霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 天降地上(てんかうちじやう)〔一九七二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第78巻 天祥地瑞 巳の巻 篇:第3篇 葦原新国 よみ:あしはらしんこく
章:第16章 第78巻 よみ:てんこうちじょう 通し章番号:1972
口述日:1933(昭和8)年12月22日(旧11月6日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行は忍ヶ丘の上に葦の畳を敷き並べ、おのおの生言霊を宣り、また歌を詠みながら、夜が明けるのを待った。
天の一方を眺めると、一塊の雲もない空に、上弦の月が下界を照らし、月の右下方に金星が寄り添って燦爛と輝き、月の右上方三寸ばかりのところに土星が、光薄く光っていた。これは三千年に一度やってくる天の奇現象であり、稀有のことであると神々はおのおの空を仰ぎ、葦原の国を改革すべき時が来たことを感知した。
葦原比女の神は、朝香比女の神にこの減少の意味の言解きを願った。朝香比女の神は答えて、土星は天津神の言霊が濁り、光があせていることを現している、と解いた。金星は、国津神の中から光が現れて世を守る、と言解きをした。そして、月は葦原比女自身を現している、と。
葦原比女の従者神、真以(まさもち)比古は驚いて、知らず知らず心がおごり、主の神に仕える道を怠っていたことに思い至った。そして、今まで邪神が荒んでいたのも、葦原比女につかえる天津神たちの曇りが原因だったことを悟り、御樋代神に許しを乞うた。
葦原比女の神は、土星に光が戻るまで地に下って世に尽くす役目を真以比古の神に命じ、代わって忍ヶ丘の国津神・野槌彦の神を司に取り立て、野槌の神を改名するよう命じた。
野槌彦は辞退するが、葦原比女の神は、謹んで命を受けるように改めて命じた。そして、国津神の中からも、清く正しい御魂を選んで、天津神業を任せるように用いる、と宣言した。
朝香比女の神はこの英断に感じて歌を詠じた。葦原比女に仕えていたその他の天津神たちも、自らの心持に思いを致して驕り高ぶりの罪を認め、今までの罪を悔い、野槌彦の魂の清さを認め、野に下って田畑を拓く決心を述懐した。
朝香比女の神は、葦原の国に天の時・地の時が至ったことを宣言し、今日から葦原の国の標章をスの玉(⦿)とし、玉を十並べて「真言の国土の標章」と定めるように命じた。葦原比女の神は、国の旗標まで朝香比女より賜ったことに感謝の歌を歌った。
野槌比古の神は、国津神の中から高彦、照彦、清彦、晴彦を選んで、天津神に連なる国の補佐として推薦した。葦原比女は、それぞれ高比古の神、照比古の神、清比古の神、晴比古の神を改名するように命じた。そして、急遽召集を受けた四柱の国津神たちは、夜がふける頃忍ヶ丘に到着し、葦原比女の神の宣旨のもとに、天津神の列に加わった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7816
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 102頁 修補版: 校定版:281頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)一行(いつかう)は、002朝香比女(あさかひめ)(かみ)一行(いつかう)(おく)りまゐらせつつ、003忍ケ丘(しのぶがをか)山麓(さんろく)(はる)永日(ながひ)黄昏(たそが)れければ、004ここに一夜(いちや)(つゆ)宿(やど)りを(さだ)めまし、005常磐樹(ときはぎ)()へる(をか)(うへ)各自(おのもおのも)(のぼ)らせ(たま)ひ、006葭葦(よしあし)をもて国津神(くにつかみ)()(つく)りたる清畳(すがだだみ)を、007いやさやさやに()(なら)べ、008御空(みそら)(つき)のさやけさに()()りながら、009各自(おのもおのも)生言霊(いくことたま)()り、010(あるひ)御歌(みうた)()ませつつ(あかつき)(いた)るを()たせ(たま)ひける。
