霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 (あま)蒼雲河(あをくもがは)〔一九七九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第78巻 天祥地瑞 巳の巻 篇:第4篇 神戦妖敗 よみ:しんせんようはい
章:第23章 天の蒼雲河 よみ:あまのあおくもがわ 通し章番号:1979
口述日:1933(昭和8)年12月25日(旧11月9日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:林弥生 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
磐楠舟は、歎きの島に近づくにつれて次第次第に小さくなり、全くもとの原型に戻った。渚に舟を進ませて、駒とともに一行は無事上陸した。島は黒煙がもうもうと立ちこめて視界をさえぎっていた。
朝香比女の神は天津神事を奏上し、七十五声の生言霊を鳴り出でると、空の黒雲は南北に別れ、月はその正中を渡って晧々とした明るい光を地上に投げかけた。
朝香比女の神は、八岐大蛇が潜んでいた歎きの島も、今日からは生き返ると歌い、鋭敏鳴出の神に、国民の嘆きをとどめて国土が新生するように祈った。一行はひとまず夜をして明け方に進むこととし、おのおの述懐の歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 142頁 修補版: 校定版:428頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 朝香比女(あさかひめ)(かみ)()しませる磐楠舟(いはくすぶね)は、002(なげ)きの(しま)岸辺(きしべ)(ちか)づくにつれて次第々々(しだいしだい)()形量(けいりやう)(げん)じ、003(まつた)原形(げんけい)(ふく)したりければ、004渚辺(なぎさべ)(ちか)御舟(みふね)(すす)ませ(たま)ひ、005(こま)もろともに無事(ぶじ)上陸(じやうりく)()(たま)ひける。
006 (なげ)きの(しま)(あが)りて()れば、007黒煙(こくえん)濛々(もうもう)()()めて咫尺(しせき)(べん)ぜず、008黄昏(たそがれ)とはいひながら、009御空(みそら)(つき)(かげ)(かく)し、010脚下(きやくか)()ふる草木(くさき)のかげさへも()()らぬばかりとはなりぬ。
011 ここに朝香比女(あさかひめ)(かみ)は、012上陸(じやうりく)早々(さうさう)天津神言(あまつかみごと)奏上(そうじやう)し、013七十五声(しちじふごせい)生言霊(いくことたま)をなり()(たま)へば、014御空(みそら)黒雲(くろくも)南北(なんぼく)輪廓(りんくわく)(ただ)しく(わか)れ、015(あたか)銀河(ぎんぐわ)(ごと)東西(とうざい)蒼雲(あをくも)(せん)()き、016月読神(つきよみのかみ)(あたか)()正中(せいちう)(わた)らせ(たま)ひつつ、017明皎々(めいくわうくわう)(ひかり)地上(ちじやう)()(たま)ひけるにぞ、018朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
019『はろばろと海原(うなばら)(わた)黄昏(たそがれ)
020(なげき)(しま)(われ)()つるかも
021黒雲(くろくも)天地(てんち)(つつ)みて烏羽玉(うばたま)
022黒白(あやめ)()かぬ(なげ)きの(こゑ)のみ
023神言(かみごと)()()七十五声(しちじふごせい)言霊(ことたま)
024(はな)てば四辺(あたり)(くも)()りける
025大空(おほぞら)黒雲(くろくも)左右(さいう)(わか)れつつ
026御空(みそら)(あを)西(にし)(なが)るる
027大空(おほぞら)蒼雲(あをくも)(かは)(わた)りゆく
028月舟(つきふね)のかげは()(わた)りたり
029八岐大蛇(やまたをろち)永久(とは)(ひそ)みて(すさ)びたる
030(なげ)きの(しま)今日(けふ)より()きむ
031国津神(くにつかみ)(なげ)きの(こゑ)(しづ)まりぬ
032わが言霊(ことたま)曲津(まが)()げしか
033今宵(こよひ)はも(つき)(した)びに()(あか)
034明日(あす)さり()れば曲津(まが)(はら)はむ
035鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)()れませ国民(くにたみ)
036(なげ)(とど)めて国土(くに)()むべく』
037 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
038『わが(きみ)生言霊(いくことたま)(さち)はひに
039天地(てんち)(つつ)みし(くも)(わか)れし
040大空(おほぞら)蒼雲(あをくも)(かは)月舟(つきふね)
041(かがや)きにつつ(なが)らへるかも
042(うみ)()(かぜ)(ちから)(つよ)ければ
043磯端(いそばた)()(なみ)()(たか)しも
044わが(きみ)御召(おめし)(ふね)磯端(いそばた)
045かたく(つな)ぎぬ(なみ)(たか)ければ
046わが(きみ)(わた)らす万里(まで)海原(うなばら)
047(しづ)かなりけり惟神(かむながら)ならし
