霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 邪神征服(じやしんせいふく)〔一九六五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第78巻 天祥地瑞 巳の巻 篇:第2篇 焼野ケ原 よみ:やけのがはら
章:第9章 第78巻 よみ:じゃしんせいふく 通し章番号:1965
口述日:1933(昭和8)年12月21日(旧11月5日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:谷前清子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
朝香比女は野槌彦とともに戦況をうかがっていたが、四柱の神将の先頭の初頭比古は忍ヶ丘の本営にはせ参じ、戦況を詳しく報告した。
朝香比女は四柱の神の功績をいたく誉めたたえ、歌に読み込んだ。また、邪神に長年虐げられていた国津神・野槌彦は喜びの歌を歌い、こうなった今は、御樋代神に仕えて共に聖所に進んで行こう、と歌った。
朝香比女は、野槌彦の言を承諾し、聖所に進もう、駒の用意をせよ、と歌った。
こうして朝香比女の神は、四柱の神を従え、国津神・野槌彦を案内役として、グロスの島を横切る中野河の濁流をわたる準備を整えた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7809
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 69頁 修補版: 校定版:154頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 忍ケ丘(しのぶがをか)本営(ほんえい)には、002朝香比女(あさかひめ)(かみ)003野槌彦(ぬづちひこ)話相手(はなしあひて)としながら、004今日(けふ)戦況(せんきやう)如何(いか)()()きしかと(やや)不安(ふあん)面色(いろ)をたたへつつ、005四柱神(よはしらがみ)凱旋(がいせん)心待(こころま)ちに()たせ(たま)ひける(をり)もあれ、006(こま)(ひづめ)(おと)(いさ)ましく(すず)()もシヤンシヤンと四辺(あたり)空気(くうき)(ひび)かせながら、007四神将(ししんしやう)(さき)()ちたる初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)一目散(いちもくさん)忍ケ丘(しのぶがをか)本営(ほんえい)()(さん)じ、008御歌(みうた)もて戦況(せんきやう)〓(うまら)委曲(つばら)報告(はうこく)(たま)ひたり。
009御樋代神(みひしろがみ)神言(みこと)もて
010グロスの(ぬま)(ひそ)みたる
011曲津(まがつ)(いくさ)をきためむと
012四柱神(よはしらがみ)大野原(おほのはら)
013(こま)(ひづめ)(おと)(たか)
014(すす)(をり)しも常磐樹(ときはぎ)
015一本松(ひともとまつ)下蔭(したかげ)
016見出(みい)でてこれに休憩(きうけい)
017(こま)鋭気(えいき)(やしな)ひつ
018言霊戦(ことたまいくさ)作戦(さくせん)
019(かた)()ひつつ(とき)()
020(ふたた)(こま)(またが)りて
021はてしも()らぬ焼野原(やけのはら)
022(すす)(をり)しも(みち)()
023(おもて)ただれし国津神(くにつかみ)
024雉子(きぎす)名乗(なの)老媼(らうおう)
025(ぬま)大蛇(をろち)はいち(はや)
026()()せたれば神々(かみがみ)
027(すす)ませ(たま)ふも(せん)なしと
028言葉(ことば)(きは)めて(とど)めける
029(おうな)()きつつ()ひけらく
030グロノス、ゴロスの醜神(しこがみ)
031吾等(われら)(ことごと)(きず)つけて
032親子(おやこ)(いのち)(うば)ひとり
033国津神等(くにつかみら)(ことごと)
034(ほろ)ぼしおきて鷹巣山(たかしやま)
035方面(はうめん)さして()()りぬ
036神々等(かみがみたち)駿馬(はやこま)
037忍ケ丘(しのぶがをか)()(かへ)
038曲津(まが)征途(きため)(とど)めませ
039などと細々(こまごま)()ひわけを
040言葉(ことば)(きは)めて()りけるが
041(まさ)しく曲津(まが)(いつは)りと