011 (てん)一方(いつぱう)(なが)むれば、012一塊(いつくわい)雲片(くもきれ)もなき紺青(こんじやう)(そら)に、013上弦(じやうげん)(つき)下界(げかい)(てら)(たま)ひ、014月舟(つきふね)右下方(みぎかはう)金星(きんせい)附着(ふちやく)して燦爛(さんらん)(かがや)(わた)り、015月舟(つきふね)右上方(みぎじやうはう)三寸(さんすん)ばかりの(ところ)土星(どせい)(かげ)(うす)(ひか)れるを()(なが)めつつ、016三千年(さんぜんねん)一度(いちど)(きた)(てん)奇現象(きげんしやう)にして稀有(けう)(こと)なりと、017神々(かみがみ)各自(おのもおのも)御空(みそら)(あふ)ぎ、018葦原(あしはら)国土(くに)改革(かいかく)すべき(とき)(いた)れるを感知(かんち)(たま)ひつつ、019御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
020 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)御歌(みうた)
021()みきらふ御空(みそら)(うみ)()らしつつ
022(つき)御舟(みふね)(しづ)かに(かか)れり
023よく()れば(つき)真下(ました)にきらきらと
024(ひかり)(つよ)金星(きんせい)(かか)れり
025月舟(つきふね)(みぎ)りの上方(ほつへ)(ひかり)(うす)
026(かがや)土星(どせい)(かげ)のさみしも
027天界(てんかい)にかかる異変(いへん)のあるといふは
028葦原(あしはら)(うご)くしるしなるべし
029(ひか)(うす)土星(どせい)天津神(あまつかみ)にして
030金星(きんせい)(すなは)国津神(くにつかみ)なり
031(うへ)()土星(どせい)(かげ)(ひか)(うす)
032(つき)(ひかり)(さえ)られにつつ
033(した)()金星(きんせい)(ひかり)はいと(つよ)
034(つき)御舟(みふね)(ひかり)(ささ)へて
035葦原(あしはら)国土(くに)天降(あも)りし天津神(あまつかみ)
036(こころ)をただす(とき)(ちか)めり
037朝香比女(あさかひめ)(かみ)神言(みこと)(つき)(ほし)
038今宵(こよひ)(さま)言解(ことと)(たま)はれ』
039 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)もて()ませ(たま)ふ。
040天津神(あまつかみ)言霊(ことたま)(にご)水火(いき)(にご)
041(ひかり)()せし土星(どせい)なりけり
042国津神(くにつかみ)(なか)より(ひか)(あら)はれて
043()(まも)るてふ金星(きんせい)(ひかり)
044月舟(つきふね)(きよ)(ひかり)葦原比女(あしはらひめ)
045(かみ)御魂(みたま)(ひか)りなるぞや
046此処(ここ)にます天津神等(あまつかみたち)(こころ)せよ
047(あさ)(ゆふ)なに(かみ)(いつ)きて
048天津神(あまつかみ)(かみ)(みと)めず国津神(くにつかみ)
049真言(まこと)(かみ)(いつ)きまつれる
050千早振(ちはやぶ)(かみ)(ひかり)(おは)しませば
051(かみ)にかなへる(たま)はかがよふ
052(かみ)()にし信仰(あななひ)(みち)()くならば
053神魂(みたま)(ひか)()()ぎに()せむ』
054 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
055有難(ありがた)(ひかり)(かみ)神宣(みことのり)
056(うべ)よとわれは(うなづ)かれける
057二十年(はたとせ)曲津(まがつ)(かみ)(なや)みしも
058(かみ)(はな)れし(むく)いなりける
059()宮居(みや)(つか)ふる天津神等(あまつかみたち)
060(こころ)(きよ)(たま)(みが)けよ
061()(かみ)天津御空(あまつみそら)(くしび)なる
062(しるし)()せて(いまし)(たま)ふも』
063 真以比古(まさもちひこ)(かみ)(おどろ)きて御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
064()らず()らず(こころ)(おご)りて()(かみ)
065(つか)ふる(みち)(をこた)りにけり