048惟神(かむながら)()大神(おほかみ)御依(みよ)さしに
049()でます(きみ)(いさを)(しる)
050天地(あめつち)(しる)(いさを)()てまして
051(ひか)らせ(たま)御樋代(みひしろ)(かみ)
052(くさ)()(うみ)()(かぜ)にしばかれて
053片靡(かたなび)きたりこれの島根(しまね)
054月読(つきよみ)(かみ)(こころ)しましまさば
055この()もすがらを()らさせ(たま)
056わが(きみ)国魂生(くにたまう)みの御行(みゆき)ぞや
057御空(みそら)(つき)(くも)らせ(たま)ふな
058(なげ)かひの(こゑ)(にはか)にとどまりぬ
059御樋代神(みひしろがみ)(あが)りましてゆ
060曲神(まがかみ)(ほこ)(をさ)めて()仕度(じたく)
061(ととの)()るらし(かぜ)()でにけり
062(くさ)()終夜(よもすがら)なく(むし)()
063(かな)しく(きこ)(なげ)きの(しま)
064(むか)()茂木(しげき)(えだ)()きたつる
065(ふくろふ)(こゑ)(かな)しかりける
066常磐樹(ときはぎ)(まつ)(こずゑ)(つき)かけて
067今宵(こよひ)宿(やど)(やす)らはむかな
068千重(ちへ)(なみ)()()魔神(まがみ)()(はら)
069(きみ)(つか)へて此処(ここ)()つるも
070葦原(あしはら)島ケ根(しまがね)たちて種々(くさぐさ)
071曲津(まが)(すさ)びに()ひにけらしな
072鋭敏鳴出(うなりづ)(かみ)(たす)けとわが(きみ)
073(ひかり)(やす)此処(ここ)()つるも
074曲津見(まがつみ)()げつ(かく)れつ()(さき)
075(ちから)(かぎ)りにさやらむとすも
076大空(おほぞら)黒雲(くろくも)次第(しだい)(わか)れゆきて
077(あま)雲河(くもかは)(ひろ)ごりにけり
078月舟(つきふね)(わた)らふ御空(みそら)雲河(くもかは)
079真砂(まさご)(ごと)(ほし)かがよへり
080(はる)()宿(やど)りといへど(こずゑ)()
081(かぜ)()()けば冬心地(ふゆごこち)すも
082曲津見(まがつみ)(いま)(ちから)(のこ)れるか
083(きみ)宿(やど)りの(まつ)(ゆす)るも』
084 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
085起立比古(おきたつひこ)(われ)御側(みそば)(はべ)らひて
086(もも)神業(かむわざ)(めづら)しみ()
087(ちから)なき(われ)なりながらわが(きみ)
088(いさを)(なげ)きの島根(しまね)()つるも
089雲霧(くもきり)(おこ)して(しこ)曲津見(まがつみ)
090さやれる(さま)のをかしくもあるか
091(なや)みたる大海原(おほうなばら)黒雲(くろくも)
092言霊(ことたま)(にほ)ふと(おも)へば(やす)けし
093()(かみ)のなり()(たま)ひし言霊(ことたま)
094刃向(はむか)曲津(まが)(ほろ)びゆくかも
095(あま)(わた)(つき)(おもて)はいやますに
096(ひかり)さやけくなりまさりつつ
097(くさ)()()松虫(まつむし)()ゆるまで
098(かがや)(つよ)月舟(つきふね)(かげ)
099万里(まで)(しま)葦原(あしはら)(しま)もわが(きみ)
100(ひかり)水火(いき)(をさ)まりしはや
101この(しま)(かなら)(きよ)(をさ)まらむ
102(ひかり)(きみ)()でましし(うへ)
103この(しま)(しこ)曲津(まがつ)(あつ)まりて
104国津神等(くにつかみら)をなやめ()るらし
105(くさ)()(とり)(けもの)もことごとく
106(よみがへ)るらむ(きみ)(ひかり)
107(あかつき)()ちて(すす)まむわが(きみ)
108御供(みとも)(つか)へて(しま)(おく)まで』
109 立世比女(たつよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
110(くさ)()()夜嵐(よあらし)(つよ)けれど
111(なに)かおそれむ言霊(ことたま)(われ)
112(われ)(また)()大神(おほかみ)言霊(ことたま)
113(ちから)になり()でし()さき(かみ)なり
114妖邪(えうじや)()()(かた)まりて曲津見(まがつみ)
115なりし(おも)へば(あは)れなるかも
116()(かみ)水火(いき)(にご)りの(かた)まりし
117曲津見(まがつみ)なれば(あは)(もよほ)
118さりながら曲津見(まがつみ)天地(てんち)蔓延(はびこ)らば
119紫微天界(しびてんかい)(やみ)となるべし
120よしあしの差別(けぢめ)なけれど天界(かみくに)
121(みだ)曲津(まがつ)(はら)ふべきかな
122(はら)へども(また)()()づる曲津見(まがつみ)
123(しこ)黒雲(くろくも)詮術(せむすべ)もなき
124()(こと)(うら)には()しき曲業(まがわざ)
125(ひそ)むものかなこの天地(あめつち)
126大空(おほぞら)次第々々(しだいしだい)(くも)()れて
127御空(みそら)(あを)(ほし)()ちぬる
128()(かぜ)次第々々(しだいしだい)にをさまりて
129(ひかり)(かみ)宿(やど)りは(やす)けし』