042(われ)(はや)くも(さと)りしゆ
043生言霊(いくことたま)()()せば
044曲津(まがつ)大蛇(をろち)還元(くわんげん)
045(くも)(かすみ)()()りつ
046グロスの(ぬま)(そこ)(ふか)
047()しき姿(すがた)をかくしけり
048ここに吾等(われら)(いさ)()
049(こま)(はや)めて(ぬま)()
050近寄(ちかよ)()ればいや(ひろ)
051うす(にご)りたる沼水(ぬまみづ)
052あなたこなたと泡立(あわだ)ちて
053数万(すまん)曲津見(まがみ)(ひそ)(さま)
054吾目(わがま)のあたり()えければ
055吾等(われら)四柱神等(よはしらかみたち)
056(ぬま)東西南北(とうざいなんぼく)
057部署(ぶしよ)(さだ)めて陣取(ぢんど)りつ
058天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
059七十五声(しちじふごせい)言霊(ことたま)
060いや(ひろ)らかに()(いだ)
061(あま)数歌(かずうた)()りつれば
062さすがの曲津(まが)辟易(へきえき)
063ひるむと()えし(をり)からに
064御空(みそら)(たか)(きこ)()
065(ごゑ)言霊(ことたま)(さち)はひて
066(ぬま)大蛇(をろち)正体(しやうたい)
067水上(すゐじやう)(たか)(あら)はしつ
068のたうち(まは)るあはれさよ
069御空(みそら)(きこ)えしウの(こゑ)
070御樋代神(みひしろがみ)(まも)ります
071鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)功績(いさをし)
072ああ惟神(かむながら)々々(かむながら)
073生言霊(いくことたま)(さち)はひに
074(ぬま)曲神(まがみ)(あと)もなく
075(くも)(おこ)して()()りぬ
076吾等(われら)はそれより天地(あめつち)
077(かみ)感謝(ゐやひ)太祝詞(ふとのりと)
078()()(をは)りめいめいに
079元来(もとき)(みち)をたどりつつ
080一本松(ひともとまつ)下蔭(したかげ)
081(つど)ひて戦況(せんきやう)(かた)()
082(また)もや(こま)(またが)りつ
083(とほ)野路(のぢ)をば(つつが)なく
084(きみ)のいませるこの(をか)
085勝鬨(かちどき)()げて(かへ)りけり
086いざこれよりは中野河(なかのがは)
087速瀬(はやせ)(わた)御樋代(みひしろ)
088比女神(ひめがみ)います聖所(すがどこ)
089国津神等(くにつかみら)()()れて
090(すす)ませ(たま)惟神(かむながら)
091(かみ)御前(みまへ)()(まつ)る』
092復命(かへりごと)(たま)ひけるにぞ、093朝香比女(あさかひめ)(かみ)四柱神(よはしらがみ)功績(いさをし)(いた)()(たた)(たま)ひつつ御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
094四柱(よはしら)(かみ)(いさを)(たふと)さに
095忍ケ丘(しのぶがをか)(よみがへ)りたり
096千早振(ちはやぶ)神世(かみよ)()かぬ功績(いさをし)
097荒野ケ原(あらのがはら)にたてし(かみ)はも
098曲津見(まがつみ)生言霊(いくことたま)()(おそ)
099(くも)(かすみ)()()りしはや
100今日(けふ)よりは焼野ケ原(やけのがはら)国津神(くにつかみ)
101心安(うらやす)らかに()(おく)るらむ
102はてしなき(ひろ)国原(くにはら)(くま)もなく
103(かがや)(わた)らむ(かみ)御稜威(みいづ)
104()()ちし(いくさ)(きみ)(かへ)りけり
105(われ)()ながらに言霊(ことたま)(はな)ちつ
106言霊(ことたま)(ひか)りにまさるものなしと
107今日(けふ)(いくさ)(ふか)(さと)りぬ
108曲津見(まがつみ)(ふたた)鷹巣(たかし)(やま)()
109さやらむとして(うつ)りけむかも
110今日(けふ)よりは中野大河(なかのおほかは)()(わた)
111鷹巣(たかし)(やま)をさして(すす)まむ
112四柱(よはしら)(かみ)(いさを)永久(とこしへ)
113グロスの(しま)(かた)(ぐさ)とならむ』
114 国津神(くにつかみ)野槌彦(ぬづちひこ)(うた)ふ。