066朝香比女(あさかひめ)(かみ)神言(みこと)御教(みをしへ)
067わが魂線(たましひ)(をのの)きにけり
068国津神(くにつかみ)(なや)みを(おも)ひて朝夕(あさゆふ)
069()大神(おほかみ)(いの)りまつらむ
070葦原比女(あしはらひめ)(かみ)御魂(みたま)御空(みそら)()
071(つき)(ひかり)(かがや)(たま)へる
072かくの(ごと)(かがや)(たま)葦原比女(あしはらひめ)
073(かみ)とは()らず()ぎにけらしな
074(ひかり)(うす)土星(どせい)(たま)()ちながら
075(つき)(ひかり)(うへ)にのぼりつ
076貴身(きみ)小身(をみ)(みち)(みだ)しし(むく)いかも
077(いま)まで曲津(まが)(たけ)びたりしは
078葦原(あしはら)国土(くに)(まも)りの(われ)にして
079御樋代司(みひしろつかさ)をうとみけるかも
080御樋代神(みひしろがみ)(ゆる)させ(たま)今日(けふ)よりは
081真言(まこと)をもちて(つか)へまつらむ』
082 御樋代神(みひしろかみ)御歌(みうた)もて(こた)(たま)ふ。
083(なれ)こそは真言(まこと)をもちて大前(おほまへ)
084(つか)へまつらむ御名(みな)なりにけり
085曲津見(まがつみ)(きよ)御魂(みたま)(くも)らされ
086土星(どせい)(ごと)(うす)らぎて()
087とにかくに土星(どせい)(ひかり)()づるまで
088(つち)(くだ)りて()(つく)せかし
089金星(きんせい)国津神等(くにつかみら)(あふ)ぎつる
090野槌(ぬづち)(ひこ)御魂(みたま)なりける
091今日(けふ)よりは野槌彦(ぬづちひこ)をば天津神(あまつかみ)
092(つら)(くは)へて(つかさ)()さむ
093真以比古(まさもちひこ)(その)()神々(かみがみ)(ことごと)
094(つち)(くだ)りて(たま)(きよ)めよ
095野槌彦(ぬづちひこ)今日(けふ)より()()(あらた)めて
096野槌(ぬづち)(かみ)(つか)へまつれよ』
097 野槌彦(ぬづちひこ)(こた)ふ。
098国津神(くにつかみ)(いや)しき(われ)如何(いか)にして
099国土(くに)宮居(みやゐ)(つか)()べきや
100如何(いか)(われ)金星(きんせい)(ひかり)(たも)つとも
101一柱(ひとはしら)もて(つか)へむ(すべ)なし』
102 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)はこれに(こた)へて、103御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
104天津神(あまつかみ)野槌(ぬづち)(かみ)よわが()れる
105言霊(ことたま)(つつし)国土(くに)(つか)へよ
106国津神(くにつかみ)(きよ)(ただ)しき(たま)()りて
107天津神業(あまつみわざ)言依(ことよ)さすべし
108葦原(あしはら)国土(くに)のことごとまぎ(もと)
109(きよ)御魂(みたま)(えら)びて(もち)ひむ』
110 朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、111葦原比女(あしはらひめ)(かみ)大英断(だいえいだん)(かん)じて御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
112葦原比女(あしはらひめ)(かみ)神言(みこと)雄々(をを)しさよ
113(あめ)(つち)とを立替(たてか)(たま)ひぬ
114(ひかり)なくば黒雲(くろくも)(つつ)葦原(あしはら)
115黒白(あやめ)()かぬ(やみ)()なるよ
116常世(とこよ)ゆく(よろづ)(わざはひ)(むら)()きるも
117(くも)れる(かみ)のたてばなりけり
118御樋代神(みひしろがみ)(うへ)(かがや)神々(かみがみ)
119土星(どせい)御魂(みたま)(きよ)めさせ(たま)
120(いま)すぐに金星(きんせい)(ごと)(ひか)らねど
121()まずば(つひ)御楯(みたて)とならむ
122久方(ひさかた)(そら)奇瑞(きずゐ)(あら)はれしは
123我国土(わがくに)()かさむ御神慮(ごしんりよ)なりける』