130 天晴比女(あめはれひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
131天晴(あは)天晴(あは)(ひかり)(かみ)言霊(ことたま)
132ぬぐふが(ごと)御空(みそら)()れつつ
133()(かぎ)(つき)のしたびに(かがや)ける
134(なげき)(しま)山野(やまぬ)(すが)
135大空(おほぞら)黒雲(くろくも)()れて島ケ根(しまがね)
136小夜(さよ)()けながら(あか)るくなりぬ
137(ゆふ)さりて月読(つきよみ)(かみ)のなかりせば
138この天地(あめつち)曲津(まが)(すさ)びむ』
139 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御空(みそら)(くま)なく()(わた)りしを、140()大神(おほかみ)感謝(かんしや)しながら御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
141有難(ありがた)()大神(おほかみ)御恵(みめぐみ)
142わが言霊(ことたま)()(わた)りたり
143()()ぎに雲霧(くもきり)退(しりぞ)きて大空(おほぞら)
144(つち)(あか)るくなりにけらしな
145(よる)ながら小鳥(ことり)(こゑ)()えにつつ
146(うま)れむとする(しま)寿(ことほ)
147この(しま)国津神等(くにつかみたち)(さは)()むか
148(なげ)かひの(こゑ)彼方此方(あちこち)(きこ)えし
149彼方此方(あちこち)(なげ)きの(こゑ)もをさまりて
150草野(くさの)(わた)(かぜ)はかそけし
151(つき)(いま)常磐(ときは)(まつ)(しげ)()
152かからひましつ()()(わた)
153(やうや)くに小夜(さよ)()(わた)大空(おほぞら)
154(つき)(かたむ)()めにけらしな
155明日(あす)されば(こま)(なら)べて島ケ根(しまがね)
156あらむ(かぎ)りを経巡(へめぐ)らむかな
157国津神(くにつかみ)(なや)みを(すく)曲神(まがかみ)
158棲処(すみか)()かむ真火(まひ)(ちから)
159(やま)()(くさ)()(しげ)()(あし)
160()るる(よし)なき島ケ根(しまがね)なるらし
161曲津見(まがつみ)(すき)(うかが)(おそ)()
162四柱(よはしら)(かみ)(ねむ)らで(まも)らへ』
163 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
164『わが(きみ)神言(みこと)(かしこ)終夜(よもすがら)
165(まも)(つか)へむ()見張(みは)りつつ
166あめつつ千鳥(ちどり)ましととの(ごと)わがさける
167敏眼(とめ)もて曲津(まが)(にら)みやらはむ
168(ただ)ならぬ(われ)(するど)(まろ)()
169(ひかり)曲津(まが)()らされ(ほろ)びむ
170さりながら御樋代神(みひしろがみ)御光(みひかり)
171(くら)ぶる(とき)螢火(ほたるび)なりけり
172わが(きみ)御身(みま)(まは)りを見張(みは)りつつ
173曲津(まが)(おそ)ひを(かた)(まも)らむ』
174 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
175面白(おもしろ)旅路(たびぢ)なるかな万里(まで)(うみ)
176曲津(まが)(はら)ひて終日(ひねもす)()つるも
177天津(あまつ)()(かげ)はなけれど月読(つきよみ)
178(きよ)(ひかり)()(わた)(しま)
179明日(あす)されば言霊戦(ことたまいくさ)()()たむと
180(おも)へば(たの)しくわが()()ゆる
181駿馬(はやこま)(くつわ)(なら)べて(くさ)()
182()(はら)ひつつ(また)(すす)まむ
183炎々(えんえん)()(ひろ)ごれる(くさ)()
184(なが)めは()にも雄々(をを)しかりけり
185明日(あす)もまた野火(のび)()えたつ(いきほひ)
186()むと(おも)へば(こころ)(いさ)むも』
187 天晴比女(あめはれひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
188神々(かみがみ)(つき)(した)びに(くさ)()
189()をかけ(たま)へば面白(おもしろ)からむを
190()ゆる()(いきほひ)()れば面白(おもしろ)
191(こころ)(こま)(いさ)みたつなり
192さりながら国津神等(くにつかみら)(すま)ひたる
193宿(やど)(およ)べば(あは)れなるべし』
194 立世比女(たつよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
195()ゆる()面白(おもしろ)くあれど国津神(くにつかみ)
196(なや)みしあれば明日(あす)()たなむ
197この(しま)(ちひ)さき(をか)のところどころ
198そばだてるらし(つき)にほの()
199莽々(ばうばう)()(しげ)りたる(くさ)(はら)
200数多(あまた)大蛇(をろち)(ひそ)むなるらむ
201(われ)(いま)()明方(あけがた)()()びて
202(こころ)(いさ)みつ雄健(をたけ)びなすも』
203昭和八・一二・二五 旧一一・九 於大阪分院蒼雲閣 林弥生謹録)