霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 (ゑらぎ)島根(しまね)〔一九八一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第78巻 天祥地瑞 巳の巻 篇:第4篇 神戦妖敗 よみ:しんせんようはい
章:第25章 歓の島根 よみ:えらぎのしまね 通し章番号:1981
口述日:1933(昭和8)年12月25日(旧11月9日) 口述場所:大阪分院蒼雲閣 筆録者:内崎照代 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
島彦・島姫夫婦は、初めて真火が燃えたつ様を見て、驚嘆のあまり卒倒してしまった。初頭比古の神は天の数歌によって、二人を蘇生させた。
島彦・島姫は、この激しさに恐れをあらわにするが、初頭比古の神は、これこそ歎きの島の初光であり、真火の恵みであると諭す。
島彦は歓び、感謝の歌を歌った。
朝香比女の神は、この島の国津神たちが、邪神をまつっていたがためにこの災いが起こっていたことを明らかにし、島彦・島姫に、主の大神を祭り、朝夕に生言霊を上げて禊の神事を怠らず、神言と禊を命の鍵をするように諭した。
島姫は、真火を賜ったことへの歓びと感謝の歌を歌った。
朝香比女の神一行は、国津神夫婦にさまざまの教訓を施し、天の真火の燧石を与えた。そして再び浜辺に引き返し、磐楠舟に乗り込んで万里の海原に浮かび、西方の国土を指して進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版:第14輯 150頁 修補版: 校定版:458頁 普及版: 初版: ページ備考:
001 国津神(くにつかみ)夫婦(ふうふ)(はじ)めて真火(まひ)()()(さま)()たる(こと)とて、002(たちま)(かぜ)()かれて()(ひろ)ごる猛火(まうくわ)驚嘆(きやうたん)(あま)卒倒(そつたう)し、003(しば)(いき)()()えに()えけるより、004初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)(そば)(ちか)()りそひ、005(あま)数歌(かずうた)数回(すうくわい)()(かへ)(うた)ひけるにぞ、006夫婦(ふうふ)はやつと()()(なほ)し、007(かしら)(もた)(おどろ)きの(なみだ)(しぼ)りながら、
008(かく)(ごと)はげしき(かみ)(おは)すとは
009さとらざりけり(ゆる)させ(たま)
010国津神(くにつかみ)はみな穴住居(あなずまゐ)真火(まひ)()ける
011おそれなけれど(おそ)ろしと(おも)ふ』
012 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)はこれに(こた)へて御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
013国津神(くにつかみ)(おどろ)(うべ)よこの真火(まひ)
014(なげき)(しま)初光(はつひかり)なる
015みるみるに大野ケ原(おほのがはら)雑草(あららぎ)
016()えつくされて(ちり)(とど)めず
017曲津見(まがつみ)真火(まひ)(ほのほ)()かれつつ
018あるひは(ほろ)びあるひは()げむ
019この国土(くに)真火(まひ)(めぐみ)(あた)へむと
020わが(きみ)燧石(ひうち)()たせ(たま)へり』
021 島彦(しまひこ)(よろこ)びて(うた)ふ。
022『ありがたき天津御神(あまつみかみ)神宣(みことのり)
023われは(いのち)(やす)きを()たり
024今日(けふ)よりはこの島ケ根(しまがね)国津神(くにつかみ)
025()きの(いのち)(なが)(さか)えむ
026国津神(くにつかみ)()(をか)()(ほり)(ふか)
027めぐらせ(みづ)(たた)へてゐるも
028()(ちから)如何(いか)(はげ)しく()ゆるとも
029わが()(いへ)(つつが)なからむ
030朝夕(あさゆふ)八十(やそ)曲津見(まがつ)(おそ)()
031吾等(われら)(いのち)(おびや)かしつつ
032千頭(ちがしら)(かみ)一日(ひとひ)()みつくす
033大蛇(をろち)(すさ)びはおそろしかりけり
034国津神(くにつかみ)(なげ)きかなしみ天地(あめつち)
035(いの)れど(かみ)にとどかざりしよ
036わが(まへ)真言(まこと)天津神(あまつかみ)(かげ)
037()(をが)みつつ(よみがへ)りけり
038今日(けふ)よりは日々(ひび)(わざ)をば(よろこ)びて
039(はたら)(くら)さむ国津神等(くにつかみら)は』
040 朝香比女(あさかひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
041朝夕(あさゆふ)()大神(おほかみ)(いつ)きつつ
042すべなき(かみ)()ぎごとするな
