に生を送ることができることの大恩を感謝しなければならない。
そして、皇道の大本源にさかのぼり、その真相を明らかにして差し上げることは、われわれ臣民の一大義務なのである。
この物語も、あまりに広範にわたるので、簡単には諒解しがたいうらみはあるけれども、宇宙の大本、皇道の本源を大本信徒に理解させることができるよう、神務のひまを見て著述し、天神地祇に祈願を怠らず、発行する次第である。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 27頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版: 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第一巻 皇道編 > 第八篇 瑞祥 > 第九章 日本精神
001 皇国日本(くわうこくにつぽん)国体(こくたい)は、002万世一系(ばんせいいつけい)天皇(てんわう)(これ)統治(とうち)(たま)神聖無比(しんせいむひ)神国(しんこく)である。003(かしこ)くも天皇(てんわう)神聖不可犯(しんせいふかはん)にましまして天立君主(てんりつくんしゆ)であり、004唯一(ゆいつ)絶対(ぜつたい)にして宇宙間(うちうかん)何物(なにもの)対立(たいりつ)するものがなく、005憲法(けんぱふ)君主立憲制(くんしゆりつけんせい)である。
006 日本(にほん)天皇(てんわう)宇宙(うちう)絶対(ぜつたい)なるが(ゆゑ)に、007(とき)(いた)らば(かなら)宇宙(うちう)統一(とういつ)(あそ)ばす御方(おんかた)である。008国防(こくばう)などと()消極的(せうきよくてき)なものでなく、009所謂(いはゆる)破邪顕正(はじやけんせい)絶対的(ぜつたいてき)境地(きやうち)御立(おた)ちにならなければならぬ。010如何(いか)なる強国(きやうこく)でも、011横暴(わうばう)なれば(おさ)()けねばならぬ、012如何(いか)なる小弱国(せうじやくこく)(いへど)も、013正義(せいぎ)であるなれば(たす)けねばならぬ。014(まつた)造化(ざうくわ)御心持(おんこころもち)で、015宇宙(うちう)生成化育(せいせいくわいく)する(こと)日本天皇(につぽんてんわう)御心持(おんこころもち)であらせられる。016(ゆゑ)皇道(くわうだう)(きみ)臣下(しんか)対立(たいりつ)するものでなく、017絶対(ぜつたい)唯一(ゆいつ)のものである。018忠孝(ちうかう)()つても、019日本(にほん)忠孝(ちうかう)絶対(ぜつたい)大忠大孝(だいちうだいかう)でなくてはならぬ。
020 吾人(ごじん)()かる(たふと)天津日嗣(あまつひつぎ)天皇(てんわう)君臨(くんりん)あらせられし日本(にほん)に、021安逸(あんいつ)なる(せい)(おく)()(こと)大恩(たいおん)感謝(かんしや)せなくてはならぬのである。022そして皇道(くわうだう)大本源(だいほんげん)(さかのぼ)り、023その真相(しんさう)闡明(せんめい)(たてまつ)るは吾等(われら)臣民(しんみん)一大義務(いちだいぎむ)である。
024 この物語(ものがたり)も、025(あま)広範囲(くわうはんゐ)(わた)るが(ゆゑ)に、026容易(ようい)諒解(りやうかい)(がた)(うら)みはあれども、027日本人(につぽんじん)にして皇道(くわうだう)()らざる人士(じんし)(おほ)きは、028非常時(ひじやうじ)国家(こくか)今日(こんにち)忌々(ゆゆ)しき大事(だいじ)なれば、029神務(しんむ)(ひま)()きて、030(ここ)本書(ほんしよ)著述(ちよじゆつ)し、031(もつ)大本信徒(おほもとしんと)をして宇宙(うちう)大本(たいほん)032皇道(くわうだう)本源(ほんげん)諒解(りやうかい)せしむべく、033天神(てんしん)地祇(ちぎ)祈願(きぐわん)(おこた)らず、034本書(ほんしよ)発行(はつかう)する所以(ゆゑん)である。
 
035   昭和八年十二月二十日 旧十一月四日
036於大阪分院蒼雲閣 口述者識