霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 花見(はなみ)(えん)〔一九七〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第78巻 天祥地瑞 巳の巻 篇:第3篇 葦原新国 よみ:あしはらしんこく
章:第14章 花見の宴 よみ:はなみのえん 通し章番号:1970
口述日:1933(昭和8)年12月22日(旧11月6日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
葦原比女は、桜ヶ丘の聖所に朝香比女の神一行を招いて大宴会を開いた。国津神たちは、高地秀の宮から天津神が救いにやってきたと聞いて、集まって踊り狂い、感謝と歓喜を表した。
葦原比女のもてなしに朝香比女は感謝の歌を歌った。そして、田族比女の神から送られたダイヤモンドを、天の真火の火打石とともに、贈り物として葦原比女に与えた。
そして、ダイヤモンドの光よりも、真火こそが真の夜光の玉である、と歌い諭した。
葦原比女をはじめ、従者神たちは感謝の意を歌に表した。一方、朝香比女の従者神たちも、桜ヶ丘ののどかで美しい様を詠み、葦原比女の神にもてなしへの感謝を表した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 92頁 修補版: 校定版:244頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)廿年来(にじふねんらい)(しづ)まりいます桜ケ丘(さくらがをか)聖所(すがど)は、002面積(めんせき)比較的(ひかくてき)(ひろ)く、003東西(とうざい)一里(いちり)南北(なんぼく)二里(にり)(わた)り、004(うめ)005(もも)006(さくら)007(かへで)008無花果(いちじゆく)009(たちばな)010椿(つばき)011山吹(やまぶき)(とう)果樹(くわじゆ)彼方此方(あなたこなた)塩梅(あんばい)よく()()まれ、012(その)周囲(しうゐ)には曲津神(まがつかみ)襲来(しふらい)(ふせ)ぐべく(ふか)(ほり)(めぐ)らし、013表門(おもてもん)には一筋(ひとすぢ)(いは)()(つく)りたる(はし)()(わた)し、014風光絶佳(ふうくわうぜつか)妙境(めうきやう)なりける。015(いま)(さか)りと()(そろ)ひたる(うめ)016(もも)017(さくら)(はな)芳香(はうかう)四辺(しへん)(くん)小鳥(ことり)(うた)(てふ)()ひ、018(この)聖所(すがど)彼方此方(あなたこなた)には丹頂(たんちやう)(つる)019(さぎ)など(はる)陽気(やうき)をうたひ(よろこ)(あそ)べる状態(さま)は、020(あたか)広重(ひろしげ)()()(ごと)光景(くわうけい)なりける。
021 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)遠来(ゑんらい)(きやく)(こころ)(かぎ)りを(つく)して(ねぎら)はむとし、022諸神(ももがみ)(めい)じて種々(くさぐさ)(めづら)しき果物(くだもの)(など)横山(よこやま)(ごと)()()らはし、023五柱(いつはしら)神々(かみがみ)正賓(せいひん)として大宴会(だいえんくわい)(ひら)かせ(たま)ひける。
024 (ここ)数多(あまた)国津神(くにつかみ)は、025高地秀(たかちほ)宮居(みや)より(すく)ひの(かみ)()れますを(つた)()き、026(さき)(あらそ)(つど)(きた)り、027(ほり)外側(そとがは)に「ウオウオ」と(さけ)びながら(をど)(くる)()(まは)り、028感謝(かんしや)歓喜(くわんき)至誠(まこと)(あらは)しにける。
029 (ここ)朝香比女(あさかひめ)(かみ)百花(ひやくくわ)爛漫(らんまん)()(みだ)れたる(さま)(めづら)しみ(たま)ひ、030(には)(おもて)立出(たちい)(たま)へば、031数多(あまた)国津神(くにつかみ)(ほり)(へだ)てて(その)(かがや)ける御姿(みすがた)(はい)(たてまつ)り、032(あま)岩屋戸(いはやど)(ひら)けたる(ごと)く、033各自(おのもおのも)言霊(ことたま)のあらむ(かぎ)りを()()で、034(あふ)ぎつ()しつ感謝(かんしや)歓喜(くわんき)(こゑ)は、035天地(てんち)(ため)(くつが)へるばかり(おも)はれにける。