124 成山比古(なりやまひこ)(かみ)(おどろ)きて御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
125桜ケ丘(さくらがをか)宮居(みや)二十年(はたとせ)(つか)()
126わが魂線(たましひ)()(にご)らせる
127(いま)となりうら()づかしく(おも)ふかな
128御空(みそら)(たま)(さが)(あら)はれつ
129御樋代(みひしろ)(かみ)言葉(ことば)(かしこ)みて
130(われ)今日(けふ)よりは(つち)(くだ)らむ
131国津神(くにつかみ)(つら)(くは)はり斎鋤(いむすき)
132()ちて田畑(たはた)(たがや)()きむ
133葦原(あしはら)国土(くに)()()ちし黒雲(くろくも)
134吾等(われら)()めと(おも)へば(おそ)ろし
135天地(あめつち)(かみ)御恵(みめぐみ)(ふか)くして
136わが(あやまち)(ゆる)させ(たま)ひぬ』
137 霊生比古(たまなりひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
138(われ)(また)土星(どせい)(たま)となり()てて
139この国原(くにはら)(みだ)しけるかも
140これよりは土星(どせい)(さが)にふさはしき
141(つち)(くだ)りて田畑(たはた)(ひら)かむ
142(つち)(さが)()てる(いや)しき魂線(たましひ)
143如何(いか)御空(みそら)(ひか)るべしやは
144今迄(いままで)真言(まこと)天津神(あまつかみ)なりと
145(こころ)(おご)りつつ(とし)()にけり
146わが(たま)(くも)りは土星(どせい)(あら)はれて
147忍ケ丘(しのぶがをか)(つち)()ちける
148御樋代(みひしろ)(かみ)言葉(ことば)()(かみ)
149御水火(みいき)なりせば(そむ)かむ(よし)なし
150国津神(くにつかみ)()れる御魂(みたま)()()げて
151豊葦原(とよあしはら)国土(くに)(まも)りませ
152御供(おんとも)(つか)へまつるも(かしこ)しと
153(おも)へばわが()(をのの)()まずも
154久方(ひさかた)天津空(あまつそら)より荒金(あらがね)
155(つち)(くだ)りし今宵(こよひ)(われ)かも
156()らず()らず御魂(みたま)(くも)りて天津神(あまつかみ)
157位置(くら)地上(ちじやう)にうつらひにけり』
158 栄春比女(さかはるひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
159栄春比女(さかはるひめ)(かみ)(つか)へて朝夕(あさゆふ)
160御樋代神(みひしろがみ)御魂(みたま)(けが)せし
161()(かみ)(たふと)御前(みまへ)()らず()らず
162(ゐや)なく(つか)へしわが(つみ)(おそ)ろし
163鷹巣山(たかしやま)(くも)わき()ちて葦原(あしはら)
164この稚国土(わかくに)(かぜ)(すさ)びたり
165野槌比古(ぬづちひこ)(かみ)(すが)しき魂線(たましひ)
166御樋代神(みひしろがみ)(つかさ)となりませり
167今日(けふ)よりは野槌(ぬづち)(かみ)御光(みひかり)
168(くま)なく()らむ葦原(あしはら)国土(くに)
169(くも)()(みだ)()てたる国原(くにはら)
170(すく)ふは野槌(ぬづち)(かみ)(いさを)よ』
171 八栄比女(やさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
172(ひむがし)国土(くに)()てなる桜ケ丘(さくらがをか)
173(つか)へし(われ)(をは)りは()にけり
174おほけなくも女神(めがみ)()ながら宮居(みや)()
175(つか)へまつりし(こと)()ゆるも
176(いま)となりて(なに)(なげ)かむ村肝(むらきも)
177(こころ)(くも)りの(むく)いなりせば
178朝夕(あさゆふ)(かみ)供前(みまへ)太祝詞(ふとのりと)
179(われ)(おこた)りつ(いま)(およ)べり
180()(かみ)御水火(みいき)になりし葦原比女(あしはらひめ)
181(かみ)さげしみし(つみ)(おそ)るる
182(われ)なくば葦原(あしはら)国土(くに)(をさ)まらじと