115神々(かみがみ)(うづ)(めぐみ)(ひた)されて
116今日(けふ)より(やす)けむ国津神等(くにつかみら)
117十年(じふねん)(なが)きを(なや)みし曲津見(まがつみ)
118(わざはひ)()えて(よみがへ)りけり
119諸々(もろもろ)国津神等(くにつかみら)はことごとく
120この()(うへ)(おほ)らかに()まむ
121(つち)()りて(ふか)(ひそ)みし国津神(くにつかみ)
122荒金(あらがね)(つち)(うへ)()くべし
123(つち)(うへ)家居(いへゐ)(つく)今日(けふ)よりは
124天津(あまつ)()(かげ)(めぐみ)(よく)せむ
125いざさらば御樋代神(みひしろがみ)御供(おんとも)
126(つか)(まつ)りて聖所(すがど)(すす)まむ』
127 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
128国津神(くにつかみ)野槌彦(ぬづちひこ)(こと)()
129(うべな)(われ)聖所(すがど)(すす)まむ
130諸神(ももがみ)(こま)用意(ようい)(いそ)ぎませ
131いざ()()かむ(かは)のあなたへ』
132 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
133(わが)(きみ)神言(みこと)(かしこ)四柱(よはしら)
134御後(みあと)(つか)(いそ)(すす)まむ
135天津(あまつ)()(かがや)(わた)大空(おほぞら)
136()みきらひたる今日(けふ)(たび)かも
137曲津見(まがつみ)(かげ)(ひそ)めし焼野ケ原(やけのがはら)
138()天津(あまつ)()はさやかなるかも
139白梅(しらうめ)(はな)()野辺(のべ)(こま)()めて
140(すす)まむ(みち)のさやかなるかも
141(みぎ)(ひだり)(をか)(おもて)(ふう)じたる
142(うめ)(やうや)くほぐれ()めたり
143白梅(しらうめ)(はな)(かを)りに(おく)られて
144聖所(すがど)(すす)今日(けふ)(たの)しさ』
145 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
146(いさ)ましく曲津(まが)(いくさ)()ちおほせ
147(また)(すす)まむ(うづ)聖所(すがど)
148(わが)(きみ)今日(けふ)御行(みゆき)寿(ことほ)ぐか
149迦陵頻伽(かりようびんが)(うめ)(さへづ)
150真鶴(まなづる)(つばさ)(そろ)へてこの(をか)
151御空(みそら)(ゑん)(ゑが)きて()へるも
152(かささぎ)(こゑ)(いさ)ましく(きこ)()
153忍ケ丘(しのぶがをか)(うづ)聖所(すがど)
154一夜(ひとよさ)(つゆ)宿(やど)りの忍ケ丘(しのぶがをか)
155名残(なごり)()しみて(われ)()つなり』
156 立世比女(たつよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
157御樋代(みひしろ)(かみ)御供(みとも)(つか)へつつ
158曲津(まが)(いくさ)()(むか)ひしよ
159言霊(ことたま)(いづ)(ひかり)功績(いさをし)
160(さと)りし(われ)(おそ)るるものなし
161駿馬(はやこま)(たてがみ)ふるひ(いなな)きぬ
162今日(けふ)首途(かどで)(いそ)ぎけるにや
163国津神(くにつかみ)(なや)みを(はら)ひし今日(けふ)こそは
164天地(あめつち)()れし心地(ここち)するかも
165久方(ひさかた)御空(みそら)(たか)荒金(あらがね)
166(つち)(ひろ)けし(われ)(なか)()かむ』
167 ここに御樋代神(みひしろがみ)朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、168四柱(よはしら)従神(じうしん)国津神(くにつかみ)野槌彦(ぬづちひこ)案内役(あないやく)とし、169グロスの(しま)(よこ)ぎれる中野河(なかのがは)濁流(だくりう)(わた)るべく用意(ようい)万端(ばんたん)ととのへ(をは)り、170暴虎馮河(ばうこひようが)(いきほひ)にて御歌(みうた)うたひつつ(すす)ませ(たま)ひける。
171昭和八・一二・二一 旧一一・五 於大阪分院蒼雲閣 谷前清子謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)