036 朝香比女(あさかひめ)(かみ)四辺(あたり)(うづ)景色(けしき)(しば)(なが)めつつ(ふたた)八尋殿(やひろどの)(かへ)り、037(まう)けの(せき)()かせ(たま)へば葦原比女(あしはらひめ)(かみ)敬意(けいい)(へう)すべく、038あらむ(かぎ)りの盛装(せいさう)(つく)して種々(くさぐさ)美味物(うましもの)御手(みて)づから朝香比女(あさかひめ)(かみ)(たてまつ)り、039()打解(うちと)けて国土(くに)現状(ありさま)など(つつ)まず(かく)さず(かた)らひ(たま)ふにぞ、040朝香比女(あさかひめ)(かみ)(その)(へだ)てなき真心(まごころ)(いた)(よろこ)ばせ(たま)ひ、041御歌(みうた)もて(こころ)のたけを()らせ(たま)ふ。
042(へだ)てなき葦原比女(あしはらひめ)神宣(みことのり)
043()きて(わが)(たま)(すが)しく()くるも
044風光(ふうくわう)(こと)(すぐ)れし桜ケ丘(さくらがをか)
045聖所(すがど)(われ)(いのち)()ばせり
046(こころ)あつき神々等(かみがみたち)待遇(もてなし)
047感謝(ゐやひ)(なみだ)()()づるかも
048(うる)はしき(きよ)(よそほ)()らしまして
049吾等(われら)(むか)へし(かみ)(たふと)
050いつの()にか(われ)(わす)れめや(すが)しかる
051(はな)神苑(みその)一日(ひとひ)(あそ)びて
052(うる)はしく(よそほ)ひませど(ひかり)ある
053宝石(はうせき)(かざ)りなきが(ゆか)しき』
054 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)御歌(みうた)もて(こた)(たま)ふ。
055葦原(あしはら)国土(くに)には葭葦(よしあし)萱草(かやくさ)
056()ふるのみにて宝石(はうせき)はなし
057(おと)()万里(まで)島根(しまね)はダイヤモンド
058(その)()宝石(はうせき)(さは)なりと()く』
059 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
060『この(ひか)るダイヤモンドは万里(まで)(しま)
061田族比女(たからひめ)より(たま)はりしはや
062(われ)こそは(ひかり)(かみ)となりければ
063ダイヤモンドの(ひかり)はいらなく
064(この)(たま)燧石(ひうち)(とも)葦原比女(あしはらひめ)
065(かみ)御前(みまへ)(おく)らむと(おも)
066いざさらば()けさせ(たま)常闇(とこやみ)
067(よる)さへ(ひか)るダイヤモンドよ』
068 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)感謝(かんしや)()(へう)しながら御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
069葦原(あしはら)国土(くに)(しづ)めの燧石(ひうちいし)
070(たま)ひし(うへ)(たま)(たま)ふか
071有難(ありがた)(きみ)(たま)ひし(この)(たま)
072国土(くに)(たから)永遠(とは)(つた)へむ
073(つき)のなき(よる)(この)(たま)(ちから)とし
074曲津(まがつ)()けて国土(くに)(まも)らむ』
075 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
076(わが)(おく)るダイヤモンドの(ひかり)よりも
077真火(まひ)こそ夜光(やくわう)(たま)にぞありける
078(この)真火(まひ)(いさを)によりて常世(とこよ)ゆく
079(やみ)(とばり)(きよ)()るべし』
080 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
081真言(まこと)ある(きみ)御教(みをしへ)(かしこ)みて
082国津神等(くにつかみら)(みちび)かむと(おも)
083(たつ)大蛇(をろち)(しこ)曲津見(まがつ)今日(けふ)よりは
084(きみ)(ひかり)(ほろ)()くべし
085(この)国土(くに)豊葦原(とよあしはら)中津国(なかつくに)
086永遠(とは)(さだ)めて国魂(くにたま)()まむ
087五千方里(ごせんはうり)国土(くに)(ひろ)ければ端々(はしばし)
088()(ひそ)むなり(しこ)曲津見(まがつ)
089今日(けふ)よりは百神等(ももがみたち)村肝(むらきも)
090(こころ)(あは)曲津(まが)(きた)めむ』