183(おも)ひけるかな愚心(おろかごころ)
184愛善(あいぜん)(かみ)(いま)までわが(つみ)
185(ゆる)させ(たま)ひし(こと)のかしこさ
186(かしこ)しと()(こと)()口籠(くちごも)
187わが(むね)()()(さか)るなり
188今宵限(こよひかぎ)天津神(あまつかみ)なる位置(くら)()てて
189()(くだ)りつつ田畑(たはた)(ひら)かむ』
190 朝香比女(あさかひめ)(かみ)(また)もや御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
191(てん)(とき)()(とき)(いた)りて葦原(あしはら)
192国土(くに)(ひかり)(あら)はれにけり
193葦原(あしはら)国土(くに)標章(しるし)今日(けふ)よりは
194⦿()(たま)(はた)(ひるがへ)しませ
195⦿()(たま)(なら)()らはし(たり)()
196真言(まこと)国土(くに)標章(しるし)(さだ)めよ』
197 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
198有難(ありがた)国土(くに)(はじ)めの旗標(はたじるし)まで
199(たま)ひし(きみ)(いさを)(たか)
200万世(よろづよ)(われ)(つた)へてこの(はた)
201国土(くに)生命(いのち)(まつ)らせまつらむ
202天津神(あまつかみ)野槌(ぬづち)(かみ)(くに)(はしら)
203(さだ)めて(われ)(たてまつ)れかし』
204 野槌比古(ぬづちひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
205有難(ありがた)葦原比女(あしはらひめ)神宣(みことのり)
206(われ)(えら)ぶべし四柱(よはしら)(かみ)
207天津神(あまつかみ)(つら)(くは)はる神柱(みはしら)
208(たか)(てる)(きよ)(はる)(ひこ)(えら)ばむ』
209 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
210高彦(たかひこ)高比古(たかひこ)(かみ)照彦(てるひこ)
211照比古(てるひこ)(かみ)()(あらた)めよ
212清彦(きよひこ)清比古(きよひこ)(かみ)晴彦(はるひこ)
213晴比古(はるひこ)(かみ)名乗(なの)(つか)へよ』
214 野槌比古(ぬづちひこ)(かみ)感謝(かんしや)しながら御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
215有難(ありがた)天津神(あまつかみ)位置(くら)(えら)まれし
216吾等(われら)五柱(いつはしら)()をもて(つか)へむ
217今宵(こよひ)すぐに駿馬使(はやこまつかひ)()せにつつ
218四柱神(よはしらがみ)(まね)(つか)へむ』
219 葦原比女(あしはらひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
220一時(ひととき)(はや)()()(まね)()せて
221この葦原(あしはら)神柱(みはしら)たてよ』
222 かくして、223四柱(よはしら)(かみ)小夜更(さよふ)くる(ころ)224駿馬(はやこま)(むち)うたせつつ、225此処(ここ)(あつま)(きた)り、226葦原比女(あしはらひめ)(かみ)宣示(せんじ)のもとに、227かしこまり天津神(あまつかみ)(れつ)(くは)はり(たま)ひぬ。
228 ()森々(しんしん)()(わた)り、229(あかつき)(ちか)百鳥(ももとり)(こゑ)(さわや)かに(ひび)き、230春野(はるの)(わた)(かぜ)は、231かむばしき梅ケ香(うめがか)(おく)田鶴(たづ)九皐(きうかう)瑞祥(ずゐしやう)をうたひ、232(かささぎ)常磐(ときは)(まつ)(こずゑ)黎明(れいめい)()げて寿(ことほ)ぐが(ごと)し。
233 ああ惟神(かむながら)恩頼(みたまのふゆ)(かしこ)けれ。
234昭和八・一二・二二 旧一一・六 於大阪分院蒼雲閣 林弥生謹録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)