霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第78巻 天祥地瑞 巳の巻 篇:余白歌 よみ:
章:余白歌 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1934(昭和9)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
村雲(むらくも)天地(てんち)にふさがる葦原(あしはら)
月日(つきひ)(かげ)もおぼろなりけり〈第1章(初)〉
天地(あめつち)妖気(えうき)(はら)(あたら)しき
(くに)(ひかり)()らす(みち)なり〈第1章(初)〉
武士(もののふ)勲功(いさをし)なくば葦原(あしはら)
(やみ)永久(とこしへ)()る丶(とき)なし〈第2章(初)〉
あし(はら)(くに)(をさ)むる大道(おほみち)
()愛善(あいぜん)工作(こうさく)()〈第5章(初)〉
(つき)()(あら)たに(ひか)()めにつつ
葦原(あしはら)(くに)はよみがへるらむ〈第5章(初)〉
日月(じつげつ)はさやけく()れど人心(ひとごころ)
常暗(とこやみ)にして曲神雄(まがみを)たけぶ〈第6章(初)〉
うつり()()有様(ありさま)()られけり
御空(みそら)(ほし)(かげ)うすれつつ〈第6章(初)〉
久方(ひさかた)御空(みそら)(わた)(つき)かげを
金星土星(きんせいどせい)(つらぬ)(とほ)るも〈第6章(初)〉
三千年(みちとせ)只一度(ただひとたび)月星(つきほし)
まぐはいこそは(めづら)しきかも〈第6章(初)〉
三日月(みかづき)のかげは次々(つぎつぎ)(ふと)りつつ
(よる)太陽(おほひ)(かがや)(わた)らむ〈第6章(初)〉
(ひむがし)(みやこ)(そら)(とき)()ちて
()迷妄(めいまう)()らさむと(おも)〈第7章(初)〉
何一(なにひと)()かして使(つか)(もの)もなき
(いま)世界(せかい)(さび)しかりけり〈第7章(初)〉
日々谷原(ひびやはら)(もも)(かはず)()()りて
都大路(みやこおほぢ)桜咲(さくらさ)くなり〈第8章(初)〉
(とり)()くあづまの(そら)(つばさ)()
鵺鳥(ぬえどり)数多(かずおほ)(はる)なり〈第9章(初)〉
嵐吹(あらしふ)都大路(みやこおほぢ)桜樹(さくらぎ)
(はな)(さか)りを夜半(よは)()るなり〈第11章(初)〉
()(おも)(こころ)(こま)はいつしかに
(われ)(あづま)(のぼ)らせにけり〈第13章(初)〉
(おほ)いなる空音聴(そらおとき)きつ(はる)()
(ねむ)らでおもふ(くに)行末(ゆくすゑ)〈第14章(初)〉
(われ)(いま)(あづま)(くに)にとどまりて
(うつ)()()(さま)をなげきつ〈第15章(初)〉
高光(たかひか)我大君(わがおほぎみ)御代思(みよおも)
     心に風の通う()もなし〈第17章(初)〉
大君(おほぎみ)(ひかり)(つつ)曲神(まがかみ)
()終末(しうまつ)(ちか)づきにけり〈第17章(初)〉
皇国(くわうこく)(しん)使命(しめい)(さと)らざる
政治家(せいぢか)()()つはうたてき〈第17章(初)〉
(とり)()(あづま)(みやこ)(われ)ありて
神坐(かみま)(くに)前途(ぜんと)懸念(けねん)〈第19章(初)〉
雨嵐(あめあらし)雷鳴(らいめい)(とどろ)(わた)りつつ
すべての(ちり)(はら)(きよ)めむ〈第19章(初)〉
()()たむ(とき)(ちか)みて凡百(ぼんひやく)
わざはひ(われ)のまはりを(から)むも〈第19章(初)〉
政匪(せいひ)財匪(ざいひ)学匪(がくひ)赤匪(せきひ)(ほろ)ぶべき
(とき)(せま)りて桜散(さくらち)るなり〈第20章(初)〉
満洲(まんしう)匪賊(ひぞく)にまして(おそ)ろしき
悪魔(あくま)(くに)上下(うへした)()ちたり〈第20章(初)〉
安国(やすくに)知召(しろしめ)(くに)()(もと)
(しこ)(あらし)のすさぶ忌々(ゆゆ)しさ〈第20章(初)〉
天地(あめつち)神明表(しんめいおもて)()れまして
善悪正邪(ぜんあくせいじや)(さば)(たま)はむ〈第21章(初)〉
いつまでも悪神等(あくがみども)跳梁(てうりやう)
(まか)(たま)はむや本津御神(もとつみかみ)〈第21章(初)〉
(ひむがし)御空(みそら)黒雲(くろくも)ふさがりて
(ひと)(こあろ)(くら)(はる)なり〈第22章(初)〉
()のさまを余所(よそ)(さくら)爛漫(らんまん)
都大路(みやこおほぢ)無心(むしん)(かざ)れり〈第22章(初)〉
菖蒲(あやめ)()初夏(しよか)をも()たず(うつ)()
()のさま(おも)へば静心(しづごころ)なし〈第22章(初)〉
この(はる)(あづま)(くに)(われ)ありて
(あらし)()りしく桜見(さくらみ)るかな〈第22章(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]