091 真以比古(まさもちひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
092(わが)(きみ)夜光(やくわう)(たま)()ましけり
093朝香比女神(あさかひめがみ)(こころ)(ひかり)
094曲津見(まがつみ)()(つく)すべき燧石(ひうちいし)
095(たま)(たま)ひし(ひかり)(かみ)はや
096常闇(とこやみ)(くま)なく()らす御光(みひかり)
097(かみ)()れましぬ桜ケ丘(さくらがをか)
098春風(はるかぜ)(さくら)花弁(はなびら)ひらひらと
099()()みにけり八尋(やひろ)殿(との)
100(さかづき)(なみ)(ひと)ひら()きて(にほ)
101(さくら)国土(くに)(はな)にぞありける
102葦原(あしはら)国土(くに)標章(しるし)今日(けふ)よりは
103(さくら)(はな)(はた)(しる)さむ』
104 成山比古(なりやまひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
105葦原(あしはら)国土(くに)曲津見(まがつみ)言向(ことむ)けし
106(ひかり)(かみ)伊向(いむか)()るかも
107(なに)よりも(たふと)(たま)(たま)ひけり
108真火(まひ)燧石(ひうち)夜光(やくわう)(たま)
109(わが)(きみ)御胸(みむね)(かざ)(はな)(をか)
110()たせ(たま)へば(うる)はしからむを
111比女神(ひめがみ)(かみ)(かざ)しの桜花(さくらばな)
112夜光(やくわう)(たま)には(およ)ばざりける』
113 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
114此処(ここ)()(はる)弥生(やよひ)(こころ)しぬ
115(はな)(はやし)百鳥(ももとり)(こゑ)
116百鳥(ももとり)(はな)(こずゑ)()()ひつ
117()()(かぜ)(かを)りを()らせり
118いつまでも(はな)(さか)りのあれかしと
119(ねが)ふは一人(ひとり)(われ)のみならじ
120万里(まで)(しま)初夏(はつなつ)なりしに此処(ここ)()
121(わか)やぎにけり(はる)(はな)()つ』
122 栄春比女(さかはるひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
123(はる)()(さか)えを(われ)()(あた)
124桜ケ丘(さくらがをか)(すが)しみ()るも
125御光(みひかり)(かみ)()れます(この)(をか)
126(うめ)(さくら)(もも)一度(いちど)(わら)へり
127(はな)(わら)(はる)弥生(やよひ)(うれ)しみて
128小鳥(ことり)はうたひ(てふ)()ふなり
129葦原(あしはら)国土(くに)常世(とこよ)(はる)うたふ
130山鶯(やまうぐひす)(かみ)御声(みこゑ)
131(うぐひす)迦陵頻伽(かりようびんが)(はな)(はる)
132終日(ひねもす)あかずうたひ(つづ)くる』
133 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
134()()てし(この)新国土(あらくに)にも(かく)(ごと)
135聖所(すがど)ありとは()らざりにけり
136葦原(あしはら)此処(ここ)地上(ちじやう)天国(てんごく)
137国津神等(くにつかみら)(ゑら)ぎの(こゑ)すも
138常磐樹(ときはぎ)(まつ)(みどり)下蔭(したかげ)
139百花(ももばな)千花(ちばな)()(にほ)ひつつ
140()(うへ)天国(てんごく)()つる御樋代(みひしろ)
141(かみ)(いさを)(あふ)がれにけり
142(ねが)はくは幾億万年(いくおくまんねん)(すゑ)までも
143(うめ)(もも)(さくら)(つた)へたきかな
144(あふ)()紫微天界(しびてんかい)(なか)にして
145()(うるは)しき神苑(みその)()ざりき
146八十(やそ)(くに)八十島(やそしま)まぎて(われ)(いま)
147地上天界(ちじやうてんかい)(その)(あそ)びぬ
148(あふ)()雲井(くもゐ)(そら)屹然(きつぜん)
149(はる)めき()てる鷹巣(たかし)(やま)かも
150白雲(しらくも)(おび)()めたる鷹巣山(たかしやま)
151(はる)姿(すがた)一入(ひとしほ)さやけし
152今日(けふ)までは鷹巣(たかし)(やま)黒雲(くろくも)
153非時(ときじく)(つつ)まれ(あめ)()らしつ