043天地(あめつち)(なか)には善神(ぜんしん)邪神(じやしん)あり
044邪神(じやしん)(まつ)りて(わざはひ)まねくな
045朝夕(あさゆふ)生言霊(いくことたま)()りあげて
046(みそぎ)神事(わざ)(をこた)るなゆめ
047神言(かみごと)(みそぎ)神事(わざ)国津神(くにつかみ)
048永久(とは)(いのち)(かぎ)なりにけり
049何事(なにごと)をなすにも天津主(あまつス)(かみ)
050御許(みゆる)しを()(こと)(あた)れよ
051この(しま)邪神(まがみ)(まつ)りて曲津見(まがつみ)
052(わざはひ)(とき)じく()()たるなり
053この(しま)真秀良場(まほらば)()りて()(かみ)
054(うづ)御舎(みあらか)(つか)(まつ)れよ
055(なに)よりも()第一(だいいち)()(かみ)
056麻柱(あなな)(まつ)りて()(さか)えし
057わが(たま)ふこれの燧石(ひうち)曲津見(まがつみ)
058ひそむ荒野(あらの)()(はふ)るなり
059国津神(くにつかみ)日々(ひび)食物(をしもの)にことごとく
060(あぢ)はひ(あた)ふる真火(まひ)なりにけり
061国民(くにたみ)日々(ひび)食物(をしもの)(ことごと)
062真火(まひ)にあぶりて(くら)ふべきなり』
063 島姫(しまひめ)(よろこ)びて(うた)ふ。
064天晴(あは)天晴(あは)(しま)(いのち)(たま)ひけり
065真言(まこと)(かみ)(いつ)けと()らしつ
066曲津見(まがつみ)()らずに(いま)まで(いつ)きたる
067わが(おろか)さを今更(いまさら)()ゆるも
068国津神(くにつかみ)今日(けふ)より真言(まこと)()(かみ)
069(いつ)かせ(まう)さむ(をし)(みちび)きて
070曲津見(まがつみ)(すさ)びを退(やら)へと燧石(ひうちいし)
071()づから(たま)ひし(かみ)(たふと)
072この(しま)(たから)となして(いつ)くべし
073(ひかり)(かみ)御魂(みたま)(とも)
074食物(をしもの)をあぶりて()へと()らします
075(かみ)(たふと)神宣(みことのり)かも
076三千方里(さんぜんはうり)(ひろ)きに()める国津神(くにつかみ)
077真火(まひ)(めぐみ)(よく)して(さか)えむ』
078 初頭比古(うぶがみひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
079(はな)ちたる真火(まひ)()()ぎひろごりて
080大野(おほの)(とほ)()(つく)しけり
081曲津見(まがつみ)はのたうち(まは)(たちま)ちに
082(くも)(おこ)して()()りにけり
083この(しま)曲津見(まがつみ)のかげの()するまで
084生言霊(いくことたま)のつとめ(わす)れな
085神言(かみごと)(ちから)(すべ)ての曲津見(まがつみ)
086(はら)ひて国土(くに)()(ちから)あり』
087 起立比古(おきたつひこ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
088『この(しま)(ひかり)(きみ)()れまして
089森羅万象(すべてのもの)(よみがへ)りたり
090(おそ)ろしき(なげき)(しま)今日(けふ)よりは
091千代(ちよ)(ゑらぎ)(しま)(うま)れむ
092御樋代(みひしろ)(たふと)(かみ)御影(おんかげ)
093(わす)れず(いつ)国津神等(くにつかみたち)
094わが(きみ)はまたもや海路(うなぢ)()(わた)
095(たび)()たせば御魂(みたま)(いつ)けよ』
096 立世比女(たつよひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
097一夜(ひとよさ)をこの島ケ根(しまがね)宿(やど)りして
098国津神等(くにつかみら)()らしけるかも
099御光(みひかり)(かみ)にしあれば(なげ)かひの
100島根(しまね)今日(けふ)より()(わた)るなり
101(つき)(きよ)()(あき)らけく永遠(とことは)
102()らふ(ひかり)神国(みくに)(さか)えむ』
103 天晴比女(あめはれひめ)(かみ)御歌(みうた)()ませ(たま)ふ。
104(なげ)かひの(しま)()きたるさまを()
105(ひかり)(かみ)(いさを)をおもふ』
106 ()神々(かみがみ)国津神(くにつかみ)夫婦(ふうふ)種々(いろいろ)教訓(けうくん)(ほどこ)し、107燧石(ひうち)(あた)へて(まつ)樹蔭(こかげ)より(ふたた)浜辺(はまべ)()(かへ)磐楠舟(いはくすぶね)(こま)諸共(もろとも)()()(たま)ひ、108万里(まで)海原(うなばら)(うか)びつつ、109曲津見(まがつみ)伊猛(いたけ)西方(にしかた)国土(くに)をさして(すす)ませ(たま)ひける。
110昭和八・一二・二五 旧一一・九 於大阪分院蒼雲閣 内崎照代謹録)