154(さかづき)(かず)(かさ)なりて(われ)(いま)
155(こころ)(くる)はしく(いさ)みたつなり』
156 八栄比女(やさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
157広々(ひろびろ)(めぐ)れる(ほり)(おも)(あを)
158真鯉(まごひ)緋鯉(ひごひ)()ぬる(はる)なり
159(みづ)()()(あが)りつつ真鯉(まなこひ)
160(はる)(ひかり)(うろこ)()らせり』
161 立世比女(たつよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
162()くからに()(おそ)ろしきグロノスや
163ゴロスの(ひそ)みし(しま)とは(おも)へず
164(かく)(ごと)(きよ)(すが)しき桜ケ丘(さくらがをか)
165(はる)旅路(たびぢ)(つか)れを(なぐさ)
166気魂(からたま)神魂(みたま)(はる)(ひかり)()
167(よみがへ)りたる桜ケ丘(さくらがをか)かも
168(やま)()春霞(はるがすみ)してそよろ()
169(かぜ)千花(ちばな)(かを)(ふく)めり
170はしけやし(さくら)()くなり(この)(をか)
171御樋代神(みひしろがみ)(はる)(した)しむ』
172 霊生比古(たまなりひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
173曲津見(まがつみ)(しこ)(すさ)びに(なや)みてしを
174(やす)けく(はる)今日(けふ)()ひける
175御光(みひかり)(かみ)天降(あも)りの()かりせば
176(さくら)(かを)(はる)(きた)らじ
177七八年(ななやとせ)(うめ)(もも)(さくら)(はな)()かず
178(かぜ)()えにつつ(くも)らひにつつ
179(はな)()数多(あまた)あれども曲津見(まがつみ)
180邪気(いき)(くも)りて(はる)はなかりき
181昨日(きのふ)まで()(わた)りたる天地(あめつち)
182(ふゆ)(たちま)(はる)となりける
183二十年(はたとせ)(この)島ケ根(しまがね)()みにつつ
184(はな)()(はる)()はざりにけり
185梓弓(あづさゆみ)(はる)永日(ながひ)(かたむ)きて
186黄昏(たそがれ)(まく)()りにけらしな
187天津(あまつ)()(かく)ろひ(たま)へど大空(おほぞら)
188(わた)らふ(つき)(かげ)のさやけさ
189常磐樹(ときはぎ)(もり)(なが)めし月舟(つきふね)
190今宵(こよひ)桜ケ丘(さくらがをか)()るかも
191桜木(さくらぎ)(はな)(こずゑ)(つゆ)()りて
192(その)(うる)はしさ(いや)まさりつつ
193御空(みそら)()(つき)()でさせ(たま)ふらむ
194桜ケ丘(さくらがをか)(はな)(さか)りを』
195 天晴比女(あめはれひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
196(めづら)しき(つき)(ひかり)()らさるる
197(よる)(さくら)(また)(めづら)
198草枕(くさまくら)(たび)(つか)れも桜ケ丘(さくらがをか)
199(つき)(はな)とに(わす)らひにけり
200爛漫(らんまん)()(みだ)れたる(うめ)(もも)(さくら)
201(はる)姿(すがた)(きみ)()るかな
202(つき)(はな)もたぐはむ(すべ)もなかるべし
203朝香(あさか)比女(ひめ)(かみ)(ひかり)
204葦原(あしはら)国土(くに)真秀良場(まほらば)(あたら)しく
205(すが)しく()てる八尋殿(やひろどの)はも
206八尋殿(やひろどの)(ゆふべ)()ちて(はな)()
207御空(みそら)(つき)(わが)(たま)()かしつ
208いつまでも(はな)(こずゑ)(とど)まらで
209(あらし)()()(おも)へば()しきも
210(うぐひす)迦陵頻伽(かりようびんが)百鳥(ももとり)
211今日(けふ)一日(ひとひ)(たの)しく(あそ)べよ
212今日(けふ)こそは(はな)真盛(まさか)りよ明日(あす)されば
213(この)清庭(すがには)花筵(はなむしろ)せむ』
214 ()神々(かみがみ)(つき)(はな)とを()(たた)(なが)ら、215終日(ひねもす)(たび)(つか)れを(やす)らひ、216常世(とこよ)(はる)言祝(ことほ)(たま)ひける。
217昭和八・一二・二二 旧一一・六 於大阪分院蒼雲閣 森良仁謹録)